検索結果

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 空拳乙女』(くうけんおとめ)は、湯浅ヒトシによる日本の漫画作品。双葉社発行の『漫画アクション』にて連載された。 空手に憧れる少女、町田歩夢は入学した片岡女子高校に空手部がないことを悔み、自ら空手同好会を作ろうと働きかける。同じクラスの古代好き少女、武部道が空手経験者であるという事を知った歩夢は武部
    4キロバイト (487 語) - 2018年2月13日 (火) 13:21
  • (作画:はたのさとし、原作:ましま蒼樹) 牛乳アンタッチャブル(作画:市川智茂、原作:戸梶圭太) きょうのスー(マツダユカ) きらきらひかる最終章(郷田マモラ) ぎんなん(村上たかし) 空拳乙女(くうけんおとめ)(湯浅ヒトシ) くのいち一年生(作画:行徒妹、原作:河田雄志) けずり武士(湯浅ヒトシ) 極道めし(土山しげる)※隔号連載 ここだけのふたり
    35キロバイト (3,684 語) - 2019年2月7日 (木) 12:22
  • 性は考えられるが、これを史料から追跡するのは困難である。 今日知られている廃藩置県以降での空手表記の初出は、1905年(明治38年)に花城長茂が空手空拳の意味で使い始めたものである。次に大正年間の船越義珍の著作や本部朝基の著作に断片的に「空手」の文字が使用されている。そして、1929年(昭和4年)に
    97キロバイト (13,438 語) - 2019年2月11日 (月) 12:15
  • あり、後の空手道に発展した。戦後、空手を習得したアメリカ軍人や、日本から海外へ渡った空手家により、次第に世界へと普及した。 広義の琉球古武術は、徒手空拳術(空手)と武器術から成る。一般的に古武術は後者を指すが、空手と武器術は互いに密接な関係にある。棒術、トンファー術など様々だが、中でもヌンチャクを用いた武器術は世界的にも有名である。
    144キロバイト (17,419 語) - 2019年1月30日 (水) 17:23
  • Basyang』)。 フィリピン武術(エスクリマまたはカリ、アーニスと呼ばれる)がフィリピンの国技である。他にも地方や種族によって様々な武術がある。徒手空拳術と武器操作術のバランスに優れたフィリピンの武術は実戦的であるとして評価が高く、各国の軍人や警察官のほか、他の武芸・格闘技の使い手や映画俳優などにも愛好者が多い。
    118キロバイト (14,001 語) - 2019年2月16日 (土) 04:13
  • 8 活刃殺法 1964/12/3 竹内勇太郎 藤井謙一 神田隆、村上冬樹、天路圭子、伊藤弘子、山東昭子、加代キミ子、浮田左武郎、 森幸太郎 9 流離空拳 1964/12/10 柴英三郎 青木義朗、原保美、清水良太、清水一郎 10 愁刃有情 1964/12/17 阿部桂一
    91キロバイト (2,760 語) - 2018年6月16日 (土) 00:02
  • ^ 『ドキドキ』のハートや『魔法つかい』のミラクルなど。 ^ ただし、『アラモード』のアクションのみ例外であり、敵を投げ飛ばす時以外は基本的に徒手空拳は使用されず、「クリームエネルギー」と呼ばれる特殊な力を用いるスタイルとなっている。 ^ 『ドキドキ』のハート→キュアハート・パルテノンモード(対プ
    352キロバイト (41,234 語) - 2019年2月19日 (火) 12:40
  • ,全軀保妻子之臣隨而媒糱其短,誠可痛也!且陵提步卒不滿五千,深輮戎馬之地,抑數萬之師,虜救死扶傷不暇,悉舉引弓之民共攻圍之。轉鬥千里,矢盡道窮,士張空拳,冒白刃,北首爭死敵,得人之死力,雖古名將不過也。身雖陷敗,然其所摧敗亦足暴於天下。彼之不死,宜欲得當以報漢也。 — 『漢書』「李廣蘇建傳」21
    44キロバイト (6,581 語) - 2019年1月25日 (金) 20:17
  • 高田との対戦を表明した両者であったが話題性や集客力には乏しかった。そこで同日2連戦という方式で注目を集めた。 元横綱の北尾光司戦 当時プロレス団体を渡り歩き空拳道所属選手であった北尾との対戦。前哨戦として山崎一夫が北尾に敗北して危機感を煽った。北尾が負けブックをどうしても飲まなかったため高田はリングで反故に
    14キロバイト (1,812 語) - 2018年7月29日 (日) 20:15
  • 海軍 九九式艦上爆撃機 古峰文三 歴史群像2010年2月号 P16-19 学習研究社 ^ #天空拳、204-206頁 ^ #天空拳、213-215頁 ^ #天空拳、216頁 ^ #天空拳、217頁 ^ #天空拳、226頁 ^ #艦爆隊長、157頁 ^ #艦爆隊長、168頁 ^ #艦爆隊長、169頁 ^
    23キロバイト (2,674 語) - 2018年9月2日 (日) 00:47
  • の、あるいはビームサーベルのように刃をビーム化したものがいわゆる「斬撃兵装」としておもに使用される。 何らかの理由で携帯武装を使用できない場合、徒手空拳の“素手”による殴打、蹴りをおこなう場合もある。細かい関節が集中するマニピュレーター(手)で拳を作り殴りつけることについては、一部関連書籍において『
    140キロバイト (20,603 語) - 2019年1月19日 (土) 08:52
  • 技の1号・レッツゴー!」。 平成ライダーのアームズとは異なり、胸部や眼元は1号の頭部を模している。専用アームズウェポンは装備せず、徒手空拳を主体とした格闘戦を得意とする。 必殺技はドライバーのブレードを1回倒し、「1号スカッシュ!」の電子音声と共に発動するライダーキック。発動時には鎧武
    71キロバイト (8,288 語) - 2019年1月31日 (木) 07:08
  • 「戦局最後ノ関頭ニ直面セリ 敵来攻以来麾下将兵ノ敢闘ハ真ニ鬼神ヲ哭シムルモノアリ 特ニ想像ヲ越エタル量的優勢ヲ以テス 陸海空ヨリノ攻撃ニ対シ 宛然徒手空拳ヲ以テ克ク健闘ヲ続ケタルハ 小職自ラ聊カ悦ビトスル所ナリ 然レドモ 飽クナキ敵ノ猛攻ニ相次デ斃レ 為ニ御期待ニ反シ 此ノ要地ヲ敵手ニ委ヌル外ナキニ至リシハ
    111キロバイト (15,714 語) - 2019年2月9日 (土) 12:13
  • の口から炎を吐く獅子・火炎吼(しし・かえんこう)、龍折神を収縮させてジャンプする龍・昇り脚(りゅう・のぼりきゃく)、亀折神を分離させて攻撃する亀・天空拳、猿折神を分離して熊折神で蹴飛ばす熊・三角蹴り、両腕をエンブレムに戻した文字からのビーム。 必殺技は操縦者がシンケンマルを振りかざし、これと連動して
    146キロバイト (17,691 語) - 2019年1月30日 (水) 15:20
  • 撲だけではなくプロレス界でも「復帰は難しい情勢であり、事実上の永久追放」と見る関係者も多かった。 SWSを解雇された北尾はしばらくの充電期間の後、「空拳道」の師範、大文字三郎を伴って謝罪会見を開き、その場で「武道家の道を歩みたい」と宣言、総合格闘家への転向を発表した。しかし当時は総合格闘技路線の試合
    67キロバイト (9,263 語) - 2019年2月14日 (木) 20:02
  • ム1機分に相当する推進力を発生し、2基のプロペラント・タンクを併設することで、最大戦闘出力時間が90秒以上延長されている。 四肢の完成度も高く、徒手空拳での格闘戦も想定されている。ネオ・ジオン総帥がみずから搭乗する機体であることから、脚部は余分な機能を排した耐久性重視の構造となっている。コクピットは
    33キロバイト (4,208 語) - 2018年12月7日 (金) 10:37
  • ワーアップ形態は登場しない予定であった。 フォーム グランドフォーム 大地の力を宿したアギトの基本形態。別名「超越肉体の金」。基本カラーは金色。徒手空拳を得意とする。津上翔一の能力が進化し、物語後半では基本形態ながら強化形態並の戦いぶりをも見せる。 ストームフォーム
    186キロバイト (26,477 語) - 2019年2月17日 (日) 13:34
  • 相手のファイトスタイル ○  デュアン・カズラスキー 10:55 腕挫十字固め 東京ドーム 1989年11月29日 レスリング ○  トレバー・バービック 1R 2:52 試合放棄 両国国技館 1991年12月22日 ボクシング ○  北尾光司 3R 0:46 KO 日本武道館 1992年10月23日 空拳
    29キロバイト (2,333 語) - 2019年1月4日 (金) 05:40
  • 高橋龍輝 松村義明 - 中達也 山本師範代 - 神尾佑 拳牙(けんが) - 天野暁兒 竜足(りゅうそく) - 須藤雅宏 天衝(てんしょう) - 杉澤一郎 空拳(くうけん) - 八木明人 天倒(てんとう) - 山根和馬 天羽(てんは) - 鈴木信二 飛燕(ひえん)- 蒲生麻由 虎突(ことつ) - 横山一敏 飛翔(ひしょう)-
    5キロバイト (381 語) - 2018年9月24日 (月) 23:05
  • 我望の「ヴァルゴの次に(ホロスコープスとして)選んだのは君(リブラ)とレオじゃないか」という台詞による。 ^ ただし、身体能力だけ見れば十分に高く、賢吾やユウキに変身して徒手空拳を披露している。 ^ エフェクトではなく男性声優(竹本英史)が担当。 ^ 彼女がスイッチャーであることは13話まで伏せられていたが、『東映ヒーローM
    380キロバイト (48,477 語) - 2019年2月2日 (土) 22:40

姉妹プロジェクトの結果

  • 意気込み(意気・込み いきごみ) 何かをしようと思う積極的な気持ち。 郷土の名を、わが空拳にて日本全国にひろめ、その郷土の名誉を一身に荷わんとする意気込みが無ければ、とても自身の生れた所の名を、家の屋号になど、出来るものではありません。むかし、紀の国屋文左衛門という人も、やはり、そのような意気込みを
  • 張大帥はすなわち燕人張翼徳の後裔で、彼が一度丈八の蛇矛を支えて立つと、万夫不当の勇がある。誰だって彼に抵抗することは出来ない」  彼は両手をひろげて空拳を振り上げ、さながら無形の蛇矛を握っているような体裁で、八一ねえさんに向って幾歩か突進した。「お前は彼に抵抗することが出来るか」

(前の20件 | 次の20件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示