2021年のテレビ (日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2021年のテレビでは、2021年令和3年)のテレビ分野(主に日本)の動向についてまとめる。

テレビ番組関係の出来事[編集]

1月[編集]

1月上期[編集]

1月中期[編集]

1月下期[編集]

  • 21日
  • 22日 - 【情報・趣味・娯楽・関東広域圏】テレビ朝日の麻雀情報番組『熱闘!Mリーグ』(AbemaNews共同制作、月曜未明(日曜深夜))はこの日、MCを務める田中裕二爆笑問題)が脳卒中で緊急入院し、1ヶ月休養が必要との診断結果が出た[59] ことを受けて代役MCに田中の相方である太田光を当面の間起用することを明らかにした[60]
  • 24日
    • (23日深夜)【トーク・バラエティ・CS】フジテレビ系CS放送・フジテレビTWOにてこの日、人気若手声優らによる大集合新年会として『オールナイト声優フジ-ALLNIGHT SAY YOU FUJI-』(0時 - 4時)を生放送[61]森久保祥太郎が司会を務め、阿座上洋平伊東健人らが出演した。
    • 【情報・バラエティ・健康問題】TBS系『サンデージャポン』では、司会を務めるお笑いコンビ・爆笑問題の田中裕二が休養(上述)のため、この日の放送より休演( - 2月14日)。同日の放送では上田晋也くりぃむしちゅー[注 17]が代役を務めた[62]
    • 【教養・バラエティ・音楽・追悼】BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた』(通常は金曜に放送)の特別版として、前年12月23日に他界した作詞家・なかにし礼を偲び、2017年5月5日に放送されたなかにし出演の回を『武田鉄矢の昭和は輝いていた 追悼・なかにし礼の世界 3時間スペシャル』(19時 - 21時54分)と題して放送した[63]
  • 27日 - 【情報・健康問題・活動進退・近畿広域圏】朝日放送テレビ『おはよう朝日です』の第1部メインキャスターに前年10月から起用され、12月より体調不良による休養で番組を休演していた川添佳穂(同局アナウンサー)について、この日放送の同番組内にて第2部メインキャスターを務める岩本計介(同)より本人休養中のまま1月末にて正式に番組降板、並びに同局を退社することが発表された[64]
  • 29日 - 【教養・バラエティ】BSテレ東『武田鉄矢の昭和は輝いていた』にて、須黒清華(テレビ東京アナウンサー)の後任となる第2代アシスタントとして福田典子(同)が就任[48]
  • 30日
    • NHK
      • 【音楽】総合テレビにてこの日、1973年にデビュー、1980年に芸能界を引退した伝説の歌手・山口百恵が引退直前に日本武道館千代田区北の丸)にて開いたファイナルコンサート(1980年10月5日)の模様を『伝説のコンサート"山口百恵 1980.10.5 日本武道館"』[注 18] と題して特別放送(15時35分 - 17時59分)[注 19][65]
      • 【教養・トーク・人物】BSプレミアムにて、小説家・三島由紀夫(1925年 - 1970年)の没後50年にあたり、三島の人物像に迫る特別番組『没後50年 今夜はトコトン"三島由紀夫”』(22時40分 - 31日0時40分)を放送。三島を敬愛する一人であるハリー杉山(タレント)が司会を務め、宇垣美里(フリーアナウンサー)、佐藤秀明近畿大学教授)、平野啓一郎(作家)、宮本亜門(演出家)、ヤマザキマリ(漫画家)といった三島ファンが登場、三島の素顔や彼の作品の魅力について語った[66]

2月[編集]

2月上期[編集]

  • 2日
    • 【編成・報道・政治】NHK総合ではこの日、コロナ緊急事態宣言の発出期間延長(3月7日まで)決定を受け、10時 - 11時54分に参議院本会議のニュース、16・17時台に衆参両議院運営委員会の関連ニュースを編成、また『ニュース シブ5時』のこの日の放送を17時40分 - 18時10分の短縮版(通常より50分短縮)で放送。さらに『ニュース7』を72分拡大、20時42分まで放送[67]。このため同日の『サラメシ』は翌週9日に順延し、また『うたコン』は23日に内容・出演者の一部を変更して放送した[67]
    • 【バラエティ】朝日放送テレビ『ナイトinナイト』(関西ローカル)火曜日枠で放送中のお笑いコンビ・千鳥メインのバラエティ番組『相席食堂[注 20] が全国ネット初進出、この日、テレビ朝日系にて2時間SP(18時45分[注 13] - 20時54分)で放送した[注 21][68]
  • 3日3月17日 - 【バラエティ】日本テレビ系『1億人の大質問!?笑ってコラえて!』でナレーションを務める声優の真地勇志声帯治療のため当面休養するのに伴い、この期間[注 22]、真地の代役として、梅原裕一郎日野聡島崎信長下野紘神谷浩史(いずれも声優)の5名が週交代でナレーションを担当した[69](なお、下野は下述の『日本大相撲トーナメント特別編』でもナレーションを務めた)。
  • 4日 - 【編成】NHK総合では前月12日(→こちらも参照)に続き特別に19時30分・22時の両番組の放送枠を交換。19時30分 - 19時57分に『クローズアップ現代+』を移動の上3分短縮して放送し、22時 - 22時27分に『所さん!大変ですよ』を放送した[70]
  • 6日
    • 【報道・経済・表現問題】テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』(BSテレ東及び一部独立局へもネット)で5日に放送したキリンホールディングスミャンマーの旗 ミャンマーでの合弁解消のニュースにおいて、同社が2015年に同国で合弁事業に乗り出した際にミャンマー軍の高官に4000万ドル、40億円以上の賄賂を送ったという内部告発について、不十分な取材で事実関係の確認に問題があったとして、同局がこの件について謝罪した[71]
    • 【バラエティ・芸術・特番】日本テレビ系にて、毎年恒例の『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞[注 23]をこの日19時からの2時間枠で放送。例年通り、司会は萩本欽一(タレント)と香取慎吾(俳優・タレント、新しい地図)が務めた。なお、コロナ対策のため史上初の無観客で、出場者も一人および同居する家族のみに制限して行われた(詳細はこちらを参照)[72]。また放送中に萩本が今回限りでの番組から引退を表明する一幕があった[73]
  • 7日 - いずれも【スポーツ】
  • 8日14日 - 【スポーツ】NHK BS1にて『カーリング日本選手権2021』(北海道稚内市みどりスポーツパーク)の模様を連日中継放送[80]
  • 8日〜22日 - 【スポーツ】テニスの世界4大大会の一つである『全豪オープンテニス2021』(オーストラリアの旗 オーストラリアメルボルンにて開催)をNHK総合とWOWOWライブにて連日中継放送。
  • 13日
  • 14日
    • NHK
      • 【編成・報道・災害・スポーツ】総合テレビでは前夜の福島県沖地震の緊急ニュースを昼過ぎまで随時編成(『日曜討論』など一部の番組を除き休止)、このため同日午前の『全豪オープンテニス2021「女子シングルス4回戦・大坂なおみ×ムグルサ」』(8時57分 - 11時[注 27])は中継終了までサブチャンネル(東京大阪等012、名古屋等は032ch)で放送した。また『ニュース7』を30分拡大し20時まで放送(この日の『ダーウィンが来た!』は翌週に順延して放送された)。
      • 【トーク・教養・文化】Eテレではこの日『Eテレプレーバック』枠にて、1982年 - 1987年に放送された若者向けトーク番組『YOU』をアンコール放送(14時30分 - 16時10分)。同日は1984年6月9日放送(第100回)の『特集 100回記念 気分はもう21世紀人』で、当時の司会は糸井重里(コピーライター)が務め、日比野克彦(美術家)や原田知世(歌手・女優)ら当時の若手注目株が次々登場した回を放送した[94]
    • 【教養・ドキュメンタリー】読売テレビ制作・日本テレビ系にて、教養ドキュメンタリー特番『ニッポンのレジェンド発掘SP さいしょの人はスゴかった!!』(15時 - 16時55分)を放送。番組では写メール点字ブロックなど今や世界標準になった日本発の事象について、その考案に纏わる逸話などを掘り下げ紹介。司会は香取慎吾と渡辺直美(タレント)、進行役は林マオ(同局アナウンサー)がそれぞれ務めた[95]
    • 【アニメ】フジテレビ系アニメ『サザエさん』はこの日『バレンタインデースペシャル』と題し、18時からの1時間スペシャルとして放送。この日は「ノリスケ青春時代〜下宿からお見合いまで〜」「バラとペンペン草」「用意周到な男」「教えて、ドリトル先生」の4話を放送した[96]

2月下期[編集]

3月[編集]

3月第1週[編集]

  • 1日14日 -【特番・報道・ドキュメンタリー・災害・防災】NHKでは東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の発生から11日で10年を迎えるのを機に『あの日、そして明日へ 〜それぞれの3654日〜』と題し、震災関連の特集番組を総合テレビ・Eテレ・BS(BS1・プレミアム・4K・8K)にて編成[132]
    • 8日〜10日 - 【福祉】Eテレ『ハートネットTV』では『シリーズ東日本大震災10年』と題して3回に亘り、避難が困難な"要支援者"の命を守る方法について特集した[133]
    • 10日 - 【紀行】総合テレビ『サンドのお風呂いただきます』は拡大SPで放送(19時30分 - 20時42分)、MCを務めるサンドウィッチマン伊達みきお富澤たけし)が福島県を訪れ、福島第一原子力発電所事故後の廃炉作業などの現場を見学し、廃炉の現状と課題を伝えたほか、震災や原発事故からの復興を目指す人々の元を訪問した[134]
    • 11日 - 【情報】総合テレビではこの日『ごごナマ』を時間拡大して放送(13時40分 - 16時20分、途中ニュース中断あり、全3部)。また『NHKニュース7』を20時45分まで拡大、そして『NHKスペシャル』では『定点映像 10年の記録〜100か所のカメラが映した“復興”〜』(22時 - 23時14分)を放送した。
    • 13日 - 【バラエティ】総合テレビでこの日19時30分より『ありがとうを3.11に伝えよう委員会』を放送( - 20時45分)。番組では被災者が家族や友人らに感謝の気持ちを伝え「ありがとう」の物語から10年を振り返った。番組には井ノ原快彦(俳優・歌手・司会者、V6[注 41])、南野陽子(歌手・女優)らが出演した。
    • 14日 - 総合テレビ
      • 【情報】日曜午前10時枠の『明日へ つなげよう』のシリーズ『証言記録 東日本大震災』がこの日の放送(第98回)を以て終了、最終回は97回の放送から10年間の記録を綴る『証言記録 東日本大震災スペシャル〜格闘と挑戦の10年 その先に…〜』と題して放送した[135][136]
      • NHKと民放キー局(日本テレビ・テレビ朝日・TBS・テレビ東京・フジテレビ)による共同防災プロジェクト特番としてこの日『あしたの命を守りたい 〜NHK民放 取材者たちの震災10年〜』を放送(13時50分 - 15時)。番組の司会進行は鈴木奈穂子(NHKアナウンサー)と伊藤利尋(フジテレビアナウンサー)が務めた[137]
  • 2日
    • 【音楽】NHK総合『うたコン』は、後述のNHKホール改修工事に伴い、この日が同ホール改修前最後の放送となった[注 42]
    • 【教養・バラエティ】TBS系火曜19時枠の『この差って何ですか?』(2015年4月 - )が、この日放送の2時間スペシャルをもって終了、約6年の歴史に幕[注 43][138]
  • 3日(2日深夜)・10日(9日深夜)- 【お笑い・関東広域圏】フジテレビ他で深夜枠に放送の志村けんザ・ドリフターズ、2020年没)冠番組志村友達』(イザワオフィス制作)の両日ゲストとして優香(タレント・女優)が出演。かつて志村と共演した優香が出演したのは約5年ぶり[139][140]、且つ志村没後初となった[注 44]。→3月24日も参照
  • 4日
  • 5日12日19日 - 【情報】日本テレビ系『ZIP!』ではこの月、番組開始10周年そして初代総合司会・桝太一(日本テレビアナウンサー)の卒業(後述)に花を添えるべく、金曜日マンスリーパーソナリティとして、これまでに桝とコンビで司会を務めた歴代女性司会者3名(関根麻里北乃きい川島海荷)が週替わりで出演。5日:川島(第3代[注 45])→12日:北乃(第2代[注 46])→19日:関根(初代[注 47])の順に登場した[144]
  • 5日
    • 【情報】NHK総合『あさイチ』の第2代女性司会を務めた近江友里恵(NHKアナウンサー、2018年4月より在任[注 48])が自身の退職(後述)に伴う有休取得のため、年度終了3週間前のこの日の放送[注 49]を以て卒業[145][146]。番組卒業については1日放送のエンディングで発表された[146]
    • 【バラエティ・芸能】TBS系の爆笑問題司会の芸能バラエティ番組『爆報! THE フライデー』(2011年10月 - )がこの日の2時間スペシャルを以て終了、9年半の歴史に幕[147][148]
    • 【地域報道・情報・近畿広域圏】毎日放送の平日夕方報道・情報番組『ミント!』(2019年4月 - )がこの日をもって僅か2年で幕[149]
  • 6日
  • 7日・13日 - 【ドキュメンタリー・社会貢献・関東広域圏・BS】フジテレビ(関東ローカル)およびBSフジ(2K・4K)にて、SDGs関連特番『地球HEROES 〜楽しく地球を救っちゃおう!!〜』と題する特別番組を放送。番組ではキャンペーン・アンバサダーを務めるファーストサマーウイカ(歌手・タレント)を中心に若者世代による環境問題解決への取り組みを伝えた。番組はフジテレビで7日(12時 - 14時)に生放送されたのち、13日にBSフジで再放送(15時 - 17時)[125]
  • 7日〜28日 - フジテレビ系
    • ・紀行・関東広域圏】日曜昼前の長寿グルメ紀行番組『くいしん坊!万才』(キッコーマン一社提供)では1か月に亘り、特別企画を実施。7・14日は「ノーカット!万才」と題し、番組本編の2分半[注 52]という尺で松岡修造(第11代リポーター、元・プロテニスプレーヤー、スポーツキャスター)がリモートで料理を教わり完成を目指した。続く21・28日は「松岡“旬造”のリモート×リポート」と題し、生産者から届いた旬の食材を松岡が料理法をリモートで教わりながら自ら味わった[154]
    • 【アニメ】日曜18時台の長寿アニメちびまる子ちゃん』で「4週連続!春のスペシャル月間」と題した特別企画を実施[155]。7日放送には神谷浩史(声優)、21日には梶裕貴(同)がそれぞれゲスト声優として参加した回を放送、14日には19時までの1時間SPを放送、ゲスト声優として伊集院光(タレント)が出演した。また、最終日となる28日をもって、1990年1月の放送開始以来ナレーションを務めていたキートン山田(声優)が自身の声優業引退に伴い、30年以上に亘るナレーションを引退[注 53][158][159][160]
  • 7日

3月第2週[編集]

  • 8日
  • 8日・15日 - 【バラエティ・近畿広域圏】毎日放送の長寿バラエティ番組『痛快!明石家電視台』(一部JNN系列局およびCS・GAORAでも放送あり)は2週に亘り「3時間生放送直前! 明石家電視台ヒストリー30年総まくりSP!」(前編・後編)と題して過去の番組の歴史を回顧する特別版を放送。スペシャルゲストとして歴代の番組アシスタント(初代・大桃美代子、2代・安井牧子、3代・武川智美、5代・松本麻衣子、6代・豊崎由里絵[注 56])が登場し、30年間の裏話などを明かした[172]
  • 10日 - 【情報・新潟県新潟テレビ21(UX、テレビ朝日系)平日午前枠の『にいがたLive!ナマ+トク』が26日の最終回(後述)を前にこの日、レギュラー放送に加えゴールデン枠で『にいがたLive!ナマ+トク ザ・ゴールデン』と題した1時間生放送特番を放送(19時 - 20時)。MC陣の大石悠貴大西遥香(いずれも同局アナウンサー)、大杉りさ(フリーアナウンサー)の他、ゲストとして高木善朗堀米悠斗(いずれもプロサッカー選手、アルビレックス新潟)、西村菜那子NGT48)らが出演した[173]。→3月26日も参照
  • 11日 - 【特番・災害・防災・編成】東日本大震災から10年を迎えたこの日、各局で関連の特別番組を編成した(NHK特集番組については上記参照)。
  • 12日 - いずれも【情報】
    • 【表現問題】日本テレビ系『スッキリ』のこの日の放送において、北海道の先住民であるアイヌ民族のドキュメンタリー作品を紹介した際に「アイヌの皆さんに対する不適切な表現を発した」として、この日の放送終了後に番組公式サイトにてお詫びを掲載[180]したほか、同日の『news every.』でもこの件で謝罪した[181]。一方、北海道アイヌ協会は翌13日、同局に対して経緯を説明するよう申し入れを行った[182]他、内閣官房長官加藤勝信も15日の記者会見で、12日に担当部署を通じて同局に厳重抗議したことを明らかにした[183]。これを受け、同局会長の大久保好男は18日、同じく会長を務める日本民間放送連盟(民放連)の定例会見において同問題について謝罪すると同時に「今後二度とこのような事態を起こさないために再発防止策を講じると共にアイヌ民族について広く伝える取り組みを行う」とした[184]
    • 【近畿広域圏】毎日放送の平日午後枠の看板番組だった『ちちんぷいぷい』(1999年10月 - )[注 60] がこの日をもって終了、21年半の歴史に幕[149]。最終週(8日 - 12日)の5日間は「“感謝”がテーマ★フィナーレウィーク」と題し、放送時間を17時50分まで(11日のみ、前述の報道特番『Nスタスペシャル』放送のため15時49分 - の2時間[185])に拡大・延長[186]して放送[149][187]。11日の放送では、番組開始から一貫して木曜レギュラーだった堀ちえみ(タレント・元歌手)が、2019年2月に自身の舌癌闘病による降板以来、2年1か月ぶりにスタジオへ生出演した[188][189][190]
  • 13日 -【スポーツ・ドキュメンタリー・人物】テレビ朝日ほかで、渋野日向子(プロゴルファー、サントリー所属)に密着取材し、この1年間の姿を追いかけたドキュメンタリー特番『独占密着!渋野日向子〜シンデレラが歩んだ432日〜』(11時 - 11時40分)を放送[191]
  • 13日・20日4月3日 - 【トーク・食】TBS系土曜23時台のグルメトーク番組『人生最高レストラン』(サントリー一社提供)が放送通算200回を記念して特別企画を実施。13日(199回)は矢部浩之(ナインティナイン)、200回到達となる20日はビートたけし(お笑いタレント・俳優・映画監督)、4月3日(201回)は本木雅弘(俳優)がそれぞれ登場[192][193]
  • 14日 - (13日深夜) 【スポーツ・関東広域圏】日本テレビ他で放送のサッカー情報番組『サッカーアース』(日曜未明〈土曜深夜〉不定期)は、この日の放送よりお笑いコンビ・ぺこぱサンミュージック所属)が新MCに就任[194]

3月第3週[編集]

3月第4週[編集]

  • 22日
    • 【ドキュメンタリー・人物・アニメ・映画】NHK総合『プロフェッショナル 仕事の流儀』のスペシャル版として、アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』(3月8日公開[注 68])の企画・原作・脚本・総監督を務めた庵野秀明(アニメーター・映画監督)に密着した『プロフェッショナル〜庵野秀明SP』をこの日19時30分 - 20時42分の枠で放送[227]。→4月29日も参照
    • 【情報・バラエティ】日本テレビ系『ヒルナンデス!』の月曜日レギュラーだった女性お笑いトリオ・森三中大島美幸村上知子黒沢かずこ、2013年4月より出演)がこの日の放送をもって、約8年出演した同番組を卒業した[228]
  • 23日
    • 【音楽】NHK総合の音楽番組『シブヤノオト』MCの渡辺直美(タレント、2017年4月より在任)が、4月から活動拠点をアメリカへ移すため、この日放送の『シブヤノオト 卒業ソングSPECIAL』(22時 - 23時14分)を最後に5年間出演した同番組を卒業[229]
    • 日本テレビ系
      • 【バラエティ・紀行・食】『火曜サプライズ』(2010年4月 - )がこの日放送の2時間SPを以てレギュラー放送終了、約11年[注 69]の歴史に幕[230][注 70]
      • 【報道】『news zero』サブキャスターの畑下由佳(日本テレビアナウンサー、2018年10月より在任)がこの日の放送をもって卒業[231]
    • 【バラエティ・実用・料理】テレビ朝日系『家事ヤロウ!!!』が「ネオバラエティ」水曜日枠から火曜19時枠に移動、ゴールデン枠に進出。移動初回は3時間SP(18時45分[注 13] - 21時48分)[232][注 71]
  • 24日
    • (23日深夜)【関東広域圏】フジテレビほか
      • 【トーク】『石橋、薪を焚べる』(2020年4月 - )が、この日の放送を以て1年間の歴史に幕[233]
      • 【お笑い】『志村友達』(イザワオフィス制作、2020年4月 - )がレギュラー放送終了。これにより『志村X』(1996年10月 - 1997年9月)以来24年半続いた同局系深夜の志村けんレーベルの番組が幕を下ろし、同時に他局も含め志村の冠番組は全て消滅となったが、今後は不定期特番へ移行して放送。→3月28日も参照
    • 【教養】NHK Eテレの又吉直樹ピース、小説家)冠司会の教養番組『又吉直樹のヘウレーカ!』(2018年4月4日 - )がこの日の放送を以て終了、3年の歴史に幕[234]
    • 日本テレビ系
    • 【情報】CBCテレビ制作・TBS系『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』の水曜レギュラーを2013年から務めていた女性お笑いコンビ・ニッチェ(江上敬子・近藤くみこ)がこの日の放送をもって卒業[238]
    • 【報道・経済】テレビ東京系『ワールドビジネスサテライト』に約10年間出演していた相内優香(テレビ東京アナウンサー、2010年6月より出演)が、水曜日の23時台最終日となるこの日で卒業[239]
  • 24日〜31日 - 【バラエティ・特番・東京都】TOKYO MX1『5時に夢中!』のスピンオフ番組として、平日17時台で『TOKYO MX感謝祭 オールスター大集合!春の夢中サミット』と題する特番を放送。MCはミッツ・マングローブ(女装家・タレント・歌手)が務めた[240]
  • 25日 - 日本テレビ系
  • 26日(25日深夜)〜4月2日(1日深夜) - 【お笑い・関東広域圏】日本テレビの深夜枠にて、1週間で4本のお笑い番組を放送する『真夜中のお笑いたち』を編成[242]。26日(25日深夜)放送の第1弾は芸人らが思い出の地で漫才を披露する『黄色いサンパチ』を放送[243][244]。その後、4月1日(3月31日深夜)に『コントミチ・笑う心臓』[245]と『ハネノバス』[246]の2番組、翌2日(1日深夜)の最終日に『コントミチ・ヤバいハートマーク』[247]がそれぞれ放送された。
  • 26日
    • (25日深夜)【バラエティ・紀行】テレビ朝日ほかで金曜未明(木曜深夜)に放送のマツコ・デラックス出演の『夜の巷を徘徊しない』(2020年10月 - )が終了。改題前の『夜の巷を徘徊する』(2015年4月 - 2020年9月)と合算して6年の歴史に幕[248][249]
    • NHK
    • 日本テレビ系
      • 【情報】『ZIP!』の初代総合司会を2011年4月1日の番組開始以来約10年間務めた桝太一(日本テレビアナウンサー)[255] と、第4代女性司会者を務めた徳島えりか(同、2019年4月より在任[注 75])が卒業[144][256]、同時に番組開始以来10年間使用されたをベースとしたタイトルロゴ[注 76]も同日放送をもって役目を終えた[257]
      • 【情報】『スッキリ』のMC陣のうち、近藤春菜ハリセンボン、2016年3月より在任)[258] と水卜麻美(日本テレビアナウンサー、2017年10月より在任)の両名が卒業[255]
      • 【情報・バラエティ】『ヒルナンデス!』の男性アシスタントを3年半務めた梅澤廉(日本テレビアナウンサー、2017年10月より在任)[259]、金曜レギュラーの河北麻友子(番組開始から2012年3月までは水曜隔週、2012年4月から2013年3月までは金曜隔週、同年4月より毎週金曜出演)がそれぞれ番組を卒業[260]
      • 【スポーツ】プロ野球公式戦がこの日開幕、同系地上波では「読売ジャイアンツ(巨人)×横浜DeNAベイスターズ」(東京ドーム)を17時50分より生中継[注 77][注 78]( - 21時24分[注 79]。CS・日テレジータスでも試合終了まで放送)。
    • TBS系
    • テレビ東京系
    • 【情報】フジテレビ系
      • めざましテレビ』で7代目女性メインキャスターを5年間務めた永島優美(フジテレビアナウンサー、2016年4月より在任)が、この日の放送を以て卒業[265]
      • 1999年4月1日に開始した小倉智昭司会の『情報プレゼンター とくダネ!』がこの日を以て終了、約22年、延べ5646回に亘る放送の歴史に幕[266][267]
    • 【情報・地域報道・地域別】日本テレビ系のローカル局編成番組
    • 【情報・福島県】テレビユー福島(TUF、TBS系)平日午前枠の『げっきんチェック』(2015年3月 - )は、この日の放送を最後に6年間の歴史に幕[271]
    • 【情報・新潟県】新潟テレビ21『にいがたLive!ナマ+トク』(2015年10月 - )はこの日を以て5年半の歴史に幕[272]。→3月10日も参照
  • 27日
  • 28日

3月最終週[編集]

  • 29日
    • (28日深夜)【スポーツ】TBS系深夜枠のサッカー情報番組『スーパーサッカー』(1993年4月 - )[注 85]が、この日の放送をもって28年間の歴史に幕[218][302][303]
    • 【改編】NHK、新年度編成をこの週より開始。
    • 日本テレビ系
      • 【報道】早朝枠の『Oha!4 NEWS LIVE』(日テレNEWS24制作)は新年度よりリニューアル。開始時刻を30分繰り下げて放送時間が4時30分 - 5時50分に変更され、またタイトルロゴとテーマ曲も一新した上、日本テレビ女性アナウンサーが務めるメインキャスター陣も前週まで金曜担当だった岩田絵里奈(2019年10月 - )の『スッキリ』転出に伴い、月曜:佐藤真知子(新規加入)、火曜:忽滑谷こころ、水曜:後呂有紗、木曜:佐藤梨那、金曜:杉原凜とシフト変更を実施[313]
      • 【情報】『ZIP!』が番組開始10周年を機にリニューアル、第2代総合司会、且つ第5代女性司会者として、水卜麻美(日本テレビアナウンサー)が就任[255]。同時にタイトルロゴもブルーピンクを基調としたリボンをイメージしたものに一新[257]。なお、前総合司会の桝太一(同)の後任の男性司会者は配置しない[注 86]。また、各曜日のパーソナリティについては月曜の風間俊介(俳優)と火曜の山下健二郎三代目 J SOUL BROTHERS)は続投、金曜の吉田沙保里(元レスリング選手)が木曜に異動となり、水曜には濱家隆一(かまいたち)が新たに登板、金曜は1か月交代でゲストを迎えることとなった[314]
      • 【情報】『スッキリ』も番組開始15周年を機に一新、司会陣に岩田絵里奈(日本テレビアナウンサー)が新たに加入[255]。また金曜日ニュース担当が徳島えりか(同)に交代。
      • 【バラエティ】午後枠の『ヒルナンデス!』は、新しい男性アシスタントとして篠原光(日本テレビアナウンサー)が加入[259]
    • テレビ朝日系
    • 【情報】TBS系
      • 平日早朝枠『はやドキ!』では、月曜日のスポーツ・エンタメ担当キャスターとして國學院大學在学の現役女子大学生を起用[321]
      • 【バラエティ】平日朝8・9時台に新生活情報バラエティ番組『ラヴィット!』を放送開始。司会は川島明(麒麟)と田村真子(TBSアナウンサー)が務める。また制作もこれまでの情報制作局からコンテンツ制作局バラエティー班に部署変更[322][323]
      • 【長崎県】平日午後枠の『ゴゴスマ -GO GO!Smile!-』(CBCテレビ制作)がこの日より長崎放送(NBC)で新たにネット開始。前述の毎日放送に続いて月内で2局連続、最大24局ネットとなる[324]
    • 【報道・経済】テレビ東京系
      • 早朝枠の『ニュースモーニングサテライト』は、この週からメインキャスターが前週までの佐々木明子秋元玲奈(共にテレビ東京アナウンサー)から塩田真弓(同局報道局キャスター)と相内優香(同局アナウンサー)に交代、ニュース解説担当として豊島晋作(同報道局記者)が新加入[325]
      • 夜枠の『ワールドビジネスサテライト』は、この日の放送から月 - 木曜の放送時間が従来より1時間繰り上がり、放送枠が22時 - 22時58分となる(BSテレ東は23時 - 23時58分のサイマル放送)。これに合わせてキャスター陣の人事も一部変更が行われ、メインキャスターが佐々木明子(テレビ東京アナウンサー)と大江麻理子(同局報道局キャスター)の2人体制に、フィールドキャスターは1月から出演している田中瞳(同局アナウンサー)が続投し、新たに角谷暁子(同)が加わりこれも2人体制となる。経済解説には原田亮介日本経済新聞社論説主幹)、滝田洋一(同社論説委員)、山川龍雄日経ビジネス編集長)の3名がローテーション登板する[326]。さらに、最終ニュース枠としては初めてリアルタイム字幕放送にも対応する[327]
    • 【情報】フジテレビ系
      • 『めざましテレビ』がこの日よりリニューアル、出演者のシフト変更を実施。8代目女性メインキャスターには前週までニュース担当サブキャスター(月・火・金曜)を務めた井上清華(フジテレビアナウンサー)を起用、また生田竜聖(同)がメインに昇格し三宅正治(同)、井上、生田の3人メイン体制となる[328]
      • 『とくダネ!』の後番組となる新情報番組『めざまし8』を放送開始。司会は谷原章介(俳優)と永島優美(フジテレビアナウンサー)が務め、また『とくダネ!』に出演していた天達武史(気象予報士)も引き続き出演する[265][329]
    • 【情報・近畿広域圏】
      • 【地域報道】毎日放送にて『ちちんぷいぷい』・『ミント!』両番組の後継として、新たな情報ニュースワイド番組『よんチャンTV』(月 - 金曜、15時40分 - 19時)を放送開始。総合司会を河田直也、ニュースキャスターを大吉洋平(いずれも毎日放送アナウンサー)がそれぞれ務め、アシスタントは野嶋紗己子(毎日放送アナウンサー、月 - 木曜)と玉巻映美(同、金曜)が務める[281]
      • 【バラエティ】関西テレビの平日午後枠で新情報バラエティ番組『2時45分からはスローでイージーなルーティーンで』(月 - 金曜、14時45分 - 15時45分)を放送開始。MCは見取り図(月曜)、アキナ(火曜)、ゆりやんレトリィバァ(木曜)、ミルクボーイ(金曜)がそれぞれ務め、水曜は週替わりで話題の芸人やタレントが務める。なおアシスタントは谷元星奈(月・火曜)、川島壮雄(水 - 金曜)と同局アナウンサーが担当[330][331]
    • 【地域報道・情報】キー局・準キー局以外のローカル局編成番組
    • 【報道・経済・BS】BSテレ東(2K・4K)平日夜枠の『BSニュース 日経プラス10』は上記の『WBS』の放送時間変更に連動する形でこの日の放送より月 - 木曜の放送時間を20時54分 - 21時54分に変更すると共に、タイトルも『日経ニュース プラス9』へ改題。メインキャスターとして榎戸教子(フリーアナウンサー)が前番組から続投、新たに山川龍雄(日経ビジネス編集長)と坂本英二(日本経済新聞論説委員)が加わり、フィールドキャスターを岸本好正(テレビ東京経済キャスター)が務める。またテレビ東京アナウンサーがニュースを担当し、コーナー企画にはトラウデン直美(ファッションモデル・タレント)、池上彰(ジャーナリスト)らが随時登場する[344]
  • 30日
    • (29日深夜)【スポーツ】テレビ東京系のスポーツニュース『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』平日版のうち、月 - 木曜はこの日の放送(0時 - 0時5分[注 89])より5分に短縮(月 - 木曜23時55分 - 0時、金曜は従来通り23時58分 - 翌土曜0時12分)。
    • NHK
      • 総合テレビ
        • 【情報】平日朝枠の『あさイチ』はこの日より3代目女性司会者として鈴木奈穂子(NHKアナウンサー)が就任[145][304]
        • 【地域報道】平日午後枠の『列島ニュース』の放送時間を13時5分 - 13時55分に拡充[201][203]
        • 【報道・情報】夕方枠の『ニュース シブ5時』は、新年度より月 - 木曜の週4日放送に変更[201]
        • 【ドキュメンタリー・人物】『プロフェッショナル 仕事の流儀』のこの日の放送では、志村けん(2020年没、享年70)の一周忌に因み「志村が最後に見た夢〜コメディアン・志村けん〜」と題し、最期までコメディアンとしての姿勢を貫いた志村の晩年と関係者による証言、そしてNHKに残る秘蔵映像から、志村の"笑いの流儀“について迫った[345][346]
      • 総合テレビ・BS
        • 【情報・トーク】BS放送番組宣伝広報・トーク番組『BSコンシェルジュ』の放送日時を移動(総合:火曜 11時5分 - 11時30分、BS1:火曜 14時 - 14時25分、BSプレミアム:水曜〈火曜深夜〉4時35分 - 5時)[203]、司会も丘みどり(歌手)と岡田結実(女優)による隔週交代制に[347]
        • 【放送枠・4K】総合テレビ・BS4Kにて、月 - 木曜14時枠に2波同一番組を編成する「総合・BS4K同時放送ゾーン」を新設[201][203]
      • 【ドキュメンタリー・4K】BSプレミアム・BS4Kにて新年度より毎週火曜日に、現在の『NHKスペシャル』の前身である『NHK特集』(総合、1976年 - 1990年)を4Kレストア版として再放送開始、18時10分 - 19時に同時放送。また、上述の『プロフェッショナル』の前番組として放送されていた『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』(総合、2000年 - 2005年)も4Kレストア版で再放送開始、21時 - 21時43分の枠で同時放送( - 9月14日)[348]
    • 【バラエティ】テレビ東京系の火曜23時台(23時6分 - 23時55分)にてビートたけし・国分太一TOKIO)のコンビによる新番組『23時の密着テレビ「レベチな人、見つけた」』を放送開始。たけし・国分ともに『ニッポンのミカタ!』(26日終了)から続投[264]
    • 【スポーツ】フジテレビ系にてこの日、1年4か月ぶりに再開の2022 FIFAワールドカップ・アジア2次予選の日本代表初戦として行われた「日本×モンゴル」(千葉フクダ電子アリーナ)を生中継した(19時 - 21時24分)。
  • 31日

4月[編集]

4月1日[編集]

  • (3月31日深夜)【バラエティ】テレビ東京系『青春高校3年C組』(3月16日放送終了)のスペシャル版として『青春高校3年C組〜最終回SP〜卒業式完全版&ラストLIVE』をこの日0時 - 1時10分の枠で放送し、『青春高校』シリーズの3年間の歴史に完全終幕[360]
  • 【改編】NHK[201][203]
  • テレビ東京系
    • 【アニメ】木曜18時台アニメ枠(17時55分 - 18時25分)にて、武井宏之の漫画を原作とし、2001年7月 - 2002年9月までXEBEC制作で同局で放送された『シャーマンキング』が、新作テレビアニメとして放送開始(ブリッジ制作)。主人公「麻倉葉」役が佐藤ゆうこ日笠陽子に交代する以外、主要登場人物のほとんどの担当声優が旧作アニメから続投する[366]
    • 【教養・バラエティ・健康】『主治医が見つかる診療所』の第5代アシスタントとして福田典子(テレビ東京アナウンサー)が就任[367]
    • 【トーク・経済】『日経スペシャル カンブリア宮殿』は、前述の『ワールドビジネスサテライト』の金曜以外での放送枠変更に伴い、この日より22時台→23時6分 - 23時55分枠へと1時間6分繰り下げ移動・縮小[368][369]
  • 【地域報道・情報・北海道】北海道テレビの早朝枠情報番組『イチモニ!』は、この日より田口彩夏森唯菜の両新人アナウンサー(同日入社)が加入、毎週水・木曜の気象情報を担当する[333]
  • 【地域情報・長野県】テレビ信州(TSB、日本テレビ系)の夕方枠ローカル情報番組『ゆうがたGet!』はこの日より新年度のリニューアルを実施。MCに育児休業明けの松井美幸(TSBアナウンサー)[370]、3月まで『news every.信州』のキャスターを務めていた藤原里瑛(同)[371]を起用。
  • 【東京都】TOKYO MX
    • 【報道】平日朝7時枠新報道・情報番組『堀潤モーニングFLAG』を放送開始。メインキャスターは前番組に引き続き堀潤(ジャーナリスト、元NHKアナウンサー)を、サブキャスターには田中陽南(MXアナウンサー)をそれぞれ起用、コメンテーターには“Z世代”と言われる若者たちが登場、気象情報は久保井朝美中村美公(共に気象予報士)が担当する[352]
    • 【情報】17時枠『5時に夢中!』(群馬テレビ他へも同時ネット)の新メインMCとして、垣花正(フリーアナウンサー)が、この日より『バラダン』から異動する形で就任[357][354]
    • 【情報・バラエティ】21時枠『バラいろダンディ』の新メインMCとして、ふかわりょう(タレント、月 - 木曜担当)と原田龍二(俳優、金曜担当)が、『5時夢』から異動する形で、それぞれ就任[353][354][355]
    • 【地域報道】新年度よりローカルニュース(旧『TOKYO MX NEWS』)の統一タイトルを『MX news FLAG』に改題(平日昼2回、土曜昼)。また土・日曜夕方枠のニュースを『news FLAG サタデー』『news FLAG サンデー』とそれぞれ改める(前者は3日、後者は4日開始)。
  • 【改編・BS】
    • 【お笑い・演芸】BS朝日(2K・4K)木曜22時台の演芸番組『お笑い演芸館+』がリニューアルし『お笑い演芸館vs.』と改題し30分縮小、この日から放送開始。司会はこれまで通りナイツ塙宣之土屋伸之)が務め、毎週若手芸人3組が出演し、2組がバトルを展開する。
    • 【情報・経済】BSテレ東(2K・4K)木曜22時台にて経済情報番組『日経スペシャル マネーのまなび』を放送開始(22時 - 22時54分)[358][372]

4月2日[編集]

  • (1日深夜)【バラエティ】テレビ朝日系のかまいたち(濱家隆一・山内健司)冠番組『かまいガチ』が、前月までの「バラバラ大作戦」月曜第2部(火曜未明の放送)枠から金曜0時15分 - 0時45分(木曜深夜)に枠移動[249]
  • 【改編】NHK
    • 総合テレビでは、この日より金曜午後枠に大阪局(BK)発の新番組2本を開始。
      • 【情報・文化】14時台(14時5分 - 14時55分)には、京都の文化や歴史を全国に紹介する情報番組『京コトはじめ』を開始。司会は森田洋平(NHKアナウンサー)が務める[304][305]。なお放送開始に先立ち、3月12日の13時40分 - 14時にパイロット版を放送した。
      • 【報道・情報】夕方枠(16時50分 - 18時10分)に近畿地方のニュース・情報を伝える『ニュース きん5時』を開始。キャスターには武田真一(NHKアナウンサー)と石橋亜紗(同)が就任、気象情報担当には塩見泰子を起用[304][305]。なお放送開始に先立ち、3月5日の同時間帯にパイロット版を放送した[373]
    • Eテレ
  • 日本テレビ系
  • 【ドキュメンタリー・経済】テレビ東京系『日経スペシャル ガイアの夜明け』は、前月まで火曜22時枠で放送してきたが、前述している『ワールドビジネスサテライト』の金曜以外での放送枠変更に伴い、この日より金曜22時枠へ移動[368][369][377]
  • 【バラエティ】フジテレビ系金曜22時台(21時58分 - 22時52分)に、これまで『ダウンタウンなう』の1コーナーとして放送されていた松本人志(ダウンタウン)による『人志松本の酒のツマミになる話』を独立したレギュラー番組に昇格し放送開始[209][378][379]。なお同番組は松本の単独MCとなり、『ダウンタウンなう』に出演していた浜田雅功坂上忍は出演しない[209]
  • 【地域報道・近畿広域圏】関西テレビの平日夕方ニュース報道ランナー』にて、金曜日に中継コーナー「発見LIVE ワカコが行きます!」を新設。2021年入社の新人アナウンサー橋本和花子を起用[380]
  • 【地域報道・情報・広島県】広島テレビ放送(HTV、日本テレビ系)『テレビ派』は、この日より毎週金曜担当キャスターとして入社2年目の木村和美(HTVアナウンサー)を起用[381]
  • 【情報・地域別】5大系列のローカル局編成番組

4月3日[編集]

  • (2日深夜)
  • NHK総合
    • 【報道】『NHKニュースおはよう日本』(土・日・祝)の女性キャスターとしてこの日より川﨑理加(NHKアナウンサー)が就任[305]。また『NHKニュース』(正午、週末版)のシフトを変更、土曜を中山果奈、日曜を佐藤誠太(共にNHKアナウンサー)が担当[305]
    • 【お笑い・スポーツ】土曜22時台のスポーツニュース『サタデースポーツ』とお笑い番組『有田P おもてなす』の順番を交換、『有田P』を21時50分 - 22時20分、『サタデー〜』を22時20分 - 22時40分とする[201][203]。なお『有田P』は同日で放送100回を達成、記念すべきこの日のゲストに二階堂ふみ(女優)を迎えた。
    • 【音楽】『シブヤノオト』の放送枠を日曜未明(土曜深夜)→土曜23時台(23時10分 - 23時40分)に繰り上げ移動[201][203]。また渡辺直美の後任MCとして、川島明(麒麟)と土屋太鳳(女優)が新たに就任[390]
  • 日本テレビ系
    • 【情報】『ズームイン!!サタデー』が放送25周年を迎えるこの日、7代目総合司会に梅澤廉(日本テレビアナウンサー)が就任[259]
    • 【情報・バラエティ】昼枠に3時間生放送の新情報バラエティ番組『ゼロイチ』(10時30分 - 13時25分)を放送開始。メインMCを指原莉乃(タレント)が務め、レギュラーとして松丸亮吾(クリエイター)と石川みなみ(日本テレビアナウンサー)が出演[276]
    • 【バラエティ・動物】志村けん(2020年3月29日没、享年70)が園長(MC)を務めていた動物バラエティ『天才!志村どうぶつ園』(2004年4月 - 2020年9月)が志村の一周忌に合わせ『天才!志村どうぶつ園特別編 あれから1年…志村園長の蒔いた種が花開いたよ!スペシャル』として一夜限りで復活(19時 - 20時54分)。当時のレギュラー陣(相葉雅紀、山瀬まみハリセンボンタカアンドトシDAIGO、滝沢カレン)に加え、市村正親西島秀俊(共に俳優)、氷川きよし(歌手)、ISSADA PUMP)らが出演した[391]
  • 【報道】テレビ朝日系『ANNニュース(昼)』の土曜日担当が、前週までの本間智恵(テレビ朝日アナウンサー)から、産後育休から1年ぶりに復職した松尾由美子(同)に交代[392]
  • TBS系
  • 【スポーツ】テレビ東京系『追跡LIVE! Sports ウォッチャー』の土曜日放送時間を30分繰り上げ、22時30分 - 23時25分に移動[285]
  • 【バラエティ】フジテレビ系『さんまのお笑い向上委員会』では、この日の放送より2代目アシスタントとして久慈暁子(フジテレビアナウンサー)が就任[394]
  • 【近畿広域圏】
    • 【バラエティ】関西テレビ
      • 土曜13時枠のブラックマヨネーズ(小杉竜一・吉田敬)冠番組『ウラマヨ!』(一部地域ネットあり)は、前月までアシスタントを務めた高橋真理恵(同局アナウンサー)が産休入りしたことに伴い、この日より入社1年目の橋本和花子(同)を新アシスタントとして抜擢起用する[395]
      • かまいたち(濱家隆一・山内健司)冠番組『かまいたちの机上の空論城』が、放送時間を土曜未明(金曜深夜)→土曜17時台(17時 - 17時30分)へ移動[290][396]
    • 読売テレビ
  • 【バラエティ・北海道】
  • 【地域情報・岩手県】岩手朝日テレビの土曜午前枠自社制作新番組として『Go!Go!いわて』(7時30分 - 8時、9時30分 - 10時45分)[注 91]をこの日より放送開始。総合司会には天津木村(タレント)を起用、番組進行は石田瑠美子(IATアナウンサー)が担当する[401]
  • 【宮城県】
    • 【バラエティ】仙台放送(OX、フジテレビ系)土曜午前枠に新ローカルバラエティ『永野のわっしゃ!』(11時20分 - 11時50分)をこの日より放送開始。お笑い芸人の永野が宮城県内の企業・団体・個人などのお悩み相談や依頼に応えてあらゆることをプロデュースし、問題などの解決策を示していく[403]
  • 【地域報道・秋田県】秋田テレビ(AKT、フジテレビ系)土曜夕方のローカルニュースワイド『土曜LIVE!あきた』(17時55分 - 18時30分)は、新年度よりキャスターが武田哲哉(秋田テレビアナウンサー)から杉卓弥(同)に交代。サブの菅原咲子(同)は続投[404]
  • 【東京都】TOKYO MX1
    • 【教養・芸術】“劇場感覚で美術館を楽しむ”新番組『わたしの芸術劇場』(土曜 11時30分 - 11時55分)をこの日より放送開始。番組ナビゲーターには片桐仁(芸術家)を起用する[405][406]
    • 【バラエティ・娯楽】ゲーム実況をテーマに一般視聴者から動画を募集し、その作品をYoutubeなどで活動しているプロの動画配信者たちが評価し、忠言を与えるという新番組『遊戯配信 e-Stranger』(土曜 20時30分 - 21時)を放送開始。MCは狩野英孝(ピン芸人)とえなこ(コスプレイヤー)が務める[407][408]
  • 【新潟県】NST新潟総合テレビ(フジテレビ系)
    • 【地域情報】土曜午前枠情報番組『八千代コースター』は新年度より放送時間を5分延長して10時25分 - 11時20分の55分番組へ。また司会陣も前週まで務めた杉山萌奈(NSTアナウンサー)に代わり、新たに桶屋美圭(同)が加入。またマッスル坂井(プロレスラー)がリングネームを「スーパー・ササダンゴ・マシン」に変更した為、番組でもこの名義で出演する[409]
    • 【バラエティ】新潟周辺のYouTube動画とその配信者を発掘する動画バラエティ番組『潟ちゅーぶ』(11時20分 - 11時35分)が放送開始。MCをチカコホンマ(吉本興業新潟在住芸人)と杉山萌奈(NSTアナウンサー)が、ナレーションは越後屋ときな(新潟在住のYouTuber)がそれぞれ務めている[410]
  • 【地域情報・バラエティ・長野県長野放送(NBS、フジテレビ系)の土曜夕方枠ローカルバラエティ『土曜はこれダネッ!』は、新年度初週のこの日より、気象情報担当キャスターとして2021年度入社の新人アナウンサー・吉岡麗が新たに就任[411]
  • 【情報・地域報道・大分県】テレビ大分の土曜午前枠で、『ハロー大分』の後継となる地域報道情報番組『サタデーパレット』(9時55分 - )がこの日から放送開始。
  • 10日 - 【スポーツ】NHK総合・BS8Kにて、2021東京オリンピック及びユニバーシアード競泳日本代表選手選考会を兼ねて行われる『第97回競泳日本選手権』(江東区辰巳東京アクアティクスセンター)の模様を連日生中継。

4月4日[編集]

  • NHK
    • 総合テレビ
      • 【音楽】この日より原則隔週の日曜4時30分 - 5時に総合音楽番組『はやウタ』を放送開始。司会は井上芳雄(俳優)と保里小百合(NHKアナウンサー)が務める[412]
      • 【報道・トーク・政治】『日曜討論』(ラジオ第1と同時放送)の女性司会者が3月までの中川緑(NHKアナウンサー)に替わり、この日から井上あさひ(同)が登板[304][305]
      • 【情報・防災】日曜10時台に防災啓発番組『明日をまもるナビ』(10時5分 - 10時55分)を新設[201]。司会は塚原愛(NHKアナウンサー)が担当する[304]
      • 【ドキュメンタリー】日曜17時台にドキュメンタリー番組枠として『NHKドキュメンタリーセレクション』[注 92](17時 - 18時)を新設[201][203]
      • 【情報・国際】日曜18時台、新たな国際情報番組として『ニュース地球まるわかり』を放送開始[201]。司会は須田正紀(NHK記者)と小山径(NHKアナウンサー)を、リポーターには中山果奈(同)を起用[304]
    • Eテレ
  • 【音楽】BSプレミアム・BS4Kの音楽番組『The Covers』はこの月より新MCとして、モデル・女優の水原希子が加入[413]
  • 日本テレビ系では、前月まで『ZIP!』の総合司会だった2名が、新年度より日曜の番組の顔に転身する。
    • 【情報】『シューイチ』の司会陣に徳島えりか(日本テレビアナウンサー)が新加入[256]
    • 【報道】『真相報道 バンキシャ!』の新メインキャスターに桝太一(日本テレビアナウンサー)が就任[255]
  • 【バラエティ】テレビ朝日系
    • 【教養・娯楽】日曜午後枠で「世の中においてあまり調べたことがないものを、ギャンブルとしてしまう」異色の新番組『#ワンチャン賭けとくぅ?』(14時55分 - 16時15分)をこの日より放送開始。番組ではくりぃむしちゅー(お笑いコンビ)が司会(ブックメーカー)を務め、児嶋一哉アンジャッシュ)&柴田英嗣アンタッチャブル)コンビらパネラーがブックメーカーの予想を参考に賭けるというもの。なお開始前時点では『くりぃむの予想番組(仮)』だったため、放送中にタイトルが発表された[414]
    • 【教養・実用】日曜18時台の相葉雅紀冠番組『相葉マナブ』が放送9年目に突入、この日より放送時間を旧来の30分→1時間(18時 - 19時)に拡大。これに伴い、後続の『ナニコレ珍百景』は30分短縮、19時台(19時 - 19時58分)のみの放送となる[415]
    • 朝日放送テレビ制作『ポツンと一軒家』はこの日の放送より、キートン山田の後任ナレーターとして、声優の緒方賢一が就任[416]
  • 【バラエティ・食】TBS系『バナナマンのせっかくグルメ!!』の派生番組として、日曜朝6時枠で『バナナマンの早起きせっかくグルメ!!』(6時 - 6時45分)を新たに放送開始[417]
  • 【アニメ】フジテレビ系アニメ『ちびまる子ちゃん』のこの日の放送から、キートン山田の後任ナレーターとしてきむらきょうや(木村匡也、ナレーター)が就任[418]
  • 【地域別】テレビ朝日系(テレビ朝日以外の地方各局)
  • 【改編・BS】
    • 【情報・バラエティ】TBS他(地上波)にて31年間放送された『噂の!東京マガジン』がこの日から放送波をBS-TBS(2K・4K)に"移籍"、全国で放送開始。放送時間も地上波時代同様日曜13時台で、また総合司会の森本毅郎(フリーアナウンサー)らレギュラー陣も続投の他、人気コーナー『やって!TRY』なども継続[298]。BS初回放送となったこの日、番組冒頭で森本が笑いを交えつつ、新たな決意を表明した[421]
    • 【音楽】BSテレ東(2K・4K)の演歌専門番組『BS演歌の花道』が火曜19時台→日曜21時台へ枠移動[358]

4月5日[編集]

  • (4日深夜)
    • 【アニメ】NHK総合月曜未明(日曜深夜)0時10分枠にて『キングダム(アニメ第3シリーズ)』を放送開始[422][423]。同作は1年前の2020年4月6日に同枠で一旦放送開始されたが、コロナによる制作体制への影響で放送中断していた[注 93]ため、改めて第1話から放送開始となった。
    • 【スポーツ】TBS系『S☆1』がこの日より日曜(月曜未明〈日曜深夜〉0時 - )の放送時間を8分拡大、0時58分まで放送[303]
  • 【料理】日本テレビ系『キユーピー3分クッキング』(一部地域除く)のこの日の放送より新講師としてワタナベマキ(料理研究家)が就任[207]
  • 【報道・経済】テレビ東京系昼枠の経済ニュース・マーケット情報番組『昼サテ』は、同局女性アナウンサーによる担当キャスター制が3人制となり、月曜・水曜:狩野恵里、火曜・木曜:繁田美貴[424]、金曜:末武里佳子のシフトとなる。
  • 【バラエティ・教養】毎日放送制作・TBS系『教えてもらう前と後』がこの日より月曜22時枠へ移動[注 94][425]。初回は21時からの2時間SP。
  • 5大系列(キー局以外)および独立局
    • 【情報・近畿広域圏】朝日放送テレビ『おはよう朝日です』第1部では、この日の放送より鷲尾千尋(同局アナウンサー、2021年入社)が新人アナウンサーとして初のアシスタント就任[426]
    • 【地域報道・宮城県】東北放送の平日夕方ローカルニュース『Nスタみやぎ』は新年度この週より女性メインキャスターが交代。月 - 水曜:三浦菜摘、木・金曜:増子華子(ともに同局アナウンサー)がそれぞれ新規登板[427]
    • 【地域情報・長野県】長野放送(NBS、フジテレビ系)の平日午後ローカル情報番組『ふるさとライブ』はこの週より新年度体制へ移行。前週までメインキャスターを務めていた汾陽美樹(同局アナウンサー)が産休入りしたことにより、新メインキャスターに2021年度入社の新人アナウンサー・尾島早都樹が同日放送より就任[428]
    • 【情報・神奈川県】テレビ神奈川の午後枠ワイド情報番組『猫のひたいほどワイド』はこの週より新年度体制へ移行。MC陣に細貝圭(俳優、月曜担当)、鎌苅健太(同、火曜担当)が新たに加入、また番組内ユニット「猫の手も借り隊」メンバーも一部変更[429]
  • 【改編・BS】

4月6 - 10日[編集]

4月11日 - 15日[編集]

  • 11日
  • 12日
    • NHK
      • 【アニメ】Eテレの月曜22時50分 - 23時15分枠にて、大今良時原作の漫画をアニメ化した『不滅のあなたへ』を放送開始[467]。当初2020年10月より放送開始予定だったのが、延期されていた[468]
      • 【紀行】BSプレミアム・BS4Kにて年2シーズン放送の紀行番組『にっぽん縦断 こころ旅』(旅人:火野正平〈俳優〉)の「春の旅」をこの日から放送開始( - 7月16日、予定)。当初は3月29日から放送する予定だったが、コロナ緊急事態宣言の影響により延期となっていた[469]
    • TBS系
      • 【スポーツ・情報】この日早朝より「第85回マスターズ・トーナメント」(アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ジョージア州)最終日を中継。また松山英樹(日本・LEXUS)がアジア人かつ日本人選手として初の大会優勝を果たしたことから、TBSサイドはゴルフ中継を8時47分まで延長して表彰式や優勝インタビューの模様を伝えた。このため『ラヴィット!』の放送開始を通常より50分遅らせて8時50分からとした[470]
      • 【バラエティ】『アイ・アム・冒険少年』が、この日より月曜21時台→19時台へ繰り上げ移動[425][471]。移動初回は3時間SP( - 22時)。
    • 【情報・紀行・近畿広域圏】朝日放送テレビにて毎週月曜午後枠に、新情報・紀行番組『TOKIO城島 ほのぼの茂』(13時45分 - 14時45分)を放送開始。TOKIOリーダーの城島茂(タレント・俳優、株式会社TOKIO社長)の冠番組で、50歳以上のシニアを対象にしたライフプラン提案を主眼とする[472]
  • 13日
    • (12日深夜)【スポーツ・近畿広域圏】関西テレビのスポーツバラエティ番組『こやぶるSPORTS』が、上述の『かまいたちの机上の空論城』の枠移動に伴い土曜夕方→火曜未明(月曜深夜)枠へ移動、タイトルも『こやぶるSPORTS超(スーパー)』に改題・リニューアル、この日より放送開始(移動初回は0時50分 - 1時20分)。
    • 【バラエティ】火曜19時台の新バラエティ2本がこの日より放送開始。
      • 【食】日本テレビ系で『火曜サプライズ』の後番組として、中京テレビ制作で過去2回特番として放送され人気を博したグルメバラエティ『ウマい!安い!おもしろい!全日本びっくり仰店グランプリ』をレギュラー化し、タイトルを『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』として放送開始。MCをヒロミ、進行を小峠英二バイきんぐ)が務める[473]
      • 【音楽】TBS系では、前年8月に特番として放送され好評を博した、音楽ゲームをアトラクション化した番組『オトラクション』をレギュラー化して放送開始。MCは西川貴教T.M.Revolution、歌手・俳優)と霜降り明星(せいや粗品[138][471][417]。初回は2時間SP(19時 - 20時57分)。
  • 14日

4月16日 - 20日[編集]

  • 16日
    • (15日深夜)【紀行】日本テレビ系で3月まで金曜23時枠で放送されていた『アナザースカイII』が未明(木曜深夜)0時59分枠へ移動、タイトルを『アナザースカイ』と再変更して新装開店[376][475]
    • 【クイズ・バラエティ】TBS系金曜19時枠で、2004年 - 2005年に深夜枠でレギュラー放送され、前年特番として3回放送された『オオカミ少年 Lie or Truth』を16年ぶりにレギュラー化、且つゴールデン枠に進出し放送開始。司会は第1期レギュラー及び特番から務める浜田雅功(ダウンタウン)、アシスタントは日比麻音子(TBSアナウンサー)が昨年の特番から引き続き務める[417][476]
  • 17日
    • 【バラエティ・関東広域圏】テレビ朝日土曜15時30分 - 16時枠で、なにわ男子関西ジャニーズJr.)が出演の『まだアプデしてないの?』を放送開始[477][478]
    • 【トーク・追悼・BS】BSフジ(2K・4K)の15時 - 16時54分枠で、当初の予定を変更し[注 102]、4日に死去した橋田壽賀子の追悼特別企画として、ジャーナリストの池上彰と静岡県熱海市の橋田の自宅で対談し、2018年3月18日に放送された『池上彰×橋田壽賀子〜人生100年時代 人はどう生き、どう死ぬべきですか?〜』[注 103]を再放送[480]
  • 18日
  • 19日
    • (18日深夜)【トーク・経済・近畿広域圏】毎日放送で月1回、月曜未明(日曜深夜)枠で新経済トーク番組『TOKIOテラス』を放送開始(1時20分 - 2時20分)。同番組ではホストの国分太一(TOKIO)と急成長企業のトップがビジネストークを展開する[486]
    • 【音楽】TBS系月曜夜の『CDTVライブ!ライブ!』が放送時間を22時→21時枠へ繰り上げ移動[217][425][471]、初回は19時からの3時間SP。
  • 20日

4月21日 - 26日[編集]

  • 21日
  • 22日 - 【音楽】NHK総合『SONGS』ではこの日「筒美京平スペシャル」と題して、数多くのヒット曲・名曲を世に送り出した作曲家・筒美京平(2020年10月7日没、享年80)の音楽作品を特集。生田絵梨花乃木坂46)、郷ひろみ(歌手)、斉藤由貴(歌手・女優)、JUJU(歌手)、NOKKO(歌手、元REBECCA)が出演し、筒美の名曲を披露した[492]
  • 23日
    • 【報道・政治】NHK総合ではこの日、東京都と関西3府県(京都府・大阪府・兵庫県)の4都府県への第3回コロナ緊急事態宣言の発出(4月25日 - 5月11日)決定を受け、内閣総理大臣・菅義偉による記者会見の特設ニュースを19時57分 - 20時45分の枠で放送した。なお、このニュースの関係で休止した『チコちゃんに叱られる!』は翌24日朝8時15分 - 9時に移動して放送された[注 105]
    • 【バラエティ・トーク】テレビ朝日系『マツコ&有吉 かりそめ天国』はこの日2時間SPで放送(20時 - 21時48分)。同日の放送では、前身番組の『マツコ&有吉の怒り新党』(2011年 - 2017年)に総裁秘書(アシスタント)役でレギュラー出演していた夏目三久(フリーアナウンサー、元日本テレビアナウンサー)がゲスト出演、番組MCの一人である有吉弘行と結婚後初の共演が実現した[493]。→「その他テレビに関する話題」も参照
    • 【お笑い】フジテレビ系金曜20時台にて、チョコレートプラネット霜降り明星(以上、吉本興業所属)、ハナコワタナベエンターテイメント所属)の3組によるコントバラエティ『新しいカギ』を、この日よりレギュラー放送開始[102]。レギュラー初回は2時間SP(20時 - 21時58分[注 106])で放送された[494]
    • 【バラエティ・事故】この日午後、TBS系『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』のバイクツーリング企画のロケ中に、お笑いコンビ・納言薄幸が運転していたバイクがバランスを崩して転倒し、右鎖骨を骨折する事故が発生。これを受け同局は「大変申し訳ない。一日も早い回復を願うと同時に番組制作上の安全管理を徹底する」とコメント[495]。また薄幸自身も翌24日に自身のTwitterで事故を謝罪。なお入院はしておらず、24日のテレビ番組収録には右腕を包帯で吊った状態で参加した[496]
  • 24日 - 【バラエティ・近畿広域圏】NHK大阪(BK)制作、総合テレビ(近畿2府4県)にて「関西愛」をテーマにしたローカルバラエティ『関西"愛"認定バラエティー ちゃうんちゃう?』をこの日より放送開始(月1回、土曜20時15分 - 20時45分)。司会は村上信五(関ジャニ∞)が務める[306]
  • 25日 - 【追悼】NHK[453]

4月26日 - 30日[編集]

  • 28日 - 【教養】NHK総合で月1回放送のビートたけし冠教養番組『たけしのその時カメラは回っていた』は、レギュラー放送2年目に入るこの月より土曜日→水曜日へ移動して放送(毎月最終週、19時30分 - 20時15分)。移動初回は「ニッポンの旅行」がテーマで、また同日より、第1回放送から出演していたカズレーザーメイプル超合金)に替わり劇団ひとり(お笑いタレント・俳優・文筆家)が新レギュラーとして加入[498]
  • 29日
    • 【ドキュメンタリー・人物】NHK
      • 【スポーツ・追悼】総合テレビで『あの日 あのとき あの番組』スペシャルとして、3月24日に死去した柔道家・古賀稔彦(53歳没)を偲び『古賀稔彦さんが遺したもの〜平成の三四郎からのメッセージ〜』(13時50分 - 15時)を放送。オリンピック3連覇の野村忠宏と元祖"女三四郎"の山口香の柔道家2名がゲスト出演した[499]
      • 【アニメ・映画】BS1では『BS1スペシャル』にて、庵野秀明(アニメーター・映画監督)に密着したスペシャルドキュメント『さようなら全てのエヴァンゲリオン〜庵野秀明の1214日〜』(20時 - 20時50分・21時 - 21時50分)を放送。同特集は3月22日に総合テレビで放送した『プロフェッショナル 仕事の流儀 庵野秀明SP』の拡大版として、総合テレビ未放送映像やインタビューを追加し、前・後編2部に亘って構成した[500]。→3月22日も参照
    • 【お笑い・追悼・近畿広域圏】毎日放送で、18日に死去した喜劇役者・チャーリー浜吉本新喜劇メンバー、タレント。78歳没)の追悼特番『天国じゃあ〜りませんか』を放送(11時 - 11時30分)。スタジオには吉本新喜劇座長の小籔千豊(タレント)と川畑泰史すっちーを始め、盟友の池乃めだか未知やすえ末成映薫が出演、その他の新喜劇座員もリモート出演した[501]
  • 30日 - 【バラエティ・教養】NHK総合『チコちゃんに叱られる!』は72分の拡大版SP(19時30分 - 20時42分、再放送:5月4日8時15分 - 9時27分)として、黒柳徹子(司会者・タレント・女優)をゲストに迎え「チコちゃんにトットちゃんがやってきた!スペシャル」と題して放送。ゲストにはこの他ディーン・フジオカ(モデル・俳優・シンガーソングライター)も出演した[502]

5月[編集]

5月上期[編集]

  • 1日
    • 【報道・災害】この日10時27分頃、宮城県沖を震源とする最大震度5強の地震が発生。NHK総合では放送中の『日本人のおなまえ』(再放送)を10時29分で中断し、11時24分まで緊急ニュースを放送[503]、正午枠の『NHKニュース』も12時45分まで拡大して地震関連ニュースを放送(同日放送の『バラエティー生活笑百科』〈BK制作〉を休止)した。また、TBS系でも『王様のブランチ』(一部地域を除きネット)を一時中断してニュースを伝えた[504]
    • 【スポーツ・公営競技・健康問題】BS11BSイレブン競馬中継 SATURDAY』(土曜)の司会を務める皆藤愛子(フリーアナウンサー)が体調不良のためこの日の放送を休演[505]。その後、15日に皆藤自身から「突発性難聴と診断され、治療のため当面の間の休養が必要となった」ことが報告された[505]。なお、皆藤の休養を受け『〜SUNDAY』(日曜)総合司会の東幹久(俳優)が同日より土曜版司会の代打も務め、土日連投という形で出演していた[505]。その後9月11日の放送より復帰[506]
  • 1日・2日 - 【スポーツ】バレーボール日本代表の国際親善試合で、東京オリンピックのテストマッチとなる『東京チャレンジ2021・日本VS中国』(1日:女子、2日:男子。東京・有明アリーナ)を、TBS系(1日、18時51分 - 21時10分)とフジテレビ系(2日、19時 - 21時40分)[507]でそれぞれ生中継[注 108]
  • 3日
    • 【紀行・情報】NHK総合で3月18日まで放送されていた『世界はほしいモノにあふれてる』がレギュラー終了後初の特番[508]となる『世界はほしいモノにあふれてる 世界一周!アウトドアライフをめぐる旅』(22時 - 22時45分)を放送。MCはレギュラー版からJUJU(歌手)と鈴木亮平(俳優)が続投[509]。→3月18日も参照
    • 【お笑い】フジテレビ系にてこの日19時より、ザ・ドリフターズのコントバラエティ特番『ドリフ大爆笑2021』を放送(19時 - 21時[注 109])。3月28日の特番(→同日を参照)に続き今回も『ドリフ大爆笑』および『志村けんのバカ殿様』『志村けんのだいじょうぶだぁ』のコント映像を紹介。同日放送では『バカ殿様』の単体番組化以前に『大爆笑』で行った『バカ殿様』のコントを蔵出し放送した[注 110][510]
  • 4日 - 【音楽】NHK総合にてこの日、小田和正(シンガーソングライター)のライブ特番『小田和正 Tour 2018-19 ENCORE!! ENCORE!!』(2019年10月19日、BSプレミアムにて放送)を再放送(13時5分 - 15時4分)[511]
  • 5日 - 【お笑い】NHK総合で不定期放送のコントバラエティ『LIFE!〜人生に捧げるコント〜』が放送9年目を迎え、年4回、季節ごとの放送にリニューアル。第1弾は『LIFE!春』と題し、この日22時 - 22時45分の枠で放送された。 ホスト役の内村光良ウッチャンナンチャン)を中心としたおなじみの面々の他、毎回異なるメンバーが集結。今回は黒島結菜(女優)、後藤拓実四千頭身)、仲野太賀(俳優)、ゆりやんレトリィバァらが参加し、スペシャルコントを展開した[512]
  • 7日14日28日 -【報道・政治・編成】NHK総合では緊急事態宣言に関連する菅首相記者会見の模様を1か月間(21日を除く)金曜日夜に放送。7日は宣言延長を受け『ニュース7』を20時15分まで拡大し菅首相会見の模様を伝え、これにより19時台後半の各地域別番組(例:関東甲信越地区は『首都圏情報 ネタドリ!』)は45分繰り下げて放送。また14日も宣言対象区域追加を受け、19時57分 - 20時42分に菅首相会見の模様を緊急ニュースとして放送。同様に28日も宣言延長(6月20日まで)を受け、19時57分 - 20時42分に菅首相会見の緊急ニュースを放送した[注 111]。これにより3週とも金曜放送が休止となった『チコちゃんに叱られる!』はいずれも翌日朝8時15分 - 9時に移動して放送された[注 105]
  • 7日・14日 - 【映画・追悼・音楽関連】日本テレビ系『金曜ロードショー』では『タイタニック』(1997年公開、ジェームズ・キャメロン監督)を2夜連続で放送。なお14日(後編を放送)の番組オープニングは、前月に死去したトランペット奏者の数原晋への哀悼の意を表し、初代テーマ曲「フライデー・ナイト・ファンタジー」(ピエール・ポルト作曲・数原演奏、1985年 - 1997年)を放送した[513]
  • 8日 - 【音楽】NHK総合では『みんなのうた』放送60周年を記念し、特別番組『みんなのうた60フェス』をこの日、横浜神奈川芸術劇場(KAAT)[注 112]から生放送(19時30分 - 20時43分)[注 113]。同特番には石丸幹二古川雄大森山直太朗山崎育三郎(いずれも歌手・俳優など)、Foorin(キッズユニット)らが出演したほか、財津和夫(シンガーソングライター)もVTR出演し、番組を彩った数々の名曲を披露した。司会は井ノ原快彦と林田理沙(NHKアナウンサー)が務めた[514]
  • 9日16日 - 【演芸】日本テレビ系の長寿演芸番組『笑点』(1966年5月15日 - )が、番組開始55周年を迎え、これ記念してスペシャル企画を実施。9日の放送では6代目三遊亭円楽が特別大喜利の司会を務め、レギュラー出演者の着席位置もこれに合わせて通常と異なる形を採った。また16日の放送では大物スペシャルゲストとして松井秀喜(元プロ野球選手)が出演。この他にも55周年にちなんだ企画を行った[515][516]
  • 9日 - 【スポーツ】TBS系にてこの日、東京オリンピックのテストイベントとして行われた陸上競技大会『READY STEADY TOKYO』(国立競技場)の模様を生中継した(18時30分 - 21時)[517]
  • 11日
    • (10日深夜) - 【音楽・バラエティ・関東広域圏】日本テレビの火曜未明(月曜深夜)枠にてアイドルグループ・乃木坂46の4期生メンバーが昭和歌謡のカバーに挑戦する『乃木坂スター誕生!』が放送開始(1時29分 - 1時59分、一部地域遅れネットあり)。同番組では遠藤さくら田村真佑ら乃木坂46の4期生メンバーが昭和時代のヒット曲の歌唱に挑む。MCはお笑いコンビ・ぺこぱが務める[518][519]
    • 【編成】NHK総合でこの日に限り19時30分・22時の両番組の放送枠を交換(1月12日、2月4日に続き3度目)。19時30分 - 20時に通常22時台の『クローズアップ現代+』を、22時 - 22時27分に通常19時30分枠の『サラメシ』をそれぞれ放送した[520]
    • 【特番】フジテレビ系で毎年恒例だった長時間特別番組『FNSの日』(FNS27時間テレビ、1987年 - 2019年)について、フジテレビはこの日「このコロナ下の状況で系列各局の協力を得ての番組制作や、関係者のスケジュール調整などを含め放送するには安全管理上難しい」として、前年に続き、本年の放送も見送る方針であることを明らかにし[521]、翌12日に正式発表した[522]
  • 15日

5月下期[編集]

6月[編集]

6月上期[編集]

6月下期[編集]

  • 16日 - 【地域報道・宮崎県・BPO】NHK宮崎放送局(MG)の平日夕方ニュース『NHKニュース イブニング宮崎』で2020年11月20日に放送された放火殺人事件のニュースを巡り、被害者男性の親族が件の報道によって(男性の)尊厳を傷つけられたとしてBPOに申し立てた件で、BPOの放送人権委員会がこの日審理入りを公表[545]
  • 17日
    • 【表現問題・倫理問題】フジテレビ系で2月7日に『日曜ワンダー![注 123]枠で放送された『超絶! THE空中サバイバル』にて航空事故を扱ったコーナーの内容の一部について、読売テレビ(以下、ytv)制作・日本テレビ系で2016年と2018年に放送された『体感!奇跡のリアルタイム』の内容とほぼ酷似していたことが判明したことをこの日、フジテレビが発表。本件に関してフジはytvからの指摘を受けて番組内容を精査した上でytvに謝罪し、再発防止に努めることを表明した[546][547][548]こちらも参照)。
    • 【報道・編成】NHK総合ではこの日、9都道府県に出されていた緊急事態宣言の解除方針決定を受け『ニュース7』を45分拡大して放送した。このため同日の『所さん!大変ですよ』は20時15分 - 20時42分に繰り下げて放送したほか、同日休止した『日本人のおなまえ「青天を衝け ビビる大木がビビるSP!」』は翌週24日に繰り下げて放送した(これ以降、放送予定が1週ずつ繰り下げ)。
  • 18日 - 【報道・情報・特番・新社屋・兵庫県】サンテレビ(SUN、独立局)では新社屋への移転を記念して、17時より2時間の特別番組『NEWS×情報 キャッチ+「いつもあなたのお隣さん」おっ!引越しSP』を放送した。→「その他テレビに関する話題」5月31日、6月14日も参照
  • 19日 - 【トーク・バラエティ】NHK総合『今夜も生でさだまさし』(月1回、土曜夜〜日曜未明〈土曜深夜〉)はこの日熊本県熊本市から生放送を行う予定だったが、同県にコロナ蔓延防止等重点措置法が適用されていたため[注 124]安全面への配慮から中止とし、趣向を変えた特別編として『別冊生さだ いつもハガキをありがとう!』と題し、過去140回の放送を振り返る企画を中心に放送した(23時50分 - 20日1時22分)[549]
  • 20日 - 【スポーツ】フジテレビ系およびWOWOWプライムにて、19日(現地時間)に米国ネバダ州ラスベガスで開催のプロボクシングWBAIBF世界バンタム級統一世界王者井上尚弥大橋ボクシングジム[注 125]の王座防衛戦となる対マイケル・ダスマリナスフィリピンの旗 フィリピン、IBF世界バンタム級1位)戦を中継放送した(フジテレビ系:20時 - 21時[550]、WOWOWプライム:10時30分 - 15時〈衛星生中継〉[551])。
  • 24日27日 - 【スポーツ】東京オリンピックの陸上日本代表選考会「第105回日本陸上選手権」をNHK総合・BS1・BS8Kで連日中継放送した[552]
  • 25日 - 【バラエティ・不祥事・神奈川県】テレビ神奈川は、土曜日22時前半枠で放送の『水溜りボンドの○○いくってよ』について、出演者の一人が前日の24日に一部ウェブメディアにコロナ緊急事態宣言中だった18日に総勢31人に及ぶ飲み会に出席したと報道されたことを受け「番組を放送することは不適切である」と判断し、同番組の放送を当面の間休止とすることを番組公式サイトで発表した[553]
  • 27日7月1日 - 【追悼・ドキュメンタリー】4月30日に死去したジャーナリスト・ノンフィクション作家の立花隆(80歳没)を追悼して、NHK総合・Eテレにて『NHKスペシャル』『クローズアップ現代+』『ETV特集』から立花を特集した回をセレクトして再放送した[554]
  • 28日7月11日 - 【スポーツ】NHK総合にて[注 126]イギリスの旗英国ロンドン市ウィンブルドンで開催のテニスの国際大会「ウィンブルドン2021」を連日中継放送した[555]
  • 28日 - 【教養・バラエティ】関西テレビ制作・フジテレビ系『所JAPAN[注 127]の番組初代アシスタントを務めた谷元星奈(関西テレビアナウンサー、2018年10月より在任)がこの日を最後に卒業した[556]

7月[編集]

7月上期[編集]

7月下期[編集]

  • 16日17日 - 【スポーツ】テレビ朝日系にて両日、プロ野球『マイナビオールスターゲーム2021』(16日:メットライフドーム所沢市[注 138]、17日:楽天生命パーク宮城仙台市宮城野区[注 139])を生中継(両日とも18時 - 20時54分[注 140])。前年はコロナの影響で中止となり2年ぶりの開催、またテレビ朝日系列によるオールスター戦の独占中継放送は2014年より7年連続となった[597]。しかし第1戦(16日)の地上波放送が試合途中の20時50分で打ち切られ、地上波とのリレー放送となったBS朝日及び、地上波放送と並行放送していたCS放送・テレ朝チャンネル2でも21時までの放送となったことから、ネット上ではテレビ朝日の対応を批判する書き込みが相次いだ[598]
  • 16日 - 【報道・ドキュメンタリー】NHK総合『クローズアップ現代+』は通常放送のない金曜日であるこの日、19時30分より[注 141]『クローズアップ現代』(旧番組名)のタイトルで特別放送。同日は「カレー事件の子どもたち〜闇に追われた23年」と題して、1998年に発生した和歌山毒物カレー事件の関係者である死刑囚の家族の現在に焦点を当て特集した(19時30分 - 19時57分、ゲスト:森達也(ノンフィクション作家・ドキュメンタリー監督))。なお『クロ現』が通常放送日以外に編成されたのは7月だけで2例。→7月5日も参照
  • 17日 - 【音楽】TBS系にてこの日、夏恒例の大型音楽特番『音楽の日 2021』を8時間に亘り生放送(14時 - 21時54分、中断ニュースあり)[599]。なお同特番は3月11日にも放送されたため(同日も参照)、この年は2回の放送となった。
  • 20日 - 【芸術・教養・音楽関連】NHK Eテレでこの日午前に放送予定だった子供向けデザイン番組『デザインあ』と教養番組『JAPANGLE』について、NHKは同日、両番組の音楽楽曲を担当している音楽家の過去の不祥事を巡る問題の影響を考慮して放送を見送り、それぞれ別番組に差し替えた[600]
  • 21日 - 【情報・料理・活動進退】フジテレビ系平日昼前枠『ノンストップ!』(一部地域を除く)の料理コーナー「検索 きょうのおしゃレシピ」を2019年4月より2年3ヶ月担当した元アナウンサーの久代萌美(現・ネットワーク局勤務)[注 142]が同日を最後に番組を卒業すると共に、9年3ヶ月のアナウンサー生活を締め括った[601]。→「その他テレビに関する話題」7月1日も参照
  • 22日9月6日(5日深夜)予定 - 【編成】NHK総合で夏季集中特別編成として、NHKでこれまでに放送されたドラマ・ドキュメンタリーなどを深夜帯を中心に一挙再放送する特集企画『深夜のイッキ見!まつり』を実施。22日(同日は午後帯に編成)は東京五輪開幕の前日ということもあり『大河ドラマ いだてん〜東京オリムピック噺〜』(2019年)の総集編(前編・後編)を4部に亘って放送した。以後、連続テレビ小説エール』(2020年4月 - 11月)総集編(前・後編。23日〜24日未明)や現在放送中の同『おかえりモネ』の総集編(前編。25日未明(24日深夜))、『NHKスペシャル』『映像の世紀』『ドキュメント72時間』などが続く[602][603][604][注 143]。→8月14日~28日も参照
  • 23日 - 8月8日 - 【オリンピック2021年東京オリンピック(TOKYO2020)が開催[注 144]。NHK(BSプレミアムを除く)・民放各局(地上波、BS4K放送)にて競技中継・ハイライト番組を放送。開会式2日前(7月21日)から実施の競技(サッカーソフトボール予選など)よりNHK総合などで順次中継された。
  • 27日(26日深夜)〜8月3日(2日深夜) - 【スポーツ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系にて、夏の高校野球代表校を決める各地区予選大会決勝を伝えるハイライト番組『甲子園への道[注 145]を同日より全代表校決定まで連日放送。本年度番組キャスターは東留伽(朝日放送テレビアナウンサー)が務めた[605][注 146]
  • 28日29日 - 【音楽・芸能・イベント】BSテレ東(2K・4K)にて、五木ひろし(演歌歌手)のデビュー50周年[注 147]を記念したスペシャルコンサート『五木ひろし 50th Anniversary ITSUKIフェス』(5月12日・13日、LINE CUBE SHIBUYAにて収録)を2夜連続で放送(28日:17時58分 - 20時48分、29日:18時54分 - 20時49分。4Kは28日のみ放送)。五木自身の数々のヒット曲は勿論の事、和田アキ子、爆笑問題(太田光・田中裕二)、岡村隆史(ナインティナイン)[注 148]ももいろクローバーZなどの豪華ゲストも出演しステージを盛り上げた[606]
  • 31日 - 【映画】フジテレビ系『土曜プレミアム』にて、 2009年1月のアメリカ・USエアウェイズ1549便不時着水事故を題材としたクリント・イーストウッド製作総指揮・監督の映画『ハドソン川の奇跡』(2016年公開)を地上波初、ノーカット版にて放送。なお、同日は映画本編に加え、実際のニュース映像も紹介したドキュメントも併せて放送した[607]

8月[編集]

8月上期[編集]

  • 1日
  • 10日 - 29日[注 149] - 【スポーツ】第103回全国高等学校野球選手権大会[注 150]阪神甲子園球場)をNHK総合・Eテレ、朝日放送テレビ・BS朝日(2K・4K)・スカイA(有料CS)にて中継放送。また朝日放送テレビ・テレビ朝日系では大会期間中に恒例となるダイジェスト番組『熱闘甲子園』を月 - 金曜 23時10分 - 23時40分および土・日曜 23時 - 23時30分に放送[注 151]。番組キャスターは古田敦也(元ヤクルト捕手・兼任監督、『サンデーLIVE!![注 152]レギュラーキャスター)とヒロド歩美(朝日放送テレビアナウンサー)が前回(2019年)に続き就任[611][612]。また本年度の朝日放送テレビ・ラジオの「高校野球応援し隊」に、ジャニーズ事務所所属のアイドルグループ・なにわ男子が就任すると共に「2021ABC夏の高校野球応援ソング」及び『熱闘甲子園』テーマソングとして、彼らが歌唱する「夢わたし」を起用[613][614]
  • 14日 - 【音楽】2020年8月にNHK総合で放送された音楽特番『ライブ・エール』が本年も放送。この年の第2弾は『ライブ・エール2021』と題し、この日18時5分 - 45分・19時30分 - 20時45分(『ニュース7』等による中断あり)の2部構成。司会は前年同様、内村光良と桑子真帆(NHKアナウンサー)が担当した[615][616][617]
  • 14日・21日28日 - 【教養・キッズ・生物】NHK Eテレで不定期放送されている、香川照之(俳優・歌舞伎役者[注 153])冠司会の昆虫を題材にした教育番組『香川照之の昆虫すごいぜ!』が夏休み特集企画として「カマキリ先生といた夏はベスト・オブ・すごいぜ!を打ち上げ祭」と題して放送(14日・21日は14時30分 - 16時28分)。番組では昆虫好きで知られる香川が扮する「カマキリ先生」が過去18回の放送[注 154]のうち10回をセレクトして特別授業を行ったほか、28日放送(14時30分 - 16時44分)ではその10回から選ぶ「ベスト・オブ・すごいぜ!」も発表した。また、アリの声(ナレーター)は佐倉綾音(声優)が担当[618]
  • 15日 - 【食・紀行・公営競技】テレビ東京系『日曜ビッグバラエティ』枠にて、平日昼に放送されているグルメドキュメントバラエティ『昼めし旅 〜あなたのご飯見せてください!〜』(関東ローカル、一部地域遅れネットあり)の3時間半SPを放送(18時30分 - 21時54分、3部構成)[619]。第1部(18時30分 - 20時)と第3部(20時50分 - 21時54分)は『昼めし旅SP 離島&田舎で大発見!〜夏のごちそうグランプリ〜』と題して放送、司会はこれまでのSPと同様、田中直樹(ココリコ)が務めた。第2部として20時台は『こんなところで昼めし旅@競輪場第64回オールスター競輪(G1)〜』と題して、当日開催のナイター競輪G1競走「第64回オールスター競輪」(福島いわき平競輪場)を生中継(BSテレ東(2K・4K)でも同時放送、 - 20時50分)したほか、競輪場に来ている人々に密着し、その人の昼食から見える人間ドラマを紹介した[620]

8月下期[編集]

  • 16日 -【スポーツ】BSテレ東(2K・4K)にて、米MLBロサンゼルス・エンゼルスの試合をゴールデンタイム枠にて録画中継で放送。同日放送された対ヒューストン・アストロズ戦(現地時間:15日)を皮切りに、10月3・4日(現地時間:2・3日)の対シアトル・マリナーズ戦(2試合)まで全6試合を放送。また今季最終戦となる10月4日は放送枠を拡大(17時58分 - 20時54分、予定)して放送する[621][622]
  • 17日 -【スポーツ・近畿広域圏】サンテレビの老舗プロ野球中継番組『サンテレビボックス席』でこの日、東京ドームで行われたセ・リーグ公式戦「DeNA×阪神」戦[注 155]を生中継。同局制作で東京ドームから試合中継が行われたのはこれが初[注 156][623]
  • 19日 -【トーク・お笑い】テレビ朝日系『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーーク![注 157]が、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の解散(後述)に伴い、この日の放送より番組名から冠を外し『アメトーーク!』に改題して継続。司会は引き続き蛍原徹が単独で務める[624]
  • 21日 - 22日 - 【特番・福祉】日本テレビ系列31局[注 158]で『24時間テレビ 愛は地球を救う44』を生放送。メインパーソナリティにはジャニーズ事務所所属のアイドルグループ、King & Princeが初めて就任[625]。本年も3年連続で両国国技館墨田区横網)をメイン会場として、前年同様、コロナ対策のため無観客で行われた[625][626][注 159]
  • 22日 - 【トーク・クイズ】朝日放送テレビ制作・テレビ朝日系日曜昼の長寿2番組(『新婚さんいらっしゃい!』『パネルクイズ アタック25』)が史上初のコラボを実施、両番組の司会者が双方の番組に相乗の形で出演。『新婚さん〜』には『アタック25』司会の谷原章介、『アタック』には『新婚さん』の司会コンビである桂文枝&山瀬まみがそれぞれゲスト出演[627]、また『新婚さん』出場の新婚夫婦2組は『アタック』にも解答者として出場した[注 160]。なお、後述の通り『アタック』は翌月終了が決まっているため、現行の両番組では最初にして最後のコラボ企画となった。
  • 23日 - 【ドキュメンタリー・特番】日本テレビ系で『24時間テレビ』の事後特番として、この日21時より、24時間テレビの一企画として行われた「募金リレー」の裏側に密着したドキュメント『復興への想いを繋ぐ募金リレー ランナーたちの舞台裏』を放送した( - 22時54分)。
  • 24日9月5日 - 【スポーツ・福祉】2021年東京パラリンピック(TOKYO2020)が開催され[注 161]、NHK(総合・Eテレ・BS1・BS4K・BS8K)で競技中継・ハイライト番組を放送[628]したほか、民放各局でも一部競技中継や特集番組を随時放送した。なお、民放でパラリンピックを放送されたのは今回が史上初となった[629]
  • 25日 - (24日深夜)【スポーツ・近畿広域圏】朝日放送テレビにて『第25回全国高等学校女子硬式野球選手権大会』決勝戦「神戸弘陵×高知中央」(阪神甲子園球場、23日開催)を録画中継で放送(3時14分 - 4時14分)した[630][631][注 162]
  • 26日 - 【情報・表現問題】日本テレビ系『スッキリ』のこの日の放送において、3月12日の番組内でアイヌ民族に対する不適切な表現を放送したことについての検証番組を放送。今回問題が起きた経緯やその問題点、今後の対策を挙げるとともに、番組MCの加藤浩次(極楽とんぼ)、同局アナウンサーの森圭介、情報制作局長の山田克也が改めて謝罪した[632][633]
  • 27日28日 - 【追悼・バラエティ・情報・演芸・近畿広域圏】読売テレビにて、17日に84歳で死去した笑福亭仁鶴(落語家・タレント)の追悼番組を関西ローカルにて放送。27日の『大阪ほんわかテレビ』(金曜19時台)では、1993年6月の放送開始から2017年まで約24年にわたりレギュラー出演した仁鶴を偲び「大阪ほんわかテレビ特別企画 仁鶴師匠ありがとうございましたスペシャル!」と題し、間寛平桂南光月亭方正笑福亭笑瓶森たけしらといった新旧レギュラー陣が、同番組の「顔」であった仁鶴を偲び、在りし日の仁鶴の姿を過去の映像で振り返った。また28日(27日深夜)は「金曜日はシンデレラ」枠で、『平成紅梅亭 笑福亭仁鶴追悼特番』(1時26分 - 3時20分[注 163]。)と題して、過去に同番組で放送した仁鶴の高座から名作3席をアンコール放送した[634][635]
  • 28日 - 【芸能・人物・追悼・近畿広域圏】毎日放送にて、笑福亭仁鶴(17日没、享年84)の追悼特別番組『追悼 笑福亭仁鶴さん〜天国ってどんなんかなー〜』を放送(13時54分 - 14時30分)。『ヤングおー!おー!』(1969年 - 1982年)や『仁鶴・たか子の夫婦往来』(1974年 - 1977年)など同局の番組で数多くレギュラー出演した仁鶴を偲び、同局が保有する秘蔵映像を紹介した他、6代桂文枝、仁鶴の一番弟子の笑福亭仁智らのインタビューも放送された[636]
  • 28日・29日 - 【特番・音楽・お笑い】フジテレビ系にて、"歌と笑いの融合"をスローガンとしてこの両日、音楽とお笑いをカップリングした総計9時間の大型生番組『FNSラフ&ミュージック〜歌と笑いの祭典〜』を放送(28日:18時30分 - 23時10分、29日:18時59分 - 23時9分)[637][638]。平均視聴率は第1夜が世帯8.7%・個人5.8%、第2夜が世帯9.2%・個人6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。
  • 29日 - 【映画・追悼】BSテレ東(2K・4K)にて、19日に死去した俳優の千葉真一(82歳没)を追悼し、千葉のハリウッドデビュー作ともなった映画『エイセス/大空の誓い』(1992年、米国/ジョン・グレン監督)をこの日『シネマスペシャル』(19時 - 20時54分)枠で放送した[注 164][639]
  • 30日
    • 【報道】TBS系『news23』はこの日より国山ハセン(TBSアナウンサー)が新加入。小川彩佳(フリーアナウンサー)と共にメインキャスターを務めるほか、フィールドキャスターも兼任する[640]
    • 【情報・近畿広域圏】読売テレビ『朝生ワイド す・またん!』(関西ローカル)は、この日より放送時間を40分繰り上げ、5時10分開始となる。同番組は前年9月28日より足掛け1年コロナの影響により、従来(5時20分 - )より30分繰り下げ、5時50分より開始していた( - 8時)[641]

9月[編集]

9月上期[編集]

9月中期[編集]

9月下期[編集]

  • 21日 - 【芸能・特番】日本テレビ系にてこの日、日本国外のエンターテインメントプロデューサーが日本国内の埋もれている人材をチェックし"世界に通用するパフォーマー"を選ぶワールドオーディション番組『めざせ!グローバルスター』(21時 - 22時54分)を放送。番組司会は劇団ひとり(タレント)が務める[674]
  • 22日
    • 【バラエティ・紀行・文化】NHK総合の水曜20時台(20時15分 - 20時42分)でレギュラー放送していたサンドウィッチマン(伊達みきお・富澤たけし)冠MCの温泉バラエティ番組『サンドのお風呂いただきます』(2019年4月3日 - )が、翌週からの新番組開始(後述)に伴い、この日を以て一旦放送を終了、2年半[注 177]の歴史に幕。最終回のゲストには郷ひろみ(歌手)が登場。
    • 【バラエティ・ドキュメンタリー・トーク】テレビ朝日系水曜19時台、ネプチューンMCのドキュメントバラエティ『あいつ今何してる?』(2015年10月10日 - )[注 178]が、この日の放送を以てレギュラー放送を終了、6年の歴史に幕。今後は単発特番として不定期放送となる予定[675]
  • 23日
    • 【バラエティ】テレビ朝日系、前週終了の『ハナタカ!優越館』の後番組として木曜19時台にて『ウラ撮れちゃいました[注 179]をレギュラー化し放送開始。MCは全局通して初のゴールデンタイムでのレギュラー番組となるかまいたち[666]と、同じくゴールデンタイム番組の司会者初挑戦となる白石麻衣(女優、元乃木坂46)が務める。初回となるこの日は3時間SPでおくる(18時45分[注 13] - 21時48分)[676]
    • いずれも【演芸】
      • 【近畿広域圏】NHK総合(近畿ブロック)にて毎年恒例の『第51回NHK上方漫才コンテスト』(BK制作。8月30日、NHK大阪ホールにて収録)を総合テレビにてこの日の22時 - 23時12分に放送予定。当初は9月16日19時30分 - 20時42分に放送[677][注 180]する予定であったが、同日夕方に発生した能登半島地震の影響により放送を延期としていた[注 181][679][680]
      • 【BS】BS朝日(2K・4K)の演芸番組『お笑い演芸館VS.』(4月1日 - )がこの日最終回を迎え、2016年4月より開始しタイトル・放送枠を変えながら続いた『お笑い演芸館』シリーズ[注 182]が終了、5年半の歴史に幕を下ろす。最終回は「昭和のレジェンド!元祖・破天荒芸人」と題し、マギー司郎(マジシャン)とおぼん・こぼん(漫才コンビ)を迎えておくる。
  • 25日
    • 【トーク・バラエティ】日本テレビ系土曜23時30分枠(一部地域を除く)の有吉弘行冠番組『有吉反省会』(2013年4月 - )がこの日をもって終了、8年半の歴史に幕[681]
    • 【映画・アニメ】フジテレビ系『土曜プレミアム』にて、日本映画歴代興行収入第1位を記録した2020年のアニメ映画『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』を放送予定[682]。→9月11日も参照
  • 26日
    • 日本テレビ系
      • 【トーク】日曜22時台の資生堂一社提供トーク番組[注 183]おしゃれイズム』(2005年4月10日 - )が終了、最終回となるこの日の1時間SP『おしゃれイズム サプライズゲストSP(仮)』(22時 - 23時、予定)を以て16年半の歴史に幕[683]
      • 【バラエティ・中京広域圏】中京テレビにて、1976年4月〜1994年3月にかけて同局製作・日本テレビ系ほか[注 184]で放送された『お笑いマンガ道場』の27年ぶりとなる復活特番『復活!令和もお笑いマンガ道場』を放送(16時25分 - 17時30分)。8月8日より同局公式YouTubeチャンネルで先行配信した後、この日に地上波(中京ローカル)で放送される[684]
    • テレビ朝日系
      • (25日深夜)【教養・バラエティ・動物】日曜未明(土曜深夜)枠の動物教養バラエティ『アニマルエレジー』(2020年10月 - )が、司会の夏目三久(フリーアナウンサー)の放送界引退に伴い終了、1年で幕[685]
      • 【クイズ】朝日放送テレビ制作で、1975年4月6日[注 185]に放送開始され46年半・2000回以上の歴史を誇る日曜13時台[注 186]の長寿クイズ番組『パネルクイズ アタック25』が遂に終了[686]。最終回は特別企画として「史上最強のチャンピオン決定戦」と題した1時間拡大SP(12時55分 - 13時55分)として放送[687]し、長い歴史に幕を下ろす[688][689]。なお、レギュラー終了後は特番形式で継続する方向[690][691]
      • 【映画】スパイアクション映画『007』シリーズの最新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(主演:ダニエル・クレイグ)日本公開(10月1日)を記念してこの日21時より、シリーズ前作『007 スペクター』(2015年公開、ダニエル・クレイグ主演)を放送( - 23時5分)[692]
    • 【お笑い】フジテレビ系にてこの日19時より、ザ・ドリフターズのコントを再現する3時間特番『ドリフに大挑戦スペシャル』を放送( - 21時54分[注 187])。同特番ではドリフを愛してやまない芸人らが"ドリフ・ラヴァーズ"として、同局系で放送された『ドリフ大爆笑[注 188]の定番作「もしもシリーズ」など数々の名作・傑作コントに挑戦する。番組にはドリフ(加藤茶仲本工事高木ブー)は勿論、"ドリフ・ラヴァーズ"としてサンドウィッチマン、劇団ひとり、カンニング竹山ら、総勢30名超のお笑い芸人・タレントが出演する[693]
  • 27日
    • NHK
      • 【報道・情報】総合テレビ『ニュース シブ5時』の新たな女性キャスターとして、久保田祐佳庭木櫻子(共にNHKアナウンサー)の両名が就任、隔週交代で担当する[注 189]
      • 【特番・音楽・社会貢献】Eテレ『ひろがれ!いろとりどり』枠(月曜19時25分 - 19時57分)にてこの日、NHK2020応援ソング・プロジェクト「パプリカ」のフィナーレを飾る特番『あしたにたねをまこう!LIVE』を放送。番組ではプロジェクト終了とともにキッズユニット・Foorinもグループ解散するのに伴い、これまでの活動の軌跡を振り返る特集などをおくる[694]。MCはつるの剛士(タレント・俳優・歌手)と上白石萌歌(女優・歌手)が務める[695]
    • 【バラエティ・情報】毎日放送制作・TBS系月曜22時台の『教えてもらう前と後』(2017年10月17日 - )[注 190]がこの日をもって終了、5年間の歴史に幕[696]
  • 28日
    • 日本テレビ系
      • 【芸能・特番】ダンスボーカルグループ・EXILEがデビュー20周年を迎えるのに伴い、デビュー記念日[注 191]の翌日となるこの日、同局で放送される各番組[注 192]にメンバーがゲスト出演する。また翌29日未明(この日深夜)0時59分 - 1時59分に関東ローカルにて特番『EXILE 20周年スペシャル』が放送される予定[697]
      • 【バラエティ】「プラチナイト」枠火曜日の『ウチのガヤがすみません!』(2017年4月4日 - )[注 193]がこの日をもって終了、4年半の歴史に幕[698]
  • 29日
    • 【情報・バラエティ】NHK総合水曜20時台(20時15分 - 20時42分)『サンドのお風呂いただきます』の後番組として、同じサンドウィッチマン司会で、これまで3回特番で放送した情報バラエティ番組『ロコだけが知っている』(大阪局〈BK〉主幹制作、全国各地のNHK放送局が制作協力)をレギュラー放送開始。司会はサンドウィッチマンが続投し、ナレーションは西脇綾香(Perfume)が務める[699]
    • 【音楽・お笑い・近畿広域圏】毎日放送で毎年恒例の『歌ネタ王決定戦』をこの日20時より生放送予定[700]。2013年から始まった同特番も、今回を最後に9年の歴史に幕を下ろすため『歌ネタ王決定戦 2021 FINAL』と題して放送、今回も小籔千豊が司会を務める[701]
  • 30日 - 【情報】TBS系平日朝枠の『あさチャン!』(2014年3月31日 - )が、視聴率低迷および、MCの夏目三久の放送界引退表明により、この日の放送を以て終了、7年半の歴史に幕[702][703]

10月[編集]

10月上期[編集]

  • 1日(予定)
    • (9月30日深夜)【紀行・トーク・関東広域圏】日本テレビ木曜深夜(金曜未明)の紀行トーク番組『アナザースカイ』(2008年10月 - )[注 194]が終了、13年間の歴史に幕。日テレサイドは終了の理由について「コロナの影響で海外ロケが事実上不可能になったこと」[注 195]などを挙げている[704]
    • 【報道】テレビ朝日系
      • スーパーJチャンネル』メインキャスターの林美沙希(テレビ朝日アナウンサー、2018年10月1日より在任)が、この日の放送を以て3年間務めた同番組を卒業する[705]
      • 『報道ステーション』木・金曜サブキャスターの森川夕貴(テレビ朝日アナウンサー、2016年4月より出演、気象キャスター→サブキャスターを歴任)がこの日の放送を以て5年半担当した同番組を卒業する[705]
    • 【報道・情報】TBS系平日朝枠で『あさチャン!』の後番組として、安住紳一郎(同局アナウンサー、金曜除く)と香川照之(俳優・歌舞伎役者[注 153]、金曜のみ)がメインキャスターを務める新情報番組『THE TIME,』(ザ・タイム)を放送開始予定(5時20分 - 8時)。番組コンセプトは「ニッポンの朝がみえる」で、安住が生放送帯番組を担当するのは『ジャスト』(1998年 - 2005年)以来約16年ぶりとなり、香川は週1回ながらも初の生の情報番組MCとなる[706][707][708][709][710]。これに伴い、安住が司会を務めていた『ぴったんこカン・カン』は前述の通り9月をもって終了する[668][711][712][713]
    • 【キッズ・情報・バラエティ】テレビ東京系『おはスタ』のマスコット「おはガール」を務めたGirls2(ダンス&ボーカルユニット)メンバーのうち前年4月から加入の4名(菱田未渚美山口綺羅原田都愛石井蘭)がこの日をもって、1年半出演した同番組を卒業[注 196]
  • 2日(予定)
  • 3日(予定)
  • 4日(予定)
    • 【報道】テレビ朝日系
      • 『スーパーJチャンネル』がこの週から体制を一新、月 - 金曜のメインキャスターに小松靖(テレビ朝日アナウンサー)を前週より引き続き登板させ、月 - 木曜のキャスターには同番組11年半ぶりの復帰となる松尾由美子(同)を、火 - 金曜のキャスターには森川夕貴(同)をそれぞれ起用する[705]
      • 『報道ステーション』が新体制に。元NHK報道局記者兼キャスターの大越健介を新たに招聘、小木逸平(テレビ朝日アナウンサー)と共に月 - 木曜のメインキャスターを務める。またサブキャスターには入社2年目の渡辺瑠海(同)が新たに就任。また金曜は、現在木・金曜のメインキャスターを務める富川悠太(同)と現在月 - 水曜のサブキャスターを務める徳永有美(元同局アナウンサー、フリーアナウンサー)のコンビが続投。なお、富川は月 - 木曜のフィールドリポーターも引き続き担当する[727][720][728]
    • 【バラエティ・紀行・建築・生活】BS-TBS(2K・4K)月曜23時台にて、”いつかは住んでみたい"憧れの物件を、不動産案内人が見つけて紹介する、世界移住をテーマとした生活バラエティ『憧れの地に家を買おう』を放送開始。MCは武井壮(タレント)が務める[729][730]
  • 5日(予定)
  • 6日(予定)
  • 7日(予定)
  • 8日(予定)
    • (7日深夜)【トーク・バラエティ・関東広域圏】テレビ東京金曜未明(木曜深夜)枠にて、これまで動画配信サービスParaviで配信されていたトークバラエティ番組『考えすぎちゃん』の地上波レギュラー版『考えすぎちゃん ON TV〜ワンクールだけの大冒険〜』(1時30分 - 2時)を放送開始。出演はファーストサマーウイカ、DJ松永Creepy Nuts)、岡部大(ハナコ)、佐久間宣行[726][737]
    • 【バラエティ・CS】日本テレビ系CS放送・日テレプラスCS日テレ運営)にて、ジャニーズ事務所所属グループのふぉ〜ゆ〜が体当たりチャレンジするエンターテインメントバラエティ『ふぉ〜ゆ〜の王道テレビ 〜これにかけてるんで!〜』(金曜21時 - 21時30分、2週間ごとに新作放送)をこの日より放送開始[738][739]
  • 9日(予定)
  • 10日(予定)

10月下期[編集]

10月予定[編集]

  • 月内(予定)
    • 【バラエティ】日本テレビ系『行列のできる法律相談所』が、タイトルから「法律」を外した『行列のできる相談所』に改題・リニューアル。出演者はこれまで通り[753][754]
    • 【改編】テレビ朝日系
      • いずれも【バラエティ】
        • 【クイズ】火曜未明(月曜深夜)0時15分枠(一部地域を除く)にて、これまでに5回特番として放送された有吉弘行の冠番組『有吉クイズ』をレギュラー化して放送開始予定[755]
        • 【ドキュメンタリー・トーク】土曜22時台で放送していた『ノブナカなんなん?』(2020年10月10日 - )が水曜19時台へ移動(ゴールデン昇格)、1時間に拡大[756]
        • 【トーク・その他】日曜22時枠にくりぃむしちゅー(お笑いコンビ)の新番組『くりぃむナンタラ』(21時55分 - 22時25分)を新設し、放送開始[673]
    • 【改編】TBS系
      • 【バラエティ】毎日放送制作月曜22時台の新番組として、指原莉乃(タレント)と川島明(麒麟)がMCを務めるバラエティ番組『100%!アピールちゃん』を放送開始[757][758]
      • 【演芸・お笑い】金曜20時台の新番組として、これまで5回特番で放送し好評を博した演芸バラエティ『ザ・ベストワン』をレギュラー化し放送開始。MCは引き続き笑福亭鶴瓶(落語家・タレント)と今田耕司(タレント)が務める[668]
    • 【改編】フジテレビ系
      • 【教養・バラエティ・ドラマ】関西テレビが10月改編を機に、現在月曜22時に放送している『所JAPAN』と「火曜夜9時枠の連続ドラマ」枠(いわゆるカンテレ制作火9ドラマ枠)の放送枠を交換。これに伴い『所JAPAN』が火曜21時枠へ移動し、月曜22時枠はドラマ枠に変更となる[注 205][760]
      • 【お笑い・バラエティ】土曜19時台・20時台について「笑いの土曜日!」と銘打ち、20時台にあった『芸能人が本気で考えた!ドッキリGP』を1時間繰り上げて19時台に、また、4月から金曜20時枠で放送開始していた『新しいカギ』を20時台にそれぞれ移動[761]。なお、19時台にあった『超逆境クイズバトル!! 99人の壁』は9月25日の2時間スペシャルでレギュラー放送終了、以降は不定期特番として継続する[762]

11月[編集]

12月[編集]

年内[編集]

  • 秋(予定)
  • 秋〜冬(予定)
    • 【アニメ】吾峠呼世晴による漫画を原作としたテレビアニメ『鬼滅の刃』の新作テレビシリーズ「遊郭編」が、フジテレビ系およびTOKYO MX・BS11他にて放送予定[682]。このうちフジテレビ系では9月6日に開催された改編発表会において、日曜23時15分 - 23時45分枠で放送予定である事、初回放送日は9月25日の劇場版放送時に発表することが明らかとなった[768]。なお、この改編に伴う週末のスポーツ番組『S-PARK』(日曜は23時15分 - 翌0時30分)の扱いについては発表時点では未定。

その他テレビに関する話題[編集]

1月[編集]

  • 1日〜 - 【キャンペーン社会貢献】NHKではこの月より、新たな公共メディアキャンペーンとして『NHK・SDGsキャンペーン「未来へ 17アクション」』を始動。同キャンペーンではSDGs(持続可能な開発目標)のテーマに向き合い、持続可能で多様性のある社会の実現に向け、放送番組やイベントなどを通して17の目標達成に向けた取り組みを行う[17][18]。→番組関連の1月の節も参照
北陸朝日放送(HAB)の新ロゴ
瀬戸内海放送高松本社
瀬戸内海放送(KSB)高松本社(高松市上之町)
  • 18日
    • 【イベント・スポーツ】フジテレビはこの日、2月7日に相撲協会管轄の下で両国国技館にて開催予定だった花相撲日本大相撲トーナメント第四十五回大会』(同局・文化放送主催)について、コロナ緊急事態宣言の発令などを受け、今年度の開催中止を発表した[77][78](→番組関連の2月7日も参照)。大会の開催中止は八百長問題発覚に伴う2011年(第三十五回)以来10年ぶりとなった。
    • 【新社屋・放送開始・香川県瀬戸内海放送(KSB、テレビ朝日系)の高松本社(高松市)がこの日、1969年の開局以来所在した同市西宝町から、上之町に完成した新社屋(FM香川と共同利用)へ移転、同所より放送開始[790]
  • 20日 - 【キャンペーン・社会貢献】NHKでは、コロナの影響により少年少女たちの学びの環境が損なわれ「学びたいのに学べない」という困難な状況が生じているとして「いま、学びを守ろう。」と題するメディアキャンペーンを開始したことをこの日行われた放送総局長・正籬聡の定例会見にて発表。本キャンペーンでは柳楽優弥(俳優)をナビゲーターに起用し、総合テレビ・Eテレなどで関連番組を放送するなど学びの環境を守るべく支援していく[82]
  • 23日 - 【訃報】ラテン・ミュージック歌手として1959年にデビューし、『NHK紅白歌合戦』に1961年の第12回から5年連続出場を果たし、またNHK総合『夢であいましょう』では同名の主題歌を歌唱、1983年の東映映画『楢山節考』(監督:今村昌平)など映画・テレビドラマにも数多く出演した歌手・女優の坂本スミ子(本名:石井寿美子、旧姓・坂本)がこの日、熊本県熊本市の病院で脳梗塞のため死去(84歳没)[791]
  • 26日 -【活動進退】NHK東京アナウンス室所属アナウンサーの松苗竜太郎が近く退局し、今春から富士通広報部に所属することがこの日わかった[792]
  • 29日
    • 【事業・PR活動・音楽】NHKでは『みんなのうた』(1961年 - 現在)が本年で放送開始60周年を迎えることを記念し『みんなのうた60プロジェクト』を開始することをこの日発表、プロジェクトアンバサダーとして井ノ原快彦(俳優、V6)を起用。1年間に亘り、記念関連番組の制作やイベントの開催、また視聴者からの「想い出のあの曲」を応募するなど、番組の魅力を徹底的に世間大衆に知らしめていく[118][119]
    • 【キャンペーン・社会貢献】フジサンケイグループの放送3社(フジテレビ・BSフジ・ニッポン放送[注 38] ではSDGs(持続可能な開発目標)をテーマとしたコーポレートキャンペーンとして『「楽しくアクション!SDGs」合言葉は「滅亡させない♥地球の作り方」』と題し、3社による連合で展開する事をこの日発表。キャンペーンでは「滅亡させない♡地球の作り方」を共通スローガンとし、ミレニアル世代・Z世代をメインターゲットとし、「子供たちが安心して暮らせる未来」「地球で暮らし続けるために何が必要か」を問い、3社による関連番組の放送など様々なアクションを展開。キャンペーンアンバサダーにはファーストサマーウイカ(歌手・タレント)が就任[125]。→番組関連の2月及び3月の節も参照
    • 【社屋・資産・北海道】北海道テレビは1968年の開局以来2018年9月まで使用されていた豊平区南平岸の旧社屋を土屋ホーム不動産に同日付で売却したことをこの日発表(売却価格は非公表)。建物は解体され、社屋跡地(7961.48m2)は戸建分譲用地として、隣接する駐車場(2074m2)はマンション開発用地として利用される[793][794]
    • 【活動進退・福島県福島中央テレビ(中テレ、日本テレビ系)アナウンサーの菅佐原隆幸(1986年入社)が、この日更新した同局アナウンス日記にて「今日(1月29日)を最後に福島中央テレビを卒業する」と記し、34年8ヶ月在職した同局を退職[795][注 210]
  • 30日 - いずれも【訃報】
    • 太神楽の第一人者として所属の落語協会の定席寄席への出演を中心に活動し、NHK Eテレ『にっぽんの芸能』などの演芸番組にも出演、また「鏡味仙三郎社中」を主宰し、自らの弟子たちをテレビ番組に出演させるなど太神楽の普及や継承にも力を入れていた太神楽師の鏡味仙三郎がこの日、食道癌のため死去(74歳没)[797]
    • 漫才協会の真打ちで1978年に第26回NHK新人漫才コンクール最優秀賞、1979年に第7回放送演芸大賞ホープ賞をそれぞれ受賞し、日本テレビ系『笑点』やNHK総合『笑いがいちばん』などの演芸番組に出演するなど活躍した漫才コンビ「東京丸・京平」メンバーの東京丸(本名・楠本賢次郎)がこの日、心不全のため死去(73歳没)。訃報は2月8日に所属先の落語芸術協会より公表された[798]
    • 宝塚歌劇団星組トップスターとして活躍し、歌劇団退団後は女優・タレントとして活動、テレビではトーク番組『カモナ・マイハウス』(1991年、フジテレビ)の司会を担当したこともあるミュージカルスターの峰さを理(本名・安田峰子)がこの日、甲状腺癌のため死去(68歳没)[799]
    • お笑い芸人から俳優に転向して舞台を中心にテレビドラマにも出演、タレントとしてもAEON読売新聞のテレビCMに出演したことがある俳優で演出家の本田誠人が膵臓癌のため死去(47歳没)[800]
  • 31日 - いずれも【訃報】

2月[編集]

東日本放送(KHB)新社屋
テレビ新広島(TSS)新社屋

3月[編集]

4月[編集]

4月上期[編集]

  • 1日
    • 【経営】
      • 日本テレビグループ
        • 人材・社会貢献】日本テレビ報道局とANAホールディングスは、コロナ禍によって両社の経営状態が苦境に陥る中、「視聴者に新鮮かつ正しい情報の提供」の観点からコラボレーションプロジェクトを実施することを決め、4月1日付でANAグループ社員5人が日本テレビに短期出向し、CS放送のニュースチャンネルである日テレNEWS24(通称:NNN24)のキャスターとして出演する。ANAグループ出向の5人は4月から6月までの3か月間、月曜から金曜までの平日に新型コロナ関連情報を報じる専門コーナー(10分間)に出演する[881]
        • 【CS】日本テレビとグループのCS放送運営会社・CS日本は、同局系のCS放送3チャンネル(日テレジータス日テレNEWS24日テレプラス[注 224]の運営をこの日よりCS日本に一元化[882]
      • いずれも【企業再編】
        • TBSグループ東通、赤坂グラフィックスアート、OXYBOTなど技術・美術・CG関連事業子会社12社が同事業を担う中核会社「株式会社TBSアクト」(愛称:TACT)[注 225]に吸収合併[884][885]
        • 【近畿広域圏】
          • 毎日放送の親会社である放送持株会社MBSメディアホールディングス(MBS-MHD)が、子会社の同局ラジオ部門を分社し株式会社MBSラジオを発足。残るテレビ部門は毎日放送の商号を維持する[886][887][888][889]が、放送免許継承・テレビ単営局化に伴いコールサインがこれまでのJOOR-DTVからJOOY-DTVに変更された[890]。当初は開局70周年を迎えた10月1日に分社発足させる予定だったが、その後半年前倒しすることになった[888]
          • 朝日放送テレビの親会社である放送持株会社朝日放送グループホールディングスが、中間持株会社ABCフロンティアホールディングスとそのグループ会社の再編を実施。ABCフロンティアホールディングスがABCインターナショナル・ABCライツビジネスを吸収合併しABCフロンティアに商号変更するとともに、ABCアニメーションを朝日放送グループホールディングスの直接子会社にする[891]
        • 【中京広域圏】CBCテレビの親会社である放送持株会社中部日本放送が、テレビ番組制作会社ケイマックス(本社:東京都港区)の発行済み株式の80%を取得し子会社化[892]
      • 起業・愛知県】テレビ愛知(TVA、テレビ東京系)が同局100%出資により、放送以外のデジタル事業を展開する新会社「TVAadvance(ティヴィエーアドバンス)」を設立[893]
    • 【人事・活動進退・岩手県】テレビ岩手(TVI、日本テレビ系)アナウンサーの藤村惠一(1991年入社)は、この日をもって同局編成局長に昇格。これに伴い前週限りで担当番組を全て降板してアナウンサーを引退した[269]
      • 秋田県秋田放送(ABS、日本テレビ系)は、新年度より秋田県内の自治体(25市町村)を対象とした地域振興を旗印とした「ふるさとACTION!」キャンペーンを開始。同社では4月より2週間単位で県内自治体の中から一つを採り上げ、自社制作のテレビ及びラジオ番組の中で対象自治体の話題を積極的に広報していく方針[894]
        静岡朝日テレビの新ロゴ
        長崎放送の新ロゴ
    • 【キャンペーン・社会貢献・地域
    • 【事業・キャンペーン・長野県】長野朝日放送(ABN、テレビ朝日系)が開局30周年を迎えたことを記念し、新たなキャッチコピー「さぁ、ワクを飛び出そう!![896]の制定並びに30周年記念テーマソングとして、GLIM SPANKYの「風は呼んでいる[897]の採用を決定、この日発表した。
    • 【CI・ロゴ】
      • 【静岡県】静岡朝日テレビ(SATV、テレビ朝日系)がこの日、新CIロゴ「□SATV」を制定。
      • 長崎県長崎放送(NBC、TBS系)がこの日、本年11月の新社屋移転(後述)に伴い、新CIならびにロゴを制定[898]
    • 【組織・地域・社会貢献・BS】BS-TBSはこの日、ANA総合研究所鹿島建設などと共同で「一般社団法人地域創生インバウンド協議会[注 226](理事長:稲岡研士・ANA総合研究所顧問)を発足したことを発表[899]
  • 3日 - 【訃報】大正・昭和時代の日本映画の大スター・阪東妻三郎(1953年没)の子息(三男)に生まれ、兄の田村高廣(2006年没)、末弟の田村亮と並んで“田村三兄弟”でも知られ、『眠狂四郎』(原作:柴田錬三郎、1972年、関西テレビ)や『古畑任三郎』(1994年 - 2008年、フジテレビ)を始めとして現代劇、時代劇など多彩なジャンルの映像作品に数多く出演、またタレントとしてもエーザイ東芝大塚食品清酒大関サッポロビール東京ガス日本信販トヨタ自動車などのコマーシャルにも出演した俳優の田村正和がこの日夕方、心不全のため東京都港区内の病院で死去(77歳没)。訃報は1ヶ月半を経た5月18日に明らかになった[900][901]
  • 4日 - 【訃報】日本を代表する脚本家で、NHK連続テレビ小説『おしん』やTBS系『渡る世間は鬼ばかり』などテレビドラマの脚本を数多く手掛け、フジテレビ系『笑っていいとも!』などのバラエティ番組にもレギュラー出演した経験がある脚本家の橋田壽賀子(本名:岩崎壽賀子)がこの日、急性リンパ腫のため静岡県熱海市内の自宅で死去(95歳没)[902]
  • 5日
    • 【事業問題】フジテレビの親会社である放送持株会社フジ・メディア・ホールディングス(FMH)はこの日、番組制作会社のNEXTEPを完全子会社化した際、同社の出資先が持つFMH株式を議決権から外すべきところを誤って算入、2012年9月末から2014年3月末までの間議決権ベースでの外資比率が20%をわずかに上回り、放送法上の外資規制違反に当たっていた可能性があると公表するとともに、総務省に事実関係を報告した[903][904]。この件については上述の東北新社の外資規制違反に絡む形で日本テレビホールディングスと共に違反が指摘されており[905]、武田良太総務大臣は翌6日の会見でFMHを含めた全ての放送事業者に対する調査を指示したことを明らかにしている[906]
    • 【事業・社会貢献・地域・山形県山形テレビ(YTS、テレビ朝日系)はこの日、東北芸術工科大学(本部・山形市)との間で、山形県内の地域活性化に資するべく映像制作や各種ビジネスなどを共同で展開するとした地域活性化包括連携協定を4月2日に締結したことを発表。同局では東北芸術工科大学の教員・学生の制作動画作品のテレビ放映の実施や、地域活性化のためのビジネスの共同開発・研究などを推進するなど包括連携協定に則りあらゆる施策を実行する方針[907]
  • 8日27日 - 【イベント・演芸】日本テレビ系の長寿演芸番組『笑点』が番組放送55周年を記念し、特別展『笑点放送55周年特別記念展』を東京・新宿髙島屋(渋谷区千駄ヶ谷)特設会場にて開催[908][909][910]
  • 9日
  • 13日
    • 【訃報】「かみつき漫才」で一世を風靡し、1974年にNHK新人漫才コンクール優秀賞を受賞、タレントとしても『ぼくらチャレンジャー』(1975年、NHK総合)などのテレビ番組への出演経歴を持つ漫才コンビ、春風こうた・ふくたのこうた(本名:小林章郎)がこの日、東京都内の自宅で肝硬変のため死去(78歳没)[914]
    • 【人事・岡山県・香川県】RSK山陽放送はこの日の臨時取締役会で、桑田茂の死去(上述)を受け、取締役会長の原憲一が代表取締役会長に就く同日付けの役員人事を決定。社長職は当面空席となる[915]
  • 14日 - 【訃報】放送作家で、フジテレビ系『F1グランプリ』や『F1総集編』、テレビ朝日系『ル・マン24時間レース』など主にモータースポーツ中継の構成や台本原稿の執筆を手掛けていた高桐唯詩がこの日午後死去(72歳没)[916]

4月下期[編集]

5月[編集]

5月上期[編集]

5月下期[編集]

6月[編集]

6月上期[編集]

NHK札幌新放送会館
  • 1日
  • 2日 - 【訃報】プロ野球読売巨人軍の元選手・コーチとして活躍し、また1978年から1980年までの3シーズンに亘り日本テレビ野球解説者を務めた中村稔がこの日死去(82歳没)[975]。訃報は6月18日に読売巨人軍から公表された[975]
  • 6日
    • 【移転・放送開始・岡山県・香川県】 - RSK山陽放送がこの日、旧市立岡山後楽館中学校・高等学校跡地(岡山市北区天神町)に建設し、2020年7月に完成した新社屋「RSKイノベイティブ・メディアセンター」から放送を開始[976][977][978]。北区丸の内の旧本社はラジオ放送と親会社のRSKホールディングスが引き続き使用する[979]
    • 【表現問題】この日北海道札幌市にて行われた北海道アイヌ協会総会に出席した日本テレビ社長の小杉善信は、3月12日放送の情報番組の中でアイヌ民族に対する不適切表現を放映した件について改めて「アイヌ民族の様々な差別への理解が足らず、責任を痛感している」として謝罪すると共に、日本テレビ社内での制作体制のチェック強化を進め、今回の問題に関する検証番組の制作・放送を実施することを明らかにした[980]。→「テレビ番組関係の出来事」3月12日の項も参照。
  • 7日
    • 【賞】公益財団法人放送文化基金がこの日、2020年度にテレビ・ラジオで放送された番組並びに番組制作に関与した個人・グループを対象に選考する「第47回放送文化基金賞」の受賞作品及び個人・団体受賞者を発表。授賞式は30日に東京會舘(千代田区九段)にて開催された[981]
    • 【放送開始・北海道】NHK札幌放送局がこの日、新会館から総合テレビ・Eテレの全番組の放送を開始[972]
  • 8日
    • 【事業・社会貢献・地域・新潟県NST新潟総合テレビ(フジテレビ系)はこの日、新潟国際情報大学(本部・新潟市)及び新潟三越伊勢丹[注 244]との間で産学連携事業として“新潟の次世代人材育成を主眼とした”『NWプロジェクト』を開始することを発表。プロジェクトでは新潟国際情報大学の学生が新潟伊勢丹(万代シテイ)を舞台に新企画立案・提案・発信などを行うことにより新潟のさらなる発展を期すことを狙いとする。NSTではこの三者連携の『NWプロジェクト』の活動と進捗を随時発信して行く方針[982]
    • 【不祥事・富山県】富山テレビ(BBT、フジテレビ系)社員の男が、富山市内の集合住宅にて会社役員の男が自らの知人女性に対する不適切行為を行うと知りながらその女性に対して集合住宅に留まるよう依頼するなどしたとして、富山県警富山中央署は、富山テレビ社員の男を強制猥褻幇助罪容疑で、会社役員の男を強制猥褻罪容疑でそれぞれ逮捕したことを発表。同局ではこれを受けて公式サイトに謝罪文を掲載し、「事実関係を確認した上で厳正に対処する」とした[983]
  • 10日 - 【活動進退】テレビ東京アナウンサーの秋元玲奈(2008年入社)が13年間在職した同局をこの日付で退職。同月15日には自身のInstagramにて2017年に出産した長男の育児と並行してフリーアナウンサーとして活動することを表明した[984]
  • 14日 - 【移転・放送開始・兵庫県】サンテレビが神戸市中央区東川崎町1丁目の「神戸駅前JUSTスクエア」への本社移転[969]を完了、同所から放送開始[970][985]

6月下期[編集]

  • 16日 - いずれも【人事】
    • 【活動進退】セント・フォース所属のフリーアナウンサー・タレントの望月理恵が同社取締役に就任、この日同社が発表。所属タレントの役員就任は初で、今後はプレイングマネージャー的な立場で芸能活動も継続する[986][987]
    • 【鹿児島県】鹿児島放送(KKB、テレビ朝日系)は代表取締役社長の古山順一が相談役に退き、朝日新聞社グループ・ネットワーク政策統括補佐の軸屋忍を招聘して後任の代表取締役社長に就任させる人事を同日付で執行[988][989]
  • 18日
  • 21日
    • 【人事・沖縄県】沖縄テレビ(OTV、フジテレビ系)は代表取締役社長の久保田憲二が会長に、常務取締役の船越龍二が後継の代表取締役社長に就任する人事を執行[988]
    • いずれも【訃報】
      • 戦後のジャズブームの立役者にして、かつ日本を代表するジャズ・ミュージシャンのひとりで、自らのビッグバンド「原信夫とシャープス・アンド・フラッツ」を率いて『NHK紅白歌合戦』では1963年から1971年まで及び1974年と紅組の演奏を担当、またNHK総合『歌のグランド・ショー』(第1期:1964年 - 1968年)では演奏バンドを務めるなどテレビの音楽番組にも足跡を残したテナーサックス奏者・作曲家の原信夫(本名:塚原信夫)がこの日、東京都内の病院で肺炎のため死去(94歳没)[994]
      • 宮田洋容門下の漫才師としてデビューし、同門の宮田陽司とのコンビ『陽司・章司』で活躍し、1969年には日本テレビ『11PM』にレギュラー出演、漫才師を廃業した後は大道芸の坂野比呂志と出逢い、「江戸売り声百景」和風漫談家に転向して落語芸術協会所属の漫談家として活動した宮田章司がこの日、老衰のため死去(88歳没)[995]
  • 22日 - 【訃報】在日韓国人三世出身(後年日本国に帰化)で、唐十郎[注 245]主宰の状況劇場を本拠に舞台女優として活動、また映画やドラマにも数多く出演、タレントとしてもテレビ朝日系『ワイド!スクランブル』やTBS系『快傑熟女!心配ご無用』(1997年 - 2000年)等でコメンテーターやパネラーを務めたこともある女優の李麗仙(旧芸名:李礼仙、韓国名:李初子、帰化後の本名:大靏初子)がこの日午前、肺炎のため東京都杉並区内の病院で死去(79歳没)[996][997]
  • 23日 - いずれも【人事】
  • 24日
    • いずれも【人事】
      • 【放送持株会社・近畿広域圏】毎日放送の親会社であるMBSメディアホールディングス(以下、MBS-MHDと表記)及び株式会社毎日放送(以下、MBSと表記)はこの日に開催された定時株主総会及び取締役会の承認を得て、MBS-MHDの代表取締役会長およびMBS代表取締役社長を務める三村景一をMBS-MHD会長に専任させ、三村の後継となるMBS-MHD社長に専務取締役の梅本史郎を、またMBS代表取締役社長には同社常務取締役の虫明洋一を昇任させる人事をそれぞれ承認したうえで即日執行[999]
      • 【石川県】石川テレビ(ITC、フジテレビ系)は退任する根布寛の後任の代表取締役社長として中日新聞社取締役(石川テレビ社外取締役)でノンフィクション作家でもある林寛子が就任する人事を同日付で執行[1000]
    • 【不祥事・活動進退】TBSアナウンサーの小林廣輝が、一部週刊誌で複数女性との交際が報じられたことを受け、月 - 木曜のニュースプレゼンターの一人として出演している『Nスタ』の出演をこの日より見合わせ。さらに進行役として出演している『アッコにおまかせ!』も、27日放送分より出演を見合わせた[1001]
  • 25日 - いずれも【人事】
    • 【放送持株会社・キー局】フジテレビの親会社であるフジ・メディア・ホールディングス(以下、FMHDと表記)及びフジテレビはこの日に開催された定時株主総会及び取締役会の承認を得て、FMHD社長の金光修をフジテレビの代表取締役社長に就任させ両社社長を兼摂させるとともに、フジテレビ代表取締役社長の遠藤龍之介をFMHD及びフジテレビ両社の副会長(代表権付与なし)に就任させる人事を発令[1002]
    • 【福岡県】テレビ西日本(TNC、フジテレビ系)は代表取締役社長の寺崎一雄を会長に、代表取締役社長にフジテレビ取締役の河野雄一を招聘して就任させる人事を同日付で発令[988]
    • 【鹿児島県】鹿児島讀賣テレビ(KYT、日本テレビ系)は代表取締役社長の田北和博を会長に、専務取締役の原井聡明を代表取締役社長に就任させる人事を同日付で発令[988]
  • 26日 - いずれも【訃報】
  • 28日 -【人事・北海道】テレビ北海道(TVh、テレビ東京系)はこの日の定時株主総会後の取締役会の承認を得て、現社長の松井正憲日本経済新聞社顧問に就任することに伴う新社長として副社長の桑田一郎が昇任する人事を執行した[1006]
  • 29日 - いずれも【人事・放送持株会社】
    • 【キー局】
      • 日本テレビの親会社である日本テレビホールディングス(以下、NTV-HDと表記)及び日本テレビはこの日に開催された定時株主総会並びに取締役会の承認を経て、日本テレビ代表取締役社長の小杉善信を同社及びNTV-HD代表取締役副会長に昇任させ、NTV-HD代表取締役社長の杉山美邦を同社社長兼務のまま日本テレビの代表取締役社長に就任させる人事を承認、即日発令した[1007][1008]
      • テレビ朝日の親会社であるテレビ朝日ホールディングス(以下、テレ朝HDと表記)は、この日定時株主総会を開催。テレ朝HD社外取締役に見城美枝子青森大学名誉教授、エッセイスト、ジャーナリスト、元TBSアナウンサー)が選任され、同日付で就任[1009]
    • 【岡山県・香川県】RSK山陽放送(TBS系)の親会社である放送持株会社RSKホールディングス(以下、RSK-HDと表記)はこの日に開催された定時株主総会並びに取締役会の承認を経て、同社及びRSK-HD代表取締役会長の原憲一を兼務のまま代表取締役社長に就任させる人事を承認、即日発令した[1010]
    • 【福岡県】RKB毎日放送(TBS系)の親会社である放送持株会社RKB毎日ホールディングス(以下、RKB-HDと表記)は、この日に開催された定時株主総会並びに取締役会に於いて子会社・RKB毎日放送代表取締役社長井上良次を代表権のない取締役会長に、専務取締役の佐藤泉を代表取締役社長にそれぞれ昇任させると共に、RKB-HDに於いては井上が社長を続投し、佐藤が代表権を持つ取締役に就任するなどの両社の人事を承認、同日付で執行[1011]
  • 30日
    • 【活動進退】
      • 【NHK】報道局記者兼キャスターの大越健介(1961年8月25日生、1985年入局)が、60歳の誕生日を2か月前にして同日付で定年退職[1012]
      • 【新潟県】新潟テレビ21アナウンサーの高井瑛子(2017年に岩手朝日テレビから移籍)が同日付で4年2ヶ月務めた同局を退社[1013]
    • 【訃報】プロ野球・中日や日本ハムの内野手、日本ハムの監督として活躍、またプロ野球解説者としてNHKのプロ野球中継メジャーリーグ中継の解説を務めた大島康徳がこの日、大腸がんのため東京都内の病院で死去(70歳没)。訃報は7月5日に公表された[1014][1015]

7月[編集]

8月[編集]

8月上期[編集]

  • 1日 - 【訃報】フジテレビ系で放送された『マッハGoGoGo』『科学忍者隊ガッチャマン』(いずれもタツノコプロ制作)などの作画や、同じくフジ系で放送された『北斗の拳』『魁!!男塾』(以上、東映動画(現・東映アニメーション)制作)、テレビ東京系『妖怪ウォッチ』(OLM制作)などのキャラクターデザイン、テレビ朝日系で放送された『SLAM DUNK』(東映アニメーション制作)の作画監督などを務めたアニメーター・キャラクターデザイナーの須田正己がこの日死去(77歳没)。訃報は17日に明らかにされた[1048][1049]
  • 2日
    • 【健康問題・北海道】北海道テレビはこの日、『水曜どうでしょう』などのディレクターとして知られる同局社員の藤村忠寿がコロナに感染したことを公表した。東京滞在中に接触した社外関係者がPCR検査で陽性と判明したことから、藤村も検査を行ったところ陽性と判明したもので、現在は無症状であるものの、都内のホテルで保健所の指示を待つとしている[1050]。これに伴い同日、藤村がゲスト出演予定だったWOWOWプライム『電波少年W 〜あなたのテレビの記憶を集めた〜い!〜』への出演を見合わせた[1051]
    • 【訃報】1971年に「燃える恋人」で歌手としてデビューし、俳優としても数々のテレビドラマや映画、Vシネマに出演、タレントとしてはCS放送・フジテレビONE芸能界麻雀最強位決定戦 THEわれめDEポン 生スペシャル[注 251]に出演するなどジャンルを問わず幅広い活躍を見せたことで知られた歌手・俳優の本郷直樹(本名:奥野芳博)がこの日午後、東京都内のかかりつけ病院において持病の腎臓病の人工透析治療中に心筋梗塞を引き起こして死去(71歳没)[1052][1053]
  • 3日 - 【裁判・山口県】山口放送(KRY、日本テレビ系)に今年4月、2回にわたり「放送中のテレビ番組のコーナーを今すぐ中止せよ」などと脅迫するはがきを送付したとして強要未遂罪に問われた60歳の男に対し、山口地方裁判所周南支部は「動機は余りに身勝手である」として懲役1年の実刑判決を言い渡した[1054]
  • 6日2022年予定 - 【イベント】志村けんザ・ドリフターズ、2020年没)の巡回企画展として、フジテレビ・イザワオフィスの企画制作、同局をはじめ現地FNS系列局主催[注 252]による「志村けんの大爆笑展」を、この日から開催の大阪・なんばスカイオ中央区難波、〜9月5日)を皮切りに、東京・松坂屋上野店(台東区10月2日17日予定)、宮城(11月予定)、石川(12月予定)など、全国10都市にて開催[1055][1056]
  • 8日
    • 【不祥事】テレビ朝日の『東京オリンピック中継』番組スタッフ10名が大会最終日のこの日、緊急事態宣言が発令されている東京都内の飲食・飲酒を伴う店舗に於いて打ち上げパーティーを開催、参加者1名が店舗を辞去しようとした際に転落して負傷し、救急搬送される不祥事を起こした。これを受けて同局では10日放送の『スーパーJチャンネル』内にてキャスターの林美沙希、及び『報道ステーション』内にてキャスターの富川悠太(いずれも同局アナウンサー)がそれぞれ「著しく自覚を欠くような行動があったことは誠に遺憾」などとするコメントを朗読し、本件を謝罪した[1057][1058]。その後、本件の事後処理などについて9月7日に同局が記者発表を行い、同局がコロナ感染拡大を受けて設けた「宴席禁止」の内規に本件参加者が違反していたとして、参加者のうち同局社員6名に対して謹慎10日間の処分を通告、また社外スタッフ4名については各々の所属先企業に適切な対応を執るよう求めることとした。また同局はスポーツ局長及びスポーツセンター長の2名に管理監督責任不十分としてそれぞれ1ヶ月の減給処分を科すと共に、代表取締役社長の亀山慶二及び常務取締役(スポーツ局統括担当)の濱島聡から役員報酬1ヶ月分を返上する旨申し入れがあったことを発表。同局では今回の事案を「放送メディアの一員としての自覚に著しく欠如したものであった」として若手社員の再研修を行い、社内で社会規範及び就業規則などを遵守させるなどの体制を敷くなど厳格な再発防止策を定めることを表明した[1059]
    • 【訃報】ピアニスト及び作・編曲家であり、NHK『名曲アルバム』やEテレ『趣味悠々』、また同じくEテレで放送された子供向け番組などに出演した経歴を持つ斎藤雅広がこの日病気のため死去(62歳没)。訃報は17日に明らかにされた[1060]
  • 11日 - 【表現問題】TBS系『サンデーモーニング』のスポーツコーナー「週刊御意見番」の8日放送分にて、コメンテーターの張本勲野球評論家、元プロ野球選手[注 253])が女子ボクシングを侮辱するような発言を行ったことに対し、日本ボクシング連盟はTBSに対して10日付で抗議文を送付したことを発表。一方同局は「今回の件につきまして真摯に対応させて頂きます」とコメント[1061][1062]。その後連盟は12日に番組プロデューサー名での謝罪文を受け取ったことを明らかにし、謝罪文の中で張本は「私の発言は言葉が足らず反省しています」とのコメントが添えられていた[1063]
  • 12日 - 【イベント】テレビ朝日が深夜番組レーベル『バラバラ大作戦』発、初のオンラインイベントとして「バラバラ大作戦フェスティバル2021」をこの日開催[1064]
  • 14日 - いずれも【訃報】
  • 14日〜9月5日 - 【イベント】フジテレビの夏恒例イベント「THE ODAIBA」が、本年はバーチャル空間を中心に展開するオンライン主体イベント『THE ODAIBA 2021 バーチャル冒険アイランド』と銘打って開催。本年のテーマ・合言葉は「はなれていても、つながる!」で、イベント専用アプリを通じて音楽ライブや各種アトラクションをなどを展開した。イベントアンバサダーはお笑いコンビ・EXIT(吉本興業所属)が務め、イベントテーマソングはボーイズグループ・JO1の「REAL」を起用。なお、バーチャルイベント開幕に先立ち、7月21日よりお台場・フジテレビ本社と周辺にてリアル会場を開設した(こちらも9月5日まで)[1069][1070]
  • 15日 - 【訃報】里見弴(小説家、1888年 - 1983年)の子息で、松竹にて小津安二郎(1963年没)監督の映画作品や青島幸男(2006年没)主演版ドラマ『泣いてたまるか』(TBS系、松竹テレビ室制作)のプロデューサーを担当、松竹退職後にはCATV局鎌倉ケーブルコミュニケーションズ(現:JCOM鎌倉)代表取締役社長を務めた映画プロデューサーの山内静夫がこの日、老衰のため死去(96歳没)[1071]

8月下期[編集]