27クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
27クラブの何人かのメンバーが描かれたテルアビブグラフィティ

27クラブ: The 27 Club、トゥエンティセブンクラブ、にじゅうななクラブ)は、27歳で死亡したポピュラー音楽ミュージシャンアーティスト俳優の一覧である。薬物乱用アルコール依存症殺人自殺交通事故など暴力的な手段によって死亡していることが多い[1]1969年から1971年の間に数人の人気ミュージシャンが死亡したことにより、はこの年齢でよく起こるという信念に繋がった。統計学研究では、25歳や32歳と比較しても、この年齢での死亡者の異常なパターン発見することは出来なかった。2011年BMJ調査では、ヤングアダルトミュージシャンの死亡率は他のヤングアダルトのそれより高いという結果が出たが、「名声はミュージシャンの死亡リスクを高めるかも知れないが、このリスクは27歳に限定されない」と結論付けている[2][3][4]

「27クラブ」は音楽雑誌新聞、デイリープレスで繰り返し引用されている。いくつかの展示は小説映画舞台芸術などのアイディアに捧げられている[5][6][7][8][9]。このような早期死亡の原因とその可能性のある関係に関する多くの異なる理論と推測がなされてきた。カート・コバーンジミ・ヘンドリックスの伝記を手掛けた作家のチャールズ・R・クロスは、BMJの研究が発表される4年前に次のように書いている。「27歳で死亡したミュージシャンの数はどの標準でも著しく目立っている。(尤も)人間はどの年齢でも定期的に死亡するが、27歳で死亡するミュージシャンの為の統計的な波形がある。」[10]

歴史[編集]

ロックバンドドアーズのリードボーカル、ジム・モリスン。

ブライアン・ジョーンズジミ・ヘンドリックスジャニス・ジョプリンジム・モリスンは、1969年から1971年の間に27歳で死亡した。当時、この偶然の一致はいくつかの発言を引き起こしたが[11][12]、約25年後、カート・コバーンが死亡すると「27クラブ」という考え方が公衆認識のなかで定着するようになった[10]

ヘンドリックスとコバーンの伝記記者チャールズ・R・クロスによると、インターネットテレビ番組雑誌などのメディアの重要性の高まりと、コバーンの母親とのインタビューへの反応が、そのような理論の原因となった。コバーンの母親ウェンディ・フレイデンバーグ・コバーン・オコナーはワシントン州アバディーンの新聞「デイリー・ワールド英語版」に次のように語った。「今、彼は去ってしまって、あの愚かなクラブに加わってしまった。私はあの愚かなクラブに参加しないように彼に言っていたのに」。クロスは彼女がいう「クラブ」とは、同じ年齢で死亡したヘンドリックス、ジョプリン、モリソンを指していると指摘している[13] 。他の著者も彼の見解を共有している[14]。一方、ジョシュ・ハンターとエリック・シーガルスタッドは著書「The 27s: The Greatest Myth of Rock & Roll」の中で、コバーンの母親は2人の叔父と大叔父(全員自殺している)の死に言及していたのではないかと指摘している[15]。クロスによると、この出来事は「カート・コバーンが故意に死を計時して27クラブに加わることが出来るという陰謀理論家たちの(言い放つ)不条理な考えを示唆している」[10]

コバーンが死亡してから17年後の2011年エイミー・ワインハウスが27歳で亡くなった。これはクラブに再び大衆メディアの注目が集まるきっかけとなった[16]。死の3年前、彼女は、その年齢で死ぬことへの恐れを表明していた[17]

27クラブのメンバーとして資格を得るには、必ずしもミュージシャンである必要はない。「ローリング・ストーン」には、2003年に自殺したテレビ俳優ジョナサン・ブランディスが、27クラブの「メンバー」のリストに含まれていた[18]パンクロックバンドで演奏していたが、主に映画俳優として知られていたアントン・イェルチンは、2016年に死亡したときにクラブのメンバーとも言われていた[19]。同様に、ジャン=ミシェル・バスキアは、彼の音楽キャリアの比較的簡素さと、グラフィティ・アート画家としての彼の著名さにも関わらず、27クラブのリストに含まれている[20][21]

科学的研究[編集]

2011年12月ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルに発表された調査によると、27歳の時点でミュージシャンの死亡リスクは増加していないとの結論に達した。サンプリングされたミュージシャンは、20代と30代で死亡リスクが増加していたが、それは27歳に限定されない[2]インデペンデント2015年の記事でも、ポピュラー音楽のミュージシャンは27歳で死亡する可能性は低いという統計的な証拠が示されている[22]

音楽での引用[編集]

ジョン・クレーギー英語版のアルバム「Montana Tale」の収録曲「28」は、クラブのことを指している。歌詞では、ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、カート・コバーンの死に言及されている。

エリック・バードン英語版2013年のアルバム「ティル・ユア・リヴァー・ランズ・ドライ英語版」に27クラブをテーマにした曲「27フォーエヴァー」を収録[23]

レットライブ英語版のアルバム「The Blackest Beautiful」の収録曲に27クラブの名前を引用[24]

マゼンタ英語版は、27クラブをテーマにしたスタジオ・アルバムThe Twenty Seven Club」を発表している。各収録曲で、クラブのメンバーへ賛辞を送っている[25][26]

フォール・アウト・ボーイはアルバム「フォリ・ア・ドゥ」の収録曲「27」でクラブを引用。この曲は、ロックンロールで一般的な快楽的な生活様式を探求している。フォール・アウト・ボーイの作詞家ピート・ウェンツは、同じような危険な生活をしていると感じたため、この曲を書いた[27]

特定されているメンバー[編集]

名前 死亡日 公式発表による死因 名声 年齢 出典
アレシャンドリ・レヴィ英語版 1892年1月17日 不明 作曲家ピアニスト指揮者 27年 + 98日 [28]
ルイ・ショーヴァン英語版 1908年3月26日 多発性硬化症 ラグタイムミュージシャン 27年 + 13日 [28][29]
ロバート・ジョンソン 1938年8月16日 中毒(ストリキニーネ) ブルース歌手及び音楽家。29曲の非常に影響力のある曲を録音した。 27年 + 100日 [28][29][30][20][31][21]
ナット・ジャフィ英語版 1945年8月5日 高血圧による合併症 スウィング・ジャズピアニスト 27年 + 216日 [28]
ジェシー・ベルヴィン英語版 1960年2月6日 自動車による交通事故 R&B歌手、ピアニスト、ソングライター 27年 + 53日 [28][29][20]
ルディ・ルイス英語版 1964年5月20日 オーバードーズ ドリフターズのボーカル 27年 + 271日 [31]
ジョー・ヘンダーソン英語版 1964年10月24日 心筋梗塞 R&B、ゴスペル歌手 27年 + 183日 [32]
マルコム・ヘイル 1968年10月31日 一酸化炭素中毒 スパンキー・アンド・アワ・ギャング英語版のオリジナルメンバー及びリードギタリスト 27年 + 166日 [28][20]
ディッキー・プライド英語版 1969年3月26日 オーバードーズ(睡眠薬) ロックンロール歌手 27年 + 156日 [33]
ブライアン・ジョーンズ 1969年7月3日 溺死[34] (検死官の報告書によると「不運な死」)[35] ザ・ローリング・ストーンズの創設者及びギタリスト 27年 + 125日 [28][29][20][31][21][36]
アレキサンドラ英語版 1969年7月31日 交通事故 ドイツシュラガー英語版歌手 27年 + 73日 [37][38]
アラン・ウィルソン英語版 1970年9月3日 オーバードーズ(バルビツール酸系) キャンド・ヒート英語版のリーダー、歌手及び主要作曲家 27年 + 61日 [28][29][20][31][21]
ジミ・ヘンドリックス 1970年9月18日 窒息[39] エレクトリック・ギターの先駆者、ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスとバンド・オブ・ジプシーズのメンバー 27年 + 295日 [28][29][20][31][21][36]
ジャニス・ジョプリン 1970年10月4日 オーバードーズ(恐らくヘロイン)[40] ビッグ・ブラザー・アンド・ザ・ホールディング・カンパニー英語版のリードボーカル及びソングライター。 27年 + 258日 [28][29][20][31][21][41]
アレスター・"ダイク"・クリステン 1971年3月13日 殺害 ダイク・アンド・ザ・ブレイザーズ英語版のフロントマン、ボーカル及びベーシスト 27年 + 273日 [28]
ジム・モリソン 1971年7月3日 心臓発作[42] ドアーズのリードボーカル、ソングライター、リーダー。 27年 + 207日 [28][29][20][31][21][36]
リンダ・ジョーンズ英語版 1972年3月14日 糖尿病からの合併症 ソウル歌手 27年 + 91日 [43]
レスリー・ハーヴェイ英語版 1972年5月3日 感電 ストーン・ザ・クロウズ英語版のギタリスト。兄弟はアレックス・ハーヴェイ英語版 27年 + 233日 [29][20][21]
ロン・マッカーナン英語版 1973年3月8日 胃腸出血 グレイトフル・デッドキーボード、ボーカル。 27年 + 181日 [28][29][20][31][21]
ロジャー・リー・ダーラム 1973年7月27日 落馬による負傷 ブラッドストーン英語版のボーカル 27年 + 163日 [28][20]
ウォーリー・ヤン 1974年8月12日 飛行機の墜落事故 チェイスのオリジナルプレイヤー 27年 + 212日 [28]
デイヴ・アレクサンダー英語版 1975年2月10日 肺水腫 ザ・ストゥージズのベーシスト 27年 + 252日 [28][29][20][31][21]
ピート・ハム 1975年4月24日 首つり自殺 バッドフィンガーのキーボーディスト及びギタリスト、リーダー 27年 + 362日 [28][29][20][31][21]
ゲイリー・セイン英語版 1975年12月8日 オーバードーズ(ヘロイン) ユーライア・ヒープキーフ・ハートレー・バンドのベーシスト。 27年 + 207日 [28][29][20][31]
セシリア英語版 1976年8月2日 自動車による衝突事故 歌手 27年 + 296日 [44][45]
ヘルムート・ケーレン英語版 1977年5月3日 一酸化炭素中毒 1970年代プログレバンドトリアンヴィラート英語版のベーシスト 27年 + 62日 [28][20]
クリス・ベル英語版 1978年12月27日 自動車の衝突事故 シンガーソングライタービッグ・スター英語版のギタリスト 27年 + 349日 [28][29][20]
ゼノン・デ・フラワー 1979年3月17日 自動車の衝突事故と負傷による合併症 カウント・ビショップス英語版のギタリスト 27年 + 189日 [46][47]
ジェイコブ・ミラー 1980年3月23日 自動車の衝突事故 インナー・サークルのリードシンガー 27年 + 324日 [29][31]
D・ブーン英語版 1985年12月22日 自動車の衝突事故 ミニットメンのギタリスト、リードシンガー。 27年 + 266日 [28][29][20][21]
Alexander Bashlachev 1988年2月17日 飛び降り自殺の疑い 詩人、ロック・ミュージシャン、ソングライター 27年 + 266日 [44]
ジャン=ミシェル・バスキア 1988年8月12日 オーバードーズ(スピードボール英語版) 画家 27年 + 234日 [20][31][21]
ピート・デ・フレイタス英語版 1989年6月14日 オートバイによる衝突事故 エコー&ザ・バニーメンのドラマー 27年 + 346日 [28][29][20][31]
クリス・オースティン英語版 1991年3月16日 飛行機の墜落事故 リーバ・マッキンタイアのバンドのギタリスト 27年 + 20日 [48]
ジョーイ・シガネロ 1991年3月16日 飛行機の墜落事故 リーバ・マッキンタイアのバンドのキーボーディスト 27年 + 169日 [48]
ディミタール・ヴウ 1992年9月5日 ブルガリアのグループ、ニュー・ジェネレーションの創設者 27年 + 107日 [49]
ミア・ザパタ英語版 1993年7月7日 殺害 ギッツ英語版 27年 + 316日 [28][29]
カート・コバーン 1994年4月5日 c. による自殺[50] ニルヴァーナのボーカル、ギター、ソングライター。 27年 + 44日 c. [28][29][20][31][21][41]
クリステン・パーフ英語版 1994年6月16日 オーバードーズ(ヘロイン) ホテルジャニター・ジョー英語版のベース 27年 + 21日 [28][29][20][31][21]
リッチー・エドワーズ 1995年2月1日 失踪。2008年11月23日に公式に死亡宣告英語版 マニック・ストリート・プリーチャーズの作詞家、ギタリスト 27年 + 41日 [28][20][21]
ストレッチ英語版 1995年11月30日 自殺 ラッパー 27年 + 236日 [51][52]
ファット・パット英語版 1998年2月3日 自殺 スクリュード・アップ・クリックのメンバー 27年 + 61日 [28][29]
フリーキー・ター英語版 1999年3月28日 自殺 ロスト・ボーイズ英語版のメンバー 27年 + 318日 [28]
Kami英語版 1999年6月21日 クモ膜下出血 MALICE MIZERのドラマー 27年 + 140日 [53]
ロドリーゴ英語版 2000年6月24日 自動車の衝突事故 クアルテート英語版歌手 27年 + 31日 [44]
ショーン・パトリック・マッケーブ 2000年8月28日 窒息 インク・アンド・ダガー英語版のリード歌手 27年 + 289日 [28][29][20]
マリア・セラーノ・セラーノ 2001年11月24日 飛行機の墜落事故(クロスエア3597便墜落事故) パッション・フルーツ英語版のバックボーカル 27年 + 363日 [28]
ジェレミー・ウォード英語版 2003年5月25日 オーバードーズ(ヘロイン) マーズ・ヴォルタディ・ファクト英語版のサウンドマニピュレーター 27年 + 20日 [28][29][20]
ジョナサン・ブランディス 2003年11月12日 首つり自殺 映画・テレビ俳優 27年 + 213日 [18]
ブライアン・オットソン 2005年4月19日 オーバードーズ(処方薬) アメリカン・ヘッド・チャージ英語版のギタリスト 27年 + 32日 [28][29][20]
Davor "Moskri" Bobić 2005年8月25日 オーバードーズ Prti Bee Geeのオリジナルメンバー 27年 + 274日 [54]
バレンタイン・エリザベス英語版 2006年11月26日 自殺 メキシコのバンド歌手 27年 + 297日 [28]
アチキン・スピン 2010年4月17日 交通事故 ポップ・グループ、スピンのメンバー 27年 + 290日 [55]
エイミー・ワインハウス 2011年7月23日 アルコール依存症[56] シンガーソングライター 27年 + 312日 [29][20][31][21][36]
リチャード・ターナー 2011年8月11日 心停止 フレンドリー・ファイアーズのトランペット奏者[57] 27年 + 12日 [29]
二コラ・ボグナー 2012年1月6日 病気(病名未公表) ヴィジョンズ・オブ・アトランティス英語版の歌手 27年 + 290日 [58]
Slađa Guduraš 2014年12月10日 交通事故 ボスニアのポップ歌手、俳優 27年 + 213日 [59]
トーマス・ロウ 2016年2月13日 自動車事故 ビオラ・ビーチ英語版のベーシスト 27年 + 70日 [60]
トーマス・フェケテ 2016年5月31日 胃がん サーファー・ブラッドのギタリスト 27年 + 335日 [61]
アントン・イェルチン 2016年6月19日 偶発的な鈍的外傷性窒息[62] 俳優。「スター・トレック」のパヴェル・チェコフ役で有名。バンド、ハンマーヘッドのギタリストでもあった。 27年 + 100日 [63][19]
ジェームズ・ローレンス 2017年1月30日 不明 フレンドゾーンの音楽プロデューサー 27年A [64]

関連項目[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Weiss, David. “Amy Winehouse & The 27 Club”. Life Goes Strong. 2011年8月18日閲覧。
  2. ^ a b “Is 27 really a dangerous age for famous musicians? A retrospective cohort study” (プレスリリース), The BMJ, (2011年12月), http://www.bmj.com/press-releases/2011/12/20/27-really-dangerous-age-famous-musicians-retrospective-cohort-study 2011年12月21日閲覧。 
  3. ^ Hirshon, Bob. "27 Club Myth", Science NetLinks. Retrieved July 13, 2016.
  4. ^ “CHRISTMAS 2011: DEATH’S DOMINION Is 27 really a dangerous age for famous musicians? A retrospective cohort study”. The BMJ ;343. (December 20, 2011). doi:10.1136/bmj.d7799. http://www.bmj.com/content/343/bmj.d7799. 
  5. ^ 27: A History of the 27 Club through the Lives of Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Jim Morrison, Kurt Cobain, and Amy Winehouse”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  6. ^ The 27 Club: Why Age 27 Is Important”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ The 27s: The Greatest Myth of Rock & Roll”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ The Curse of 27: They Have Three Things in Common. Talent, Fame... and a Tragic Death at the Age of 27. the 27 Club. Forever 27.”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  9. ^ The 27 Club (Movie)”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  10. ^ a b c Charles R. Cross (2007年2月22日). “P-I's Writer in Residence Charles R. Cross explores the darker side of 'only the good die young'”. Seattle Post-Intelligencer. 2010年9月18日閲覧。
  11. ^ Nesta Roberts (September 10, 1971). Flower bower. UK. p. 13. 
  12. ^ James Riordan; Jerry Prochnicky (1992). Break on Through: The Life and Death of Jim Morrison. It Books. pp. 416, 467. ISBN 978-0-688-11915-7. 
  13. ^ Charles R. Cross (2002). Heavier Than Heaven: A Biography of Kurt Cobain (2nd ed.). Hyperion. p. 357. ISBN 978-0-7868-8402-5. 
  14. ^ R. Gary Patterson. Take a Walk on the Dark Side: Rock and Roll Myths, Legends, and Curses. p. 259. 
  15. ^ Josh Hunter; Eric Segalstad (2008). The 27s: The Greatest Myth of Rock & Roll. Berkeley Lake: Samadhi Creations. p. 12. ISBN 978-0-615-18964-2. オリジナルのSeptember 19, 2010時点によるアーカイブ。. http://the27s.com/ 2010年9月20日閲覧。. 
  16. ^ “Amy Winehouse, Jimi Hendrix, Kurt Cobain and the 27 Club”. The Washington Post. (2015年7月24日). http://www.washingtonpost.com/blogs/celebritology/post/amy-winehouse-jimi-hendrix-kurt-cobain-and-the-27-club/2011/07/23/gIQAiLAhVI_blog.html 
  17. ^ The Inquisitr: Stating the Obvious, Amy Winehouse”. Inquisitr.com (2008年12月28日). 2014年6月10日閲覧。
  18. ^ a b The 27 Club: A Brief History” (2013年11月12日). 2016年10月22日閲覧。
  19. ^ a b "The curse of the '27 Club' strikes again after Star Trek actor Anton Yelchin dies", BBC, February 19, 2016. Retrieved June 20, 2016.
  20. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa O'Connor, Rob (2011年7月23日). “Twenty-Seven Members of the 27 Club”. Yahoo Music. 2011年10月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月25日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Stopera, Dave. “The 27 Club: 15 Other Musicians Who Died at Age 27”. BuzzFeed. 2011年9月9日閲覧。
  22. ^ Kenny, Dianna Theodora (April 2, 2015). "Why the 27 Club Is a Myth: Jimi Hendrix and Amy Winehouse May Be Members But That Doesn't Make It Real", The Independent. Retrieved May 25, 2016.
  23. ^ Eric Burdon Speaks His Mind on New LP”. Rolling Stone (2013年2月5日). 2014年7月24日閲覧。
  24. ^ The Blackest Beautiful”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  25. ^ Verstrael, Theo (2013年9月22日). “The Twenty Seven Club”. 2016年3月15日閲覧。
  26. ^ Menshikov, Vitaly (2013年11月21日). “The Twenty Seven Club”. 2016年3月15日閲覧。
  27. ^ Chick, Stevie (2008年10月23日). “Chemical brothers”. The Guardian (Guardian Media Group). https://www.theguardian.com/music/2008/oct/24/falloutboy-popandrock 2011年10月15日閲覧。 
  28. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag The Greatest Myth of Rock & Roll”. The27s.com. 2011年9月9日閲覧。
  29. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z Forever 27 Hall of Fame”. Forever27.co.uk. 2011年9月9日閲覧。
  30. ^ Sullivan, James (2011年5月27日). “Robert Johnson Founds the '27 Club' With Devil Pact – Twisted Tales”. Spinner. 2011年7月27日閲覧。
  31. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Blair, Kevin (2011年7月24日). “The Forever 27 Club – Music's Growing List of Stars Who Died at 27 Years Old”. StarPulse. 2011年9月9日閲覧。 “Robert Johnson, Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Jim Morrison, Ron "Pigpen" McKernan, Kurt Cobain, Amy Winehouse, Pete de Freitas, Kristen Pfaff, Jean-Michel Basquiat, Jacob Miller, Dave Alexander, Pete Ham, Gary Thain, Alan "Blind Owl" Wilson, and Rudy Lewis”
  32. ^ Sounes, Howard (2013). 27: A History of the 27 Club through the Lives of Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Jim Morrison, Kurt Cobain, and Amy Winehouse, Da Capo Press, p.304.
  33. ^ "British Musician Dickie Pride, a.k.a. Richard Charles Kneller, Dead at 27", Forever 27. Retrieved May 25, 2016.
  34. ^ All about Brian Jones, by Anthony Bruno – "Death by Misadventure" – Crime Library on”. Trutv.com (1969年7月10日). 2011年7月23日閲覧。
  35. ^ Wyman 2002, p. 329
  36. ^ a b c d Clements, Paul (2011年7月24日). “Amy Winehouse joins the 'Forever 27' club”. The Daily Telegraph (London). http://www.telegraph.co.uk/news/celebritynews/8657314/Amy-Winehouse-joins-the-Forever-27-club.html 
  37. ^ ((SPIEGEL ONLINE, Hamburg, Germany)) (2009年7月30日). “Alexandras mysteriöse Biografie”. SPIEGEL ONLINE. 2016年3月20日閲覧。
  38. ^ Alexandras mysteriöse Biografie - Tote Katze vor der Tür” (German). GMX. 2014年6月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。
  39. ^ Brown, Tony (1997). "The Doctor's Story", Jimi Hendrix: The Final Days. Retrieved June 13, 2012.
  40. ^ Hendrickson, Paul (1992年5月5日). “Janis Joplin: A Cry Cutting Through Time”. Washington Post. http://www.washingtonpost.com/wp-srv/style/features/joplin.htm 2012年6月13日閲覧。 
  41. ^ a b Schillaci, Sophie A. (2011年7月23日). “Amy Winehouse Joins Kurt Cobain, Janis Joplin in '27 Club'”. The Hollywood Reporter. http://www.hollywoodreporter.com/news/amy-winehouse-27-kurt-cobain-214643 
  42. ^ Walt, Vivienne (2007年7月19日). “Postcard: Paris”. Time. オリジナル2010年4月12日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100412121338/http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,1645167,00.html 2010年4月23日閲覧。 
  43. ^ "The Curse of 27 – Famous Celebrity Deaths", Nerdygaga.com, August 3, 2011. Retrieved May 25, 2015.
  44. ^ a b c Saunders, Christian (January 2012). "The Forever 27 Club", Fortean Times. Archived from the original on November 20, 2016. Retrieved October 1, 2016.
  45. ^ El coche nos los arrebató”. Con Plomo. 2012年6月26日閲覧。
  46. ^ Sounes, Howard (2013). 27: A History of the 27 Club through the Lives of Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Jim Morrison, Kurt Cobain, and Amy Winehouse, Da Capo Press, p.304.
  47. ^ Simmonds, Jeremy (2012). The Encyclopedia of Dead Rock Stars: Heroin, Handguns, and Ham Sandwiches, second edition, Chicago Review Press, pp. 121–122.
  48. ^ a b "The Curse of 27", Angelfire. Retrieved May 25, 2016.
  49. ^ Show Dimitar Voev its pig! "Voev is the Bulgarian representative in mythologizing "Club 27""”. TEMADaily (2012年10月17日). 2015年6月25日閲覧。
  50. ^ van Gelder, Lawrence (1998年3月3日). “Footlights”. The New York Times. https://www.nytimes.com/1998/03/03/arts/footlights.html 2011年8月29日閲覧。 
  51. ^ "The Curse of 27 – Famous Celebrity Deaths", Nerdygaga, August 3, 2011. Retrieved March 16, 2016.
  52. ^ Stanley-Ayre, Sarah (February 27, 2015). "The Myth of the 27 Club", CityPages. Retrieved March 16, 2016.
  53. ^ Griffen, Brendan (March 28, 2014). "Music & Mortality", brendangriffen.com. Retrieved June 21, 2014.
  54. ^ “Pet članova Kluba 27 za koje niste znali”. City Magazine (Belgrade). (2015年1月7日). http://citymagazine.rs/clanak/pet-clanova-kluba-27-za-koje-niste-znali 2016年10月14日閲覧。 
  55. ^ Sounes, Howard (2015). 27: A History of the 27 Club through the Lives of Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin, Jim Morrison, Kurt Cobain, and Amy Winehouse. Da Capo Press. p. 306. ISBN 978-0306823688. https://books.google.com/books?id=NWT9CAAAQBAJ&pg=PA306&lpg=PA306&dq=Achik+Spin+%2B+27+Club&source=bl&ots=rJ_zcTtRtu&sig=czhfeFXTIi9cNMVqIeqXdtQdFYc&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwiIyb797aXRAhXHx4MKHcMmDV4Q6AEIMjAD#v=onepage&q=Achik%20Spin%20%2B%2027%20Club&f=false. 
  56. ^ Davies, Caroline (2011年10月26日). “Amy Winehouse inquest records verdict of misadventure”. The Guardian (London). https://www.theguardian.com/music/2011/oct/26/amy-winehouse-verdict-misadventure 2011年10月26日閲覧。 
  57. ^ Smith, K. Alexander. “Richard Turner of Friendly Fires: 1984–2011”. 2011年8月29日閲覧。
  58. ^ "Nicole Bogner: Former Visions of Atlantis Singer Dead at 27", Forever 27. Retrieved June 30, 2014.
  59. ^ Pre tragedije planirala preselenje u Beograd”. RTVBN (2014年12月17日). 2014年12月20日閲覧。
  60. ^ "Grieving Young Musicians' Deaths, Lost Potential", The Miami Student, February 19, 2016. Retrieved February 27, 2016.
  61. ^ "Another musician dead at 27", Social News Daily, May 31, 2016. Retrieved July 12, 2016.
  62. ^ Mather, Kate (2016年6月19日). “Anton Yelchin, actor in 'Star Trek' films, dies in freak car accident at age 27”. Los Angeles Times. 2016年6月20日閲覧。
  63. ^ "The Hammerheads Hollywood", ReverbNation, Retrieved June 20, 2016.
  64. ^ Strauss, Matthew (2017年1月31日). “A$AP Rocky, Yung Lean Producer James Laurence Dead at 27”. Pitchfork. 2017年2月22日閲覧。