4D王

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

4D王 (ふぉーでぃーおう:英文表示 4DOH 4th.Dimension Of Hyperspace) とは、立体映像の投影装置を用いコンテンツと呼ばれる専用の3Dアニメーションを上映するショートムービーシアター施設である。

概要[編集]

大型の円筒形状の施設内部に、シート状スクリーンを全周囲に設置し、複数のプロジェクターを用い、360度切れ目のない3次元映像を合成投影する。 観察者は、円筒形内部中央付近で円偏光方式の3D眼鏡を着用する事で、360度立体映像空間に没入している感覚を得られる。 特殊な映像処理により、観察者自身に映像が迫り、体を突き抜けたり、空間に物体が浮遊する表現の実現により、没入感を高めている。 また、上映されるコンテンツ内容に合わせ、ボディソニックやエアー等の複数のギミックを連動させることで4D効果を図っている。

没入感が高いため、長時間のコンテンツは不向きとされ、主に10分前後のショートストーリーとなっている。
アミューズメント施設、商業施設向けの一般公開コンテンツの他、観光、医療、災害対策等の各種シミュレーターとして利用できる可能性がある。

アンカー等を用いた固定型の施設ではなく、常設タイプの機種でも設置、撤去工事は数日間で実施できるため、期間型のイベント興行や移動型興業にも適している。

期間型イベントでは「テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION」『無人島0円生活 ぐるっと360°4Dシアター』に使用された25人型の4D王が44日間で5万人を超える入場者数を記録している

2017年には可搬型タイプ「ギャロップ」がリリースされた。この可搬型タイプの4D王は設置10時間/解体3時間(搬入/搬出時間を除く)と、常設タイプよりも短時間での導入~撤去が可能となった結果、開催期間が数日程度の短期間イベントにもスムーズに4D王を導入できるようになった。実際に2018年のゴールデンウイークに開催された「ヤフオクドームキッズチャレンジ」イベントでは、わずか6日間の短期イベントにもかかわらず4D王ギャロップシルバー(25名型)が導入され、3,488名の4D王入場客数を記録している。

2018年に福岡市科学館の一周年を機に行われた「クリエイティブスペース プロデュースコンテスト」で4D王は大賞を受賞し、2018年9月末より1年間、福岡市科学館内のクリエイティブスペースで実機展示がはじまっている。館内に展示されている4D王は、操作員が不要な無人運用対応のシステムが採用され、客室の座席にはキューブ型スツールを採用するなどのカスタマイズが施されている。キューブ型スツール座席は座席レイアウトの変更やイベントにあわせた座席撤去(フラットフロア化)を可能としている。

基本情報[編集]

常設タイプ(4D王ナンバーナイン・シルク):
直径:4.1m
天井高:2.6m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:1~9名(4D王ナンバーナイン)/12名(4D王シルク)
常設タイプ(4D王クリスタル):
直径:4.7m
天井高:2.9m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:16名
常設タイプ(4D王シルバー):
直径:6.5m
天井高:3.5m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:25名
常設タイプ(4D王ダイヤモンド):
直径:10m
天井高:4.6m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:60名


その他10名~100名定員までカスタマイズ可能

可搬タイプ(ギャロップクリスタル):
直径:4.7m
天井高:2.6m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:16名(ベンチ型長椅子)
設置約10時間(搬入時間別)、 解体約3時間(搬出時間別)
可搬タイプ(ギャロップシルバー):
直径:6.4m
天井高:3.2m
映像:720P&1080Pの双方対応
音源:オリジナル6.2chサラウンド
定員:25名(ベンチ型長椅子)
設置約10時間(搬入時間別)、 解体約3時間(搬出時間別)

特殊効果[編集]

  • ボディーソニック
  • フロアバイブレーション
  • エアガン
  • アロマフィーダー(オプション)
  • スノーマシン(オプション)
  • バブルジェネレータ(オプション)

関連情報[編集]

  • 日本特許取得済:第4166260号
  • 米国特許取得済:第8508583号
  • 台湾特許取得済:第I446005号
  • インド特許取得済:第288477号
  • EPC(EU)への特許出願中

コンテンツ[編集]

  • 「Fantasic World」ファンタジックワールド
  • 「Aqua World」アクアワールド
  • 「Little Dino」リトルダイナ
  • 「Dream World」ドリームワールド
  • 「Galaxy Tours」ギャラクシーツアーズ
  • 「Alien Zone」エイリアンゾーン
  • 「Ninjya」忍者
  • 「The Room」ザ・ルーム
  • 「リッキーと黒き炎」
  • 「聖マルチーズ女学園 臨時体育教師 ジョン」
  • マルスの赤いスカーフ
  • 「聖マルチーズ女学園 臨時体育教師ジョンpart2 ~美女はヅラがお好き」
  • 「猫島ロケンロール」
  • 「キュン様&ゴスの爆笑★マジックショウ」
  • 栃木アイドル「パツイチモンスター」”サーカス”PV for 4D王(実写&3DCG)
  • 「金魚のくしゃみ」
  • オール長洲町ロケ「金魚の気持ち」(実写&3DCG)
  • 「とおりゃんせ 丑三つ刻の人形通り」
  • 「頭文字D project VR -疾駆-」
  • 「リトルブレイバー ルックとメルトの大冒険」
  • 「ウルトラマンゼロ Another Battle~光と力~」
  • 「アイスの小さな大冒険!」
  • 「藤田恵名MV -焦燥、脈打つ檻の中-」(実写&3DCG)
  • 「恐怖列車」

設置場所履歴[編集]

国内:
ホークスタウンモール(2013年)
ヒルゼン高原センター(2014年)
沖縄県豊崎ライフスタイルセンター TOMITON[1](2014年)
お台場 VenusFort ヴィーナスフォート(2014年)
千歳アウトレットモール・レラ(2014年)
沖縄県うるま市うるまシティ・プラザ(2014年)
福岡県大野城市「居酒屋 庄の笛」(2014年)
沖縄県「おきなわワールド玉泉洞」(2015年)
埼玉県大宮「RAKUUN」(2015年)
北九州市「あるあるCity」(2015年)
佐賀県三瀬峠「旬菜さと山」(2015年)
栃木県那須塩原市「那須ロワイヤル」(2015年)
熊本県長洲町「金魚の館」ギョギョっと4D!シアター(2016年)
テレビ朝日・六本木ヒルズ 夏祭り SUMMER STATION『無人島0円生活 ぐるっと360°4Dシアター』(2016年)
千葉県柏市「タイトーステーション セブンパークアリオ柏店」(2016年)
佐賀県佐賀市「モラージュ佐賀」(2016年)
福岡県福岡市「タイトーステーション マリノア店」(2017年)
福岡県福岡市「スポガ 香椎店」(2017年)
福岡県久留米市「スポガ 久留米店」(2018年)
福岡県福岡市「福岡市科学館」(2018年)
国内 4D-KING ブランド:
下関市「はい!からっと横丁」(2015年) 4D-KING
名古屋市「名古屋港シートレインランド」(2015年) 4D-KING
横浜市「よこはまコスモワールド(みなとみらい)」(2015年) 4D-KING
静岡県伊東市「伊豆ぐらんぱる公園」(2015年) 4D-KING
大阪府枚方市「ひらかたパーク」(2016年) 4D-KING
千葉県木更津市「木更津かんらんしゃパーク KISARAPIA」(2016年)4D-KING
北海道紋別市「氷海展望塔 オホーツクタワー」(2016年)4D-KING
静岡県浜松市「ゆうえんち 浜名湖パルパル」(2017年)「マスケラーナの4Dシアター」
海外:
麗寶楽園 福容大飯店<台湾台中市>(2016年)
Bà nà Hills <ベトナム>(2012年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 沖縄タイムズ記事 2014年3月21日版

外部リンク[編集]