2019年の台湾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の台湾(2019ねんのたいわん)では、2019年中華民国暦108年)の台湾に関する出来事について記述する。

概要[編集]

国家元首等[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月2日 - 嘉義で「中日会長杯青少年野球招待試合」の最終日[3]
  • 1月3日 - 中国漁船を取り締まるため、海洋委員会海巡署艦隊分署が大型巡視船「台南艦」を澎湖に派遣[4]
  • 1月4日 - 高雄市の中信造船高鼎工場で、自主建造の600トン級巡視船の起工式[5]
  • 1月5日 - 蔡英文が、中国の「一国二制度」に対して、「断固として受け入れない」とする立場を示した[6]
  • 1月6日 - 民主進歩党の主席選挙が実施され、卓栄泰が当選[7]
  • 1月7日 - 内政部刑事局が、ドイツ企業BASFの台湾法人の技術者ら6人を営業秘密法違反の疑いで逮捕したと発表[8]
  • 1月8日 - 「総統府原住民族歴史正義および移行期の正義委員会」の委員22人が、中国の習近平に対して、台湾は先住民古来の「伝統領域」であり中国の領土ではないとする共同声明を発表[9]
  • 1月10日 - アトレ微風南山が台北南山広場に正式開業[10]
  • 1月11日 - 内閣が総辞職し、蔡英文が新たな行政院長として蘇貞昌を任命[11]
  • 1月13日 - 卓栄泰が、民主進歩党の秘書長として羅文嘉中国語版英語版を起用すると発表[12]
  • 1月14日 - 蘇貞昌を行政院長とする新内閣が発足[13]
  • 1月16日 - 国防部が新竹空軍基地で戦闘機のデモンストレーションを行った[14]
  • 1月17日 - 西部の海岸地帯で軍が大規模な演習を行った[15]
  • 1月27日 - 台南市美術館が全館正式開業[16]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 4月15日 - 市消防局が現在も消防署として使用している市定古蹟の旧台南合同庁舎に消防史料館が開館[18]
  • 4月18日 - 花蓮県を震源とするマグニチュード6.1の地震が発生、花蓮県銅門で最大震度7、他の大都市でも震度4から5を記録し、台北市ではビル2棟が傾いた[19]。(2019年花蓮地震中国語版

5月[編集]

6月[編集]

7月[編集]

8月[編集]

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

12月[編集]

周年[編集]

  • 3月19日 - アニメーション型歩行者信号「小緑人」誕生20周年(1999年同日、台北市)。


誕生[編集]

死去[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 内閣総辞職 頼行政院長「恨みも悔いもない」 後任に与党重鎮・蘇氏/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月11日). 2019年1月12日閲覧。
  2. ^ 蘇貞昌氏、2度目の行政院長就任へ意気込み「結果出す」/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月11日). 2019年1月12日閲覧。
  3. ^ 台湾と日本の中学球児が切磋琢磨 南部・嘉義で野球大会”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月3日). 2019年3月3日閲覧。
  4. ^ 大型巡視船が離島・澎湖周辺を警備 中国漁船侵入を阻止”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月4日). 2019年3月3日閲覧。
  5. ^ 国産の600トン級巡視船、高雄で起工式/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月5日). 2019年3月3日閲覧。
  6. ^ 蔡総統、中国の「一国二制度」に再度ノー 国際社会の協力に期待/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月5日). 2019年3月3日閲覧。
  7. ^ 台湾与党主席に蔡派・卓氏 総統選へ党勢立て直し 中台関係「党内で議論」 日本経済新聞 朝刊 (2019年1月7日) 2019年3月3日閲覧。
  8. ^ 中国に半導体技術漏洩 台湾、独BASFの6人逮捕 日本経済新聞 朝刊 (2019年1月8日) 2019年3月3日閲覧。
  9. ^ 先住民代表、習近平氏に向け共同声明「台湾は中国の領土ではない」”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月9日). 2019年3月3日閲覧。
  10. ^ アトレ、ブリーズ南山にオープン 2019-01-09 ワイズニュース
  11. ^ 蔡総統、再選へ内閣刷新 台湾新行政院長に与党重鎮 低所得層支援で立て直し 日本経済新聞 朝刊 (2019年1月12日) 2019年3月3日閲覧。
  12. ^ 与党民進党の秘書長に羅文嘉氏 次期総統選を視野か/台湾”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月14日). 2019年3月3日閲覧。
  13. ^ 台湾新内閣、主要閣僚が留任 日本経済新聞 朝刊 (2019年1月15日) 2019年3月3日閲覧。
  14. ^ 台湾の空軍が戦闘機を報道陣に公開 旧正月中も中国に警戒”. 中央社フォーカス台湾 (2019年1月17日). 2019年3月3日閲覧。
  15. ^ 台湾軍、侵攻想定し大規模演習 背景に対中関係の緊張”. CNN.co.jp (2019年1月18日). 2019年3月3日閲覧。
  16. ^ 台南美術館あす開館 日本時代庁舎再利用の1号館、2号館は坂氏設計/台湾 2019-01-26 フォーカス台湾
  17. ^ 淡水と八里を結ぶ「淡江大橋」、主橋部の工事開始/台湾・新北 2019-03-15 フォーカス台湾
  18. ^ 台湾生まれの日本人男性、幼少期を過ごしたかつての家を再訪 2019-04-14 フォーカス台湾
  19. ^ 花蓮でM6.1地震 17人けが 台北でビル傾く/台湾 2019-04-08 フォーカス台湾
  20. ^ “EXILE AKIRAがリン・チーリンと入籍、舞台「レッドクリフ」で共演し交際半年”. 映画ナタリー. (2019年6月6日). https://natalie.mu/eiga/news/334538 2019年6月6日閲覧。 
  21. ^ 宜蘭の漁港で橋崩落 少なくとも9人が海に転落/台湾”. フォーカス台湾 (2019年10月1日). 2019年10月1日閲覧。
  22. ^ 江今葉 (2019年10月30日). “美參議院通過台北法案 促強化台灣與全球關係” (中国語). 中央通訊社. https://www.cna.com.tw/news/firstnews/201910300037.aspx 2019年10月30日閲覧。 
  23. ^ 張加 (2019年10月30日). “美參議院通過「台北法案」 支持台灣維繫邦交” (中国語). 聯合新聞網. https://udn.com/news/story/6811/4133704 2019年10月30日閲覧。 
  24. ^ 洪翠蓮 (2019年10月30日). “美參院「一致同意」通過台北法案 挺台外交” (中国語). 新頭殼. https://newtalk.tw/news/view/2019-10-30/318694 2019年10月30日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]