2D格闘ツクール95

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2D格闘ツクール95
ジャンル 対戦格闘ゲーム製作ツール
対応機種 PC
開発元 OUTBACK
発売元 アスキー
メディア CD-ROM
発売日 1998年1月
必要環境 Windows 95/98/98SE/2000/Me/XP/Vista
テンプレートを表示

2D格闘ツクール95』(ツーディーかくとうツクールきゅうじゅうご)は、かつてアスキーから発売されていた対戦格闘ゲーム製作用ソフトウェアツクールシリーズの中の1本である。製作会社はOUTBACK。現在では生産・出荷を終了している。

特徴[編集]

当時の対戦格闘ゲーム流行の波に乗り発売された、かねてより「ツクラー」の間で要望の高まっていた対戦格闘ゲーム制作専用ソフトである。2001年12月に後継ソフト『2D格闘ツクール2nd.』が発売されるまで、同人・フリーゲーム作者の間で広く使われていた。

画面の解像度は320×240(RPGツクール2000などと同じ)と、当時他のツクールシリーズのソフトで主流だった640×480に比べ粗めのため、全画面表示時にドットの大きさが目立つことがある。また、『龍虎の拳』や『サムライスピリッツ』で演出として採用されていたような、戦う2体のキャラクターの間合いに応じて画面がズームイン・アウトする機能が搭載されている。

使用キャラクター選択のシーンでのレイアウトが決められている、グラフィックを半透明にできない、ゲームオーバー時のコンティニュー機能がないなど、いくつか仕様上の不都合が存在する。これらの内の多くは、後継の2D格闘ツクール2nd.で解消されることになる。

タイトルの「95」は、発売当時主流のOSだったWindows 95に由来するものと考えられる。実際、このOSには対応しているが、98以降のWindowsには公式には対応していない[1]

作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]