3増し符号

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

3増し符号(さんましふごう、3増しコード; excess-three code, excess-3, XS-3)は、二進化十進表現(BCD)の一種で、十進の各桁を、以下のようにその値に3足した4ビット2進で表現する方法をいう。

10進 2進 10進 2進
0 0011 9 1100
1 0100 8 1011
2 0101 7 1010
3 0110 6 1001
4 0111 5 1000

例えば、

123410 = 0100010101100111excess-3

である。ここで10は10進数を、excess-3は3増し符号を示す。

通常のBCDに対する3増し符号の利点は次のとおりである。

  • ビットを反転させるだけで10進数の減基数の補数9の補数)が得られるため、減算に便利である。
  • 最上位ビット(MSB)が410以下で0、510以上で1となるので、四捨五入に便利である。
  • すべてのビットが同時に0になることがないので、断線などによる信号途絶との区別に利用できる。

3増し符号は、ENIACUNIVAC Iなど最初期の計算機で内部表現に採用されたが、最近はあまり使われていない。

参考文献[編集]

JIS X 0005:2002 情報処理用語(データの表現) 05.07.02

雨宮好文 『現代電子回路学[II]』 オーム社、1980年、229頁。 (ISBN 4-274-12750-8)

本項の表は『Wikipedia英語版』の「Excess-3」の項(16:10, 7 September 2006 UTC版)からの翻訳である。

関連項目[編集]