21世紀のコミック作家の会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

21世紀のコミック作家の会(にじゅういっせいきのこみっくさっかのかい)は漫画家や漫画編集者らで構成される日本の団体である。大型新古書店漫画喫茶の台頭により漫画家漫画原作者出版社の利益が損なわれているとしてこれを適正化するべく2000年につくられた21世紀のコミック作家の著作権を考える会(にじゅういっせいきのこみっくさっかのちょさくけんをかんがえるかい)を2010年7月に名称変更したものである。ただし、これらの存在や友達同士の回し読みや店での立ち読みなどを敵視しているわけではない。なお、組織基盤のハード面は、有害コミック騒動に対する表現規制抑止のために設立した「コミック表現の自由を守る会」からの転用。

理事[編集]

元理事[編集]

呼びかけ人[編集]

会員[編集]

  • 約750人(漫画家など業界関係者以外は会員になれない。)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ ソースは赤松健のブログ2010年7月8日