703号室

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
703号室
出身地 日本の旗 日本 千葉県船橋市
ジャンル J-POP
活動期間 2018年 -
事務所 株式会社オフィスウォーカー
メンバー
旧メンバー

703号室(ななまるさんごうしつ)は、日本女性シンガーソングライター 岡谷柚奈(おかや ゆうな、1999年11月15日[1] - )のソロプロジェクト[注 1]

来歴[編集]

2018年8月1日に専門学校の同級生、岡谷柚奈ギターボーカル)、つばさキーボード)、JELLドラムス)の3人で703号室を結成[1][2]。バンド名の由来は、専門学校の教室が703号室だったことから。[要出典]

専門学校卒業と同時につばさとJELLが脱退し、岡谷柚奈のソロプロジェクトとなる。楽曲「偽物勇者」ミュージックビデオは、YouTube総再生数1900万回以上再生[3]TikTokフォロワー数は28万人以上[4]

2019年、日本から世界で活躍する才能を発掘するグローバルプロジェクト「TikTok Spotlight」では、ファイナリストに選出[5]

2020年には、松崎しげる主催「黒フェス」や[6]、「第4回 ももいろ歌合戦」に出演し[7]、同年Spotify「Most Viral Tracks of 2020 Japan」に「偽物勇者」が17位にランクイン[8][9]

2021年3月より放送の文化放送『ヴァイナル・ミュージック〜歌謡曲 2.0〜』毎週月曜パーソナリティーを担当[1][10]

2021年12月31日、日本武道館で開催予定の「第5回 ももいろ歌合戦」出場決定[11][12]

2022年5月8日、「看護の日」イベント 『かんごちゃんねる』に 出演。特別アニメーションの

テーマソング「トワイライト」を書き下ろし。

2022年7月3日「703号室の日」として、1st ONEMAN LIVE「解錠」を渋谷クラブクアトロにて開催。(sold out)

2022年10月10日、2nd ONEMAN LIVE「ADDICT」をSpotify O-WESTにて開催。

人物[編集]

  • 双子の妹がいる。妹はイラストレーター、703号室のMVのイラストやジャケット画像のイラストなどを手掛けている[13]
  • お寿司とアニメが好き。[要出典]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

配信日 タイトル 規格
2019年8月15日 偽物勇者 音楽配信
2020年12月1日 fliP
2021年1月12日 僕らの未来計画
2021年3月17日 友達未満恋人未満
2021年4月22日 裸足のシンデレラ
2021年9月27日 片想いうぉーかー
2021年10月31日 朽世主
2021年11月29日 花笑む
2021年12月17日 リセットボタン
2022年3月15日 青星
2022年5月23日 人間
2022年6月20日 トワイライト

タイアップ[編集]

起用年月日 曲名 タイアップ
2020年11月13日 - fliP 文化放送卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ』オープニングテーマ
2020年11月13日 - 僕らの未来計画 文化放送『卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ』エンディングテーマ
2021年1月4日 - 僕らの未来計画 FM大阪『TKO木下兄弟の 朝からあげChao!』テーマ曲
2021年3月31日 - 友達未満恋人未満 文化放送『CultureZ』エンディングテーマ
2021年4月22日 - 裸足のシンデレラ ABEMAオリジナルドラマ『ブラックシンデレラ』主題歌
2021年12月16日- リセットボタン 神田澪 140文字の物語『人生やり直しボタン』とのコラボ楽曲
2022年5月8日- トワイライト 日本看護協会が作成した特別アニメーションのテーマ・ソング

出演情報[編集]

2019年
  • 8月18日 - 「SUMMERSONIC2019」 TikTok Spotlight ステージ 出場
2020年
  • 1月29日 - 千葉 JETSvs 渋谷 SUNROKCERS 戦ティップオフセレモニーに岡谷ソロで国家⻫唱
  • 3月21日 - 日本初 TiKTok ライブ配信「TikTok LIVE」 #歌うま企画に出演
  • 9月6日 - 松崎しげる主催「黒フェス〜白黒歌合戦〜」出演
  • 11月3日 - 文化放送大型特別番組『new normal 文化祭〜音楽で日本をアゲる!SP』生出演
  • 12月31日 - AbemaTV「第4回 ももいろ歌合戦」今年の顔2020メドレー 出演
2021年

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 結成当初はスリーピースバンドとされていたが、後述のメンバー脱退でソロプロジェクトとなった。

出典[編集]

  1. ^ a b c 703号室”. 文化放送. 文化放送. 2021年12月28日閲覧。
  2. ^ “中学生、高校生に話題、Tik Tokで大人気、youtube220万再生、『偽物勇者』を歌う、703号室は何者??そして今度は、渋沢栄一とコラボ!!” (プレスリリース), デジタルプロモーション, (2020年1月24日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000005.000052891.html 2021年12月28日閲覧。 
  3. ^ “神尾楓珠「令和感が満載で、すごくキラキラ」ドラマ「ブラックシンデレラ」主題歌は703号室”. シネマカフェ (イード). (2021年4月12日). https://www.cinemacafe.net/article/2021/04/12/72282.html 2021年12月28日閲覧。 
  4. ^ 703号室(岡谷柚奈) (@sushi_suki_dayo) 公式TikTok”. TikTok. 2021年12月28日閲覧。
  5. ^ “TikTokで話題の703号室、ABEMA新ドラマの主題歌に決定!”. Entame Plex (Entame Plex). (2021年4月13日). http://www.entameplex.com/archives/62055 2021年12月28日閲覧。 
  6. ^ “松崎しげる主催「黒フェス2020〜白黒歌合戦〜」をJOYSOUND「みるハコ」で無料配信!全国のカラオケルームでフェス気分を味わおう!” (プレスリリース), エクシング, (2020年10月22日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001443.000004747.html 2021年12月28日閲覧。 
  7. ^ “<ももいろ歌合戦>にHYDE、OWV、木梨憲武、ハラミちゃん、Reol、夢グループ社長ら初参戦”. BARKS (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年11月30日). https://www.barks.jp/news/?id=1000193062 2021年12月28日閲覧。 
  8. ^ Most Viral Tracks of 2020 Japan”. Spotify. Spotify Technology SA (2021年). 2021年5月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月1日閲覧。 “Nisemonoyusya 703goushitsu”
  9. ^ Spotify、2020年ルックバックを発表 #2020WRAPPED ― バイラルではインディペンデントアーティストも存在感示す”. THE MAGAZINE. TuneCore Japan (2020年12月2日). 2021年12月28日閲覧。 “なお、「国内年間バイラルチャート」においては、703号室「偽物勇者」、〈略〉など、インディペンデント関連の作品が10曲以上ランクインしている。”
  10. ^ 新番『ヴァイナル・ミュージック~歌謡曲2.0~』703号室、豊田萌絵らがパーソナリティに”. 文化放送. 文化放送 (2021年2月16日). 2021年12月28日閲覧。
  11. ^ 出演者”. 第5回 ももいろ歌合戦 (2021年12月24日). 2021年12月28日閲覧。
  12. ^ 「ももいろ歌合戦」に永野芽郁やヒコロヒーら出場、高城れには「ウマ娘」とコラボ”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2021年12月24日). 2021年12月28日閲覧。
  13. ^ 703号室(岡谷柚奈) [@sushi_suki_desu] (2021年2月5日). "今日は双子の日らしい! 妹はMVのイラストを描いてくれてるんですが、大人になってもお互いの好きなことで関われて本当に嬉しい☺️ 毎日一緒にいるのに話すことが尽きなくて楽しくて双子で良かったなと心から思います。 妹のイラスト含めこれからも応援宜しくお願いします!" (ツイート). Twitterより2021年12月28日閲覧

外部リンク[編集]