2020年代のJRダイヤ改正

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
JRダイヤ改正 > 2020年代のJRダイヤ改正

2020年代のJRダイヤ改正(2020ねんだいのジェイアールダイヤかいせい)では、2020年代JRグループ各社で行われる各ダイヤ改正について記す。

なお、JR東日本BRT路線については気仙沼線・大船渡線BRTを参照のこと。

2020年(令和2年)[編集]

3月14日[編集]

各社でダイヤ改正を実施した[1][2][3][4][5][6][7][8]

  • 新幹線
    • 東海道・山陽・九州新幹線[1][9]
      • 号数付番の整理が行われた[注 1]
      • 東海道新幹線で従来の「のぞみ10本ダイヤ[注 2]」に代わり「のぞみ12本ダイヤ[注 3]」が開始された[注 4][10]
      • 東海道・山陽新幹線を直通運転する「のぞみ」がN700Aタイプに統一された[10]ため、直通運転する一部の「のぞみ」上下計112本[注 5]の所要時間が短縮された。これにより、東京駅 - 博多駅間の定期「のぞみ」が4時間台の運転、東京駅 - 広島駅間は定期「のぞみ」の約9割が3時間台での運転となった。
      • みずほ」は、臨時列車1往復が定期化された。また、新たに3往復が福山駅新山口駅に停車するようになった。
      • さくら552号が福山駅にも停車するようになった。これにより、「さくら」全列車が福山駅停車となった。
    • 東北・北海道新幹線[1][11][12][13]
      • 東京駅 - 新青森駅間で「はやぶさ」が3往復増発された。
      • 東京発仙台行き下り列車1本が盛岡・新青森行きに延長された。
    • 上越・北陸新幹線
      • 上野駅 - 高崎駅間に「たにがわ」が1往復増発[注 6]された[14]。上野駅発着の定期列車が設定されるのは、1997年10月1日のダイヤ改正で東北新幹線方面と共に消滅して以来約22年半ぶり。
  • 西日本[5]
    • 特急列車
      • 特急「はるか」に新型車両271系が投入された。これにより、従来平日6本・土休日3本を除き6両で運行していた「はるか」は全列車9両に変更された[1][27][10]
      • 特急「くろしお」の和歌山方面行き2本・新大阪行き3本が日根野駅に新規停車し、「くろしお」の全列車が日根野駅停車となった[1]。また、「パンダくろしお( Smileアドベンチャートレイン)」はこれまでランダムに運用されてきたが、特定の列車に毎日充当されるようになった[注 14][27][28]
    • 普通・快速列車
      • JR宝塚線で、日中時間帯の丹波路快速・快速は、大阪駅~宝塚駅間で通過運転する区間快速に変更された。これに伴い、日中時間帯の普通列車は新三田駅発着から宝塚駅発着に変更された[27]
      • 大和路線JR難波駅和歌山線高田駅を直通する快速の日中時間帯の運転が取り止められた。代替として、王寺駅 - 高田駅間で普通列車が運転される[27]
      • 一部6両編成で運転されていた「大和路快速」が全列車8両編成となり、大阪環状線の列車は特急列車を除いて8両編成に統一された[27]
      • 西九条駅構内の配線が一部変更されたため、JRゆめ咲線では平日朝方に2往復増発された[27]
      • 奈良線では、土曜・休日の「みやこ路快速」が全列車6両編成で運転されるようになった[27]
      • きのくに線では、113系2両編成で運転されていた御坊駅 - 紀伊田辺駅間の普通列車(ワンマン)が227系に置き換えられ[28]、車庫への出入庫を兼ねて運転されていた日根野駅 - 紀伊田辺駅間直通の普通1往復は和歌山駅で系統分割された。これにより、阪和線は特急以外の全列車が223系・225系に統一された。
      • 日中の伯備線岡山駅 - 備中高梁駅間を結ぶ普通列車3往復は総社駅折り返しに見直された。3往復のうち岡山駅を発車する、倉敷方面、総社行きの列車は、10時40分発、11時41分発、12時17分発である。
      • 2018年10月の豪雨災害復旧暫定ダイヤより曜日を問わず同じダイヤで運行していた山陽本線糸崎駅 - 岩国駅間・呉線可部線芸備線三次 - 広島間において、平日ダイヤと土休日ダイヤを分離した[29]
      • 山陽本線の西条 - 広島間・広島 - 岩国間で快速「シティライナー」の運転を再開した[注 15][29]
      • 宇部線において従来休日運休となっていた[注 16]列車が毎日運行となり、時刻が毎日同じとなった[29]
      • 終電時間の繰り上げにより、一部列車が運行を取り止めた。
  • 四国[6]
    • 特急列車
      • 特急「南風」の3往復が宇多津駅に停車するようになった。これにより、「南風」の全列車が宇多津駅停車となった[1]。また、南風6号の始発駅が中村駅から高知駅に変更され、「南風」の全列車の運転区間が岡山 - 高知間に統一された。
    • 普通・快速列車
      • 高松駅を10時台〜15時台に発車する快速「マリンライナー」・快速「サンポート」・予讃線普通列車の発車時刻がパターン化された。
      • 各路線で、朝晩を中心に、列車の運行時刻・区間が見直された。
  • 貨物[8][31]
      • JR松山駅付近連続立体交差事業に伴い、現在の松山駅(貨物)が予讃線の北伊予駅 - 伊予横田駅間へ移転し、あわせて松山貨物駅に改称された[1][10]
    • 貨物列車

5月7日[編集]

6月6日[編集]

8月8日[編集]

  • 九州
    • 熊本地震の影響により長らく不通となっていた豊肥本線が全線で運転を再開した。
    • 九州横断特急の運転区間が震災前の熊本 - 別府間に戻った。このうち、71号と74号は土休日だと「あそぼーい!」として運行される。
    • 熊本 - 宮地間の特急「あそ」が設定された。

11月1日[編集]

2021年(令和3年)[編集]

3月13日[編集]

各社でダイヤ改正を実施。

前年からの新型コロナウイルス感染症の世界的流行により多くの鉄道会社で輸送人員が減少した影響を受け、優等列車・普通列車とも減便が目立つ改正となったほか、夜間時間帯の利用者が特に減少している点及び終電後の保守作業時間確保の観点から、JR東海を除く各線で終電の繰り上げを実施した。また、これに追随する形で多くの私鉄各社が同日にダイヤ改正を実施し、終電の繰り上げや減便が実施された。

  • 新幹線
    • 東海道・山陽・九州新幹線[34]
      • 東海道・山陽区間では、前年夏より営業運転を開始した「N700S」の増備に伴い運用が一部固定化された。
      • 山陽区間の一部「こだま」の運行を取りやめ。
      • 九州区間では「つばめ」と「さくら」を合わせ、全体の約1割にあたる15本が削減され、筑後船小屋駅始発・終着の「つばめ」が消滅。
    • 東北・北海道・上越・北陸新幹線 共通事項
      • 上野 - 大宮間の最高速度を130km/hに引き上げたことにより、所要時間が1分程度短縮された。
    • 東北・山形・秋田・北海道新幹線[35][36][37]
      • 「はやぶさ」が1往復(20号・37号)が削減された。
      • 「はやぶさ・こまち45号(新青森・秋田行)」が上野駅に新規停車。
    • 上越・北陸新幹線[38][39]
      • 越後湯沢駅以北におけるE4系16両編成の運行が終了した。
      • 一部の「つるぎ」を平日のみの運行とした。
  • 北海道[37]
    • 特急の大幅な見直しが行われ、特急「北斗」や特急「カムイ」などが減便(一部は臨時列車化)されたほか、特急「大雪」の全列車と特急「サロベツ」1往復は閑散期の火〜木曜日に運休となる臨時列車に格下げされた。
    • 苫小牧地区と旭川地区の普通列車にH100形が投入され、室蘭本線宗谷本線(旭川〜名寄間)などで営業運転を開始した。
    • 本改正でも利用客の少ない駅の見直しが行われ、函館本線宗谷本線石北本線釧網本線で合わせて18駅が廃止された。
  • 東日本[40]
    • 在来線特急列車
      • 踊り子」の使用形式をE257系に統一。後述のライナー列車廃止と合わせて185系は定期運用から離脱、JR東日本管内における国鉄型特急車両の定期運用が終了した。
        • これに伴い、臨時列車として設定されていた我孫子駅発着の列車が廃止された。
      • 「湘南ライナー」「おはようライナー新宿」「ホームライナー小田原」をすべて廃止し特急「湘南」に格上げされた。これにより、215系は定期運用から離脱した。
      • その「踊り子」「湘南」では本改正にて、普通車のすべての座席が指定可能となるなどの新たな着席サービスが導入された。これに伴い、これまで特急料金が設定されていなかった伊豆箱根鉄道駿豆線内(三島駅 - 修善寺駅間)においても、本改正にて特急料金が設定された。
      • 「成田エクスプレス」では高尾駅発着の列車(2往復)が、八王子駅発着に見直されたほか8号の行き先が新宿行きから池袋行きに延長された。
      • 上野発22時台終わりの「スワローあかぎ」10号が廃止となった。
      • 休日の「あかぎ」の指定席をグリーン車含めて5両に拡大した。
        • 前橋駅発着は高崎駅発着に見直された。
    • 首都圏在来線
      • 東海道線の快速「アクティー」の日中および上りの運行と通勤快速を廃止し、「アクティー」は夜の東京発下り2本のみに。これにより、特急を除く日中の速達列車は湘南新宿ライン特別快速だけになった。
      • 宇都宮線・高崎線の通勤快速を廃止し、それぞれ「ラビット」と「アーバン」に統一。
      • 宇都宮線快速の停車駅に東大宮駅を追加。
      • 常磐線各駅停車では、土曜・休日における我孫子駅 - 取手駅間の運転が取り止められた。自動列車運転装置(ATO)を使用した運行が開始された。
      • 千葉地区では新型車両E131系0番台が投入されワンマン運転が開始された。また内房線・外房線でも日中を中心に木更津駅 - 安房鴨川駅 - 上総一ノ宮駅間直通の列車が設定されワンマン運転が開始された。
      • 水戸線では、常磐線直通列車を含む全列車でE531系5両編成によるワンマン運転が開始された。
      • 215系の定期運行終了に伴い、臨時快速「ホリデー快速ビューやまなし」が廃止された。
      • 機関車と長物車を用いたレール輸送が終了し、キヤE195系気動車によるレール輸送に置き換えられた。
    • その他の在来線[38][35]
      • 東日本台風で被災した水郡線は3月27日に全線で復旧した。
      • 奥羽本線では、秋田市内に泉外旭川駅が開業した一方、福島市内の赤岩駅が廃止された。
      • 東北本線(仙台地区)では、輸送障害発生時の影響範囲縮小の観点から、日中時間帯は福島駅 - 白石駅間と白石駅 - 仙台駅間に系統分割され(白石駅では同一ホームで相互連絡)、快速「仙台シティラビット」が普通列車に変更される形で廃止された。
      • 「らくらくトレイン村上」が廃止され、「おはよう信越」と「らくらくトレイン信越」が「信越」に統合された。
      • 秋田・青森地区では、キハ40系の一般車が運行を終了し、男鹿線の全列車が蓄電池電車EV-E801系(ACCUM)に置き換えられたほか、五能線の「リゾートしらかみ」を除く全列車と奥羽本線・津軽線の一部列車がGV-E400系に置き換えられた。
      • 青森発着の快速「しもきた」が廃止され、代わりに大湊線内で完結する快速「しもきた」が設定された。
    • その他の事項
      • 交通ICカード入場サービス「タッチでエキナカ」のサービスを開始し、Suica、PASMOなどといった交通ICカードを入場券の代わりに使うことができるようになった。ただし、定期券の区間内で「タッチでエキナカ」を試みると、システム上運賃が引かれないが、規定により悪用を禁じている。
  • 東海[41]
    • これまでTOICAが使用できなかった会社境界線の駅である国府津駅熱海駅米原駅でTOICAが使用できるようになった。ただし、エリアを跨いでの利用はできない。
      • 国府津駅発着で東海道本線の熱海以西を跨いだ場合、国府津 - 御殿場線 - 沼津経由として運賃が計算されるため注意が必要である。
    • 列車面では、一部列車の時刻修正及び鳥羽駅の0番線使用停止[42][43]など一部の設備使用見直しのみに留まった。
      • 減便、終電繰り上げは実施されなかった。
  • 西日本[44]
    • 在来線特急列車
      • 一部の「はるか」が9両編成となった。これにより休車となっていた271系の運行が再開された。
      • はしだて」1号・6号の時刻を変更し、天橋立の滞在時間が増加した。
      • はまかぜ」「びわこエクスプレス」が全車指定席となった。
        • 「びわこエクスプレス」については、新たに南草津駅にも停車するようになった。
      • らくラクはりま」の運行区間を新大阪駅まで延長し、おおさか東線および東海道新幹線への乗り換えを改善した。また、大久保駅を停車駅に追加した。
      • 夕方の下り「こうのとり」が新たに西宮名塩駅に停車するようになった。
      • 「サンダーバード」「くろしお」「こうのとり」「きのさき」の一部列車が週末および土曜・休日を中心とした運転に見直されたほか、「はるか」は改正前30往復のうち19往復(日中は全列車)が臨時列車に格下げ。また「ダイナスター」1往復の運転も取り止められた(臨時列車に格下げ)。
    • 京阪神地区在来線
      • 関西本線亀山駅 - 加茂駅間、紀勢本線(きのくに線)の紀伊田辺駅 - 新宮駅間、山陰本線園部駅以北、舞鶴線福知山線篠山口駅以北でICOCAの使用が開始された。
      • 和歌山地区では、227系(1000番台)がきのくに線・紀伊田辺駅 - 新宮駅間の普通列車にも投入され、関西エリアから105系の定期運用が消滅した。
      • 大阪環状線では、土曜・休日の10時台から12時台における京橋駅 - 桜島駅間の一部列車が廃止または大阪駅発着に短縮された。また桜島線で平日朝方の一部列車の運転が取り止められた。
      • 山陰本線では、朝方の園部方面行きの快速列車が普通列車に変更されたほか、日中の時間帯の一部が園部駅~胡麻駅間の運行に見直された。
      • 湖西線では、日中の近江舞子駅発着の普通列車の一部が堅田駅発着に見直された。また、土曜・休日における京都駅 - 堅田駅間の運転は廃止された。
      • 福知山支社管内は山陰本線(園部駅 - 鳥取駅間)・舞鶴線・播但線(寺前駅 - 和田山駅間)の快速列車が普通列車に変更され、播但線・寺前駅 - 和田山駅間の普通列車1往復が豊岡駅直通になった。
    • その他の在来線
      • 七尾線では普通列車が521系に統一され、同線でICOCA(車載型改札機)の使用が開始された。これに伴い、415系800番台413系の運行が終了した。413系には最後の急行型電車として知られていたクハ455形700番台も含まれていたため、急行型電車のJRにおける定期運用が完全に終了となった。
  • 九州[34]
    • 大分駅発最終列車の時刻がこれまでの23時40分発から10分繰り上がり、23時30分発に変更。
    • 長崎地区におけるキハ200系の定期運用が終了した。
    • 有明」が廃止された。
  • 夜行列車
    • 前述の特急「湘南」の運行開始に伴い、寝台特急「サンライズ出雲・瀬戸」出雲市・高松行の東京駅発車時刻がこれまでの22時00分から21時50分に繰り上げられた(熱海駅から先は改正前のダイヤを踏襲)。
    • 185系の老朽化と新型コロナウイルス感染症拡大に伴う生活様式の変化に伴い[46]、臨時快速「ムーンライトながら」を廃止。「大垣夜行」から続く東京 - 大垣間での夜行快速の歴史に終止符が打たれた。
  • 貨物
    • 大手運送会社のブロックトレインが増発された。安治川口駅盛岡貨物ターミナル駅間では福山通運の専用列車「福山レールエクスプレス」が(運行開始は同年3月23日)[47]名古屋貨物ターミナル駅福岡貨物ターミナル駅では西濃運輸の混載列車「カンガルーライナー」が(運行開始は同年3月29日)、それぞれ1往復ずつ増発された[48]。なお、この他に東京貨物ターミナル駅東福山駅で、西濃運輸の「カンガルーライナー」1往復が新たに設定されていたが、こちらの運行開始は同年10月5日となった[49]。(鉄道貨物協会発行の「2021貨物時刻表 2021年3月ダイヤ改正」には掲載されていた。)
    • 名古屋地区で運行していたDD51形ディーゼル機関車の運行が終了、1962年の登場以来、59年間続いていた定期運用が消滅した。
    • この他にも国鉄型機関車の運用が削減され、関東地区へのEF64形の乗り入れが終了した。

10月2日[編集]

JR西日本で昼間時間帯の減便を中心としたダイヤ改正を実施[50]。なお、時刻の変更はないがJR東日本では上越新幹線で「Max」の定期運用終了による運用変更が同日に行われたため、こちらについても記述する。

  • 新幹線
    • 上越新幹線
      • 前日を以てE4系「Max」の定期運用を終了、E2系とE7系に統一された。
        • 大きなトピックとして、最速列車である「とき」311・312号の使用車両がE2系からE7系に変更された。
  • 西日本
    • 京阪神地区[51]
    • 北陸地区[52]
      • 小浜線は全区間で一部列車の運転を取りやめ。また、下り終電は東舞鶴発の小浜行きを21時台から20時台、敦賀発の小浜行き終電を22時過ぎから21時半過ぎに見直し。
      • 越美北線福井駅 - 越前大野駅間において、越前大野発4時台と福井発6時半などの列車の運転を取りやめ。これにより、越美北線の始発列車は上りが九頭竜湖発5時台・越前大野発6時台の福井行き、下りが福井発9時過ぎの九頭竜湖行きとなる。
      • 城端線で全ての列車をワンマン運転化。
    • 和歌山地区[53]
    • 北近畿地区[54]
      • 山陰本線園部駅 - 胡麻駅間と豊岡駅 - 城崎温泉駅間において土休日の一部列車の運転を取りやめ。
      • 山陰本線浜坂駅 - 鳥取駅間の終電を繰り上げ。同区間の終電は下りが浜坂発22時半過ぎの鳥取行き、上りが鳥取発21時台の浜坂行きとなる。
    • 岡山地区[55]
    • 広島・山口地区[56]
      • 芸備線では三次発19時半の備後落合行きを備後庄原止まりとし、備後庄原駅 - 備後落合駅間の運転を取りやめ。
      • 福塩線では府中駅 - 三次駅間の1往復を吉舎駅 - 三次駅間の運転とし、府中駅 - 吉舎駅間の運転を取りやめ。また、同区間で一部列車の時刻を変更。
      • 山陽本線岩国駅 - 小月駅間で保守工事を行うため、毎週月曜日の昼間時間帯において一部列車の運転を取りやめ。
    • 山陰地区[57]
      • 山陰本線鳥取駅 - 浜田駅間、伯備線根雨駅 - 米子駅間、因美線智頭駅 - 鳥取駅間、境線において運転区間・時刻の見直し、一部の快速列車を普通列車に変更。
      • 木次線を除く各線区で終電を繰り上げ。
        • 山陰本線鳥取駅 - 浜田駅間
          • 米子発倉吉・鳥取方面の上り最終は21時台の鳥取行き(倉吉駅 - 鳥取駅間への最終列車)と22時過ぎの倉吉行き(米子駅 - 倉吉駅間への最終列車)となる。下りは変更なし。
          • 米子駅 - 出雲市駅間は23時台の最終を廃止し、22時台に繰り上げ。
          • 出雲市駅 - 浜田駅間は下りが出雲市発21時半過ぎの浜田行き(22時半過ぎの大田市止まりは廃止)、上りが浜田発21時台の出雲市行き(22時台の江津止まりは廃止)となる。
        • 境線は22時台前半(土日祝は21時台)に繰り上げ。
        • 伯備線は上りの米子発22時台の根雨行き(平日のみ運転)を廃止し、21時台の新見行きが上り最終列車となる。下りは変更なし。
        • 因美線は鳥取発22時台の智頭行きを廃止し、21時台に繰り上げる。上りは変更なし。

10月11日[編集]

貨物の南福井駅が着発線荷役方式に改良されたことで、取り扱う貨物列車の本数が上下で1本ずつ増加した。

2022年(令和4年)[編集]

3月12日[編集]

各社でダイヤ改正を実施。前年から引き続き、新型コロナウイルス感染症の影響による旅客の減少を受けて、減便を中心としたダイヤ改正となった。なお、九州については9月23日に西九州新幹線開業を控えている関係で小規模に留まる。

  • 新幹線
    • 東海道・山陽・九州新幹線
      • 東海道・山陽区間では早朝・夜間の「のぞみ」30本を速達化し、下り広島行き最終列車は20時ちょうどに東京発、上り博多発始発列車は10時台に東京着とする[58]
      • 山陽・九州区間では「さくら」4往復8本を臨時列車とし、山陽区間内の「ひかり」・「こだま」の運転区間や運転本数を見直す[59]
      • 九州区間では下り最終「みずほ」の熊本駅 - 鹿児島中央駅間を臨時列車とし、深夜の鹿児島中央発川内行「つばめ」の運転を取りやめ[60]
    • 東北・山形・秋田・北海道新幹線[61]
      • はやぶさ」13本(東京駅 - 仙台駅盛岡駅新青森駅間)、「こまち」2本(東京駅 - 秋田駅間)、「やまびこ」16本(東京駅 - 仙台駅間)、「なすの」1本(東京駅 - 那須塩原駅間)を臨時列車とし、「なすの」1本(東京駅 - 郡山駅間)の運転を取りやめ。
        • これに伴い、E6系が東北新幹線区間を単独で営業運転する列車が設定される。
      • 山形新幹線「つばさ」全列車を全車指定席とし、秋田新幹線「こまち」を含め在来線区間の特急料金を見直す。
        • 新幹線区間にまたがって利用する場合と在来線区間のみ利用する場合の料金を共通とし、指定席料金相当額の二重取りを解消する[62]
        • 車両の老朽化に伴い、「とれいゆ つばさ」の運行が終了した。
    • 上越・北陸新幹線[61]
      • とき」4本(東京駅 - 新潟駅間)、「たにがわ」2本(東京駅・上野駅 - 高崎駅越後湯沢駅間)、「かがやき」4本(東京駅 - 金沢駅間)を臨時列車とし、「たにがわ」についてはこの他に1本(越後湯沢駅 - 東京駅間)の運転を取りやめ、1本(高崎駅 - 東京駅間)を平日のみ運転とする。
      • 接続する在来線特急列車の運行計画の変更に伴い、「つるぎ」2本を週末中心の運転から毎日運転に変更する[63]
  • 北海道[64]
    • 特急「北斗」と北海道新幹線の接続時間を改善する。
    • 特急「おおぞら」を全列車キハ261系での運転とし、キハ283系の定期運用を一時的に終了するとともに閑散期の一部において4両編成とする。なお、キハ283系は「オホーツク・大雪」に転用される。
    • 特急「ライラック」1往復2本を臨時列車とし、土休日運転の「カムイ」2往復4本の運転日を繁忙期のみに縮小する。
    • 学園都市線において新駅「ロイズタウン駅」の開業に伴い輸送体系を見直すほか、当別町内の2駅が改称される。
    • 根室本線新得駅 - 釧路駅)の全普通列車にH100形が投入され、旭川地区においても石北本線旭川駅 - 上川駅間)に追加投入される。
    • 宗谷本線の東風連駅を移設し、名寄高校駅に改称すると同時に、すべての普通列車と快速「なよろ」が停車するようになった。
    • 土休日を中心に普通列車の運休や編成両数見直しを行い、輸送力の適正化を図る。
    • 本改正でも利用客の少ない駅の見直しが行われ、函館本線・根室本線・宗谷本線で合わせて7駅が廃止された。
  • 東日本[61]
    • 在来線特急列車
      • 東海道線系統[65]
        • 新宿駅池袋駅発着の「踊り子」1往復2本を土休日運転の臨時列車とし、平日の「踊り子」全列車が東京駅発着となる。
        • 湘南」(品川駅・東京駅発着)では朝の上り品川行1本を東京行に延長し、深夜の下り1本を臨時列車とする。
          • 新宿駅発着の列車においては下り1本の運転時刻を新宿駅21:30発から18:25発に変更される。また、全列車が大崎駅に停車する。
          • これに伴う注意点として、藤沢駅では6:54に新宿行きの22号が1番線から、東京行きの4号が3番線からそれぞれ同時刻に発車するため、誤乗に関する注意喚起が行われている。
      • 中央本線系統[66]
        • あずさ」2往復4本について甲府駅 - 松本駅間での運転を取りやめ、「かいじ」に変更する。
          • 上記の代替として前後に運転される「あずさ」の途中停車駅を追加し、全列車が立川駅上諏訪駅に停車する。
        • 「あずさ」1本、「かいじ」2本が新宿駅発着から東京駅発着に延長され、運転間隔の見直しも行われる。
        • 竜王・甲府発の上り始発特急となる「かいじ2号」の運転時刻を繰り上げ、新宿駅着を8時台とする。
        • 下り「はちおうじ」「おうめ」の運転時刻を見直し、「はちおうじ」については1本の運転を取りやめ1本は臨時列車とする。
        • 多くの列車が9両編成に変更となり、余剰となった付属編成は多客期を中心に臨時特急「信州」を運行する。
      • 常磐線系統[67]
        • ひたち」1本(3号)、「ときわ」2本(土休日4本)が上野駅発着から品川駅発着に延長され、土休日は全列車が品川駅発着となる。
        • 「ときわ」については朝の上り2本、夕方以降の下り3本の運転を取りやめ、この他に3本の運転区間を短縮する。
      • 成田エクスプレス[68]
        • 日中時間帯を中心に千葉駅に1時間1本程度が停車する。これに伴い、日中の一部列車の運行を再開する。
        • 新宿 - 大宮間の運行を廃止とし、新宿駅発着に短縮する。
      • その他の特急列車
        • スワローあかぎ」では2号の始発駅を熊谷駅から本庄駅に延長するほか、朝の上り1本の運転時刻を上野駅着10時台から7時台に変更し、夜間の下り2本を臨時列車とする[69]
        • さざなみ」では朝の上り1本の運転時刻を東京駅着9時台から8時台に変更する[68]
        • しおさい」「さざなみ」「わかしお」の一部列車において指定席を拡大し、指定席の号車を編成ごとに統一する[68]
        • いなほ」は秋田駅発着の1往復2本について酒田駅 - 秋田駅間を臨時列車とし、また酒田駅発着の「いなほ」1往復2本が4両編成・グリーン車なし(「しらゆき」編成)での運転となる。
        • しらゆき」1往復2本を削減[70]
    • 首都圏在来線
      • 東海道線、横須賀線山手線中央線快速中央・総武線各駅停車宇都宮線高崎線京浜東北根岸線常磐線快速・常磐線、常磐線各駅停車総武線快速南武線横浜線青梅線京葉線において朝通勤時間帯の列車本数を調整。
        • 上記のうち一部の路線では日中帯や夕夜間帯についても運転本数が見直される。
      • 山手線、京浜東北線では日中の運転間隔を5分に揃え、田端駅と田町駅での同一ホーム接続を改善する。
      • 青梅線では、青梅駅4:35発の各駅停車立川行きを快速東京行きの中央快速線直通運転に変更し、東京駅でのぞみ1号との接続ができるようになる。
      • 総武線快速で2往復4本運転されている通勤快速を廃止し、快速に変更[68]
        • 京葉線の通勤快速、中央線快速の通勤特快、埼京線の通勤快速についても一部列車をより停車駅の多い種別に変更[66][68][69]
      • 南武線の快速列車について土休日の運転時間帯を拡大。
      • 常磐線では日中帯の普通列車1時間3本全てが品川駅発着かつ20分間隔の均等化を図るが、特別快速の運転本数が削減され、土浦駅以北は5両編成の列車への乗り換え、もしくは後ろの10両編成を切り離すなど運転本数や編成両数が見直される[67]
      • 宇都宮線(小山駅 - 黒磯駅間)、日光線相模線では新型車両E131系を投入し、205系(日光線のいろは車両含む)の運転が終了するとともにワンマン運転が実施される[65][69]
        • これに伴い、宇都宮線の宇都宮駅 - 黒磯駅間における普通列車グリーン車の営業と相模線の横浜線八王子駅への乗り入れは終了した。
      • 八高線川越線川越駅 - 八王子駅)では、209系3500番台E231系3000番台4両編成によるワンマン運転が実施される[69]。これにより209系3100番台は運行を終了した。
        • これに伴い五日市線は、中央快速線の八高線乗り入れとの併結運用を取りやめたことにより、ホリデー快速以外の直通運転を終了した[66]
      • 内房線では逆に、朝の一部列車で積み残しが発生したことから、ワンマンからツーマンに変更された。
      • 八高線(高麗川 - 高崎間)では、一部列車が1両での運行となった。
      • 高崎車両センター(髙タカ・高)の再編により、同高崎支所がぐんま車両センター(髙クン・群)にとして発足・改称された。
    • その他の在来線
      • 仙台地区では仙石線仙石東北ラインも含む)のダイヤを全般的に改正し、日中の列車を20分間隔とした。
      • 磐越西線においても郡山駅喜多方駅間のダイヤを全般的に改正し、会津若松駅で系統が分断された[71]。これにより、会津若松駅以西を走行する列車は全て気動車での運転となった。今後、会津若松駅ー喜多方駅では電化設備を撤去する予定としている[新聞 1]
      • 新潟地区では快速「あがの」と「信越」が廃止となり[72]、また115系E127系0番台の定期運用を終了した。
      • 北越急行ほくほく線では、超快速「スノーラビット」が越後湯沢発新井行きの1本のみに減らされた。
        • 超快速の件については、一部区間でJR線内に乗り入れることから掲載している。
      • この他にも一部線区で運転本数の見直しが行われる。
      • 北上線において利用客の少ない矢美津駅平石駅が廃止される[73]
      • 山田線において利用客の少ない平津戸駅が全列車が通過となる。
    • 料金改定
      • 新幹線、在来線特急のグリーン車が値上がりする。
      • シーズン別の指定席特急料金に最繁忙期を追加。主にGW、お盆、年末年始に適用される。
  • 東海[58]
    • 中央線名古屋駅 - 中津川駅間)では、直前の3月5日から新型車両315系が投入され[74]、改正時から快速・普通列車が終日全列車8両編成での運転となる。
      • これに伴い、改正前は10両編成で運転されていた朝時間帯に増発し、輸送力の維持を図る。
      • 車両の動きとして、211系5000番台の廃車が開始されたほか、313系8000番台が東海道線静岡地区に転出し、着席サービスの向上を図る[75]
      • 中津川駅から先の駅(坂下駅南木曽駅松本駅)及び名古屋駅から東海道線岐阜駅への乗り入れは廃止され、特急「しなの」および愛知環状鉄道線瀬戸口駅発着の列車を除き、すべて名古屋駅 - 中津川駅間で完結した運行となる。
      • 改正時の315系の運用列車は、運行区間各駅の時刻表で特定可能[76][77]。平日夕方の愛知環状鉄道線瀬戸口駅への乗り入れ運用にも使用される。
    • 関西線では区間快速が八田駅春田駅に停車する。なお、土休日朝の区間快速は廃止となる。
    • 名古屋駅発の各線は、終電が0時05分発(中央線の普通列車高蔵寺行)となり、それ以降の列車は廃止となる。運転区間短縮、種別変更も併せて行われる。
    • ホームライナーについては中央線と東海道線静岡地区で運転本数などを見直し、東海道線静岡地区では土休日の運転を廃止とし、平日のみの運行とする。「ホームライナー大垣」の上り列車は稲沢線経由とする[78]
    • この改正直前の3月6日に、国鉄時代に製造された車両として最後に残っていた211系0番台が運用を終了、全ての車両がJR東海発足後に製造された車両に統一された[79]
    • 在来線特急列車において、愛称「ワイドビュー」の使用を終了した。
    • 7月1日のHC85系運転開始に備えて特急「ひだ」の編成を見直し、名古屋駅発着の全列車にグリーン車が連結されるようになった。
  • 四国[83]
    • 高徳線徳島駅 - 板野駅間)、鳴門線でパターンダイヤを導入し、日中の発車時刻を分かりやすくする。
    • しまんと」1往復2本の運転を取りやめる。
    • 快速「マリンライナー」の最終列車を上下線とも1本繰り上げた。特に下り最終のマリンライナーは日本一遅い終電(高松駅1時20分着)だったことから、日本一遅い終電の座を東武野田線七光台駅1時16分着)に明け渡した。
    • しおかぜ」「いしづち」の最終列車は、松山行きから伊予西条止まりに見直し。
  • 貨物
    • 高松貨物ターミナル - 松山貨物駅間に平日に1往復運転される列車で、伊予西条 - 松山貨物駅間の運行をJR四国に委託していたが、これを解消して全区間でJR貨物の乗務員が運行、これにより、旅客鉄道の乗務が運行する貨物列車が全廃される。
    • 越谷貨物ターミナル駅 - 姫路貨物駅間の列車をブロックトレインとし、所要時間を短縮する。
    • 南福井駅広島貨物ターミナル駅発着列車の本数が増加。
    • 本改正でも国鉄型機関車の運用が削減され、中央西線においてEH200形電気機関車の運行を開始した。また、EF67形電気機関車の運行が終了した[84]

6月5日[編集]

新潟駅の高架ホームの全面供用を開始したことにより、在来線の全列車が高架ホームからの発着となった。これに伴い、一部列車で時刻や発着番線の変更が行われた[85]

9月23日[編集]

西九州新幹線(武雄温泉駅 - 長崎駅間)の開業に伴い、九州(九州新幹線を除く)でダイヤ改正を実施[86]

  • 西九州新幹線・西九州エリア在来線
    • 新規開業区間には嬉野温泉駅(新設)・新大村駅(新設)・諫早駅が設けられ、N700S系8000番台6両編成が投入される。
    • かもめ」の名称を西九州新幹線に移行し、在来線の「かもめ」は武雄温泉駅で新幹線に接続する「リレーかもめ」として運転。
      • 西九州新幹線「かもめ」の定期列車は武雄温泉駅 - 長崎駅間で22往復に加えて新大村駅 - 長崎駅間の区間列車が下り2本、上り1本設定され、諫早駅には全列車が停車するが、嬉野温泉駅と新大村駅は一部列車が通過する。
      • 「リレーかもめ」は下り18本、上り16本を運転し(下り4本、上り6本は「みどり」「ハウステンボス」が「みどり(リレーかもめ)」「ハウステンボス(リレーかもめ)」として接続)、885系6両編成または787系8両編成を使用する。
    • 佐世保線の高速化に合わせて「ハウステンボス」と連結しない「みどり」の一部列車に885系を投入し、787系「みどり」の運転を終了する。
    • 新幹線に接続しない博多駅 - 佐賀駅・肥前鹿島駅間の「かもめ」を「かささぎ」に改称し、下り8本、上り9本を運転。
    • 長崎本線・佐世保線の肥前山口駅江北駅に改称し、並行在来線となる長崎本線の江北駅 - 諫早駅間は上下分離区間となる。
      • このうち肥前浜駅 - 諫早駅間は非電化区間となり、原則として気動車(キハ47形リニューアル車[87])で運転される(一部列車は江北駅、長崎駅まで直通)。
      • また、諫早駅 - 長崎駅間についても非電化区間となり、原則としてハイブリッド車(YC1系)で運転される。
      • これに伴い、特急「36ぷらす3」月曜ルートにおける長崎駅乗り入れを終了し、10月3日から博多駅 - 佐世保駅間(佐世保行きのみ肥前浜駅を経由)で運転する[88]
    • 大村線においては新大村駅(新幹線連絡)と大村車両基地駅の2駅が新設され、「シーサイドライナー」の停車駅が見直される。
    • 新たなD&S列車として特急「ふたつ星4047」を武雄温泉駅 - 長崎駅間(長崎行きは長崎本線経由、武雄温泉行きは大村線経由)で運転する。
  • その他在来線
    • 特急「ソニック」については臨時列車化された6往復のうち1往復を定期列車に戻し、福間駅・赤間駅戸畑駅に停車する列車を増やす。
    • 特急「きらめき」(小倉駅 - 博多駅間)夜間1本の運転を取りやめ、朝時間帯の特急「かささぎ」(門司港駅 - 肥前鹿島駅間)に変更する。
    • 特急「九州横断特急」1往復の運転区間を熊本駅 - 別府駅間から熊本駅 - 大分駅間に短縮する。
    • 特急「かわせみ やませみ」は豊肥本線(熊本駅 - 宮地駅間)で土休日を中心に運転する。
    • 特急「A列車で行こう」は三角駅行きのみ網田駅に停車し、片道当たりの乗車時間を拡大する。
    • 鹿児島本線(福岡・北九州エリア)において全時間帯で運行体系を見直す。
      • 朝時間帯の門司港駅 - 荒尾駅間で運転本数などを見直し、定員比で10%程度削減する。
      • 日中時間帯は快速列車の運転を取りやめ、区間快速の快速区間を福間駅 - 二日市駅・鳥栖駅間とする。
      • 夕方以降の時間帯においても小倉駅 - 荒尾駅間において上下線とも毎時1本程度の運転を取りやめる。
    • この他の九州内各線区においても、一部区間で日中時間帯などの運転本数見直しや最終列車の繰り上げが行われる。

10月1日[編集]

JR東日本で2011年(平成23年)7月の豪雨以来運転を見合わせていた只見線会津川口駅 - 只見駅間の運転を再開。これに伴い、只見線全線でダイヤ改正を実施し、会津若松駅 - 只見駅間でワンマン運転を実施する[89]。なお、時刻の変更はないがJR北海道では特急「北斗」において運用変更が同日に行われ、281系の定期運用を終了し全列車が261系での運転となる[90]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 一例として、品川駅6:00始発の「のぞみ」が99号から79号に変更された。
  2. ^ 1時間に「のぞみ」を最大10本運転するダイヤ。
  3. ^ 1時間に「のぞみ」を最大12本運転するダイヤ。
  4. ^ のぞみ10本ダイヤ・のぞみ12本ダイヤ共に臨時列車を含んだ本数で、実際にこの本数で運転するのは繁忙期や一部時間帯のみ
  5. ^ 臨時列車42本を含む。
  6. ^ 上野行きは土曜・休日は運休。
  7. ^ いわき - 岩沼間のうち、すでに部分再開していたいわき - 富岡間・浪江 - 岩沼間の運転本数は変わらない。
  8. ^ 東京側では品川駅発着、ただし、下り1本(3号)は上野始発。
  9. ^ 全列車が下りは奇数、上りは偶数に指定され、下り始発あずさ1号(新宿~松本)に対し、上り始発はかいじ2号(竜王~新宿)・※はちおうじ2号(八王子~東京)・※おうめ2号(青梅~東京)となる。※土曜・休日運休
  10. ^ 1699T列車・東京16:01発→高尾17:01着。
  11. ^ 下り1本・上り2本。
  12. ^ 快速「あいづ」は快速「あいづライナー」の後継として2015年から不定期で運転されているが、こちらは全車自由席である。
  13. ^ 2018年より営業休止中。
  14. ^ 3, 6, 25, 26号。なお、改正後も特定の列車以外の一部列車が「パンダくろしお( Smileアドベンチャートレイン)」で運転されることがある。
  15. ^ 同区間で「通勤ライナー」以外の快速列車が運転されるのは2018年7月の豪雨災害で被災して以来となる。ただし、再開に際して横川駅に新規停車する代わりに宮内串戸駅を通過するため、運行形態は厳密には異なる。
  16. ^ 平日に加え土曜日も運転していた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n 2020年春 ダイヤ改正について (PDF) - 北海道旅客鉄道株式会社・東日本旅客鉄道株式会社・東海旅客鉄道株式会社・西日本旅客鉄道株式会社・四国旅客鉄道株式会社・九州旅客鉄道株式会社・日本貨物鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  2. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 北海道旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  3. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  4. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について~「のぞみ12本ダイヤ」をスタートします!~ (PDF) - 東海旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  5. ^ a b 2020年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  6. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 四国旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  7. ^ a b 新型車両を投入し、通勤・通学をより快適にします ダイヤをよりわかりやすく利用しやすくします (PDF) - 九州旅客鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  8. ^ a b 2020年3月時刻改正 新しい鉄道貨物輸送サービスのご案内 (PDF) - 日本貨物鉄道株式会社プレスリリース 2019年12月13日
  9. ^ 2020年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道株式会社岡山支社プレスリリース 2019年12月13日
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「モハユニ 鉄道記録帳 2020年2月・3月」『RAILFAN』第776号、鉄道友の会、2020年6月、 34-39頁。
  11. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正 (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社プレスリリース 2019年12月13日
  12. ^ a b c 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社仙台支社プレスリリース 2019年12月13日
  13. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社秋田支社プレスリリース 2019年12月13日
  14. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社高崎支社プレスリリース 2019年12月13日
  15. ^ 「特別快速」札幌―新千歳33分 JR北海道がダイヤ改正. 北海道新聞(どうしん電子版). 2020年3月16日配信, 2020年4月12日閲覧.
  16. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社新潟支社プレスリリース 2019年12月13日
  17. ^ 常磐線(富岡駅~浪江駅間)の運転再開について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2020年1月17日
  18. ^ a b 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社水戸支社プレスリリース 2019年12月13日
  19. ^ a b JR東日本ダイヤ改正 一部の「あずさ」峡東3駅に停車. UTYテレビ山梨. 2020年3月15日配信, 2020年4月12日閲覧.
  20. ^ a b c 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) -東日本旅客鉄道株式会社千葉支社プレスリリース 2019年12月13日
  21. ^ a b c d e f g 2020年3月14日(土)ダイヤ改正(多摩・山梨版) (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社八王子支社プレスリリース 2019年12月13日
  22. ^ a b c d e 2020年3月14日(土)ダイヤ改正(甲府版) (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社八王子支社プレスリリース 2019年12月13日
  23. ^ 2020年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社長野支社プレスリリース 2019年12月13日
  24. ^ 岡谷、下諏訪、富士見駅 あずさ停車増を歓迎. 長野日報. 2020年3月15日配信, 2020年4月12日閲覧.
  25. ^ 「あしかがフラワーパーク駅」ご利用の際の運賃・料金の取扱い変更について (PDF) -東日本旅客鉄道株式会社高崎支社プレスリリース 2020年1月31日
  26. ^ 南武線「小田栄駅」の本設化のお知らせ (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社横浜支社プレスリリース 2020年1月28日
  27. ^ a b c d e f g 2020年春ダイヤ改正について (PDF) -西日本旅客鉄道株式会社近畿統括本部プレスリリース 2019年12月13日
  28. ^ a b 2020年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道株式会社和歌山支社プレスリリース 2019年12月13日
  29. ^ a b c 2020年春ダイヤ改正について (PDF) - 西日本旅客鉄道株式会社広島支社プレスリリース 2019年12月13日
  30. ^ 令和2年3月14日ダイヤ改正についてのお知らせ”. 松浦鉄道 (2020年3月10日). 2020年3月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年3月18日閲覧。
  31. ^ 星川功一. 2020年の春どう変わったのか?ダイヤ改正を経た「鉄道貨物輸送」を追う. Get Navi. 2020年3月22日配信. 2020年4月12日閲覧.
  32. ^ EF66形が常磐線へ乗り入れ railf.jp 2020年3月16日
  33. ^ EF210形300番台の運用範囲が拡大 railf.jp 2020年3月15日
  34. ^ a b 2021年3月ダイヤの見直し - 九州旅客鉄道、2020年12月18日
  35. ^ a b 2021年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社仙台支社プレスリリース 2020年12月18日
  36. ^ 2021年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社盛岡支社プレスリリース 2020年12月18日
  37. ^ a b 2021年3月ダイヤ改正について (PDF) - 北海道旅客鉄道株式会社プレスリリース 2020年12月18日
  38. ^ a b 2021年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社新潟支社プレスリリース 2020年12月18日
  39. ^ 2021年3月ダイヤ改正について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社長野支社プレスリリース 2020年12月18日
  40. ^ 2021年3月ダイヤ改正について - 東日本旅客鉄道株式会社プレスリリース 2020年12月18日
  41. ^ “2021年3月ダイヤ改正について~一部の「のぞみ」の所要時間を短縮します!~” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月18日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201218140803/https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040882.pdf 2021年3月14日閲覧。 
  42. ^ JR鳥羽駅時刻表(2020年3月14日改正) (pdf)”. 東海旅客鉄道. 2020年4月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年10月23日閲覧。
  43. ^ JR鳥羽駅時刻表(2021年3月13日改正) (pdf)”. 東海旅客鉄道. 2021年3月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月23日閲覧。
  44. ^ 2021春ダイヤ改正について - 西日本旅客鉄道、2020年12月18日
  45. ^ “2021年3月ダイヤ改正について” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 四国旅客鉄道, (2020年12月18日), オリジナルの2020年12月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201221074207/https://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/2020%2012%2018%2002.pdf 2021年3月14日閲覧。 
  46. ^ ““春”の臨時列車の運転計画について” (プレスリリース), 東海旅客鉄道, (2021年1月22日), https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000040932.pdf 2021年8月24日閲覧。  p.2「臨時の快速「ムーンライトながら」につきましては、お客さまの行動様式の変化により列車の使命が薄れてきたことに加え、使用している車両の老朽化に伴い、運転を終了いたします。」
  47. ^ 福山通運株式会社専用ブロックトレイン「福山レールエクスプレス号」の運転開始について”. 日本貨物鉄道. 2022年3月20日閲覧。
  48. ^ 西濃運輸株式会社混載ブロックトレインの運転開始について”. 日本貨物鉄道. 2022年3月20日閲覧。
  49. ^ 西濃運輸株式会社ブロックトレイン「カンガルーライナーTF60」の運転開始について”. 日本貨物鉄道. 2022年3月20日閲覧。
  50. ^ 2021年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道、2021年7月28日
  51. ^ 2021 年秋ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道近畿統括本部、2021年7月28日
  52. ^ 2021年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道金沢支社、2021年7月28日
  53. ^ 2021 年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道和歌山支社、2021年7月28日
  54. ^ 2021年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道福知山支社、2021年7月28日
  55. ^ 2021年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道岡山支社、2021年7月28日
  56. ^ 2021 年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道広島支社、2021年7月28日
  57. ^ 2021 年秋 ダイヤ見直しについて - 西日本旅客鉄道米子支社、2021年7月28日
  58. ^ a b 2022年3月ダイヤ改正について”. 東海旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  59. ^ a b 2022年春 ダイヤ改正について”. 西日本旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  60. ^ a b 2022年3月にダイヤを見直します”. 九州旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  61. ^ a b c 2022年3月 ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  62. ^ 山形新幹線の全車指定席化と山形・秋田新幹線の特急料金の改定について”. 東日本旅客鉄道仙台支社・秋田支社. 2022年1月12日閲覧。
  63. ^ a b c 2022年春ダイヤ改正について”. 西日本旅客鉄道金沢支社. 2022年1月12日閲覧。
  64. ^ 2022年3月ダイヤ改正について”. 北海道旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  65. ^ a b 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道横浜支社. 2022年1月12日閲覧。
  66. ^ a b c 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道八王子支社. 2022年1月12日閲覧。
  67. ^ a b 2022年3月 ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道水戸支社. 2022年1月12日閲覧。
  68. ^ a b c d e 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道千葉支社. 2022年1月12日閲覧。
  69. ^ a b c d 2022年3月 ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道大宮支社. 2022年1月12日閲覧。
  70. ^ 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道新潟支社. 2022年1月12日閲覧。
  71. ^ 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道仙台支社. 2022年1月12日閲覧。
  72. ^ 2022年3月ダイヤ改正について”. 東日本旅客鉄道新潟支社. 2022年1月12日閲覧。
  73. ^ 2022年3月ダイヤ改正”. 東日本旅客鉄道盛岡支社. 2022年1月12日閲覧。
  74. ^ 22年ぶりの新型車両が名古屋でデビュー! 今週の注目鉄道ニュース” (日本語). 鉄道コム (2022年3月6日). 2022年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月6日閲覧。
  75. ^ JR東海313系、元「セントラルライナー」車両が静岡地区で営業運転”. マイナビニュース. マイナビ (2022年3月17日). 2022年4月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月30日閲覧。
  76. ^ 例:名古屋駅中央線時刻表(平日用、2022年3月12日改正) (pdf)” (日本語). 東海旅客鉄道. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  77. ^ 例:名古屋駅中央線時刻表(土休日用、2022年3月12日改正) (pdf)” (日本語). 東海旅客鉄道. 2022年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  78. ^ 鉄道投稿情報局 平日のみの運転となった「ホームライナー大垣」、稲沢線を走る!”. 鉄道ホビダス. ネコ・パブリッシングカルチュア・エンタテインメント) (2022年3月16日). 2022年3月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月30日閲覧。
  79. ^ JR東海211系0番代 運行終了そして廃車回送” (日本語). 鉄道ホビダス(ネコ・パブリッシング) (2022年3月7日). 2022年3月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月12日閲覧。
  80. ^ 2022年3月12日にダイヤ改正を実施します”. 西日本旅客鉄道近畿統括本部. 2022年1月12日閲覧。
  81. ^ 2022年春ダイヤ改正について”. 西日本旅客鉄道岡山支社. 2022年1月12日閲覧。
  82. ^ 2022年春のダイヤ改正について”. 西日本旅客鉄道広島支社. 2022年1月12日閲覧。
  83. ^ 2022年3月ダイヤ改正について”. 四国旅客鉄道. 2022年1月12日閲覧。
  84. ^ 『貨物時刻表2022』公益社団法人鉄道貨物協会、3/12。 
  85. ^ 新潟駅付近連続立体交差事業 在来線全線高架化切換工事に伴う列車の運休・バス代行輸送計画について - 東日本旅客鉄道新潟支社、2022年5月13日
  86. ^ 2022年9月23日ダイヤ改正 西九州新幹線が開業します 在来線各線区でダイヤを見直します”. 九州旅客鉄道. 2022年6月27日閲覧。
  87. ^ 西九州エリアを運行する キハ 47 形リニューアル車両のデザインについて - 九州旅客鉄道(2022年7月1日、同年7月8日閲覧)
  88. ^ “黒い787「36ぷらす3」 2022年10月3日 「新・月曜日ルート“金の路”」運行開始!” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 九州旅客鉄道, (2022年6月30日), http://www.jrkyushu.co.jp/common/inc/news/newtopics/__icsFiles/afieldfile/2022/06/30/220630_36plus3_getsuyouroute.pdf 2022年6月30日閲覧。 
  89. ^ 2022年10月ダイヤ改正について - 東日本旅客鉄道仙台支社、2022年7月13日
  90. ^ ~28年間ありがとう~ キハ281系車両ラストラン - 北海道旅客鉄道、2022年7月13日

参考文献 [編集]

  • 「JR時刻表」各号(交通新聞社)
  • 「鉄道ダイヤ情報」各号(交通新聞社)

関連項目[編集]


引用エラー: 「新聞」という名前のグループの <ref> タグがありますが、対応する <references group="新聞"/> タグが見つかりません