まや型護衛艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
8200トン型護衛艦から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
まや型護衛艦
JS Maya (DDG-179).jpg
基本情報
艦種 ミサイル護衛艦(DDG)
命名基準 日本の山岳名
建造所 ジャパン マリンユナイテッド 横浜事業所 磯子工場
運用者  海上自衛隊
建造期間 2017年 - 2021年
就役期間 2020年 - 就役中
建造数 2隻
前級 あたご型
次級 最新[注 1]
要目
基準排水量 8,200トン
満載排水量 10,250トン
全長 170 m[2]
最大幅 21.0 m[2]
深さ 12.0 m[2]
吃水 6.2 m[2]
機関方式 COGLAG方式
主機
推進器 可変ピッチ・プロペラ×2軸
出力 69,000馬力[2]
電源
速力 約30ノット (56 km/h)
乗員 約300人[2]
兵装
搭載機 SH-60K哨戒ヘリコプター×1機[注 2]
C4ISTAR
FCS
  • Mk.99 mod8 SAM用×3基
  • Mk.160 主砲用×1基
  • レーダー
  • AN/SPY-1D(V) 多機能型
  • AN/SPQ-9B 対水上用×1基
  • ソナー
  • AN/SQS-53C 艦首装備式
  • MFTA 曳航式[5]
  • 電子戦
    対抗手段
  • NOLQ-2C電波探知装置
  • Mk.137 6連装デコイ発射機×4基
  • テンプレートを表示

    まや型護衛艦(まやがたごえいかん、英語: Maya-class destroyer)は、海上自衛隊ミサイル護衛艦(DDG)の艦級[注 4]あたご型をもとに電気推進を導入し、またイージスシステムも更新した発展型として、26中期防に基づき、平成2728年度計画で各1隻(まやはぐろ)が建造された[4][10][11][12]

    来歴[編集]

    海上自衛隊は、第1次防衛力整備計画期間中の「あまつかぜ」(35DDG)によって、ターター・システムを搭載したミサイル護衛艦(DDG)の整備に着手した。その後、第3次防衛力整備計画より建造を開始したたちかぜ型(46DDG)3隻でシステムのデジタル化と海軍戦術情報システム(NTDS)に準じた戦術情報処理装置の導入、そして五三中業より建造を開始したはたかぜ型(56DDG)2隻ではCIC能力の強化とともにプラットフォームのガスタービン化も達成するなど、順次に性能強化を図っており、とくにはたかぜ型については在来型ミサイル護衛艦の頂点に立つものと評されていた[13]

    またこれと並行して、1981年ごろからは新世代の防空武器システムであるイージスシステム(AWS)の導入が模索されており、これを搭載するイージス艦として、まず6103中期防こんごう型(63DDG)4隻が建造された。また13中期防では、たちかぜ型の代艦として、搭載システムの更新や航空運用能力の強化を図ったあたご型(14DDG)2隻が建造された[11]

    そして26中期防では、はたかぜ型(56/58DDG)の代艦としてイージス艦2隻の建造が認可され、イージス艦8隻体制(4個護衛隊群に2隻ずつ)が整うことになった[11]。これによって建造されたのが本型である[4][12]

    設計[編集]

    船体[編集]

    本型は、あたご型(14DDG)の設計を基本として、電気推進の導入を図っている[4]。これに伴い、全長にして5メートル、基準排水量にして450トン大型化した[4]。ただし最大幅21メートル、深さ12メートル、吃水6.2メートルというその他の主要目は変更せず、凌波性や艦尾フラップの導入等造波抵抗を大きく変化させないような船体設計とすることで、あたご型と同様の運動性能を確保しているとみられている[12]

    機関[編集]

    機関の構成としてはCOGLAG方式を採用した。これは先行するあさひ型(25DD)と同様の方式だが、同型では電圧450ボルトの低電圧であったのに対し、本型では電圧6.6キロボルトという高電圧とされており、技術的にはより進んだものとなった[4]発電機としてはM7A-05ガスタービン主発電機[3]とディーゼル主発電機を2基ずつ搭載し、電力は7.4メガワット[4]電動機2基を駆動する[14]。また直接機械駆動の際に使用する主機は、LM2500IECガスタービンエンジン2基とされている[12]

    なお、従来のこんごう型・あたご型ではガスタービンエンジン4基によるCOGAG方式で、最高速力30ノット以上を確保した[15]。これに対し本型の最高速力は「約30ノット」とされており、30ノットを下回る可能性が指摘されている[15]。これは最大速力を使用する頻度およびその目的達成度具合いと、通常使用される速力域での運用の重要性のトレードオフによる検討や、艦隊の運用形態の変化に伴う最大速力への依存度の低下などを反映したものと考えられている[15]。また電気推進によって発揮できる最大速力はおよそ18ノット程度と推定されているが、これは艦隊運用で必要とされる速力21ノットにわずかに満たない数字である[14]

    装備[編集]

    イージス武器システム(AWS)[編集]

    本型は、イージス武器システム(AWS)としてはベースラインJ7(ベースライン9.C2)、イージスBMDシステムとしてはBMD5.1を装備し、これらを統合している[16]。AWSベースライン9Cは、対空戦(AAW)機能とミサイル防衛(BMD)機能を両立した、IAMD(integrated air and missile defense)機能、およびNIFC-CA FTSを備えている。本型では、NIFC-CA FTSのためのSM-6 艦対空ミサイルは後日装備とされているが、共同交戦能力(CEC)には対応しており、海上自衛隊で初の搭載例となる[4]

    レーダー[編集]

    AWSの中核となる多機能レーダーはAN/SPY-1D(V)である[16]。一方、対水上捜索用のレーダーとしては、こんごう型・あたご型に搭載されているOPS-28Eとは違い、建造時からAN/SPQ-9Bが搭載されることとされたが、「はぐろ」では就役時点では搭載されず後日装備となっていた[14]が、2022年3月に終了した年次検査の際に搭載されている。

    ミサイル防衛能力[編集]

    先述の通り、本型のイージスBMDシステムはBMD5.1である。本来ベースライン9Cと統合されるイージスBMD5.0システムでは、SM-3ブロックIIAの発射には対応していない。だが、本型のイージスBMDシステムは、すべてのSM-3の発射に対応できるように能力の向上が図られている[4][注 5]

    対潜戦[編集]

    対潜戦システム(ASWCS)は改装後のあたご型と同じくAN/SQQ-89A(V)15Jを搭載し[19]、船体装備ソナーとAN/SQR-20 MFTA(Multi-Function Towed Array曳航ソナーを組み合わせている[5][12]。なお本型では、AN/SQS-53Cソナーのバウ・ドームに収容される送受波器TR-343は日本電気により国産化されたTR-343Jが搭載されている[20]。これは対外有償軍事援助(FMS)が増加する中、国内防衛産業の技術基盤を維持するため、アメリカ海軍に仕様を確認の上で製作し、同海軍の評価・検証を経て納入に至ったものである[19][21]

    324mm3連装短魚雷発射管については、こんごう型・あたご型ではHOS-302であったのに対し、本型ではHOS-303に更新されて、Mk.46に加えて97式魚雷および12式魚雷の発射に対応した[5]。これは平時はRCSスクリーンで覆われており、必要に応じてスクリーンを開けて所定の方向に指向される[5]。スクリーンを開けるために手動では3分程度かかるが、高圧空気を使用した機力では30秒程度で開放できる[5]

    なお、あたご型では対魚雷用のデコイとして曳航具4型を備えていたが、本型では確認されていない[5]

    対水上戦[編集]

    対艦兵器としては、「まや」ではあたご型と同じく90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)を搭載する[12]。ただし「はぐろ」では新開発の17式艦対艦誘導弾(SSM-2)が搭載される予定である[12]

    砲熕兵器[編集]

    砲熕兵器はあたご型とおおむね同構成で、艦砲としては62口径5インチ砲(127mm単装砲)[22]を艦首甲板に、また近接防空火器(CIWS)としては高性能20mm機関砲を上部構造物正面と後部上部構造物上に搭載する[5]

    電子戦[編集]

    電子戦装置としてはNOLQ-2Cを搭載している。これはこんごう型やあたご型で搭載されていた同系列機と異なり、ECM機能が削除されている[4]

    あたご型や「まや」では、艦載ヘリコプターの運用に対応するためマスト最上部に戦術航法装置(TACAN)のアンテナを設置していたが、もがみ型(30FFM)の開発過程で、マスト最上部に装備する必要のない新型TACANアンテナ(ORN-6F)が開発されたことから、「はぐろ」ではこれを導入し、マスト最上部にはNOLQ-2CのESMアンテナを設置した[16]。これによって「まや」よりもESMアンテナの設置位置が約5.5メートル高くなり、より早期に脅威電波を探知できるようになった[16]

    比較表[編集]

    新旧ミサイル護衛艦の比較[編集]

    DDG各型の比較
    まや型 あたご型 こんごう型 はたかぜ型 たちかぜ型 あまつかぜ
    (最終状態)
    船体 基準排水量 8,200 t 7,750 t 7,250 t 4,600 t[注 6] 3,850 t[注 7] 3,050 t
    満載排水量 10,250 t 10,000 t 9,485 t 5,900 t[注 6] 5,200 t 4,000 t
    全長 170 m 165 m 161 m 150 m 143 m 131 m
    全幅 21.0 m 16.8 m 14.3 m 13.4 m
    主機 機関 ガスタービン 蒸気タービン
    方式 COGLAG COGAG ギアード・タービン
    出力 69,000 ps 100,000 ps 70,000 ps 60,000 ps
    速力 30 kt 32 kt 33 kt
    兵装 砲熕 62口径5インチ単装砲×1基 54口径127ミリ単装砲×1基 54口径5インチ単装砲×2基 50口径76mm連装砲×2基
    高性能20mm機関砲×2基
    ヘッジホッグ対潜迫撃砲×2基
    ミサイル Mk.41 VLS×96セル
    (SM-2, SM-3, 07式)
    Mk.41 VLS×96セル
    (SM-2, SM-3, VLA)
    Mk.41 VLS×90セル
    (SM-2, SM-3, VLA)
    Mk.13 単装発射機×1基
    (SM-1MR,ハープーン[注 8])
    74式8連装発射機×1基
    (アスロック)
    SSM[注 9]4連装発射筒×2基 90式 4連装発射筒×2基 ハープーン 4連装発射筒×2基
    水雷 3連装短魚雷発射管×2基
    艦載機 SH-60K×1機[注 2] SH-60J/K×1機[注 2] ヘリコプター甲板のみ
    同型艦数 2隻 2隻 4隻 2隻(練習艦) 3隻(退役) 1隻(退役)

    世界のイージス艦との比較[編集]

    イージス艦の比較
    日本 まや型 オーストラリア ホバート級 大韓民国 世宗大王級
    バッチ1
    アメリカ合衆国 タイコンデロガ級
    AMOD改修艦
    アメリカ合衆国 アーレイ・バーク級
    フライトIIA
    船体 満載排水量 10,250 t 7,000 t 10,290 t 9,763 t - 10,010 t 9,648 t
    全長 170 m 146.7 m 165 m 172.46 m 155.3 m
    全幅 21.0 m 18.6 m 21.4 m 16.76 m 20.1 m
    主機 方式 COGLAG CODOG COGAG
    出力 69,000 ps 47,000 hp 105,000 hp 86,000 hp 100,000 hp
    速力 30 kt 28 kt以上 30 kt以上
    兵装 砲熕 62口径5インチ単装砲×1基 62口径5インチ単装砲×2基 62口径5インチ単装砲×1基[注 10]
    20mmCIWS×2基 20mmCIWS×1基 30mmCIWS×1基 20mmCIWS×2基 20mmCIWS×2基[注 11]
    87口径25mm単装機関砲×2基
    12.7mm単装機銃×4基
    ミサイル Mk.41 VLS×96セル
    (SM-2, SM-3, 07式)
    Mk.41 VLS×48セル
    (SM-2, SM-6, ESSM)
    Mk.41 VLS×80セル
    (SM-2)
    Mk.41 VLS×122セル
    (SM-2, VLA, TLAM)
    Mk.41 VLS×96セル
    (SM-2, ESSM, VLA, TLAM)
    K-VLS×48セル
    (天竜, 紅鮫)
    RAM 21連装発射機×1基
    SSM[注 9] 4連装発射筒×2基 ハープーン 4連装発射筒×2基 海星 4連装発射筒×4基 ハープーン 4連装発射筒×2基 [注 12]
    水雷 324mm3連装短魚雷発射管×2基
    艦載機 SH-60K×1機[注 2] MH-60R×1機 スーパーリンクスMk.99×2機 MH-60R×2機
    同型艦数 2隻 3隻 3隻 11隻 47隻予定

    同型艦[編集]

    一覧表[編集]

    艦番号 艦名 建造 起工 進水 就役 所属
    DDG-179 まや[23] ジャパン マリンユナイテッド
    横浜事業所 磯子工場
    2017年
    (平成29年)
    4月17日
    2018年
    (平成30年)
    7月30日[24]
    2020年
    (令和2年)
    3月19日
    第1護衛隊群第1護衛隊
    横須賀基地
    DDG-180 はぐろ[25] 2018年
    (平成30年)
    4月24日
    2019年
    (令和元年)
    7月17日[26]
    2021年
    (令和3年)
    3月19日[10]
    第4護衛隊群第8護衛隊
    (佐世保基地)

    運用史[編集]

    横須賀港逸見岸壁に停泊中の「まや」(左)と「はぐろ」(右)

    平成27年度計画において、ネームシップの建造費と2隻分のイージスシステムの一部の調達費として1,680億円が盛り込まれた[27]。また平成28年度予算には、2番艦の建造費として1,734億円が盛り込まれた[28]。1番艦となる「まや」は、2020年3月19日に引渡式・自衛艦旗授与式が挙行され、就役。第1護衛隊群第1護衛隊に編入され、横須賀に配備された[29][30]。2番艦となる「はぐろ」は、2021年3月19日に引渡式・自衛艦旗授与式が挙行され、就役。第4護衛隊群第8護衛隊に編入され、佐世保に配備された[10]

    海上自衛隊では7、8隻目となるイージス艦であり、本艦の就役により、安倍内閣が2013年12月に閣議決定した防衛大綱(25大綱)以来、目指していたイージス艦8隻体制が確立した[10]

    登場作品[編集]

    空母いぶき GREAT GAME
    「まや」が登場。航空機搭載型護衛艦いぶき」を旗艦とする第5護衛隊群に配属される。

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    注釈[編集]

    1. ^ 2021年6月18日AN/SPY-7とベースライン9の組み合わせの案が承認された[1]
    2. ^ a b c d 通常は搭載されていない。
    3. ^ SM-6も後日装備予定[4]
    4. ^ 艦種については、アメリカ海軍の関連団体であるアメリカ海軍協会英語版(United States Naval Institute:USNI)およびイギリスジェーン海軍年鑑ミサイル駆逐艦[6][7]国際戦略研究所の年報(『ミリタリー・バランス』)ではミサイル巡洋艦として種別している[8]。なお『ミリタリー・バランス』では、満載排水量9,750トン以上の水上戦闘艦を一律にミサイル巡洋艦としている[9]
    5. ^ なお、イージス・アショアの代替として2隻が建造される予定の「イージス・システム搭載艦」については[17]、本型のベースラインJ7の改良型であるベースラインJ7.Bを搭載することになっており、2021年1月27日にはそのソフトウェアのリリースに伴う試験に成功した[18]。これはAN/SPY-7を搭載することができ、米海軍のイージス艦に搭載されるベースライン9及びベースライン10(予定)の機能を有する[18]。次回の試験は2021年10月に、イージス武器システム全体の能力向上試験が実施され、システム完成後はAegis Production Test Center(PTC)にて、イージス武器システムの適合試験・認証取得が実施される予定である[18]
    6. ^ a b 2番艦は50t増
    7. ^ 3番艦は100t増
    8. ^ さわかぜのみ
    9. ^ a b 1番艦90式2番艦17式
    10. ^ DDG-79DDG-80は54口径。DDG-81から62口径
    11. ^ DDG-85から後部の1基のみ
    12. ^ フライトIIまではハープーン4連装発射筒が2基搭載されていたが、フライトIIA以降から搭載されなくなった。しかし、必要時には搭載できるようにスペースは確保されている。

    出典[編集]

    1. ^ イカロス出版 2021.
    2. ^ a b c d e f ジャパン マリンユナイテッド 2018.
    3. ^ a b 北原 2018.
    4. ^ a b c d e f g h i j 徳丸 2018.
    5. ^ a b c d e f g 徳丸 2020.
    6. ^ Saunders 2009, p. 418.
    7. ^ Wertheim 2013, pp. 362–363.
    8. ^ 国際戦略研究所 2016, p. 261.
    9. ^ IISS 2016, p. 498.
    10. ^ a b c d 最新鋭イージス艦「はぐろ」就役――海自の8隻体制が確立”. 高橋浩祐. Yahoo!ニュース (2021年3月19日). 2021年3月19日閲覧。
    11. ^ a b c 山崎 2014.
    12. ^ a b c d e f g 内嶋 2019.
    13. ^ 香田 2015, pp. 210–213.
    14. ^ a b c 石井 2021.
    15. ^ a b c 内嶋 2020.
    16. ^ a b c d 徳丸 2021.
    17. ^ 稲葉義泰 (2021年1月4日). “「イージス・システム搭載艦」は本当にベストな選択か? イージス・アショア代替問題”. 乗りものニュース. https://trafficnews.jp/post/103338 2021年3月24日閲覧。 
    18. ^ a b c The SPY-7 Hybrid Defense Security Cooperation Project with Japan Completes Initial Engineering Demonstration of Capability” (英語). 2021年3月24日閲覧。
    19. ^ a b JAPAN – DDG (GUIDED MISSILE DESTROYER) 7 AND 8 AEGIS COMBAT SYSTEM (ACS), UNDERWATER WEAPON SYSTEM (UWS), AND COOPERATIVE ENGAGEMENT CAPABILITY (CEC)”. アメリカ国防安全保障協力局. 2020年7月29日閲覧。
    20. ^ 徳丸 2019.
    21. ^ FMS調達イージス艦向けソーナー用国産送受波器の開発”. 公益財団法人防衛基盤整備協会. 2020年2月23日閲覧。
    22. ^ 護衛艦「まや」型”. 海上自衛隊. 2021年5月15日閲覧。
    23. ^ “海自護衛艦「まや」進水 イージス艦7隻目、「共同交戦能力」初搭載 情報共有で屈指の防空能力”. 産経ニュース. (2018年7月30日). https://www.sankei.com/politics/print/180730/plt1807300022-c.html 2018年7月31日閲覧。 
    24. ^ 海上幕僚監部 (2018年7月10日). “平成27年度護衛艦の命名・進水式について”. 2018年7月10日閲覧。
    25. ^ “新イージス艦「はぐろ」進水=21年就役、8隻体制へ-海自”. 時事通信. (2019年7月17日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019071700858 2019年7月17日閲覧。 
    26. ^ 平成28年度計画護衛艦の命名・進水式について”. 海上幕僚監部 (2019年7月9日). 2019年7月10日閲覧。
    27. ^ 井口主計官 (2015年1月14日). “平成27年度防衛関係予算のポイント (PDF)”. p. 8. 2020年4月3日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年9月7日閲覧。
    28. ^ 防衛省 (2016年). “我が国の防衛と予算 -平成28年度予算の概要 (PDF)”. p. 4. 2016年4月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月29日閲覧。
    29. ^ 最新型イージス艦「まや」就役 海自初の「共同交戦能力」搭載 漢字では「摩耶」”. 高橋浩祐. Yahoo!ニュース (2020年3月19日). 2020年3月19日閲覧。
    30. ^ “初の共同交戦能力、イージス艦「まや」就役 情報共有で防空能力向上”. 産経ニュース. (2020年3月19日). https://www.sankei.com/smp/politics/news/200319/plt2003190008-s1.html 2020年3月19日閲覧。 

    参考文献[編集]

    • ジャパン マリンユナイテッド: “8,200トン型護衛艦の命名式並びに進水式について” (日本語). www.jmuc.co.jp (2018年). 2018年7月31日閲覧。
    • 石井, 幸祐「海自イージス艦のメカニズム (特集 「はぐろ」就役!イージス艦8隻体制完成)」『世界の艦船』第947号、海人社、2021年5月、 78-87頁。
    • 内嶋, 修「注目の新型艦艇 (特集・新時代の海上自衛隊)」『世界の艦船』第891号、海人社、2019年1月、 128-137頁、 NAID 40021731689
    • 内嶋, 修「COGLAG推進システム (特集 新型イージス艦「まや」のすべて)」『世界の艦船』第931号、海人社、2020年9月、 78-91頁、 NAID 40022315210
    • 北原, 辰巳「2017年におけるマリンエンジニアリング技術の進歩」『日本マリンエンジニアリング学会誌』第53巻第4号、2018年、 496-497頁、 doi:10.5988/jime.53.466
    • 香田, 洋二「国産護衛艦建造の歩み」『世界の艦船』第827号、海人社、2015年12月、 NAID 40020655404
    • 徳丸, 伸一「最新鋭DDG「まや」の防空システム」『世界の艦船』第889号、海人社、2018年12月、 53-57頁、 NAID 40021712920
    • 徳丸, 伸一「対潜戦 (特集 自衛艦隊の海洋戦力)」『世界の艦船』第889号、海人社、2019年10月、 78-83頁、 NAID 40021998856
    • 徳丸, 伸一「船体とウェポン・システム (特集 新型イージス艦「まや」のすべて)」『世界の艦船』第931号、海人社、2020年9月、 78-91頁、 NAID 40022315207
    • 徳丸, 伸一「ウェポン・システム (特集 海自イージス艦のメカニズム)」『世界の艦船』第947号、海人社、2021年5月、 88-97頁。
    • 山崎, 眞「ミサイル護衛艦建造の歩み (特集 ミサイル護衛艦50年史)」『世界の艦船』第802号、海人社、2014年8月、 69-75頁、 NAID 40020135975

    関連項目[編集]