アントニーン・ムルコス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

これはこのページの過去の版です。ぷんすけ (会話 | 投稿記録) による 2021年2月20日 (土) 20:52個人設定で未設定ならUTC)時点の版 (+wikilink)であり、現在の版とは大きく異なる場合があります。

ナビゲーションに移動 検索に移動
アントニーン・ムルコス

アントニーン・ムルコス(Antonín Mrkos 、1918年1月27日1996年5月29日)はチェコの天文学者である。ストシェムホビー(Střemchoví)で生まれた。

1950年代にソビエト探検隊の一員として南極で18ヶ月滞在し、オーロラの研究をおこなった。

スロヴァキアのスカルナテ・プレソ天文台などで働いた。

彗星の発見者、共同発見者で、発見した彗星には 周期彗星の18D/パーライン・ムルコス彗星、 45P/本田・ムルコス・パイドゥシャーコヴァー彗星、 124P/ムルコス彗星、143P/コワル・ムルコス彗星があり、非周期彗星の C/1957 P1 がある。

多くの小惑星の発見者でもあり、発見した小惑星にはアモール群の (5797) ビボイトロヤ群の (3451) メントルが含まれる。

小惑星(1832) ムルコスはムルコスの名前から命名された。