2019年ウクライナ大統領選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2019年ウクライナ大統領選挙
Вибори Президента України 2019
ウクライナ
2014年 ←
2019年3月31日(第1回)
2019年4月21日(第2回)

→ 2024年

投票率 62.86% (第1回)
62.07% (第2回)
  Візит Зеленського до інституцій ЄС і НАТО у Брюсселі, 2019, 16 (cropped).jpg Official portrait of Petro Poroshenko.jpg
候補者 ウォロディミル・
ゼレンスキー
ペトロ・
ポロシェンコ
政党 国民の僕 無所属
同盟 - 連帯
得票数 13,506,470 4,512,562
得票率 73.22% 24.46%

Результати Виборів Президента України 2019 за округами (перший тур).svg

決選投票の得票結果
ゼレンスキー  ポロシェンコ
投票未実施地域[1]

選挙前大統領

ポロシェンコ
無所属

選出大統領

ゼレンスキー
国民の僕

2019年ウクライナ大統領選挙(2019ねんウクライナだいとうりょうせんきょ、ウクライナ語: Вибори Президента України 2019)は、2019年に実施されたウクライナの大統領を選出するための選挙である。第1回投票が3月31日に行われたが、いずれの候補者も当選に必要な過半数の得票を獲得できなかったため[2]4月21日に決選投票が行われ、ウォロディミル・ゼレンスキーが72.22%の得票率で選挙前大統領のペトロ・ポロシェンコを破り当選した[3]。ゼレンスキーは同年5月20日に大統領に就任した[4]

背景[編集]

選挙に投票する資格があったのは34,544,993人である[5]。しかし、2014年3月にロシアにより行われたクリミア併合クリミア共和国セヴァストポリ連邦市)と、ウクライナからの分離・独立派によるドネツィク州ドネツク人民共和国)とルハーンシク州ルガンスク人民共和国)の一部の占領(2014年4月以降)により、有権者の約12%が選挙に参加できなかった[6][7]。 ウクライナの中央選挙管理委員会は、投票に先立ってロシアにある5つの投票所を全て閉鎖し、第三国のジョージアカザフスタンフィンランドに代替となる投票所を開設した[8]

選挙の最大の争点はロシアへの外交であると報じられた[9]。先述のとおりウクライナは一部の地域が分離派(親露派)による実効支配を受けており、その勢力やロシアへの対応が候補により異なるのである。現職のポロシェンコはウクライナ正教会ロシア正教会からの独立[注釈 1]など、ロシア離れを実績として挙げているが、低所得であることや社会保障が不十分であることなどが国民の不満となった。一方、ゼレンスキーは政治未経験ながら、テレビドラマで大統領へ転身する教師の役を演じた。ゼレンスキーは、分離派(親露派)への融和的な姿勢を見せ、その勢力との紛争は対話で解決すると述べた[12]

選挙を監視するため、17か国および19団体から合計2344人が国際選挙監視団に正式に登録された[13][14]。監視者として登録されているのは139の非政府組織である[15]。 ロシアによる選挙への介入へ警戒する見方もある。日本経済新聞は、ウクライナの政府機関への不正アクセスを試みる攻撃についてロシアによる攻撃であると指摘した専門家がいると報じた[9]

立候補者[編集]

ウクライナの大統領選挙としては過去最多の39人が立候補している[16]。候補者の登録が締め切られる2019年2月8日までに、92人が立候補の届出を中央選挙管理委員会に行った。その中から44人が大統領選への候補者として登録された[17]

登録された候補者[編集]

以下の候補者を含む39人。

撤退した候補者[編集]

中央選管に立候補が受理された44人の候補者のうち5人が、他の候補者の支持に回るなどして選挙戦から撤退した。

世論調査[編集]

Ukraine Presidential Election 2019 eng.png

選挙結果[編集]

候補者 所属政党 第1回投票 決選投票
得票数 % 得票数 %
ウォロディミル・ゼレンスキー 国民の僕英語版 5,713,844 30.24 13,541,528 73.22
ペトロ・ポロシェンコ 無所属 3,014,611 15.95 4,522,450 24.45
ユーリヤ・ティモシェンコ 全ウクライナ連合「祖国」 2,532,326 13.40
ユリー・ボイコウクライナ語版 無所属 2,206,195 11.67
アナトーリイ・フルィツェーンコウクライナ語版 Civil Position英語版 1,306,416 6.91
Ihor Smeshko 無所属 1,141,321 6.04
オレフ・リャシコウクライナ語版 急進党 (ウクライナ)英語版 1,035,988 5.48
Oleksandr Vilkul Opposition Bloc 784,274 4.15
Ruslan Koshulynskyi スヴォボーダ 307,240 1.62
Yuri Tymoshenko 無所属 117,703 0.62
Olexandr Shevchenko UKROP英語版 109,064 0.57
Valentyn Nalyvaichenko Public-Political Movement "Spravedlivost" 43,236 0.22
Olha Bohomolets 無所属 33,966 0.17
Gennady Balashov 5.10 32,872 0.17
Roman Bezsmertnyi 無所属 27,182 0.14
Viktor Bondar Revival 22,565 0.11
Yulia Lytvynenko 無所属 20,027 0.10
Yuriy Derevyanko Volia 19,541 0.10
Serhiy Taruta Osnova 19,034 0.10
Ihor Shevchenko 無所属 18,679 0.09
Inna Bohoslovska 無所属 18,501 0.09
Yurii Karmazin 無所属 15,967 0.08
Volodymyr Petrov 無所属 15,587 0.08
Vitaliy Skotsyk 無所属 15,117 0.08
Serhiy Kaplin Social Democratic Party 14,540 0.07
Oleksandr Moroz Socialist Party of Oleksandr Moroz 13,142 0.06
Viktor Kryvenko 人民ルフ党英語版 9,243 0.04
Vasiliy Zhuravlyov Stability Party 8,633 0.04
Illia Kyva ウクライナ社会党 5,871 0.03
Andriy Novak Patriot Party 5,587 0.02
Oleksandr Vashchenko 無所属 5,504 0.02
Mykola Haber 無所属 5,444 0.02
Oleksandr Solovyev Reasonable Force 5,342 0.02
Ruslan Rygovanov 無所属 5,233 0.02
Oleksandr Danylyuk 無所属 4,672 0.02
Vitalii Kuprii 無所属 4,508 0.02
Arkadiy Kornatskiy 無所属 4,497 0.02
Serhiy Nosenko 無所属 3,114 0.01
Roman Nasirov 無所属 2,579 0.01
無効票・白票 1.18 2.31
合計 18,893,864 100 18,491,837 100
有権者数/投票率 62.8 62.07
出典: 中央選挙管理委員会第1回投票決選投票 (ウクライナ語)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ウクライナ正教会にはキエフ総主教庁系のウクライナ正教会モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会があり、「ウクライナ正教会」を名乗る教派が2つ併存している状況であった。また、主要2教派とは別にウクライナ独立正教会も存在していた。このうち、新生ウクライナ正教会にはキエフ総主教庁系のウクライナ正教会とウクライナ独立正教会、モスクワ総主教庁系のウクライナ正教会に属していた一部の教会が参加することになった[10][11]

出典[編集]

  1. ^ ドンバス戦争紛争地域、ロシアが併合したクリミア地域。
  2. ^ “コメディー俳優がトップ=現職と決選投票へ-ウクライナ大統領選”. https://www.jiji.com/jc/article?k=2019040100191&g=int 2019年4月1日閲覧。 
  3. ^ Вибори Президента України 2019 Центральна виборча комісія” (ウクライナ語). 中央選挙管理委員会. 2019年4月23日閲覧。
  4. ^ “ゼレンスキー新大統領就任=対ロ関係が課題-ウクライナ”. 時事ドットコムニュース. (2019年5月20日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019052000562&g=int 2019年5月26日閲覧。 
  5. ^ Стало известно, сколько граждан смогут проголосовать на президентских выборах в Украине” (ロシア語). Интерфакс-Украина. 2019年2月15日閲覧。
  6. ^ D'Anieri, Paul (9 August 2016). Gerrymandering Ukraine? Electoral Consequences of Occupation. Sage Journals. http://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0888325418791020. 
  7. ^ (ウクライナ語) The CEC unveiled a calendar plan for the presidential election, Ukrayinska Pravda (21 December 2018)、(ウクライナ語) Elections of the President of Ukraine 2019: figures, dates and candidates, Ukrayinska Pravda (14 November 2018)
  8. ^ CEC liquidates all five polling stations in Russia” (英語). Interfax-Ukraine. 2019年1月29日閲覧。
  9. ^ a b “ウクライナ大統領選、39候補が乱立 対ロシア争点”. 日本経済新聞. (2019年3月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43091960Z20C19A3FF8000/ 2019年4月24日閲覧。 
  10. ^ ヴィンニツャ市、顕栄大聖堂の信者、統一されたウクライナ正教会を受け入れる - Ukrinform、2018年12月17日配信。
  11. ^ ドラビンコ主教、モスクワ聖庁から統一ウクライナ正教会へ移籍 - Ukrinform、2018年12月19日配信。
  12. ^ “ウクライナ大統領選三つどもえ、反ロシア姿勢に温度差”. 産経新聞. (2019年2月5日). https://www.sankei.com/world/news/190205/wor1902050022-n1.html 2019年4月24日閲覧。 
  13. ^ CEC: Registration of foreign observers for Ukraine's presidential elections over” (英語). unian.info. 2019年3月26日閲覧。
  14. ^ На виборах президента України буде 2344 міжнародних спостерігачі, їх реєстрацію завершено”. ua.interfax.com.ua. 2019年3月26日閲覧。
  15. ^ CEC: Presidential election will have an unprecedented number of observers” (ウクライナ語). Ukrayinska Pravda (2019年3月19日). 2019年4月23日閲覧。
  16. ^ “ウクライナ大統領選、39候補が乱立 対ロシア争点”. https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43091960Z20C19A3FF8000/ 2019年3月31日閲覧。 
  17. ^ “CEC registers 44 candidates in Ukraine's presidential election”. https://www.ukrinform.net/rubric-elections/2636844-cec-registers-44-candidates-in-ukraines-presidential-election.html 2019年3月31日閲覧。