オイスターバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2016年4月9日 (土) 04:09; Ecute (会話 | 投稿記録) による版 (Category:牡蠣を除去; Category:カキに関する文化を追加 (HotCat使用))(日時は個人設定で未設定ならUTC

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
ナビゲーションに移動 検索に移動
「バー・レストランとオイスターバー」と記された、ニューオーリンズの店の看板。
ニューヨーク、グランド・セントラル駅構内のグランド・セントラル・オイスター・バー&レストラン。[1]

オイスターバー英語: oyster bar)は、生ガキを食事に出すレストランバールの内部の一角に設けられた施設、ないし、レストランの類型のひとつ。

概要[編集]

カキはその場で、通常はカウンター内の顧客に見えるところで、殻を開ける。

カウンターの天板には、通常、大理石花崗岩など、不浸透性でシミができず、清潔に保ちやすい素材が用いられる。アメリカ合衆国のオイスターバーでは、顧客が自分好みのカクテルソースを作れるよう、調味料などの材料が置かれていることが多い。

出典・脚注[編集]

  1. ^ From New York”. WD. 2011年5月2日閲覧。

外部リンク[編集]