2022年の阪神タイガース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2022年の日本プロ野球 > 2022年の阪神タイガース
2022年の阪神タイガース
成績
本拠地
都市 兵庫県西宮市
球場 阪神甲子園球場
Hanshin Koshien Stadium1a.jpg
球団組織
オーナー 藤原崇起
経営母体 阪神電気鉄道
球団社長 百北幸司
監督 矢野燿大
« 2021

テンプレートを表示

2022年の阪神タイガースでは、2022年シーズンについての阪神タイガースの動向をまとめる。

この年の阪神タイガースは、矢野燿大監督の4年目のシーズンで、今シーズン限りでの退任を表明しているので最後の1年でもある。チームスローガンは「イチにカケル!」。

概要[編集]

開幕前[編集]

前年オフにソフトバンクを戦力外となった渡邉雄大[1]、外国人選手ではクローザー候補としてカイル・ケラー先発候補としてアーロン・ウィルカーソンを獲得した[2][3]春季キャンプ前日の1月31日に、矢野監督がこのシーズン限りで退任することを発表した[4]

開幕後[編集]

3月25日のヤクルトとの開幕戦では藤浪晋太郎が2年連続となる開幕投手を務め7回3失点と好投[5]。打線も4回までに8点を奪ったものの、中継ぎ陣が崩壊。最大7点差を逆転され敗れた[6]。その後も投打が全く噛み合わず、セ・リーグワースト記録の開幕9連敗を喫した[7]。4月終盤には3カード連続で勝ち越したが[8]、スタートダッシュ失敗が響き[9]、4月までを9勝20敗、最下位で終えた。

チーム成績[編集]

レギュラーシーズン[編集]

オーダー変遷
開幕:3/25 5/1
1 近本光司 近本光司
2 中野拓夢 山本泰寛
3 マルテ 佐藤輝明
4 佐藤輝明 大山悠輔
5 糸原健斗 中野拓夢
6 糸井嘉男 糸原健斗
7 大山悠輔 小野寺暖
8 梅野隆太郎 梅野隆太郎
9 藤浪晋太郎 西純矢
2022年セントラル・リーグ順位変動
順位 4月終了時 5月終了時 6月終了時 7月終了時 8月終了時 9月終了時 最終成績
1位 巨人 --- --- --- --- --- --- ---
2位 広島 2.5
3位 ヤクルト 3.0
4位 中日 4.5
5位 DeNA 7.0
6位 阪神 10.0

[注 1]

記録[編集]

  • 開幕から9連敗:3月25日 - 4月3日 ※史上5度目、セ・リーグワースト記録[10][11]
  • 開幕13試合目で借金が二桁 ※2リーグ制後は史上3度目、セ・リーグ史上最速[12][13][注 2]
  • 開幕15試合目で借金12 ※2リーグ制後史上最多[14]
  • 勝率.063(1勝15敗1分) ※史上最低記録[15][注 3]
  • 開幕17試合で1勝 ※史上初のワースト記録[15][注 4]
  • 開幕からビジター12連敗:3月29日の広島戦(マツダ)から4月21日のDeNA戦(横浜)まで ※1973年の近鉄(13連敗)以来、史上5度目[17]
  • 代打逆転満塁本塁打を記録するも敗戦:4月21日、小野寺暖が記録するも敗戦 ※史上3度目、セ・リーグ史上初[18]
  • 21試合連続3失点以下:4月22日 - 5月19日 ※2リーグ制以降最長記録[19][注 5]

入団・退団[編集]

シーズン開幕前[編集]

本節では、前レギュラーシーズン終了から本シーズン開幕までの支配下選手・育成選手の登録・抹消について記述する。なお、抹消の去就は、球団職員又はスポーツ関係・芸能関係の職業に転身した場合等、去就が公のものとして扱われるもののみを記載し、空欄は前述以外の一般職業に転身もしくは去就不明を示す。また、退団区分は自由契約・任意引退・詳細不明である場合については、記載しない。

支配下選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
20 森木大智 高知高 ドラフト1位 20 中田賢一 福岡ソフトバンクホークス三軍投手コーチ[21]
28 鈴木勇斗 創価大学 ドラフト2位 21 岩田稔 球団コミュニティアドバイザー[22]
42 ケラー アメリカ合衆国の旗 パイレーツ 新外国人 42 エドワーズ
47 桐敷拓馬 新潟医療福祉大学 ドラフト3位 47 川原陸 育成選手
52 ウィルカーソン アメリカ合衆国の旗 ドジャース傘下 新外国人 61 望月惇志 育成選手
64 岡留英貴 亜細亜大学 ドラフト5位 64 桑原謙太朗 ヒマラヤ豊浜支店 野球用具売り場担当
92 渡邉雄大 育成選手 支配下登録 75 スアレス アメリカ合衆国の旗 パドレス[23]
92 伊藤和雄 タイガースアカデミーコーチ[24]
93 石井将希 エイジェック[25]
捕手
68 中川勇斗 京都国際高 ドラフト7位
内野手
58 荒木郁也
外野手
58 前川右京 智辯学園高 ドラフト4位 52 サンズ
61 豊田寛 日立製作所 ドラフト6位 68 俊介 タイガースアカデミーコーチ[26]
レッドスターベースボールクラブコーチ[27]
育成選手
登録 抹消
No 選手名 前所属 区分 No 選手名 去就 区分
投手
120 島本浩也 育成選手 再契約 120 島本浩也 再契約 規定による自由契約
121 才木浩人 育成選手 再契約 121 才木浩人 再契約 規定による自由契約
124 望月惇志 支配下選手 再契約 123 鈴木翔太
125 伊藤稜 中京大学 育成ドラフト1位 126 牧丈一郎 再契約 規定による自由契約
126 牧丈一郎 育成選手 再契約 128 渡邉雄大 支配下選手 支配下登録
127 川原陸 支配下選手 再契約
128 渡邉雄大 福岡ソフトバンクホークス 自由契約
内野手
125 藤谷洸介
外野手
128 奥山皓太

[28][29]

シーズン開幕後[編集]

本節では、本シーズン開幕から終了までの入退団について記述する。

育成選手→支配下
No. 選手名 守備
4月 121→35 才木浩人 投手

選手・スタッフ[編集]

  • 背番号変更
秋山拓巳 46→21[30]
小野泰己 28→98[30]
才木浩人 121→35(4月支配下登録)

試合結果[編集]

凡例
勝利試合 敗北試合 引き分け 中止
2022年 レギュラーシーズン
 
3月・4月(9勝20敗1分 .310) 
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
1 3月25日 ヤクルト 8-10 - ケラー(0-1) - 糸井(1) 京セラドーム 0-1-0
2 3月26日 ヤクルト 0-6 - 小川(0-1) - 京セラドーム 0-2-0
3 3月27日 ヤクルト 0-4 - 桐敷(0-1) - 京セラドーム 0-3-0
4 3月29日 広島 2-3× - ケラー(0-2) - マツダスタジアム 0-4-0
5 3月30日 広島 3-8 - 伊藤将(0-1) - ロハス・ジュニア(1) マツダスタジアム 0-5-0
6 3月31日 広島 2-3 - 秋山(0-1) - マツダスタジアム 0-6-0
7 4月1日 巨人 5-6 - 藤浪(0-1) - 大山(1) 東京ドーム 0-7-0
8 4月2日 巨人 4-5 - 小川(0-2) - 東京ドーム 0-8-0
9 4月3日 巨人 5-9 - ガンケル(0-1) - 糸井(2)
木浪(1)
梅野(1)
東京ドーム 0-9-0
10 4月5日 DeNA 4-0 西勇(1-0) - - 佐藤輝(1) 甲子園 1-9-0
11 4月6日 DeNA 1-6 - 齋藤(0-1) - 甲子園 1-10-0
4月7日 DeNA 中止 甲子園
12 4月8日 広島 3-3 - - - 大山(2) 甲子園 1-10-1
13 4月9日 広島 1-9 - 秋山(0-2) - 佐藤輝(2) 甲子園 1-11-1
14 4月10日 広島 0-1 - ガンケル(0-2) - 甲子園 1-12-1
15 4月12日 中日 1-2 - 湯浅(0-1) - 佐藤輝(3) バンテリンドーム 1-13-1
16 4月13日 中日 0-1× - 加冶屋(0-1) - バンテリンドーム 1-14-1
17 4月14日 中日 1-4 - 桐敷(0-2) - バンテリンドーム 1-15-1
18 4月15日 巨人 4-1 青柳(1-0) - 岩崎(0-0-1) 佐藤輝(4)
ロハス・ジュニア(2)
甲子園 2-15-1
19 4月16日 巨人 2-1 ウィルカーソン(1-0) - 岩崎(0-0-2) 甲子園 3-15-1
20 4月17日 巨人 1-3 - ガンケル(0-3) - 糸井(3) 甲子園 3-16-1
21 4月19日 DeNA 4-5 - 西勇(1-1) - 佐藤輝(5) 横浜 3-17-1
22 4月20日 DeNA 0-1× - 浜地(0-1) - 横浜 3-18-1
23 4月21日 DeNA 5-7 - 馬場(0-1) - 小野寺(1) 横浜 3-19-1
24 4月22日 ヤクルト 6-0 青柳(2-0) - - 大山(3)
ロハス・ジュニア(3)
神宮 4-19-1
25 4月23日 ヤクルト 0-1 - ウィルカーソン(1-1) - 神宮 4-20-1
26 4月24日 ヤクルト 11-3 ガンケル(1-3) - - 佐藤輝(6)
中野(1)
小幡(1)
神宮 5-20-1
4月26日 中日 中止 甲子園
27 4月27日 中日 3-1 西勇(2-1) - 岩崎(0-0-3) 甲子園 6-20-1
28 4月28日 中日 3-2 秋山(1-2) - 岩崎(0-0-4) 甲子園 7-20-1
29 4月29日 巨人 3-2 青柳(3-0) - - 佐藤輝(7)
大山(4)
東京ドーム 8-20-1
30 4月30日 巨人 10-3 渡邉(1-0) - - 山本(1) 東京ドーム 9-20-1
 
5月
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
31 5月1日 巨人 8-1 西純(1-0) - - 東京ドーム 10-20-1
32 5月3日 ヤクルト 0-3 - 西勇(2-2) - 甲子園 10-21-1
33 5月4日 ヤクルト 0-3 - 秋山(1-3) - 甲子園 10-22-1
34 5月5日 ヤクルト 3×-2 岩崎(1-0) - - 甲子園 11-22-1
35 5月6日 中日 0-1× - 青柳(3-1) - バンテリンドーム 11-23-1
36 5月7日 中日 1-2 - ウィルカーソン(1-2) - バンテリンドーム 11-24-1
37 5月8日 中日 4-3 アルカンタラ(1-0) - 岩崎(1-0-5) 大山(5) バンテリンドーム 12-24-1
38 5月10日 広島 0-3 - 西勇(2-3) - 甲子園 12-25-1
39 5月11日 広島 2-3 - 渡邉(1-1) - 甲子園 12-26-1
5月12日 広島 中止 甲子園
5月13日 DeNA 中止 横浜
40 5月14日 DeNA 9-2 青柳(4-1) - - 中野(2・3) 横浜 13-26-1
41 5月15日 DeNA 8-1 ウィルカーソン(2-2) - - 佐藤輝(8・9)
糸原(1)
横浜 14-26-1
42 5月17日 ヤクルト 1-2× - 岩崎(1-1) - 糸原(2) 神宮 14-27-1
43 5月18日 ヤクルト 8-1 西純(2-0) - - マルテ(1)
西純(1)
大山(6)
佐藤輝(10)
神宮 15-27-1
44 5月19日 ヤクルト 0-3 - ガンケル(1-4) - 神宮 15-28-1
45 5月20日 巨人 2-6 - アルカンタラ(1-1) - 大山(7) 甲子園 15-29-1
46 5月21日 巨人 2-1 ウィルカーソン(3-2) - 岩崎(1-1-6) 甲子園 16-29-1
47 5月22日 巨人 4-0 伊藤将(1-1) - - 甲子園 17-29-1
48 5月24日 楽天 1-0 西(3-3) 岩崎(1-1-7) 甲子園 18-29-1
5月25日 楽天 - 甲子園 0-0
5月26日 楽天 - 甲子園 0-0
5月27日 ロッテ - ZOZOマリン 0-0
5月28日 ロッテ - ZOZOマリン 0-0
5月29日 ロッテ - ZOZOマリン 0-0
5月31日 西武 - 甲子園 0-0
 
6月
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
6月1日 西武 - 甲子園 0-0
6月2日 西武 - 甲子園 0-0
6月3日 日本ハム - 甲子園 0-0
6月4日 日本ハム - 甲子園 0-0
6月5日 日本ハム - 甲子園 0-0
6月7日 ソフトバンク - PayPayドーム 0-0
6月8日 ソフトバンク - PayPayドーム 0-0
6月9日 ソフトバンク - PayPayドーム 0-0
6月10日 オリックス - 京セラドーム 0-0
6月11日 オリックス - 京セラドーム 0-0
6月12日 オリックス - 京セラドーム 0-0
6月17日 DeNA - 甲子園 0-0
6月18日 DeNA - 甲子園 0-0
6月19日 DeNA - 甲子園 0-0
6月21日 広島 - マツダスタジアム 0-0
6月22日 広島 - マツダスタジアム 0-0
6月23日 広島 - マツダスタジアム 0-0
6月24日 中日 - 甲子園 0-0
6月25日 中日 - 甲子園 0-0
6月26日 中日 - 甲子園 0-0
6月28日 DeNA - 横浜 0-0
6月29日 DeNA - 横浜 0-0
6月30日 DeNA - 横浜 0-0
 
7月
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
7月1日 中日 - バンテリンドーム 0-0
7月2日 中日 - バンテリンドーム 0-0
7月3日 中日 - バンテリンドーム 0-0
7月5日 広島 - 甲子園 0-0
7月6日 広島 - 甲子園 0-0
7月7日 広島 - 甲子園 0-0
7月8日 ヤクルト - 神宮 0-0
7月9日 ヤクルト - 神宮 0-0
7月10日 ヤクルト - 神宮 0-0
7月12日 巨人 - 甲子園 0-0
7月13日 巨人 - 甲子園 0-0
7月14日 巨人 - 甲子園 0-0
7月15日 中日 - 甲子園 0-0
7月16日 中日 - 甲子園 0-0
7月17日 中日 - 甲子園 0-0
7月18日 広島 - マツダスタジアム 0-0
7月19日 広島 - マツダスタジアム 0-0
7月20日 広島 - マツダスタジアム 0-0
7月22日 DeNA - 甲子園 0-0
7月23日 DeNA - 甲子園 0-0
7月24日 DeNA - 甲子園 0-0
7月29日 ヤクルト - 甲子園 0-0
7月30日 ヤクルト - 甲子園 0-0
7月31日 ヤクルト - 甲子園 0-0
 
8月
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
8月2日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月3日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月4日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月5日 広島 - マツダスタジアム 0-0
8月6日 広島 - マツダスタジアム 0-0
8月7日 広島 - マツダスタジアム 0-0
8月9日 DeNA - 横浜 0-0
8月10日 DeNA - 横浜 0-0
8月11日 DeNA - 横浜 0-0
8月12日 中日 - 京セラドーム 0-0
8月13日 中日 - 京セラドーム 0-0
8月14日 中日 - 京セラドーム 0-0
8月16日 ヤクルト - 神宮 0-0
8月17日 ヤクルト - 神宮 0-0
8月18日 ヤクルト - 神宮 0-0
8月19日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月20日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月21日 巨人 - 東京ドーム 0-0
8月23日 DeNA - 京セラドーム 0-0
8月24日 DeNA - 京セラドーム 0-0
8月25日 DeNA - 京セラドーム 0-0
8月26日 中日 - バンテリンドーム 0-0
8月27日 中日 - バンテリンドーム 0-0
8月28日 中日 - バンテリンドーム 0-0
8月30日 広島 - 甲子園 0-0
8月31日 広島 - 甲子園 0-0
 
9月
# 日付 対戦相手 スコア 勝利投手 敗戦投手 セーブ 本塁打 球場 勝敗
9月1日 広島 - 甲子園 0-0
9月2日 巨人 - 甲子園 0-0
9月3日 巨人 - 甲子園 0-0
9月4日 巨人 - 甲子園 0-0
9月6日 ヤクルト - 甲子園 0-0
9月7日 ヤクルト - 甲子園 0-0
9月10日 DeNA - 横浜 0-0
9月11日 中日 - 甲子園 0-0
9月12日 中日 - 甲子園 0-0
9月13日 広島 - 甲子園 0-0
9月14日 広島 - 甲子園 0-0
9月17日 巨人 - 東京ドーム 0-0
9月18日 ヤクルト - 甲子園 0-0
9月19日 ヤクルト - 甲子園 0-0

出来事[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 勝率が同率で並んだ場合、(1)勝利数 (2)当該球団間の対戦勝率の高い球団 (3)前年度順位で順位が決定される。
  2. ^ 開幕13試合目までに借金が二桁に到達経験がある球団は、2リーグ制以降では史上5度目[12]
  3. ^ これまでの最低記録は1955年のトンボ1979年の西武の.071で、本年の阪神は12日にこの記録に並んでいたが、13日の敗戦で.067(1勝14敗1分)のワースト記録を樹立[9]。これまでの最低記録が.071であったため、勝率6分台を記録したのは史上初であった[9]。その後、同14日の敗戦でワースト記録を.063に更新した[15]。なお、開幕戦に敗戦したり、連敗した場合の勝率.000を除く。
  4. ^ 4月13日の試合に敗戦した時点で、1979年の西武(1勝13敗2分)に並び、史上2度目のワースト記録となる開幕16試合で1勝となった[16]。その後、翌14日も敗戦し、開幕17試合で1勝のワースト記録を樹立した[15]
  5. ^ これまでの最長は1956年の大映1958年の中日の17試合連続[20]
  6. ^ 球界でも2リーグ分裂後では1950年の国鉄の23試合目(2勝20敗1分)に次ぐ2位タイの速さとなっている[38]

出典[編集]

  1. ^ “阪神がソフトバンク退団の渡辺雄大投手を獲得、育成として契約へ”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112090000171.html 2022年3月26日閲覧。 
  2. ^ “阪神、右腕ウィルカーソン獲得発表「非常に安定した先発タイプ」本部長期待”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112050000473.html 2022年3月26日閲覧。 
  3. ^ “阪神新外国人ケラー獲得「打者の錯覚を呼ぶ」矢野監督が縦のカーブ高評価”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202112180000912.html 2022年3月26日閲覧。 
  4. ^ “衝撃の今季限り退任表明 阪神・矢野監督の決意 「自分も覚悟をさらに決められる」”. スポーツニッポン. (2022年2月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/02/01/kiji/20220201s00001173058000c.html 2022年5月19日閲覧。 
  5. ^ “【阪神】藤浪晋太郎2年連続の開幕投手は7回3失点「最低限の仕事はできた」”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203250001760.html 2022年4月3日閲覧。 
  6. ^ “【阪神】球団史上初…開幕戦7点差逆転負け 開幕守護神のケラーが2被弾3失点”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202203250001690.html 2022年4月3日閲覧。 
  7. ^ “【阪神】開幕9連敗 セ・リーグワースト記録不名誉な更新 9回2発も…首位巨人と8ゲーム差”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204030000672.html 2022年5月1日閲覧。 
  8. ^ “【阪神】勢い止まらん!10点3カード連続勝ち越し「このまま行きたい」矢野監督手応え隠さず”. 日刊スポーツ. https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204300001298.html 2022年5月1日閲覧。 
  9. ^ a b c “【阪神】サヨナラ負けで今季2度目の5連敗 勝率・067 勝率6分台はプロ野球史上初の珍事”. 日刊スポーツ. (2022年4月13日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204130001044_m.html 2022年4月13日閲覧。 
  10. ^ “【阪神】開幕9連敗 セ・リーグワースト記録不名誉な更新 9回2発も…首位巨人と8ゲーム差”. 日刊スポーツ. (2022年4月3日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204030000672_m.html 2022年4月3日閲覧。 
  11. ^ “【阪神】連敗9でストップ「この1勝で喜んでいいのか…でも素直に喜びたい」矢野監督/一問一答”. 日刊スポーツ. (2022年4月5日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204050001025_m.html 2022年4月5日閲覧。 
  12. ^ a b “【阪神】セ界初、13試合で借金10 2リーグ後は球界5度目、過去4チームはいずれもBクラス”. 日刊スポーツ. (2022年4月10日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204100000091_m.html 2022年4月15日閲覧。 
  13. ^ 阪神また不名誉記録 セ史上最速借金10 矢野監督は乱調の秋山に「良くはないと思う」”. デイリースポーツ online (2022年4月9日). 2022年4月9日閲覧。
  14. ^ “【阪神】逆転負けで4連敗、勝率.071 西勇輝7回0封の好投も 新打線は佐藤輝明のソロのみ”. 日刊スポーツ. (2022年4月12日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204120001129_m.html 2022年4月15日閲覧。 
  15. ^ a b c d “【阪神】史上初開幕17戦1勝「申告敬遠」トレンド入り 試合終了直後は「借金14」急上昇”. 日刊スポーツ. (2022年4月14日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204140001063_m.html 2022年4月15日閲覧。 
  16. ^ “阪神 16試合消化時点で1勝はプロ野球ワーストタイ記録 1979年の西武に並ぶ”. スポーツニッポン. (2022年4月13日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/04/13/kiji/20220413s00001173624000c.html 2022年4月14日閲覧。 
  17. ^ “【阪神】6回降雨コールド負け…開幕からビジター全敗でセの借金丸抱え 小野寺暖の代打逆転満塁弾も…”. スポーツ報知. (2022年4月20日). https://hochi.news/articles/20220421-OHT1T51265.html?page=1 2022年4月20日閲覧。 
  18. ^ “【阪神】今季ビジター初勝利 ビジター連敗「12」チーム連敗「4」でストップ 完封青柳晃洋40勝”. 日刊スポーツ. (2022年4月22日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/202204220001302_m.html 2022年4月22日閲覧。 
  19. ^ “阪神、3失点以下の連続試合「21」でついにストップ…延長12回中野失策から悪夢”. スポーツニッポン. (2022年5月20日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/20/kiji/20220519s00001173512000c.html 2022年5月20日閲覧。 
  20. ^ “最下位の阪神が新記録つくっていた! 投手陣が奮闘、18試合連続3失点以下は2リーグ制以降で最長”. スポーツニッポン. (2022年5月17日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/05/17/kiji/20220517s00001173027000c.html 2022年5月18日閲覧。 
  21. ^ “阪神で引退の中田賢一がコーチでソフトバンク復帰、新体制に3軍投手担当で入閣”. 西日本スポーツ. (2021年10月30日). https://www.nishinippon.co.jp/nsp/sp/item/n/823909/ 2021年12月5日閲覧。 
  22. ^ “阪神、現役引退の岩田稔氏が「コミュニティアンバサダー」就任 「新しい活動に挑戦」”. full-count. (2021年12月24日). https://full-count.jp/2021/12/24/post1170689/ 2021年12月24日閲覧。 
  23. ^ “阪神退団のスアレス、パドレスと1年契約で合意 来季は米国で初プレー”. 日刊スポーツ. (2021年12月2日). https://www.nikkansports.com/m/baseball/mlb/news/202112020000214_m.html 2021年12月5日閲覧。 
  24. ^ “前阪神・伊藤和&歳内 来年からタイガースアカデミーのコーチ就任へ”. スポーツニッポン. (2021年12月23日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/23/kiji/20211222s00001173630000c.html 2021年12月23日閲覧。 
  25. ^ “社会人野球エイジェック 前オリックス・神戸、前阪神・石井、前日本ハム・鈴木の入社を発表”. スポーツニッポン. (2022年1月14日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2022/01/14/kiji/20220114s00001003312000c.html 2022年1月14日閲覧。 
  26. ^ “元阪神・藤川俊介氏がアカデミーコーチ就任”. スポーツニッポン. (2021年12月24日). https://www.sanspo.com/article/20211224-NI3ODMJNKJK4XEF77YFVAXSAPM/ 2021年12月24日閲覧。 
  27. ^ “元阪神・俊介氏 赤星氏オーナーの野球チーム「レッドスターベースボールクラブ」のコーチ就任”. スポーツニッポン. (2021年12月1日). https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2021/12/01/kiji/20211201s00001173319000c.html 2021年12月5日閲覧。 
  28. ^ 2021年度NPB公示 NPBHP
  29. ^ ニュース阪神タイガース公式HP
  30. ^ a b “背番号の変更について”. 阪神タイガース公式HP. (2021年11月29日). https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7738.html 2021年12月21日閲覧。 
  31. ^ 阪神ドラ5・岡留が入寮&新人合同自主トレ合流 帰省中にコロナ感染、隔離期間経て”. デイリースポーツ online (2022年1月18日). 2022年3月31日閲覧。
  32. ^ 阪神矢野燿大監督が異例今季限り退任表明「後悔のない野球人生を」キャンプ前日に選手へ訴え”. 日刊スポーツ online (2022年1月31日). 2022年5月22日閲覧。
  33. ^ 【阪神】球団初の開幕6連敗…打線は開幕戦以来の2桁安打もつながらず”. nikkansports.com. 2022年4月1日閲覧。
  34. ^ 矢野阪神が開幕10試合目でやっと初勝利 佐藤輝が初弾、西勇が完封で連敗止めた”. デイリースポーツ online (2022年4月5日). 2022年4月5日閲覧。
  35. ^ 阪神-DeNA中止決定 DeNAでコロナ陽性者続出のため”. デイリースポーツ online (2022年4月7日). 2022年4月7日閲覧。
  36. ^ 【データ】阪神借金16 セ・リーグの借金丸抱えは今季3度目 横浜3連戦3連敗は15年ぶり”. 日刊スポーツ online (2022年4月21日). 2022年4月21日閲覧。
  37. ^ 阪神が球団史上最速の20敗到達 6度目完封負けで首位巨人と今季最大13・5ゲーム差”. デイリースポーツ online (2022年4月23日). 2022年4月23日閲覧。
  38. ^ “【阪神】「どうなってんねん!」最速20敗で虎党怒号…矢野監督「どうやって点を取るか」”. 日刊スポーツ. (2022年4月23日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/202204230001396.html 2022年4月24日閲覧。 
  39. ^ 阪神が痛恨の三重殺 糸井がアウトカウント勘違い?球団では1999年以来23年ぶり”. デイリースポーツ online (2022年4月27日). 2022年4月27日閲覧。
  40. ^ “才木浩人選手と支配下選手契約を締結”. 阪神タイガース. (2021年5月4日). http://hanshintigers.jp/news/topics/info_4284.html 2022年5月22日閲覧。 
  41. ^ 魂の投球が生んだ 中日・大野雄大の29人連続アウト”. スポーツニッポン online (2022年5月12日). 2022年5月22日閲覧。

関連項目[編集]