検索結果

Jump to navigation Jump to search
  • 新メンバーで録り直していることが挙げられる。また、TBS「七時だ!飛び出せ!!」へのレギュラー出演が始まり、4月に「思い出の指輪」、8月には「虹の中のレモン」と同名シングルの映画化による主演作品が尾崎奈々との共演で松竹より封切られた、同時代に活躍したザ・タイガース、ザ・テンプターズ、オックスなどと
    19キロバイト (1,977 語) - 2018年7月24日 (火) 18:10
  • 嵐に立つ(1968年、松竹大船) - 高山花絵 進め!ジャガーズ 敵前上陸(1968年、松竹大船) - 雪子 思い出の指輪 (1968年、松竹/ホリ・プロ) - 坂本京子 虹の中のレモン(1968年、松竹大船) - 真山エミ 小さなスナック(1968年、松竹大船) - 若松美樹 恋の乙女川(1969年、ビクター/ワールド) -
    7キロバイト (787 語) - 2018年8月26日 (日) 22:32
  • ビーロード」等を東京大阪福岡で展開し成功させてきたが、2001年辺りからヴィレッジ・シンガーズのメンバーとして再び活動を再開している。 虹の中のレモン (1968年、松竹) ※ヴィレッジ・シンガーズでの出演 落葉とくちづけ (1969年、松竹) ※ヴィレッジ・シンガーズでの出演 喜劇 怪談旅行
    14キロバイト (1,695 語) - 2018年9月23日 (日) 12:48
  • 嵐に立つ(1968年、松竹) - 主演・藤巻信太郎 思い出の指輪(1968年、松竹) わが闘争(1968年、松竹) 虹の中のレモン(1968年、松竹) 砂の香り(1968年、東宝) 日も月も(1969年、松竹) 愛するあした(1969年、日活) 海はふりむかない(1969年、松竹)
    24キロバイト (2,667 語) - 2018年10月14日 (日) 08:49
  • 好きだから (1967年)亜麻色の髪の乙女 (1968年)虹の中のレモン (1968年) ヴィレッジ・シンガーズ 年表
    14キロバイト (1,240 語) - 2018年8月24日 (金) 05:16
  • 乱れ雲(1967年、東宝) - 林田勇三 博奕打ち 殴り込み(1968年、東映) - 吉五郎 講道館破門状(1968年、大映) - 関根順平 虹の中のレモン(1968年、松竹) 喜劇 おめでたい奴(1971年、東宝) 二人だけの朝(1971年、三船プロ) - 高野正三 昭和ひとけた社長対ふたけた社員(1971年、東宝)
    27キロバイト (3,465 語) - 2018年8月19日 (日) 11:59
  • 第1回シングルランキング発表の前年(1967年)に、オリコンが実験的に制作したチャート。 ^ シングル「恋のフーガ」B面曲 ^ a b 「思い出の指輪」と「虹の中のレモン」は同じシングル盤。途中でA面とB面が入れ替わり発売される。 ^ シングル「ラスト・チャンス」B面曲 ^
    169キロバイト (7,961 語) - 2018年8月15日 (水) 23:11
  • - 原野正二郎役 女の一生(1967年) - 芳吉役 若社長レインボー作戦(1967年) - 丹下次郎役 爽春(1968年) - 小林一人役 虹の中のレモン(1968年) - 前田健役 夜明けの二人(1968年) - 沢本明役 ケメ子の唄(1968年) - 桂次郎役 結婚します(1969年) - 北川浩太郎役
    36キロバイト (4,786 語) - 2018年10月9日 (火) 11:28
  • 亜麻色の髪の乙女(作・編曲すぎやまこういち、1968年2月25日発売) - 後に島谷ひとみがカヴァー 思い出の指輪(作・編曲筒美京平、1968年4月25日発売) 虹の中のレモン(作・編曲筒美京平、同上・両A面) 星が降るまで(作・編曲筒美京平、1968年8月25日発売) 落葉とくちづけ(作・編曲すぎやまこういち、1968年11月10日発売)
    38キロバイト (5,421 語) - 2018年6月2日 (土) 15:05