2037年爆撃機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2037年爆撃機

2037年爆撃機(2037ねんばくげきき、:2037 Bomber)は、B-2を置き換える目的でアメリカ空軍によって立案された大型戦略爆撃機に与えられた非公式の名称である。2037年に無人運用能力を備えたステルス超音速長距離爆撃機として就役を予定している。

開発[編集]

B-2 スピリットの生産が1990年代初頭に終了して以降、アメリカ空軍は爆撃機の開発の空白期間が生じた。1999年に公表された空軍の爆撃機の行程表によると、2037年に退役するB-52 ストラトフォートレスB-1 ランサーを置き換えるために新型爆撃機が必要となるとされる。[1][2] これは待つためには長すぎると考えられ、アメリカ空軍は2030年以前に中継ぎとしての「2018年爆撃機」が必要だと考えた。[3][4]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Tirpak, John A. "The Bomber Roadmap". Air Force Magazine, June 1999.
  2. ^ Grant, Rebecca. "Return of the Bomber, The Future of Long-Range Strike", p. 11, 17, 29. Air Force Association, February 2007.
  3. ^ Hebert, Adam J. "Long-Range Strike in a Hurry". Air Force Magazine, November 2004.
  4. ^ Murch, Anthony. "RL34406, The Next Generation Bomber: Background, Oversight Issues, and Options for Congress", p. 17–20. Congressional Research Service, 7 March 2008.

外部リンク[編集]