検索結果

ナビゲーションに移動 検索に移動
  • 歴史 第二部 焦土建設、第三 黎明日本(1940年) 鳥居強右衛門(1942年) 血槍富士(1955年)※復帰第1作 たそがれ酒場(1955年) 自分の穴の中で(1955年) 黒田騒動(1956年) 暴れん坊街道(1957年) 大菩薩峠(1957年) どたんば(1957年) 大菩薩峠 第二部(1958年)
    11キロバイト (1,296 語) - 2019年7月22日 (月) 13:18
  • 川上哲治の父 点と線 (1958年、東映) - 土屋刑事 大東京誕生 大江戸の鐘(1958年、大曽根辰保監督、松竹)- 川路 大菩薩峠 第二部 (1958年、東映) - がんりきの百蔵 大菩薩峠 完結篇 (1959年、東映) - がんりきの百蔵 壮烈新選組 幕末の動乱 (1960年、東映) - 山本仙之助 大いなる旅路
    13キロバイト (1,651 語) - 2019年4月12日 (金) 01:48
  • 旗本退屈男・謎の幽霊島 旗本退屈男・謎の暗殺隊 鞍馬天狗・御用盗異聞 怪談番町皿屋敷 暴れん坊街道(監督:内田吐夢) 大菩薩峠(監督:内田吐夢) 阿波おどり 鳴門の海賊(監督:マキノ雅弘) 大菩薩峠第二部(監督:内田吐夢) 清水港の名物男・遠州森の石松(監督:マキノ雅弘) 裸の太陽(監督:家城巳代治) 一心太助・天下の一大事
    11キロバイト (1,246 語) - 2018年10月22日 (月) 13:59
  • 牢獄の姫君(1958年) 大菩薩峠 第二部(1958年) 火の玉奉行(1958年) 殿さま弥次喜多 怪談道中(1958年) 旗本退屈男(1958年) 剣は知っていた 紅顔無双流(1958年) 満月かぐら太鼓(1958年) いろは若衆 ふり袖ざくら(1959年) 警視庁物語 顔のない女(1959年) 大菩薩峠 完結篇(1959年)
    9キロバイト (1,008 語) - 2017年12月14日 (木) 09:39
  • せたが、同2009年11月22日、肺がんのため死去。 忠治旅日記 逢初道中(1952年) 大菩薩峠 甲賀一刀流の巻(1953年) 大菩薩峠 第二部 壬生と島原の巻 三輪神杉の巻(1953年) 大菩薩峠 第三 竜神の巻 間の山の巻(1953年) 片目の魔王(1953年) 青空大名(1953年) 南国太平記(1954年)
    11キロバイト (1,679 語) - 2018年12月8日 (土) 13:50
  • 弟の4番目。実姉に女優の植木千恵がいる。1956年からの3年間、『黒田騒動』(1956)『赤穂浪士 天の巻 地の巻』(1956)『大菩薩峠 第二部』(1958)『大菩薩峠 完結篇』(1959)など子役としての映画出演もあるが、演技でうまく泣けなかった時に、千恵蔵から頬を叩かれたのをきっかけに、俳優を辞めた。
    6キロバイト (773 語) - 2019年3月19日 (火) 12:01
  • (1945年、大映) - 長崎の羅卒 殴られたお殿様 (1946年、大映) - 三鷹八五郎 俺は用心棒 (1950年、東横映画) - 役人 久世 竜 名義 大菩薩峠 第二部(1953年、東映) - 三輪の若者 美しき鷹 (1954年、大映) - 乾分 やくざ囃子 (1954年、東京映画 / 滝村プロダクション) -
    11キロバイト (1,497 語) - 2018年6月5日 (火) 03:41
  • 星美智子 (カテゴリ 東京都区出身の人物)
    多羅尾伴内・十三の魔王(1958年。東映) 浅間の暴れん坊(1958年。東映) 希望の乙女(1958年。東映) 江戸の花笠(1958年。東映) 大菩薩峠第二部(1958年。東映) 恋愛自由型(1958年。東映) 三代目・魚河岸の石松(1958年。東映) 奴の拳銃は地獄だぜ(1958年。東映) おこんの初恋・花嫁七変化(1958年。東映)
    20キロバイト (2,826 語) - 2019年7月15日 (月) 08:39
  • 大菩薩峠 甲賀一刀流の巻』(1953年) 『大菩薩峠 第二部 壬生と島原の巻 三輪神杉の巻』(1953年) 『大菩薩峠 第三 竜神の巻 間の山の巻』(1953年) 東映のリメイク三部作:片岡千恵蔵主演、内田吐夢監督 『大菩薩峠』(1957年) 『大菩薩峠 第二部』(1958年) 『大菩薩峠 完結篇』(1959年)
    2キロバイト (204 語) - 2015年8月25日 (火) 03:47
  • 三浦光子 (カテゴリ 東京都区出身の人物)
    朝焼け富士 前篇(1953年) 朝焼け富士 後篇(1953年) 憲兵(1953年) 大菩薩峠 甲賀一刀流の巻(1953年) 晴れ姿 伊豆の佐太郎(1953年) 大菩薩峠 第二部 壬生と島原の巻 三輪神杉の巻(1953年) 刺青殺人事件(1953年) 大菩薩峠 第三 竜神の巻 間の山の巻(1953年) 素浪人奉行(1953年)
    9キロバイト (1,219 語) - 2019年4月12日 (金) 03:06
  • 東映」である。特筆以外すべて「片岡栄二郎」名義。 『忠治旅日記 逢初道中』 : 監督佐々木康、「島田照夫」名義、1952年10月16日公開 『大菩薩峠 第二部 壬生と島原の巻 三輪神杉の巻』 : 監督渡辺邦男、「島田照夫」名義、1953年6月3日公開 - 宇津木兵馬 『片目の魔王』 :
    42キロバイト (5,694 語) - 2018年9月18日 (火) 12:45
  • 旗本退屈男 謎の暗殺隊(1960年) - 可内 朝焼け富士(1953年、東映) - 鍵屋定兵衛 大菩薩峠(東映) - 裏宿の七兵衛 大菩薩峠 甲源一刀流(1953年) 大菩薩峠 第二部(1953年) 大菩薩峠 第三(1953年) 素浪人奉行(1953年、東映) - 鳥居甲斐守 地雷火組(1953年、東映)
    31キロバイト (4,171 語) - 2019年1月4日 (金) 11:20
  • 1958年(昭和33年)、内田の監督作『大菩薩峠 第二部』のチーフ助監督を務めた大西は、内田の強力な推薦を得て、同年9月10日に公開される里見浩太郎の主演作『神州天馬侠』で監督に昇進する。以降、第二東映・ニュー東映の量産期を通じ、合計18作の時代劇映画を監督する。19
    38キロバイト (4,969 語) - 2018年1月28日 (日) 09:18
  • 竹田出雲、128分尺で現存(NFC所蔵) 『武士道残酷物語』 : 監督今井正、1953年4月28日公開 - 第四話 江戸家老、123分完全尺で現存(NFC所蔵) 『大菩薩峠 第二部 壬生と島原の巻 三輪神杉の巻』 : 監督渡辺邦男、1953年6月3日公開 - 薬屋源太郎、89分完全尺で現存(NFC所蔵) 『江戸の花道』 :
    42キロバイト (6,332 語) - 2018年9月17日 (月) 11:09
  • 東千代之介 (カテゴリ 東京都区出身の人物)
    自雷也小判(1958年) ひばり捕物帖 ふり袖小判 (1959年) ひばり捕物帖 折鶴駕篭(1960年) 大菩薩峠(1958年、東映京都) - 駒井能登守 役 大菩薩峠 第二部(1958年) 大菩薩峠 完結篇 (1959年、東映京都) 大江戸七人衆(1958年、東映京都) 伊那の勘太郎(1958年、東映京都)
    26キロバイト (3,619 語) - 2019年8月16日 (金) 00:13
  • 沢村貞子 (カテゴリ 東京都区出身の人物)
    お島の伯母 永すぎた春(1957年、大映) - 宝之一夫人 土砂降り(1957年、松竹) - 阿部たね 日日の背信(1958年、松竹) - 妻たか 直八子供旅(1958年、東映) - おこと 大菩薩峠(東映) - お角 大菩薩峠 第二部(1958年) 大菩薩峠 完結篇(1959年) 杏っ子(1958年、東宝)
    37キロバイト (4,964 語) - 2019年8月18日 (日) 13:09
  • 紺屋高尾(1951年、東映) - 竹庵先生 人生劇場(東映) - 極楽新聞社社長 第一部 青春愛欲篇(1953年) 第二部 残侠風雲篇(1953年) 大菩薩峠(東映) - 道庵 大菩薩峠 甲源一刀流(1953年) 大菩薩峠 第二部(1953年) 旅はそよ風(1953年、宝塚映画) - 飴屋の伊之助 江戸の花道(1953年、東映)
    27キロバイト (3,737 語) - 2019年8月3日 (土) 23:35
  • 萬屋錦之介 (カテゴリ 東京都区出身の人物)
    白狐二刀流 / 制作:東映京都 役名:源氏九郎 1958.04.15 風と女と旅鴉 / 制作:東映京都 役名:風間の銀次 1958.04.21 大菩薩峠 第二部 / 制作:東映京都 役名:宇津木兵馬 1958.06.29 清水港の名物男 遠州森の石松 / 制作:東映京都 1958.07.13 殿さま弥次喜多
    42キロバイト (6,081 語) - 2019年8月13日 (火) 04:41
  • 続サラリーマン出世太閤記(1957年、東宝) - 須賀 地上(1957年、大映) - 中村太兵衛 源氏九郎颯爽記 白狐二刀流(1958年、東映) - 犬山有隣斎 大菩薩峠 第二部(1958年、東映) - 善市 無法松の一生(1958年、東宝) - 茶店の客 弥次喜多道中記(1958年、東宝) - 丸橋正忠斎 新選組(1958年、東映)
    32キロバイト (4,515 語) - 2019年8月17日 (土) 05:56
  • 江戸最後の日(1941年、日活京都) - 向山隼人 宮本武蔵 一乗寺決闘(1942年、日活京都) - 沢庵 近藤勇 池田屋騒動(1953年、東映) - 泉州屋主人 大菩薩峠 第二部(1953年、東映) - 植田丹後守 真田十勇士(1954年、東映) - 本多佐渡守 笛吹童子 第一部 どくろの旗(1954年、東映) - 丹羽修理亮
    15キロバイト (2,127 語) - 2019年5月11日 (土) 09:16

(前の20件 | 次の20件) (20 | 50 | 100 | 250 | 500 件) を表示