30歳成人説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

30歳成人説(30さい せいじんせつ)とは日本の民法成年を満20歳と定めているのに対し、「精神年齢でいけば今の30歳は、昔の20歳くらいにあたる」という考え方のことである。作家村上春樹が唱えている。

村上春樹は「自分が本当にやりたいことなんかそう簡単に分かるものではない、30までは色んなことをやって30になってから人生の進路を決めればよい」という趣旨のことを述べている。作家田口ランディは、「人間は29歳に転機を迎えるという法則」(29歳変動説)というのを唱えている。[要出典]また小川明は自己の確立ができない若者たちはマニュアル、カタログにたより情報擬似体験のなかで流され20歳成人の意義がなくなり、30歳が成人になる節目になったとしている[1]

一方で、成年の引き下げに関する議論もなされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「30歳成人説―パーソナルアイデンティティのすすめ」小川明、日本マンパワー出版、1992年4月