21LADY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
21LADY株式会社
21LADY Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
セントレックス 3346
2004年10月28日上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0084
東京都千代田区内神田1-5-12
設立 2000年平成12年)3月7日
(トゥエニーワンレイディ・ドット・コム株式会社)
業種 小売業
法人番号 3010001067927 ウィキデータを編集
事業内容 投資育成事業、総合支援事業など。
代表者 代表取締役社長 山田 成徳
資本金 3.7億円
発行済株式総数 828万5千株
売上高 連結 19億3000万円
(2020年3月期)
営業利益 ▲1億6400万円
純利益 ▲4億700万円
純資産 連結 29百万円
(2017年3月31日現在)
総資産 連結 6億27百万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 4名(2020年3月31日現在)※連結は非公開
決算期 3月31日
主要株主 YUTONGHWAGDAE有限責任事業組合 20.1%
主要子会社

(株)洋菓子のヒロタ 100%

(株)トリアノン洋菓子店 100%
外部リンク https://www.21lady.com/
テンプレートを表示

21LADY株式会社(トゥエニーワンレイディ、: 21LADY Co., Ltd.)は、東京都千代田区に本社を置く投資持株会社名古屋証券取引所セントレックスに上場する。

概要[編集]

2000年(平成12年)3月7日創業。主な事業は投資育成事業とライフスタイル産業の総合支援事業で、2001年に経営破綻した洋菓子のヒロタの再建スポンサーにもなった。

沿革[編集]

  • 2000年平成12年)3月7日 - 「トゥエニーワンレイディ・ドット・コム株式会社」として設立。
  • 2001年(平成13年)8月 - 株式会社リテイルネットを子会社化。
  • 2002年(平成14年)
    • 6月 - 株式会社洋菓子のヒロタを子会社化。同月、「トゥエニーワンレイディ株式会社」に商号を変更。
    • 12月 - 株式会社ハブを関連会社化。
  • 2003年(平成15年)1月 - 「21LADY株式会社」に商号を変更。
  • 2004年(平成16年)10月28日 - 名証セントレックスに株式を上場。
  • 2006年(平成18年)
    • 7月 - 株式会社インキュベーションを子会社化。
    • 12月 - 雷門TP株式会社を子会社化。
  • 2009年(平成21年)9月 - 株式会社ハブの保有全株式を株式会社一六堂に売却。
  • 2010年(平成22年)
  • 2012年(平成24年) - 子会社の雷門TP株式会社を吸収合併
  • 2014年(平成26年) - 洋菓子のヒロタ アイススケート部を発足。無良崇人が所属選手となる。
  • 2016年(平成28年) - 毎年3月の本決算期に1000株以上を所有している株主に株主優待制度を導入[1]
  • 2018年(平成30年)
    • 6月29日 - 株式会社洋菓子のヒロタ東京都練馬区 の和菓子製造販売会社、株式会社あわ家惣兵衛の全株式を取得し子会社化。(21LADYとしては孫会社化)[1]
    • 定時株主総会において委任状争奪戦となり、創業者社長の藤井道子氏が解任、経営権に異動が生じる。
  • 2019年(平成31年)3月29日 - イルムスジャパンを株式会社Cloudへ売却。[2]
  • 2020年 (令和2年9月) - 本社を新宿区西新宿から千代田区内神田へ移転 [3]
  • 2020年 (令和2年) 10月 - トリアノン洋菓子店 (杉並区) の株式を取得し子会社化 [4] 

創業者[編集]

創業者の藤井道子は京都府出身、1985年に関西学院大学文学部を卒業し、富士通オアシス勤務を経て、大手コンサルティング会社ベンチャー・リンクFC開発事業を手がけたのち、93年にプラザクリエイトに転職、「カフェ・ド・クリエ」の立ち上げに携わり、98年よりベンチャーキャピタルMVCにて「タリーズコーヒー」の事業展開を推進、2000年3月、21LADY株式会社を設立[5]。広野道子の名で『「フツーのOL」の私が、社長になった理由―成り行き起業のすすめ』『ダイエーを私に売ってください』などがある[6]

委任状争奪戦による創業者社長解任[編集]

しかし、藤井道子氏は、2018年6月の定時株主総会において、長年の経営不振に対する経営責任を問うた第2位株主のサイアムライジングインベストメント1号合同会社と筆頭株主は藤井道子との間で委任状争奪戦となり、同氏の取締役選任議案が否決、社長の座を追われた[7][8][9]

この結果、サイアムライジングインベストメント1号合同会社の代表社員で社外取締役であった米道利成が21LADY社長に就任した。

店舗[編集]

洋菓子のヒロタ[編集]

  • 東京、千葉で5店の直営店舗を展開する。以前は関西(大阪、兵庫)でも店舗展開していたが撤退

あわ家惣兵衛[編集]

  • 東京都内(主に練馬区周辺)で直営店舗を展開。[10]

トリアノン洋菓子店[編集]

  • 東京都内(主に 高円寺三鷹など)で洋菓子販売、喫茶店を展開。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 子会社における孫会社の異動を伴う株式取得に関するお知らせ”. 21LADY株式会社. 2019年2月17日閲覧。
  2. ^ ライフスタイル専門店「イルムス」を運営する株式会社イルムスジャパンがインスタイルグループに加入 代表取締役変更のお知らせ”. PRタイムス. 20190704閲覧。
  3. ^ 本社移転に関するお知らせ”. 21LADY株式会社. 20210215閲覧。
  4. ^ 21LADY<3346>、洋菓子のトリアノン洋菓子店を子会社化”. M&A Online. 20210215閲覧。
  5. ^ 自著『「フツーのOL」の私が、社長になった理由―成り行き起業のすすめ』(ワック、2010/4/3)著者紹介
  6. ^ 広野道子(ひろの みちこ)氏 撰壇塾
  7. ^ 「洋菓子のヒロタ」、株主の反乱で社長が解任 雑貨イルムスも展開する21LADYで一体何が”. 東洋経済 (2018年6月29日). 2018年6月29日閲覧。
  8. ^ 提案株主による株主提案権の行使書”. サイアムライジングインベストメント1号合同会社 (2018年4月26日). 2018年4月26日閲覧。
  9. ^ 提案株主側の代理人はOMM法律事務所の大塚和成弁護士
  10. ^ 店舗のご案内”. あわ家惣兵衛. 20190704閲覧。

外部リンク[編集]