3人の鍛冶屋像

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
3人の鍛冶屋像
Kolmen sepän patsas

Kluuvi, Helsinki, Finland - panoramio.jpg

3人の鍛冶屋像の位置(ヘルシンキ内)
3人の鍛冶屋像
3人の鍛冶屋像の位置
3人の鍛冶屋像の位置(ヘルシンキ郡内)
3人の鍛冶屋像
3人の鍛冶屋像の位置
3人の鍛冶屋像の位置(フィンランド内)
3人の鍛冶屋像
3人の鍛冶屋像の位置
座標 北緯60度10分07秒 東経24度56分27秒 / 北緯60.16868度 東経24.94095度 / 60.16868; 24.94095
所在地  フィンランド
設計者 フェリックス・ニュルンド
資材 青銅
完成 1932年

3人の鍛冶屋像[1](3にんのかじやぞう、フィンランド語: Kolmen sepän patsas, 英語: The Three Smiths statue[2])は、フィンランドヘルシンキの中心地にある彫像である[3]。『3人の鍛冶屋の像』ともいう[4]

概要[編集]

アレクサンテリンカトゥ通りが、西端でマンネルヘイミンティエ (fi:Mannerheimintie (Helsinki)) 通りと交差する地点にある広場 (Three Smiths Square) に建てられている[2][5][6][7]

彫刻家、フェリックス・ニュルンド (fi:Felix Nylund) によって製作され[3]1932年に広場に設置された[8][9]。ニュルンドは、1913年、哲学者ユーハン・ヴィルヘルム・スネルマンの記念碑のコンペティションでこの彫刻作品を出している[8][7]

彫像は、人間の労働や人間どうしの協力を象徴的に示しているものと解釈されている[8]。像は青銅を鋳造して造られたものであり、台座には赤色の御影石が使われている[8][10]。台座には、1944年2月にロシアがヘルシンキを空襲した際にできた弾痕が残されている[7][11]

作品[編集]

3人の男性が、ハンマーでアンヴィル(金床)を打撃している様子が表現されている[12]。この作品は、実際に存在した人物に想を得て製作された[2]

ハンマーを高く振り上げている人物は、ニュルンド自身をモデルとしている。もう1人は、れんが積み工であったパーヴォ・コスキネン (fi:Paavo Koskinen) をモデルとしており、顔の特徴は、詩人のArvid Mörneのものである。残りの1人は、ニュルンドの補佐役を務めていた石切り工、アク・ヌーティネン (Aku Nuutinen) をモデルとしている[2][8]

交通アクセス・周辺[編集]

ヘルシンキ中央駅から徒歩でおよそ5分ほど南下したところにある[7]。アレクサンテリンカトゥ通りを挟んですぐのところに、ストックマン百貨店ヘルシンキ本店が立地しており、この建物は、地下でアカデミア書店の建物と接続されている[7][11][13]。北側には、アテネウム美術館ヘルシンキ現代美術館などがある[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]


  1. ^ 平成23年度第2回山形県立図書館協議会議事録要旨”. 山形県立図書館. 2019年4月30日閲覧。
  2. ^ a b c d BRONZED, BUT NOT BY THE SUN: THE HELSINKI STATUES”. This is FINLAND. 2019年4月29日閲覧。
  3. ^ a b A giant bubble to Helsinki Design Week”. Northern Dimension Partnership on Culture. 2019年4月29日閲覧。
  4. ^ チョイ住み”. 日本放送協会. 2019年4月30日閲覧。
  5. ^ Seuraa kukkaa & löydä Ihana Helsinki!”. Ihana Helsinki. 2019年4月30日閲覧。
  6. ^ Helsinki centre shifting towards Kamppi”. Helsinki Times (2014年11月8日). 2019年4月30日閲覧。
  7. ^ a b c d e こばやしあやな. “ヘルシンキの記念碑・彫刻アート探訪 シンボル編”. オールアバウト. 2019年4月30日閲覧。
  8. ^ a b c d e Kolmen sepän patsas / The Three Smiths”. ヘルシンキ市立美術館. 2019年4月30日閲覧。
  9. ^ Plastique Fantastique builds a giant bubble around The Three Smiths”. Helsinki Design Week (2016年6月16日). 2019年4月30日閲覧。
  10. ^ Kolme seppää - The Three Smiths”. Helsinki Marketing. 2019年4月30日閲覧。
  11. ^ a b The city in steel and bronze”. Helsinki Times. 2019年4月30日閲覧。
  12. ^ Lucas Aykroyd (2019年1月24日). “Top 10 Finnish WJC moments”. 国際アイスホッケー連盟. 2019年4月30日閲覧。
  13. ^ アカデミア書店”. フィンランド政府観光局. 2019年4月30日閲覧。
  14. ^ Visitors Guide”. ヘルシンキ. 2019年4月30日閲覧。

外部リンク[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、3人の鍛冶屋像に関するカテゴリがあります。