2021年の出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2021年の出版(2021ねんのしゅっぱん)では、2021年の出版に関する出来事についてまとめる。

2020年の出版 - 2021年の出版 - 2022年の出版

出版関係の出来事[編集]

出版社の設立・倒産、文庫・新書の創刊、雑誌の創刊・休刊、ミリオンセラーの出版などを記載。特記した場合を除き、創刊、休刊・廃刊、復刊の日付は、それぞれ創刊号、最終号、復刊号の発売日である。

1月[編集]

  • 1日 - ダイヤモンド社の子会社であるダイヤモンド・ビッグ社(以下ビッグ社と表記)の出版事業やインパウンド事業をこの日付けで学研ホールディングス子会社の学研プラスに譲渡。ビッグ社が刊行していた海外旅行ガイドブック『地球の歩き方』については「株式会社地球の歩き方」を新規設立して引き続き刊行される[1][2]
  • 6日 - 『週刊女性』(主婦と生活社)1月19日・26日合併号において、アイドルグループ・Snow Man宮舘涼太が昨年12月に女性と会食したことが原因で新型コロナに感染したと報じたことについて、同社は「そのような事実は確認できなかった」として同社ホームページ上で謝罪した[3]
  • 8日 - ジャニーズ事務所所属グループ・NEWS加藤シゲアキが昨年11月19日に出版した小説『オルタネート』(新潮社)が、わずか2か月弱で累計出版部数10万部を突破したことが判明。第164回直木賞にノミネートされたことが追い風となった[4][5]が、受賞は逃した[6]
  • 12日 - 【訃報】 『週刊文春』(文藝春秋)などの編集者・編集長を経て1994年に作家に転身し、映画『日本のいちばん長い日』(1967年・東宝/2015年・松竹)の原作者として知られ、2015年には菊池寛賞を受賞した半藤一利がこの日午後、東京都内の自宅で倒れているのが見つかり死亡が確認された(90歳没)[7]
  • 25日 - 出版科学研究所はこの日、2020年の紙による出版物の推定販売金額が16年連続の減少となる1兆2237億円になったことを発表。ただし人気漫画『鬼滅の刃』の大ヒットなどもあり前年比1.0%の減少にとどまった。一方市場全体における電子出版市場の占有率は調査を開始して以来最高となる24.3%と初めて2割を超えた[8]

2月[編集]

3月[編集]

春(予定)[編集]

出典[編集]

  1. ^ “当社子会社(株式会社ダイヤモンド・ビッグ社)の事業譲渡に関するお知らせ” (プレスリリース), 株式会社ダイヤモンド社, (2020年11月16日), https://www.diamond.co.jp/information/company/information2020111601.html 2020年11月17日閲覧。 
  2. ^ "ダイヤモンド・ビッグ社、「地球の歩き方」などを学研プラスに事業譲渡". トラベルWatch. 株式会社インプレス. 16 November 2020. 2020年11月27日閲覧
  3. ^ "Snow Man宮舘のコロナ感染報道、発行元謝罪". nikkkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 7 January 2021. 2021年1月7日閲覧
  4. ^ "NEWS加藤シゲアキ 直木賞候補作「オルタネート」が発売から2カ月足らずで10万部突破". Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. 8 January 2021. 2021年1月9日閲覧
  5. ^ "NEWS加藤シゲアキの著書「オルタネート」が10万部突破". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 8 January 2021. 2021年1月9日閲覧
  6. ^ "NEWS・加藤シゲアキ、直木賞逃す 尾崎世界観も芥川賞逃し「また頑張る」". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 21 January 2021. 2021年1月21日閲覧
  7. ^ "作家の半藤一利さんが死去、90歳 昭和史研究で著書多数". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 13 January 2021. 2021年1月13日閲覧
  8. ^ "「鬼滅」効果で販売減縮小 紙の出版物、電子は好調". サンケイスポーツ. 産経デジタル. 25 January 2021. 2021年1月25日閲覧
  9. ^ “吸収合併につきまして” (日本語) (Html) (プレスリリース), 株式会社ネコ・パブリッシング, (2021年1月7日), https://www.neko.co.jp/news/156274 2021年1月21日閲覧。 
  10. ^ “雑誌『ミセス』休刊のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 学校法人文化学園、文化出版局, (2020年11月20日), http://www.bunka.ac.jp/contents/pdf/topic20201120.pdf 2020年11月27日閲覧。 
  11. ^ "女性ファッション誌「ミセス」が4月号で休刊、60年の歴史に幕". 不景気.com. 24 November 2020. 2020年11月27日閲覧
  12. ^ “セブン&アイHD出版事業撤退 21年にも会社清算”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2019年12月28日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53979580Y9A221C1TJC000/ 2020年11月27日閲覧。 
  13. ^ "セブン&アイ出版、2月末めどに事業終了". 新文化online. 新文化通信社. 22 January 2020. 2020年11月28日閲覧

関連項目[編集]