2023年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

2023年のテレビでは、2023年令和5年)のテレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

2月[編集]

  • 2日(1日深夜) - 【音楽・舞踊・関東広域圏】日本テレビが『ダンス・ボーカルの歴史に新たなターニングポイントに』と銘打ち、新たに打ち出す新プロジェクトとして『DANCE UNIVERSE NEVER KILLED』(D.U.N.K)を開始することに合わせ、この日より新番組として『D.U.N.K』(0時59分 - 1時29分、関東ローカル)を放送開始。番組ホストは日高光啓(SKY-HI)が務める[25][26]
  • 3日5日 - 【キャンペーン・社会貢献】テレビ東京ではこの3日間を中心に、SDGsへの意識向上キャンペーンとして『SDGsウイークエンド』を昨年5月に引き続き実施する。本年のテーマは『みんなと、SDGs』。同局のレギュラー番組や特別番組などを通じて、SDGsに取り組む企業や団体の活動を発信する[27]
  • 4日 - 【回顧・教養・特番】NHK総合ではテレビ放送開始70周年記念番組としてこの日、NHKアーカイブスが保管する秘蔵番組・秘蔵映像などを紹介する『TV70年! 蔵出し映像まつり』(16時45分 - 17時58分)を放送。番組司会は六角精児(俳優)と井上咲楽(タレント)が務める[28]
  • 5日
  • 11日(予定) - 【回顧・教育・キッズ・特番】NHK Eテレにて同局の看板子ども番組で1959年より放送されている『おかあさんといっしょ[注 4]』の歴史を振り返る特番『「おかあさんといっしょ」から見るこども番組』(20時 - 20時50分)を放送予定。番組では『ブーフーウー』(1960年 - 1967年)などの人形劇や歌、体操などの名場面を紹介する[28]
  • 12日(予定) - 【回顧・スポーツ・特番・BS】NHK BS1ではテレビ70年の歴史の中で映し出されてきたスポーツあの名場面やあのときのヒーロー・ヒロインの姿などを「昭和」篇/「平成令和」篇の2部構成で放送する『“新発見”と“新体験”テレビとスポーツの70年』(19時 - 20時49分)を放送予定。番組司会は関根勤(タレント)と中川安奈(NHKアナウンサー)が担当する。なお、同番組は23日に総合テレビ(19時30分 - 20時53分)でも放送される[28]
  • 16日(予定) - 【追悼・音楽】NHK総合にて、1月11日に死去した高橋幸宏(音楽家)の追悼特番として、『NHK MUSIC SPECIAL 高橋幸宏 創造の軌跡』を放送予定(22時 - 22時45分。2月21日未明(20日深夜)1時25分 - 2時10分にも再放送予定)。NHKアーカイブスに残る各種映像などを元に、サディスティック・ミカ・バンドイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を含めたパフォーマンスや番組出演時の肉声などを紹介し、高橋の足跡と功績を振り返る[32][33]
  • 19日(予定) - 【特番・食】九州朝日放送制作・テレビ朝日系全国ネットで、羽鳥慎一(フリーアナウンサー)と指原莉乃(タレント)の冠特番『羽鳥×指原 ご当地!推しメシツアー それ東京でも食べられますけど!』の第2弾を放送予定(13時55分 - 15時20分)[34]
  • 22日(予定) - 【特番・編成・動物・BS】BSテレ東(2K・4K)ではこの日「猫の日」にちなみ、毎年恒例となった猫関連番組の集中編成『BSキャッ東 猫の日』を実施。6回目を迎える本年のテーマは『猫のこと、ちゃんと考える』。昨年に引き続き、藤あや子(演歌歌手)の愛猫「マル」と「オレオ」が一日猫社長に就任する[35]
  • 24日26日 - 【バラエティ・特番】テレビ朝日系では、同局の人気バラエティ8番組が参加するコラボ特番『コラボしまくり!ザワつく金土日!』を3夜連続で放送。24日は『ザワつく!金曜日』『くりぃむクイズ ミラクル9』『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』による『クイズコラボ』(18:50 - 21:48)、25日は『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』『池上彰のニュースそうだったのか!!』による『学びコラボ』(18:30 - 21:54)、26日は『ザワつく!金曜日』のスピンオフ特番『ザワつく!路線バスで寄り道の旅』と『帰れマンデー見っけ隊!』『じゅん散歩』による『旅コラボ』(19:00 - 21:55)がそれぞれ展開される[36]

3月[編集]

  • 4日3日深夜、予定) - 【アニメ】NHK総合にて、諫山創の漫画を原作としたアニメ『進撃の巨人』の最終章となる『進撃の巨人 The Final Season 完結編』の前編が、この日0時25分よりスペシャルとして放送予定。後編も2023年内に放送を予定している[37]
  • 4日 - 【演芸・お笑い】フジテレビ系において、関西テレビ制作の『コーエーテクモゲームス PRESENTS R-1グランプリ2023』とフジテレビ制作の土曜プレミアムENGEIグランドスラム』を合体して、『笑いの生祭典コラボSP』として、4時間の生放送を送る[38]
  • 12日 - 19日(予定) - 【コラボレーション】共に本年がテレビ放送局開局70周年となるNHKと日本テレビがメモリアルウィークとしてこの期間、両局の人気番組で相互コラボレーションを実施予定。また、19日には両局が連携してテレビ70年の歴史を振り返り、そして未来へ向けた構想などを特集する特別番組を放送する予定[28]
  • 25日(予定) - 【紀行】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系『朝だ!生です旅サラダ』に1993年4月の第1回から30年間にわたりサブ司会を務めてきた向井亜紀(タレント)と、2009年4月から途中産休期間を含め14年間にわたりレギュラーを務めた三船美佳(女優・タレント)が、この日の放送をもって番組を卒業する。1月21日に同局より発表[39]、翌週28日の番組内で司会の神田正輝(俳優)らより生報告された[40]
  • 30日(予定) - 【情報・関東広域圏】日本テレビ午前枠情報番組『バゲット』(2018年10月1日開始、中京テレビにネットあり)が、この日の放送を最後に4年半に亘る放送の歴史に幕を下ろす[41]
  • 31日(予定) - 【情報・ワイド】
    • 日本テレビ系平日午前枠情報ワイドショー番組『スッキリ!!→スッキリ』(2006年4月3日開始)が、この日の放送を最後に17年に亘る放送の歴史に幕を下ろす[41]
    • フジテレビ系平日午前枠情報ワイドショー番組『めざまし8』(2021年3月開始)のアシスタントキャスターを務めた永島優美(フジテレビアナウンサー)が、この日の放送を最後に番組を離任する[42]
  • 月末(予定)
    • いずれも【バラエティ】
      • 関西テレビ製作・フジテレビ系
        • 火曜21時枠のバラエティ番組『所JAPAN[注 5](2018年10月 - )が終了、月曜22時枠時代[注 6]を含めて4年半の歴史を幕を下ろす[43]
        • 【ドキュメンタリー】火曜23時前半枠のドキュメントバラエティ『セブンルール』(2017年4月 - )が終了、6年の歴史に幕。4月からは関西テレビ制作の深夜ドラマ枠に転換する予定[44]
      • 朝日放送テレビ制作、テレビ朝日を除く大半の系列局及び一部独立局などで放送されている『探偵!ナイトスクープ』で探偵役を務めていたたむらけんじ(2007年5月 - )、澤部佑(ハライチ)、橋本直(銀シャリ、澤部と橋本は2013年10月 - )の3名が番組を卒業。卒業は2022年12月8日に同局から発表された[45]
    • 【スポーツ・バラエティ】TBS系にて土曜19時枠放送のスポーツバラエティ番組『炎の体育会TV』(2011年10月放送開始)が終了、11年6ヶ月に亘る放送の歴史に幕を下ろす[46]

4月[編集]

5月[編集]

8月[編集]

年内[編集]

  • 年内予定
    • 【アニメ】
    • 【バラエティ・北海道】北海道テレビ(HTB、テレビ朝日系)の長寿深夜番組『水曜どうでしょう』(全国各地で番販放送あり[注 9]、出演:大泉洋鈴井貴之)のレギュラー放送終了後の復活第8弾企画が放送予定。レギュラー放送最終回から20周年となる2022年9月25日に公式YouTubeチャンネルで行われた生配信で明かされたもので、既にロケは完了済みであること、正確な時期は未定ではあるものの、春以降の放送を予定しているが、時期が早まる可能性もあることも示された[67]

その他テレビに関する話題[編集]

1月[編集]

高橋幸宏
高橋幸宏死去(1月11日、70歳没。写真は2008年6月撮影)

2月[編集]

  • 月末(予定) - 【活動進退】NHKエグゼクティブアナウンサーの武田真一(1990年入局、大阪所属)が早期定年退職制度を利用する形で、32年在職した同局を退職。2月2日に行われた小池英夫大阪放送局長の定例会見で正式発表された[105]

3月[編集]

  • 1日(予定) - 【出版KADOKAWAの週刊テレビ情報誌週刊ザテレビジョン』(1982年創刊)がこの日発売の3月10日号をもって休刊。今後は『月刊ザテレビジョン』に統合、3月24日発売号よりリニューアルを行った上で、Webサイト「WEBザテレビジョン」との連携を強化することにしている[106][107]
  • 18日 - 21日(予定) - 【イベント】日本放送協会(NHK)がテレビ放送70周年を記念し、同局がこれまで積み重ねたテレビの歴史や数々の番組などの粋を集めた大型イベント『超体験NHKフェス』を新宿住友ビルディング(東京都新宿区)にて開催予定。イベントでは大河ドラマセットの公開展示や同局番組出演者によるトークショー、『おかあさんといっしょ』などの番組ステージショーなども実施する[28]
  • 31日(予定) - 【活動進退・キー局】
    • フジテレビ
      • アナウンサーの石本沙織(2003年入社)がこの日を以て同局を退職。今後の進路は未定[108]
      • アナウンサーの三田友梨佳(2011年入社)がこの日を以て退職。当面は本年春頃に見込まれる第1子出産に伴う育児に専念する意向を示している[109]

4月[編集]

11月[編集]

年内予定[編集]

  • 春(予定)
    • 【移転・放送開始・島根県NHK松江放送局(TK・TB)が松江市灘町の旧局舎隣に2022年7月に完成した新放送会館[118]に移転、同会館から放送開始予定(→2022年7月15日も参照)。
    • 【活動進退・近畿広域圏】朝日放送テレビアナウンサーのヒロド歩美(2014年入社)が、この春にアナウンサーになって10年の節目になるのを機に退社予定。2月1日に発表されたもので、退社後は事務所等に所属せずフリーランスで活動するが、退社の時期や退社後のテレビ朝日系全国ネットを含めた同局制作番組への出演については発表時点では未定[119]

周年[編集]

番組[編集]

周年 番組(主管局)
1 60 キユーピー3分クッキング日本テレビ[注 13]
20 さんタクフジテレビ
ハナタレナックス北海道テレビ
10 YOUは何しに日本へ?テレビ東京
2 10 ジョブチューン アノ職業のヒミツぶっちゃけます!TBS
3 35 探偵!ナイトスクープ朝日放送テレビ[45]
25 UMKスーパーニューステレビ宮崎
20 おにぎりあたためますか(北海道テレビ)
てれまさむねNHK仙台 / NHK総合
ウォッチン!みやぎ東北放送
イブニング信州NHK長野 / NHK総合)
15 リトル・チャロNHK Eテレ
4 60 大河ドラマNHK[注 14]
35 ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)
ニュースプラス1いわてテレビ岩手
30 NHKニュースおはよう日本NHKニュース7クローズアップ現代[注 15](以上、NHK総合)
天才てれびくんシリーズ[注 16]、アニメ『忍たま乱太郎』シリーズ[注 17](以上、NHK Eテレ)
朝だ!生です旅サラダ(朝日放送テレビ)
進め!スポーツ元気丸広島テレビ
25 さわやか自然百景(NHK総合・BSプレミアムBS4K[注 18]
こども手話ウイークリー(NHK Eテレ)
ザ!鉄腕!DASH!!(日本テレビ)
GET SPORTSテレビ朝日
情熱大陸毎日放送
ももち浜ストアテレビ西日本
20 にほんごであそぼサイエンスZEROすくすく子育て(以上、NHK Eテレ)
エンタの神様(日本テレビ)
アメトーーク!(テレビ朝日)[注 19]
ネプリーグ(フジテレビ)
モモコのOH!ソレ!み〜よ!関西テレビ
ぐっさん家〜THE GOODSUN HOUSE〜東海テレビ
ウドちゃんの旅してゴメンメ〜テレ
イチオシ!!(北海道テレビ)
じゃじゃじゃTVIBC岩手放送
突撃!ナマイキTV東日本放送
BS日本・こころの歌BS日テレ・BS日テレ 4K
15 ありえへん∞世界男子ごはん[注 20](以上、テレビ東京)
なるほどプレゼンター!花咲かタイムズCBCテレビ
10 いじめをノックアウトクラシック音楽館先人たちの底力 知恵泉ムジカ・ピッコリーノおとうさんといっしょ[注 21](以上、NHK Eテレ)
相葉マナブ(テレビ朝日)
キスマイ超BUSAIKU!?(フジテレビ)
歌謡プレミアム(BS日テレ・BS日テレ 4K)
武田鉄矢の昭和は輝いていたBSテレ東・BSテレ東 4K
5 70 大相撲中継(NHK総合)
7 45 独占生中継 隅田川花火大会(テレビ東京)
20 そこまで言って委員会NP読売テレビ[注 22]
15 しゃべくり007(日本テレビ)
10 THE MUSIC DAY(日本テレビ)
8 70 NHKプロ野球(NHK総合)[注 23]
全国高等学校野球選手権大会(NHK総合 / NHK Eテレ)[注 24]
DRAMATIC BASEBALL(日本テレビ)[注 25]
45 24時間テレビ 「愛は地球を救う」(日本テレビ / NNN全30局+沖縄テレビ[注 26]
10 林修の今、知りたいでしょ!(テレビ朝日)[注 27]
9 20 吉田類の酒場放浪記BS-TBS・BS-TBS 4K
10 40 THE フィッシングテレビ大阪
billboard TOP40テレビ神奈川
35 それいけ!アンパンマン(日本テレビ)
30 ダウンタウンDX(読売テレビ)
25 アニメ『おじゃる丸』シリーズ(NHK Eテレ)
Newsモーニングサテライト(テレビ東京)
とっても健康らんど九州朝日放送
20 めざましどようび(フジテレビ)
食彩の王国(テレビ朝日)
15 ファミリーヒストリー(NHK総合)
情報7days ニュースキャスター(TBS)[注 28]
浜ちゃんが!(読売テレビ)
10 有吉ゼミ(日本テレビ)
ワイドナショー[注 29]久保みねヒャダこじらせナイト(以上、フジテレビ)
釣り百景(BS-TBS・BS-TBS 4K)
11 20 ゲームセンターCXフジテレビONE
15 すイエんサー(NHK Eテレ)
10 前略、大とくさん(中京テレビ)
鉄道発見伝 鉄兄ちゃん藤田大介アナが行く!日テレプラス
12 70 NHK紅白歌合戦(NHK総合・BS4K・BS8K[注 30]
30 しまじろうシリーズ(テレビせとうち[注 31]
10 全日本歌唱力選手権 歌唱王(日本テレビ)

開局・放送開始[編集]

地上デジタルテレビジョン放送局の開局は2003年12月1日以降であるため、前身の地上アナログテレビジョン放送からの通算。

周年 放送局(親局)
2 70 NHK総合東京
65 NHK総合(熊本鹿児島
60 NHK Eテレ(熊本)
55 NHK Eテレ(徳島
3 65 RKB毎日放送(福岡)
4 60 福島テレビ
50 奈良テレビ
30 キッズステーション
25 フジテレビTWO
15 チャンネル銀河
6 65 RSK山陽放送
60 NHK Eテレ(岡山
7 65 西日本放送
45 静岡朝日テレビ
25 アニマックス
8 70 日本テレビ
65 読売テレビテレビ西日本
55 岐阜放送(ぎふチャン)
9 40 テレビ愛知
10 65 NHK総合(富山
信越放送
40 新潟テレビ21
30 山口朝日放送大分朝日放送
11 65 NHK総合(長野
関西テレビ(カンテレ)、静岡放送
55 北海道テレビテレビ静岡
12 65 NHK総合(盛岡新潟長崎
東海テレビ新潟放送北陸放送南海放送
60 NHK Eテレ(甲府宮崎、長崎局)
55 NST新潟総合テレビ
40 テレビユー福島

番組開始・開局以外[編集]

キリ番・記念回[編集]

帯番組[編集]

レギュラー番組[編集]

不定期・特別番組[編集]

視聴率[編集]

数字・世帯視聴率はビデオリサーチ関東地区調べ。その他地域別の世帯視聴率はその他テレビに関する話題に。

スポーツ[編集]

順位 視聴率 放送日 番組名 放送局
1 29.6% 1月3日
7:50 - 14:18
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第99回東京箱根間往復大学駅伝競走・復路[122]
日本テレビ
2 27.5% 1月2日
7:50 - 14:05
★SAPPORO新春スポーツスペシャル
第99回東京箱根間往復大学駅伝競走・往路[122]

主な放送番組[編集]

受賞[編集]

その他の賞については、以下を参照。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2021年は新型コロナ感染拡大の影響で開催を中止し過去29年の総集編を放送、2022年はこれまで会場として使用してきた大宮ソニックシティ(さいたま市大宮区)が改修工事で休館中のためテレビ埼玉第1スタジオでの無観客収録となった。
  2. ^ 若狭は2022年に同局の先輩女性アナウンサーである加藤由香と結婚し、第1子である長女が誕生している[7]
  3. ^ ボケ担当の兼近大樹札幌市出身。
  4. ^ 1959年10月 - 1998年3月の間はNHK総合テレビで放送されていた。
  5. ^ 2020年3月16日までは『新説!所JAPAN』という題名にて放送された。
  6. ^ 2018年10月 - 2020年3月まで。
  7. ^ 同局の早朝枠は1979年開始の『ズームイン!!朝!』(7時 - 8時30分)から始まり、途中で1984年から2001年まで午前6時枠で『ルンルンあさ6生情報』⇒『ジパングあさ6』が加わり、放送枠の統合など幾多の変遷を経て現在の『ZIP!』となっている。
  8. ^ 2022年時点では『ニャンちゅう!宇宙!放送チュー!』を放送。
  9. ^ CS放送・テレ朝チャンネルでも放送。
  10. ^ 宮城県にはテレビ東京系列局が存在しないため、当該番組は東北放送(TBC、TBS系)で1月7日に放送された。
  11. ^ サンケイスポーツなどでは「つばめ真由美」で表記。
  12. ^ ヤッターマン』(1977年 - 1979年)以降。『タイムボカン』(1975年 - 1976年)は東洋現像所(現・IMAGICA Lab.)が担当。
  13. ^ CBCテレビ版はそれより早く1962年12月3日に開始したため、2022年12月で60周年となる。
  14. ^ 1963年4月に第1作『花の生涯』より放送開始。本年は『どうする家康』(通算第62作)。
  15. ^ 『クローズアップ現代+』時代(2016年4月 - 2022年3月)も含む換算。
  16. ^ 2021年現在は『天才てれびくんHello!』。
  17. ^ かつてはNHK総合でも放送されていた。
  18. ^ 制作幹事局は札幌局(IK)で、各地のNHK放送局が持ち回りで制作。
  19. ^ 深夜枠時代の『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!』[注2 1]からの換算。
  20. ^ 太一×ケンタロウ 男子ごはん』時代からの通算。
  21. ^ BS放送(BSプレミアム)時代→地上波時代を合算した換算。
  22. ^ たかじんのそこまで言って委員会』(2003年7月 - 2015年3月)からの換算。
  23. ^ 最初のプロ野球中継は1953年8月23日の「阪急毎日」(西宮球場)。
  24. ^ 1953年(第35回大会)から中継開始。
  25. ^ 初中継は1953年8月29日の「巨人阪神」(後楽園球場)。
  26. ^ 1978年開始、この年で通算46回目。
  27. ^ 深夜枠(2013年8月 - 9月)からの換算。
  28. ^ 『新・情報7days ニュースキャスター』時代(2014年4月 - 2022年3月)も含む換算。
  29. ^ 深夜枠(関東ローカル)時代からの換算。
  30. ^ テレビ放送分のみとして。この年は第74回
  31. ^ しましまとらのしまじろう』時代からの換算。
  32. ^ UHFテレビ放送においては、1960年代後半から親局がVHFの中継局として各地に整備されていたが、UHFを親局とするのはNHK徳島教育テレビジョンが史上初。民放においてのUHF親局第1号は1968年8月12日に開局した岐阜放送テレビ(ぎふチャン)。
  33. ^ 名古屋テレビは日本テレビ・日本教育テレビ(NET。現:テレビ朝日)のクロスネット局として開局。一方の中京テレビは名古屋テレビの編成から漏れた日本テレビとNETの番組を中心に放送していた複雑な番組編成であった。
  34. ^ 2013年4月1日、中部日本放送(現在は放送持株会社)のラジオ部門が「株式会社CBCラジオ」に放送免許を委譲させ、元はラジオ部門のコールサインであった「JOAR」が使用できなくなり、コールサインを変更。2014年4月1日に株式会社CBCテレビがテレビ部門の放送免許を引き継ぎ現在に至る。
  35. ^ なお、「JOAY」はかつてNHK佐世保放送局(現・佐世保支局)ラジオ第2放送が1982年まで使用していたが、2018年3月まで欠番となっていた。
  36. ^ 1964年4月12日に、日本科学技術振興財団テレビ事業本部(通称:科学テレビ・東京12チャンネル)として開局したが、経営難により他の在京キー局が協力する形により発足した「科学テレビ協力会」を母体に、三井物産三菱商事毎日放送(MBS)などの出資により1968年7月1日に設立された。1973年11月1日に、日本科学技術振興財団から放送免許を承継したことにより、社名を「株式会社東京12チャンネル」に変更したのを経て、1981年10月1日に「株式会社テレビ東京」に再度変更して現在に至る。
  37. ^ 旧法人は2016年に放送持株会社制に移行しRKB毎日ホールディングスとなり、放送免許は現法人・RKB毎日放送に承継。
  38. ^ 同時期に「日」を模った社章を制定。また、夏の恒例である『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』が開始されたのもこの時期である。
  39. ^ 現在は番町スタジオが所在する。
  40. ^ 2019年9月1日に現在の場所(旧シアターBRAVA!跡)に本社屋を移転している。
  41. ^ 1978年7月の開局から翌年の静岡第一テレビ開局まで1年間は日本テレビ系とのクロスネットだった。
  42. ^ 1977年4月1日に日本教育テレビ(NET)から社名変更。
  43. ^ 放送持株会社制移行により、2014年4月1日に現在のテレビ朝日ホールディングスに社名変更、現・株式会社テレビ朝日に放送免許承継。
  44. ^ 「株式会社東京12チャンネルプロダクション」から改称。
  45. ^ NHK(BS4KBS8K)、BS朝日 4KBS-TBS 4KBSテレ東 4KBSフジ 4Kの6局。なお、BS日テレ 4Kは9か月遅れて翌2019年9月1日より放送開始した。
  46. ^ 「どさんこワイド」シリーズ通算。
  47. ^ かつて同局で放送されていた「人気者でいこう!」の復活特番。通常版、派生版(BASIC、MUSIC、食と芸術の秋)、品格・常識チェックすべての通算。

補足[編集]

  1. ^ 「ネオバラエティ」枠移動後に『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク!』へと改題、2021年8月の雨上がり決死隊解散を以て現在のタイトルに再改題。

出典[編集]

  1. ^ 『埼玉政財界人チャリティ歌謡祭』3年ぶり有観客開催へ 11月収録予定 マイナビニュース、2022年10月6日
  2. ^ アタック25:正月特番でパネルが100枚に 番組47年の歴史で初 東大&京大ほか、クイズ研究会が参戦 まんたんウェブ、2022年12月16日
  3. ^ "フジ三田友梨佳アナの後任、「Live News α」は小澤陽子アナ 「Mr.サンデー」は山崎夕貴アナ". スポーツ報知. 報知新聞社. 25 November 2022. 2022年11月25日閲覧
  4. ^ TBS「news23」国山ハセンアナが番組卒業 1月4日から東大野球部出身の喜入友浩アナが新加入 - スポーツニッポン、2022年12月24日配信、同日閲覧
  5. ^ "シンガポール出身の読テレ新人・足立夏保アナ「ten.」サブキャスター就任". デイリースポーツ. 神戸新聞社. 29 December 2022. 2022年12月30日閲覧
  6. ^ "日テレ・滝菜月アナが『ヒルナンデス!』卒業へ 「助けていただいた5年と2カ月でした」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 19 December 2022. 2022年12月19日閲覧
  7. ^ "CBC若狭敬一アナ&加藤由香アナ、社内結婚していた 高齢出産で第1子誕生、加藤アナ「母子ともに健康です」". スポーツ報知. 報知新聞社. 3 December 2022. 2023年1月2日閲覧
  8. ^ "CBC若狭敬一アナが「サンデードラゴンズ」で育休報告 代役MCは川上憲伸氏&吉見一起氏". 東スポWEB. 東京スポーツ新聞社. 25 December 2022. 2023年1月2日閲覧
  9. ^ フジ 昼の新バラエティー番組はハライチが司会 「みんなの“楽しい”が集まる場所」がコンセプト - スポーツニッポン、2022年9月28日配信・閲覧
  10. ^ フジ昼の新・生バラエティー「ぽかぽか」初回放送23年1・9 ハライチ&神田愛花のMCトリオから抱負も - サンケイスポーツ、2022年12月2日配信、同日閲覧
  11. ^ フジ昼の新番組「ぽかぽか」、4月から放送時間短縮を発表 スタート初日の発表に出演者「やっぱり長かった」 - サンケイスポーツ、2023年1月9日配信、同日閲覧
  12. ^ a b "『ポケモン』主人公交代で世界が嘆く サトシ引退がトレンド1位…番組公式が説明「非常に苦慮しました」". ORICON NEWS. oricon ME. 16 December 2022. 2022年12月16日閲覧
  13. ^ a b "アニメ『ポケモン』来年4月から新シリーズで主人公交代 1月から最終章でサトシとピカチュウの物語終了". ORICON NEWS. oricon ME. 16 December 2022. 2022年12月16日閲覧
  14. ^ 中居正広、70日ぶり『キャスターな会』復帰 笑顔で「元気そう?」自らイジり「万全」アピール ORICON NEWS、2023年1月14日
  15. ^ a b 閃光のハサウェイ、サンダーボルト、NTを日5枠で放送!「水星の魔女」第2クールは来春 コミックナタリー、2022年9月29日
  16. ^ タカアンドトシ&EXITで北海道を巡る旅 UHB開局50周年特別番組 - サンケイスポーツ、2022年11月7日配信、同日閲覧
  17. ^ タカアンドトシ&EXITが北海道の絶景を目指す 崖から転落するアクシデントも - サンケイスポーツ、2022年12月12日配信、同日閲覧
  18. ^ タカトシが湖面に立つ、EXITは秘境の滝へ「北海道全力絶景」ビジュアル公開 - お笑いナタリー、2022年12月12日配信、12月13日閲覧
  19. ^ ぐるナイ「ゴチバトル23」池田エライザ&高杉真宙&ノブのクビ決定 エライザは「う〜いやだぁ…」と号泣 - スポーツニッポン、2022年12月29日配信、12月30日閲覧
  20. ^ 「ゴチ」新レギュラーのヒント動画公開、仮面つけ音声変え 池田エライザ、高杉真宙、ノブの後任 - 日刊スポーツ、2023年1月12日配信、1月13日閲覧
  21. ^ ゴチ新メンバーは小芝風花「一番うれしい学ラン」新メンバーはあと2人「ぐるナイ」で発表 - 日刊スポーツ、2023年1月19日配信・閲覧
  22. ^ ゴチ新メンバー2人目は見取り図の盛山晋太郎 もう1人は次週発表 - サンケイスポーツ、2023年1月19日配信・閲覧
  23. ^ 宮野真守が「ゴチになります!」新メンバーに - コミックナタリー、2023年1月26日配信・閲覧
  24. ^ a b “山﨑夕貴アナが新メインキャスターに! 山﨑アナ、三田友梨佳アナからバトンを受け継いで宮根誠司とタッグを組む!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), フジテレビジョン, (2022年11月25日), https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20221251.html 2022年11月25日閲覧。 
  25. ^ D.U.N.K 日本テレビ
  26. ^ SKY-HI、新プロジェクト『D.U.N.K.』始動を発表 ダンス&ボーカルの音楽番組&フェス開催 ドリカム、BE:FIRST、&TEAMら参加 ORICON NEWS、2023年1月19日配信・閲覧
  27. ^ SDGsウイークエンド「みんなと、SDGs」 テレビ東京
  28. ^ a b c d e “「テレビ70年」キャンペーン” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本放送協会広報局, (2023年1月18日), https://www.nhk.or.jp/info/pr/toptalk/assets/pdf/soukyoku/2023/01/001.pdf 2023年1月19日閲覧。 
  29. ^ 笑点新メンバーは2月から登場 正月特番で昇太 名前は発表せず 三遊亭円楽さんの後任 - スポーツニッポン、2023年1月1日配信、同日閲覧
  30. ^ 「ひろがるスカイ!プリキュア」テーマはヒーロー!関根明良&加隈亜衣がプリキュアに(コメントあり) コミックナタリー、2023年1月8日
  31. ^ "岸本理沙アナ、チャギントン9代目ナビゲーター キッズナビゲーターも新加入". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 20 January 2023. 2023年1月20日閲覧
  32. ^ 高橋幸宏さん:NHKで特番 貴重な映像の数々で足跡たどる YMO、サディスティック・ミカ・バンド時代も - まんたんウェブ、2023年1月24日
  33. ^ 高橋幸宏の足跡たどるNHK特番「高橋幸宏 創造の軌跡」放送決定 - 音楽ナタリー、2023年1月24日配信、同日閲覧
  34. ^ 九州朝日放送 新感覚グルメバラエティ「羽鳥×指原 ご当地!推しメシツアー それ東京でも食べられますけど!」“全国制覇”目指して第 2 弾が 2023 年 2 月 19 日(日)午後 1 時 55 分〜放送!”. 九州朝日放送 (2023年1月30日). 2023年1月30日閲覧。
  35. ^ 2月22日(水)BSテレ東はBSキャッ東に!今年のBSキャッ東は「猫のこと、ちゃんと考える」 BSテレ東
  36. ^ テレビ朝日の人気バラエティ8番組、3夜連続で夢のコラボ祭り! テレ朝POST、2023年2月3日配信・閲覧
  37. ^ 進撃の巨人:テレビアニメ「The Final Season」完結編は前後編 前編がNHKで3月3日放送 まんたんウェブ、2023年1月17日
  38. ^ "「R-1グランプリ2023」決勝は3月4日、直後に「ENGEIグランドスラム」も生放送". お笑いナタリー. ナターシャ. 31 January 2023. 2023年1月31日閲覧
  39. ^ 向井亜紀、三船美佳がテレ朝「旅サラダ」卒業 向井「心から感謝」三船「支えられた」 日刊スポーツ、2023年1月21日配信・閲覧
  40. ^ 向井亜紀、30年間出演の「旅サラダ」卒業を生放送で報告…「みなさんと会っている感がすごくある番組でした」 スポーツ報知、2023年1月28日配信、2023年1月29日閲覧
  41. ^ a b "日テレ、来年3月での「スッキリ」「バゲット」の終了を正式発表". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 11 November 2022. 2022年12月25日閲覧
  42. ^ "フジ永島優美アナ 3月末で「めざまし8」卒業 入社10年目「新しいことに挑戦」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 24 January 2023. 2023年1月24日閲覧
  43. ^ "「所JAPAN」来年3月いっぱいで終了 後続は「旬のお笑い芸人が多く出演する番組」". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 25 December 2022. 2022年12月26日閲覧
  44. ^ フジテレビが4月から火曜午後11時に連ドラ枠を新設 ドラマ好調のカンテレが制作 放送中の「セブンルール」は終了 サンケイスポーツ、2023年1月25日
  45. ^ a b たむけん&ハライチ澤部&銀シャリ橋本 ナイトスクープ探偵を来春卒業!たむけん「人生の宝もん」 - スポーツニッポン、2022年12月8日配信、同日閲覧
  46. ^ "TBS「炎の体育会TV」来年3月末で終了 11年半の歴史に幕 メッシ、Cロナら世界的アスリートも出演". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 December 2022. 2022年12月22日閲覧
  47. ^ “「ZIP!」4月から1時間拡大 午前9時までの放送に! 水卜麻美アナ「9時からの新しい番組に、良いタスキリレーができればと思います」” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本テレビ放送網, (2022年1月13日), https://www.ntv.co.jp/topics/articles/19qem4qf97fngrdnqo.html 2022年1月13日閲覧。 
  48. ^ 『ZIP!』4月から1時間拡大へ 総合司会・水卜麻美アナ「3時間と少し、ご一緒させてください!」 ORICON NEWS、2023年1月13日
  49. ^ “朝の新番組「DayDay.」4月スタート! 山里亮太・黒田みゆアナ出演、もう一人のMCは後日発表” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本テレビ放送網, (2022年1月13日), https://www.ntv.co.jp/topics/articles/19kh2hsc3bnds9jiov.html 2022年1月13日閲覧。 
  50. ^ 南海キャンディーズ・山里が新番組「DayDay.」のMCに決定!! 朝の顔への大抜てきに「僕も相当〝まさか!?〟と思っております」 サンケイスポーツ、2023年1月13日
  51. ^ "BS日テレの「深層NEWS」、4月から午後7時スタート…コメンテーターも充実". 讀賣新聞オンライン. 読売新聞社. 24 January 2023. 2023年1月24日閲覧
  52. ^ 『ニャンちゅう』の声優、津久井教生から羽多野渉に交代 来年度4月放送回から全て羽多野が担当 ORICON NEWS、2022年11月18日
  53. ^ 「鬼滅の刃 刀鍛冶の里編」が23年4月に放送開始 放送前に〝ワールドツアー上映〟も決定 - サンケイスポーツ、2022年12月10日配信、12月11日閲覧
  54. ^ 「逃走中」シリーズ初のテレビアニメ化が決定 来春スタート - サンケイスポーツ、2022年12月31日配信、同日閲覧
  55. ^ 【推しの子】:テレビアニメが2023年4月スタート 第1話を劇場先行上映 大塚剛央がアクア、伊駒ゆりがルビーに まんたんウェブ、2022年12月11日
  56. ^ 中居正広 完全復活へ 松本人志と伝説のタッグ!4月フジ新番組 レギュラーのバラエティーは初 -スポーツニッポン、2023年1月21日配信、同日閲覧
  57. ^ 中居正広と松本人志がMCを務めるフジテレビ系「まつもtoなかい」が4月からGP帯でレギュラー化 中居は「スマスマ」以来のフジレギュラー - サンケイスポーツ、2023年1月21日配信、同日閲覧
  58. ^ Snow Manの冠番組「それスノ」がゴールデン進出決定!4月から全国ネット! - スポーツ報知、2023年1月29日配信、同日閲覧
  59. ^ THE DANCE DAY(ザダンスデイ) 日本テレビ
  60. ^ 日テレ、ダンス日本一決定戦「THE DANCE DAY」第2回大会を来年5月6日に開催 日刊スポーツ、2022年11月20日配信・閲覧
  61. ^ バスケW杯2023がテレビ朝日系・日本テレビ系で放送決定…ホーバスHCと渡邊もコメント バスケットボールキング、2022年5月28日配信、5月30日閲覧
  62. ^ “2023年8月、沖縄で開幕!「FIBAバスケットボールワールドカップ2023」バスケットボールワールドカップ日テレ系メインキャスター 田中圭さん就任決定” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本テレビ放送網, (2022年6月30日), https://www.ntv.co.jp/basketball/articles/2361273llpe1eoetb6ga.html 2022年6月30日閲覧。 
  63. ^ 田中圭がバスケW杯の日テレ系メインキャスターに 小学校時代にバスケで全国制覇 日本代表・富樫とも交流 サンケイスポーツ、2022年6月30日配信、7月15日閲覧
  64. ^ TVアニメ第2期 2023年放送決定! TVアニメ『呪術廻戦』公式サイト、2022年2月12日配信、同年2月16日閲覧
  65. ^ 「呪術廻戦」第2期が2023年放送 第1期の再放送も決定、異例の日曜夕方枠 映画.com、2022年2月17日
  66. ^ 『SPY×FAMILY』劇場版制作決定 2023年に完全新作で映画化&TVアニメのシーズン2放送開始 ORICON NEWS、2022年12月18日
  67. ^ 『水曜どうでしょう』緊急生配信で「新作撮影済み」を発表 13万人が視聴 ORICON NEWS、2022年9月25日
  68. ^ “CBCの新キャラクターが誕生!名前は「シェアシェア」口癖は「シェアわせ〜」” (プレスリリース), 株式会社CBCテレビ, (2023年1月1日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000948.000015357.html 2023年1月1日閲覧。 
  69. ^ "名脇役の長谷川哲夫さん死去、84歳 ドラマ「3年B組金八先生」「水戸黄門」などに出演". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 January 2023. 2023年1月8日閲覧
  70. ^ "「地球交響曲」シリーズの映画監督・龍村仁さん死去 82歳". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 4 January 2023. 2023年1月4日閲覧
  71. ^ “「2022年度JRA賞馬事文化賞」が決定!” (日本語) (HTML) (プレスリリース), 日本中央競馬会, (2023年1月10日), https://www.jra.go.jp/news/202301/011002.html 2023年2月1日閲覧。 
  72. ^ 【JRA賞】馬事文化賞はabn長野朝日放送のドキュメンタリー番組 特別賞に引退・藤沢和師のNHK番組 スポーツ報知、2023年1月10日配信、2月3日閲覧
  73. ^ "YMO高橋幸宏さん死去 70歳 20年脳腫瘍摘出 懸命リハビリも 伝説のテクノサウンド ドラムで支え". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 14 January 2023. 2023年1月14日閲覧
  74. ^ 高橋幸宏さん 誤嚥性肺炎により死去 昨年末から容体悪化 妻・Kさん「医療関係者の皆様に深く感謝」 - スポーツニッポン、2023年1月15日配信、同日閲覧
  75. ^ 右派の論客「一水会」創設者、作家の鈴木邦男さん死去 79歳 毎日新聞、2023年1月27日
  76. ^ "俳優・三谷昇さん死去 90歳 別役実作品、映画「ミンボーの女」". デジタル毎日. 毎日新聞社. 27 January 2023. 2023年1月27日閲覧
  77. ^ 「怪優」三谷昇さんが死去、90歳 黒沢明監督「どですかでん」、伊丹十三監督「マルサの女2」「ミンボーの女」など出演 - サンケイスポーツ、2023年1月27日配信、同日閲覧
  78. ^ 低迷期の広島支えた池田英俊氏が死去 福岡高出身、5年連続2桁勝利 - 西日本スポーツ、2023年2月3日配信、同日閲覧
  79. ^ 訃報】目黒考二 逝去のお知らせ”. NEWS本の雑誌. 本の雑誌社 (2023年1月25日). 2023年1月25日閲覧。
  80. ^ 「本の雑誌」創刊者・目黒考二さん肺がんで死去 76歳 「北上次郎」の名で執筆活動も - スポーツニッポン、2023年1月25日配信、同日閲覧
  81. ^ ABCテレビ・山本晋也社長、M-1初審査の山田邦子に「良さが十分出ていた」と評価 - スポーツ報知、2023年1月20日配信、同日閲覧
  82. ^ "TBS・向井政生アナ、がんで死去 59歳…2019年に顎下腺がんで手術 スポーツ、ニュース番組で活躍". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 22 January 2023. 2023年1月22日閲覧
  83. ^ "TBS向井政生アナ死去59歳 顎下腺がん放射線治療公表、近年は「報道特集」ナレーションなど". nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. 22 January 2023. 2023年1月22日閲覧
  84. ^ TBSアナウンサー向井政生さん、がんで死去 59歳「JNNニュース」など担当 - サンケイスポーツ、2023年1月22日配信、1月23日閲覧
  85. ^ "TBSテレビ広報部社員の47歳の女を覚醒剤使用の疑いで逮捕". 讀賣新聞オンライン. 読売新聞社. 23 January 2023. 2023年1月24日閲覧
  86. ^ TBS社員、覚醒剤使用で逮捕 容疑認める - デイリースポーツ、2023年1月24日配信、同日閲覧
  87. ^ テレビ大阪、番組で収録したSDカードが所在不明「片っ端から喫茶店」 - デイリースポーツ、2023年1月23日配信、1月24日閲覧
  88. ^ テレビ大阪の品田社長、番組収録のSDカード所在不明を謝罪「現在、調査中」 - 日刊スポーツ、2023年1月27日配信、同日閲覧
  89. ^ 宮城県がテレ東番組でBPOに申し立て 上下水道事業で事実誤認 - 産経新聞、2023年1月23日配信、同日閲覧
  90. ^ 「テレ東番組誤った情報」 宮城県がBPOに申し立て 水道事業巡り - 河北新報、2023年1月24日配信、同日閲覧
  91. ^ "門田博光さんが急死 74歳 プロ野球歴代3位の通算567本塁打". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 24 January 2023. 2023年1月24日閲覧
  92. ^ "元プロ野球南海 門田博光さん死去、74歳…警察が自宅で発見「不惑の2冠王」". 中日スポーツ. 中日新聞社. 24 January 2023. 2023年1月24日閲覧
  93. ^ "双子デュオ「リリーズ」妹・燕真由美さん死去「雨の西麻布」の歌詞にも登場 2年前から脳腫瘍で闘病". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 26 January 2023. 2023年1月26日閲覧
  94. ^ ザ・リリーズ・つばめ真由美さん死去、62歳 脳腫瘍、2年前に発症し闘病…昨年一時復帰も再び体調を崩し 双子アイドルデュオの妹、「好きよキャプテン」などヒット - サンケイスポーツ、2023年1月27日配信、同日閲覧
  95. ^ 【お知らせ】NHK会長人事について”. NHK経営委員会. 日本放送協会 (2022年12月5日). 2022年12月5日閲覧。
  96. ^ "NHK会長に稲葉氏の就任決定 「公共放送にふさわしい仕事する」". 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社. 5 December 2022. 2022年12月5日閲覧
  97. ^ 大阪市内にコネクティビティデータセンターを開発 2025 年竣工予定「オプテージ曽根崎データセンター」 〜DX 発展を支える IT インフラ整備に貢献〜 (PDF)”. サンケイビル (2023年1月25日). 2023年1月25日閲覧。
  98. ^ "関西テレビ、サンケイビルが大阪都心部にデータセンター 運営はオプテージ". 産経ニュース. 産経デジタル. 25 January 2023. 2023年1月25日閲覧
  99. ^ 株式会社帝国データバンク [@TDB_PR] (2023年2月1日). "「ペット大集合!ポチたま」など番組制作のスーパーテレビジョン が破産" (ツイート). Twitterより2023年2月1日閲覧
  100. ^ テレビ番組制作「スーパーテレビジョン」に破産開始決定 - 不景気.com、2023年2月1日配信、同日閲覧
  101. ^ MBS高井美紀アナ死去 55歳 「住人十色」「皇室アルバム」「ザ・リーダー」など出演 - 日刊スポーツ、2023年2月2日配信、同日閲覧
  102. ^ 鮎川誠のファンの皆様、関係者の皆様へ Sheena And The Rokkets
  103. ^ 「シーナ&ロケッツ」鮎川誠さん、膵臓がんのため死去 ロック魂貫き74歳まで現役…俳優としても存在感 - スポーツニッポン、2023年1月30日配信、同日閲覧
  104. ^ TVerとZホールディングスグループ、業務提携に向け基本合意〜広告分析ソリューションの共同開発やサービス成長に向けた連携強化へ〜 株式会社TVer(PR TIMES)、2023年1月31日
  105. ^ NHK武田真一アナ2月末で退局、早期定年退職制度を利用 NHK大阪放送局長が発表,日刊スポーツ,2023年2月2日
  106. ^ 「週刊ザテレビジョン」が刊行休止、3月1日発売号で 月刊誌に統合 - サンケイスポーツ、2023年1月25日配信、同日閲覧
  107. ^ 「週刊ザテレビジョン」3月1日発売号を最後に休止 「月刊…」と統合 名物「レモン表紙」も移行 - スポーツニッポン、2023年1月25日配信、同日閲覧
  108. ^ フジ石本沙織アナが来年3月末で退職「とても貴重な経験を」イット!は今日卒業へ - 日刊スポーツ、2022年12月23日配信、同日閲覧
  109. ^ "三田友梨佳アナ フジ3月いっぱいで退社「家族との時間をより大切に」今春第1子出産予定、育児専念". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 28 January 2023. 2023年1月28日閲覧
  110. ^ 「民放連 放送基準」2023年改正 その経緯と趣旨 民放Online、2022年8月5日配信、9月15日閲覧
  111. ^ “認定放送持株会社体制への移行に関するお知らせ” (PDF) (プレスリリース), 九州朝日放送株式会社, (2022年3月25日), https://kbc.co.jp/file/pr.php?id=141 2022年3月26日閲覧。 
  112. ^ 会社分割による認定放送持株会社体制への移行及び子会社の設立に関するお知らせ 新潟放送株式会社、2022年7月29日配信 (PDF) 8月1日
  113. ^ "竜神池、ジブラルタル海峡が令和の技術で蘇る「風雲たけし城」特別映像公開". お笑いナタリー. ナターシャ. 28 April 2022. 2022年5月2日閲覧
  114. ^ 「風雲!たけし城」アマプラで4月下旬から世界配信、谷隼人が攻撃隊長、木村昴も新隊長 - 日刊スポーツ、2023年1月25日配信、1月26日閲覧
  115. ^ 「風雲!たけし城」谷隊長も復活 プライムビデオで4月下旬から順次配信 - スポーツニッポン、2023年1月26日配信、同日閲覧
  116. ^ “【東京現像所 全事業終了のお知らせ】” (HTML) (プレスリリース), 株式会社東京現像所, (2022年11月25日), https://www.tokyolab.co.jp/news/news_company/2022/11/25/ 2023年1月4日閲覧。 
  117. ^ "東京現像所が'23年全事業終了。サービスは他社が引き継ぎ". AV Watch. 株式会社インプレス. 22 November 2022. 2022年11月23日閲覧
  118. ^ 新放送会館の竣工について NHK松江放送局、2022年7月20日配信 (PDF) 7月21日閲覧
  119. ^ ABCヒロド歩美アナ今春退社を発表 入社10年で「次のステージ目指す決断」フリーで活動へ 日刊スポーツ、2023年2月1日
  120. ^ ヒロ福地が“「どさんこワイド179」”に登場! 福永俊介と“禁断の共演” - TVガイドWeb、2023年1月10日配信、1月12日閲覧
  121. ^ 相棒:放送23年で400回到達 ヒロコママらファン待望のゲスト 「メモリアルな展開」続々 MANTANWEB、2023年1月25日配信・閲覧
  122. ^ a b 駒大3冠達成「箱根駅伝」の世帯視聴率 復路29・6% 往路27・5% 瞬間最高は復路35・0% - スポーツニッポン、2023年1月4日配信、同日閲覧

外部リンク[編集]