イソチアゾリノン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。INeverCry (会話 | 投稿記録) による 2017年2月13日 (月) 19:20個人設定で未設定ならUTC)時点の版 ((GR) File renamed: File:Isothiazolinone.pngFile:1,2-Thiazol-3-one.png File renaming criterion #2: To change from a meaningless or ambiguous name to a name that describes what the image particularl...)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
構造式

イソチアゾリノン(Isothiazolinone)は複素環式化合物の一種で、イソチアゾリン-3-オン(Isothiazolin-3-one)、イソチアゾロン(Isothiazolone)ともいう。IUPAC名は1,2-チアゾール-3-オン(1,2-Thiazol-3-one)。イソチアゾールまたは4-イソチアゾリンの3位がカルボニルになった形に当たる。

誘導体

イソチアゾリノンの誘導体には、イソチアゾリン系(イソチアゾロン系)と総称される殺菌防かび防藻防腐剤が数種類あり、食品・医療用を除く、シャンプー化粧品その他工業製品用の防腐剤、冷却水用殺菌剤等として広く用いられる。次のような種類がある。

  • メチルイソチアゾリノン(MIT、MI)
  • クロロメチルイソチアゾリノン(CMIT、CMI)
  • オクチルイソチアゾリノン(OIT、OI)
  • ジクロロオクチルイソチアゾリノン(DCOIT、DCOI)
  • ベンズイソチアゾリノン(BIT)