666-three six

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
666-three six
別名 ロクロクロク
出身地 日本の旗 日本 地獄
ジャンル ヘヴィメタル
サタニックパーティーメタル
サイケデリック・ロック
グルーヴ・メタル
活動期間 2013年 -
公式サイト 666-three-six-
メンバー Nyeel.Firefly(ボーカル
King.Firefly(ギター
Kao.Firefly(ダンサー

666-three six(スリーシックス)は、日本のヘヴィメタルバンド

B級ホラー的な世界観の歌詞、メタルでありながらポップで聞きやすい曲調にクラシカルなギターソロが随所に見られるのが特徴である。

地獄のサーカス団を抜け出した悪魔のファイヤーフライ兄妹が組んだバンドという設定がされており、メンバーそれぞれの名前にはファミリーネームとしてファイヤーフライがつく。週刊少年ジャンプを模した漫画型のフライヤー、サタンジャンプを作っている。(ボーカルのNyeelが描いている)当初はバンドの結成の歴史や出演イベントの宣伝がなされていたが、友人バンドや先輩バンドのメンバー等登場人物が増えていくに連れ、支離滅裂でシュールな内容になってきている。

バンドは結成当初はボーカルとギターとダンサー二人で構成されていた。ベースやリズムギターはギターのKingが、ドラムは打ち込みであった。現在はベースとドラムが加入し、バンド体制+ダンサー一人の編成となっている。

作曲は全てギターのKingが、作詞は主にボーカルのNyeelとダンサーのKaoが行なっている。

2014年10月29日に放送された世界の怖い夜(TBS)にてデスメタルバンドとして登場するが、サタニックパーティーメタルと自身達の音楽を称している。 2015年1月25日放送の世界の怖い夜にも登場。今度はパンクバンドと紹介される。

2014年から地元の横須賀にてMAD BATTLE LIVEという主催イベントを年に一度のペースで行っている。

これまで、かまいたちのKENZI率いるANTIFEMINIZM、AUTO-MODなどが出演している。

2016年には都内での主催イベント666 and the phirosophaer's stoneにてBAKI(GASTUNKMOSQUITO SPIRAL)、ねこまち(from D.O.T)、THE TRASH、PHAIDIAと共演し話題を呼んだ。

週に1回、「666のぬるっとTV」という番組をNyeelとKaoがFacebookで配信している。タイトルの通りぬるっとした雰囲気のシュールな番組である。フリートークが基本となっていたが、少しネタ性を帯びてくるようになる。 Reds(AURA)がゲストして参加した回もある。

沿革[編集]

  • 2013年 -結成。
  • 2014年 -ウクライナのインディーズレーベル、Depressive illusion RecordsからミニアルバムTHREE SIXをリリース。

メンバー[編集]

Nyeel.Firefly
ボーカル。男性にも女性にも見える外見と声が特徴的で、両性具有の悪魔という設定がなされている。デスボイスでのラップ調の歌い方を得意とする。末期癌を治療しながらバンド活動を行なっている。
ぬるっとTVにて、バイセクシャルであることを告白した。同じく、ぬるっとTV内で冥王星が出身地であり、幸福の雅楽という宗教を立ち上げて教祖となったことを明かした。(名前は小川隆法※読み方は、おがわたかのり)副業としてだるま相談室をやっている。
King.Firefly
ギター。全楽曲の作曲、編曲、打ち込み等を担当している。リーダー。上半身裸に血まみれのエプロンという出で立ちのため、裸エプロンというニックネームがついている。
Kao.Firefly
ダンサー。一見するとギタリストだが、彼女の弾いているギターは全てダンボールである。アンプをダンボールで作ったこともある。666の不思議な世界観を強める存在である。唯一、わかり易く女性のメンバーである。
ぬるっとTV内で法の木耳という宗教の幹部だということを明かした。しかし、幸福の雅楽の教祖と配信を行ったため、破門となる。現在は小人生産所で小人の帽子を乗せる仕事をしている。

外部リンク[編集]