6-メトキシメレイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
6-メトキシメレイン
6-Methoxymellein
Chemical structure of 6-Methoxymellein
識別情報
CAS登録番号 13410-15-6
PubChem 93040
ChemSpider 83993
特性
化学式 C11H12O4
モル質量 208.21 g/mol
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

6-メトキシメレイン (6-Methoxymellein) は、ニンジンに含まれる天然のフェノール化合物(メレイン誘導体)である。ニンジンの苦味の原因物質の一つである[1][2]

生合成[編集]

S-アデノシルメチオニン6-ヒドロキシメレインから6-ヒドロキシメレイン-O-メチルトランスフェラーゼにより、S-アデノシルホモシステインの二次生成物として生合成される[3]

出典[編集]

  1. ^ Structural and Sensory Characterization of Compounds Contributing to the Bitter Off-Taste of Carrots (Daucus carota L.) and Carrot Puree. Andreas Czepa and Thomas Hofmann, J. Agric. Food Chem., 2003, 51, pages 3865-3873, doi:10.1021/jf034085+ PMID 12797757
  2. ^ Determination and Distribution of 6-Methoxymellein in Fresh and Processed Carrot Puree by a Rapid Spectrophotometric Assay. S.T. Talcott and L.R. Howard, J. Agric. Food Chem., 1999, 47 (8), pages 3237–3242, doi:10.1021/jf990288f
  3. ^ 6-methoxymellein biosynthesis pathway on www.biocyc.org

外部リンク[編集]