4AD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
4AD
親会社 Beggars Group
設立 1979年
設立者 Ivo Watts-Russell、Peter Kent
販売元 Beggars Group
ジャンル インディーロック
イギリスの旗イギリス
本社所在地 ロンドン
公式サイト http://www.4ad.com/

4AD(フォーエーディー)はイギリスインディーレコードレーベル。主にインディー・ロックのアーティストを取り扱っている。1979年に、ベガーズ・バンケット・レコードの資金提供を受け、アイヴォ・ワッツ=ラッセル(Ivo Watts-Russell)とピーター・ケント(Peter Kent)によって設立された。

概要[編集]

4AD設立当初のアーティストであったデッド・カン・ダンス

当初、アクシス・レコード(Axis Records)のレーベル名で設立されたが、同名の会社が存在することを知り4ADに改名した。 レーベル名は、「Looking Forward(展望)」という言葉から派生して生まれた[1]

ピーター・ケントの退社後、アイヴォ・ワッツ=ラッセルはグラフィック・デザイナーのヴォーン・オリヴァー(Vaughan Oliver)を招いた。ヴォーン・オリヴァーは写真家のナイジェル・グリーアソン(Nigel Grierson)とデザイン・チーム、23エンベロップ(23 Envelope)を結成し、レーベルのアート・ワークを手掛け、退廃的な音と耽美的なデザインを一致させることによりレーベルカラーを確立した。[2]

1980年代初期は、バウハウスコクトー・ツインズデッド・カン・ダンス等、ゴシック調のスタイルを特徴としたアーティストを中心にリリースしていたが、1980年代半ばよりスローイング・ミュージズピクシーズ等、アメリカのオルタナティヴ・ロック勢にリリースの比重を置き始めた[1]。一方で、ブルガリアの民族音楽「Le Mystere Des Voix Bulgares / 神秘の声」をリリースするなどカテゴリーも多様化していった[3]。1987年には、A.R. ケインを中心に結成されたM/A/R/R/Sの『パンプ・アップ・ザ・ボリューム』が全英チャート1位を獲得した[4]。この曲は、ブレイクビーツをサンプリングしたアシッド・ハウスの先駆けとして知られている[1]

1990年代の4ADの看板アーティストであったブリーダーズ

1990年代には、ロサンゼルスにオフィスを設け、ブリーダーズ(The Breeders)、レッド・ハウス・ペインターズ(Red House Painters)、アンレスト(Unrest)、ヒズ・ネーム・イズ・アライブ(His Name Is Alive)の作品をリリースし成功を収めた。1999年にアイヴォ・ワッツ=ラッセルは、持ち株をベガーズ・バンケットへ売却し、以後4ADはベガーズ・グループ傘下のレーベルとして活動を続ける。

2008年、ベガーズ・グループの事業再構築が行われ、ベガーズ・バンケットとトゥー・ピュアの両レーベルが4ADに吸収されることとなった[1]

主なアーティスト[編集]

ディアハンターのブラッドフォード・コックス

過去のアーティストを含む

ディスコグラフィ[編集]

企画盤[編集]

  • ディス・モータル・コイル (This Mortal Coil)
  • ブルガリアン・ヴォイス (Le Mystère des Voix Bulgares)

参考文献・出典[編集]

  • 4AD JAPAN 日本版オフィシャルサイト
[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d [1]4AD 日本版オフィシャルサイト
  2. ^ [2]CDJournal 「マットな手触り、23 Envelope/V23 ヴォーン・オリヴァーとは 」2008.2.13
  3. ^ [3]Discogs Le Mystere Des Voix Bulgares
  4. ^ [4]Music Week Pump Up The Volume - M/A/R/R/S

外部リンク[編集]