2019年の文学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の文学(2019ねんのぶんがく)では、2019年文学に関する出来事について記述する。

2018年の文学 - 2019年の文学 - 2020年の文学

できごと[編集]

受賞[編集]

日本国内[編集]


死去[編集]

1月 - 3月[編集]

  • 1月4日 - 横田順彌佐賀県出身のSF作家。73歳没。
  • 1月6日 - 市川慎一、東京府出身のフランス文学者。82歳没[4]
  • 1月12日 - 利沢行夫、栃木県出身のアメリカ文学者。87歳没。
  • 1月27日 - 高橋昌男、東京府出身の小説家・文芸評論家。83歳没。
  • 1月29日 - 橋本治、東京都出身の小説家。70歳没。
  • 2月8日 - 安井侑子、東京府出身のロシア文学者。80歳没。

4月 - 6月[編集]

  • 4月2日 - 鼓直、岡山県出身のラテンアメリカ文学研究者・翻訳家。89歳没。
  • 4月14日 - ジーン・ウルフ、米国の作家。87歳没。
  • 4月17日 - 小池一夫、秋田県出身の漫画原作者・小説家。82歳没。
  • 5月11日 - 阿部牧郎、京都府出身の小説家。85歳没。
  • 5月12日 - ユベール・モンテイエ、フランスの小説家。90歳没。
  • 5月16日 - 加藤典洋、山形県出身の文芸評論家。71歳没
  • 6月3日 - 菊田守、東京市出身の詩人。83歳没。
  • 6月6日 - 田辺聖子、大阪市出身の小説家。91歳没。

7月 - 9月[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]