2019年の気象・地象・天象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の気象・地象・天象(2019ねんのきしょう・ちしょう・てんしょう)では、2019年気象地象水象天象に関する出来事について記述する。

気象[編集]

1月[編集]

  • 1月1日 - 台風1号(パブーク)が1951年の観測開始以来初めて、元日に発生する[1][2]
  • 1月4日 - 台風1号(パブーク)がタイ南部に上陸[3]
  • 1月5日 - 台風1号(パブーク)が、気象庁の監視範囲の東経100度を越え、IMDの監視範囲に入りサイクロンとなる[4][5]
  • 1月12日 - 東京都の都心で初雪を観測した[6]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月17日 - 北海道で本年初の夏日を観測。この日に北海道で夏日を観測するのは、2003年に並んで一番早い[11]

5月[編集]

6月[編集]

  • 6月27日 - 台風3号(セーパット)が発生[12]
  • 6月29日 - 梅雨前線低気圧の影響で九州地方で大雨となった[13]、大雨は長期間続き、鹿児島県熊本県宮崎県では、土砂災害が38か所確認された[14]。また、川の堤防の決壊なども発生し、110万人以上の人に避難指示が出された[15]。鹿児島県では、2人が死亡、5人が軽傷を負い、232棟の住宅で浸水や半壊などの被害が発生した[16]

7月[編集]

地象[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

5月[編集]

6月[編集]

水象[編集]

天象[編集]

1月[編集]

7月[編集]

予定[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 台風1号発生、元日は初 統計上最も早く”. 日本経済新聞 (2019年1月2日). 2019年1月5日閲覧。
  2. ^ 台風1号(パブーク) 元日に南シナ海で発生”. 沖縄タイムス+プラス (2019年1月1日). 2019年1月5日閲覧。
  3. ^ 台風1号、タイ南部で2人死亡 観光地の島々は難逃れる”. AFP (2019年1月5日). 2019年2月3日閲覧。
  4. ^ 台風1号 気象庁の監視域外へ出る 21年ぶりにサイクロンに”. ウェザーニュース (2019年1月5日). 2019年2月3日閲覧。
  5. ^ 台風1号はサイクロンに 22年ぶり観測史上7回目”. 日本経済新聞 (2019年1月14日). 2019年2月3日閲覧。
  6. ^ 東京で初雪を観測 平年に比べて9日遅い観測”. ウェザーニュース (2019年1月12日). 2019年1月20日閲覧。
  7. ^ 平成31年 台風第2号に関する情報”. 気象庁 (2019年2月20日). 2019年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年3月2日閲覧。
  8. ^ 台風2号「ウーティップ」発生”. 日本気象協会 (2019年2月20日). 2019年3月2日閲覧。
  9. ^ 台風2号 2月では初めて猛烈な勢力に”. 日本気象協会 (2019年2月25日). 2019年3月2日閲覧。
  10. ^ 台風2号猛烈な勢力に 2月中に猛烈な勢力は初”. ウェザーニュース (2019年2月25日). 2019年3月2日閲覧。
  11. ^ 北海道で夏日 那覇より暑い 異例の暑さの原因は?”. 日本気象協会 (2019年4月17日). 2019年4月17日閲覧。
  12. ^ 台風3号「セーパット」発生 令和「初」の台風”. 日本気象協会 (2019年6月27日). 2019年6月29日閲覧。
  13. ^ 西日本中心に大雨に警戒 西日本豪雨並みの恐れも”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2019年6月30日). 2019年7月5日閲覧。
  14. ^ 九州3県で土砂災害38カ所 週末は雨予想、警戒継続を”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2019年7月4日). 2019年7月5日閲覧。
  15. ^ 九州大雨 避難指示、110万人超に 鹿児島、宮崎の15市町”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年7月4日). 2019年7月5日閲覧。
  16. ^ 6月29日からの大雨による被害及び 消防機関等の対応状況(第9報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2019年7月4日). 2019年7月5日閲覧。
  17. ^ 台風4号「ムーン」発生”. 日本気象協会 (2019年7月2日). 2019年7月5日閲覧。
  18. ^ 津波引き起こした火山島がまた噴火、インドネシア・スンダ海峡”. AFP (2019年1月2日). 2019年2月4日閲覧。
  19. ^ 熊本県熊本地方を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第9報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2018年1月11日). 2018年1月20日閲覧。
  20. ^ 北海道胆振地方中東部を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第12報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2019年3月1日). 2019年3月9日閲覧。
  21. ^ 台湾東部で地震M6.1、17人負傷”. 日本経済新聞. 日本経済新聞社 (2019年4月18日). 2019年4月18日閲覧。
  22. ^ 日向灘を震源とする地震による被害及び 消防機関等の対応状況(第3報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2019年5月10日). 2019年5月14日閲覧。
  23. ^ 南九州各県で大きな被害はなし 震源は日向灘沖 宮崎震度5弱”. 毎日新聞. 毎日新聞社 (2019年5月10日). 2019年5月14日閲覧。
  24. ^ 山形県沖を震源とする地震による被害及び 消防機関等の対応状況(第11報) (PDF)”. 総務省消防庁 (2019年6月24日). 2019年6月24日閲覧。
  25. ^ 上越も運転再開 新幹線各線、地震で一時運転見合わせ”. 朝日新聞. 朝日新聞社 (2019年6月19日). 2019年6月19日閲覧。
  26. ^ パプアニューギニアのウラウン山が噴火、5000人避難”. フランス通信社. 2019年6月29日閲覧。
  27. ^ 部分日食(2019年1月)”. 国立天文台 (NAOJ). 2019年2月22日閲覧。
  28. ^ 7月3日早朝に皆既日食!NASAが南米チリから生中継(sorae 2019年7月2日)

関連項目[編集]