361度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三六一度國際有限公司
株式会社
業種 スポーツウェア、スポーツ器具
設立 2003年
本社 中華人民共和国の旗 中華人民共和国福建省泉州市晋江市
主要人物
丁辉煌、丁伍号
製品 運動靴、スポーツウェア、スポーツ器具、部品
ウェブサイト www.361sport.com
香港のタクシーに据えられた、361度の広告。
361度
各種表記
繁体字 三六一度國際有限公司
簡体字 三六一度国际有限公司
拼音 Sānliùyī dù guójì yǒuxiàn gōngsī
発音: サンリウイードゥーグオジー=ヨウシアンゴンシー
英文 361 Degrees International Limited
テンプレートを表示

361度、ないし、361度国際(361どこくさい、中国語: 三六一度國際有限公司英語: 361 Degrees International Limited香港証券取引所SEHK1361)は、中華人民共和国福建省晋江市を拠点とするスポーツ用品メーカーで、そのブランド「361°」は、近年の中国で急速に知名度を上げているスポーツ用品専門ブランドのひとつである。

スローガンは「: 多一度热爱」。

歴史[編集]

361°の前身企業は、1994年に設立された別克(福建)鞋業有限公司であり、2003年に社名を三六一度(福建)有限公司と改め、更に、2005年に三六一度(中国)有限公司となって、雑誌『フォーブス』中国語版(『福布斯』)によって中国で最も成長が見込まれる企業100社のひとつに選ばれた。

2009年6月30日、361度國際有限公司は、香港証券取引所に上場し、傘下に三六一度(中国)有限公司、三六一度(福建)体育用品有限公司、三六一度(廈門)工貿有限公司を収める形となった。

2012年9月28日、三六一度實業有限公司を通し、5383.56万元を投じて湾仔香港コンベンション・アンド・エキシビション・センターのオフィス棟(灣仔會展廣場辦公大樓)の16階9室、1平方フィート当たり2.21万元、床面積2436平方フィートを購入した。

2013年10月30日、361度とフィンランドのスポーツ用品メーカーワン・ウェイ・スポーツ (One Way Sport) と組み、共同経営するスポーツのブランド「中蘭體育品牌」を設立した。このブランドは、361度傘下の361度投資とワン・ウェイ・スポーツが、それぞれ株式の70%と30%を保有している[1]

361度は、2010年広州アジア大会で公式スポンサーとなったのに引き続き、2014年仁川アジア大会でも1500万ドル以上を拠出してプレステージパートナーとなり、運営スタッフやボランティアら2万人以上のユニフォームを供給するなどして注目された[2]。361度が仁川アジア大会に提供したユニフォーム類は29万点に及んだともされている[3]。また、2014年には南京ユースオリンピックの衣料スポンサーにもなっていた[4]

2014年の報道によれば、361度は中国国内に7800店以上の店舗を構えているとされ[2]、特に中小都市に店舗配置の重点がおかれているという[4]

同年10月22日、361度は2016年夏季オリンピックリオ・デ・ジャネイロオリンピックリオ・デ・ジャネイロパラリンピックの公式ユニフォームのサプライヤーとなることが発表された。

脚注[編集]

  1. ^ 川瀬憲司 (2013年12月6日). “フィンランド社と提携、中国の361度、スポーツ用品販売。”. 日経MJ(流通新聞): p. 7  - 日経テレコンにて閲覧
  2. ^ a b アジア大会スタッフ2万人の胸に「361°」、仁川を占領した中国の服(1)”. 中央日報 (2014年9月17日). 2014年12月5日閲覧。
  3. ^ アジア大会スタッフ2万人の胸に「361°」、仁川を占領した中国の服(2)”. 中央日報 (2014年9月17日). 2014年12月5日閲覧。
  4. ^ a b 大谷篤 (2014年11月19日). “361度国際(香港)― 増益見通しで大幅高(アジア注目銘柄)”. 日本経済新聞・朝刊: p. 9  - 日経テレコンにて閲覧