20 エクスチェンジ・プレイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
20 エクスチェンジ・プレイス
20 Exchange Place Tower 111.JPG
概要
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク州ニューヨーク郡
座標 北緯40度42分20秒 西経74度0分35秒 / 北緯40.70556度 西経74.00972度 / 40.70556; -74.00972座標: 北緯40度42分20秒 西経74度0分35秒 / 北緯40.70556度 西経74.00972度 / 40.70556; -74.00972
着工 1930年
完成 1931年
高さ
最頂部 741 ft (226 m)
技術的詳細
階数 59階
設計・建設
建築家 クロス・アンド・クロス
主要建設者 ジョージ・A・フラー・カンパニー
脚注
[1][2]

20 エクスチェンジ・プレイス英語: 20 Exchange Place)は、ニューヨーク市マンハッタンフィナンシャル・ディストリクトにある59階建てのアール・デコ調の建物である。以前は、シティ・バンク・ファーマーズ・トラスト・ビルディング(City Bank-Farmers Trust Building)としても知られている。

概要[編集]

20 エクスチェンジ・プレイスは、シティグループの前身である、合併前のシティ・バンク・オブ・ニューヨークとファーマーズ・ローン・アンド・トラスト・カンパニーが1930年から1931年にかけて建造した。建物は、1956年まで会社の本部として使用されており、1979年に売られた。

20 Exchange Place Closeup.jpg

建物は、クロス・アンド・クロス建築事務所によって設計された。クロス・アンド・クロスは、建物は特別な建築様式はないと評しているが、当時、最小のアール・デコ調で飾られた「モダン・クラシック」と評価されていた。オリジナルの設計は、1929年のもので、ピラミッド形の頂上も含めた846.4フィート (258.0 m)は、当時、世界で最も高い建物であった。世界恐慌を背景に、9,500,000$の費用がかかり[3]、高さ741フィート (226 m)の建物はニューヨーク市で当時、4番目に高かった。建物は1970年まで、ニューヨークで最も高い建築物のトップ10に入っていた。今日でもビルは未だに、ダウンタウン・マンハッタンでは6番目に高く、ニューヨーク市では27番目に高い建物であり、超高層ビルの中でも有名なビルの1つである。

1996年には、建物はニューヨーク市歴史建造物保存委員会によって、市歴史建造物に選ばれた[4]。2006年には、映画『インサイド・マン』で、「マンハッタン・トラスト銀行」の架空の支店として登場した。また、2009年の『FRINGE/フリンジ』のエピソード『記憶』では、いくつかの銀行として登場した。さらに、建物は映画『ウォール街』にも登場する。

建物の16階から57階までは、マンハッタン開発者と不動産経営者のメトロ・ロフト・マネージメントにより、商業スペースから住居に改装された[5][6][7]。改装では、外観の汚れて黒くなったレンガを掃除するなどして、もともとの白に戻された。

有名な居住者[編集]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 20 Exchange Place - Emporis(英語)
  2. ^ "20 Exchange Place". SkyscraperPage(英語). 
  3. ^ “New Bank Skyscraper Is to Cost $9,500,000”. New York Times. (1929年10月3日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F00B14F73454167A93C1A9178BD95F4D8285F9 2009年9月4日閲覧。 
  4. ^ [1], NYC Landmarks Preservation Commission Order
  5. ^ The Real Deal - New Residential Developments
  6. ^ MBA Commercial/Multifamily NewsLink - A Publication of the Mortgage Bankers Association
  7. ^ - Metro Loft Management
  8. ^ Olivier O’Mahony (2010年7月9日). “Anna: le visage d’ange du nouveau KGB” [Anna: the angel face of the new KGB] (French). Paris Match. 2010年8月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月23日閲覧。 “Elle avait jeté son dévolu sur la tour résidentielle la plus haute de Manhattan. Le 20 Exchange Place. Cinquante-neuf étages sur 226 mètres de haut, construits en 1931 pour abriter le siège de la City Bank-Farmers Trust Company, ancêtre de Citigroup. Récemment reconverti en appartements, ce bijou d’Art déco a servi de décor à une scène de « Wall Street », le film d’Oliver Stone. Son hall d’entrée, aux plafonds voûtés recouverts de fresques, ressemble à la nef vertigineuse d’une ­cathédrale façon ­Gotham City. Situé en plein quartier ­financier de New York, l’endroit est idéal pour qui veut conquérir l’Amérique.”

外部リンク[編集]