2019年の出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2019年の出版(2019ねんのしゅっぱん)では、2019年の出版に関する出来事についてまとめる。

2018年の出版 - 2019年の出版 - 2020年の出版

出版関係の出来事[編集]

出版社の設立・倒産、文庫・新書の創刊、雑誌の創刊・休刊、ミリオンセラーの出版などを記載。特記した場合を除き、創刊、休刊・廃刊、復刊の日付は、それぞれ創刊号、最終号、復刊号の発売日である。

1月[編集]

  • 7日 - 男性週刊誌週刊SPA!』(扶桑社)2018年12月25日号の特集において、女子大学生を性的にランク付けしたり5大学を実名で挙げるなどし、その後ネットなどで批判を受けるなど読者を不快な気分にさせたとして、同誌編集部は謝罪のコメントを発表[1]。また同誌で名指しされた5大学も同社に対して「女性蔑視につながる」として抗議文を送付したり、大学公式ホームページで遺憾とするコメントを掲載[2]。その後同誌は1月22日発売の1月29日号で「チェック体制に不備があった」として改めて謝罪文を掲載した[3]
  • 21日 - 月刊誌『BAdi(バディ)』(テラ出版/技術と人間、1993年創刊)が、この日発売の3月号をもって休刊[4]
  • 21日・22日 - コンビニエンスストア大手のセブン-イレブンローソンは21日、「女性や未成年者、訪日外国人客が来店しやすい環境作りを行う」として共に成人向け雑誌の取扱を8月末までをめどに全店で中止すると発表[5]。また翌22日には同じくコンビニ大手のファミリーマートも直営店など一部で実施している同雑誌の取扱中止を8月末までに全店に拡大。さらに北海道を基盤とするセイコーマートも年内をめどに全店で同雑誌の取扱を中止する考え。既にミニストップ全店が2017年末に同雑誌の発売を中止しており、これにより9割を超えるコンビニで同雑誌が姿を消すことになる[6][7]
  • 24日 - サッカーゲーム雑誌『サッカーゲームキング』(フロムワン発行、朝日新聞出版発売)が、この日発売の3月号をもって休刊、姉妹誌「ワールドサッカーキング」と統合、『サッカーキング』を3月に創刊[8]
  • 31日 - 朝日新聞が、1月12日及び19日に北海道版に掲載した大道芸人ギリヤーク尼ヶ崎を取り上げた記事について、記事の大部分が北海道新聞社が2016年に発行した写真集から盗用したことが判明し、朝日新聞は尼ヶ崎と北海道新聞社に対して謝罪[9][10]。さらに2月7日には記事を執筆した函館支局の記者を停職2か月、また北海道報道センター次長を減給、東京本社編集局長を戒告とする処分を発表した[11]

2月[編集]

3月[編集]

4月[編集]

  • 8日 - 集英社講談社の両社は、発行している漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』と『週刊少年マガジン』などに連載中の作品を期間限定で共同で設置した「少年ジャンマガ学園」サイトを通じて無料配信することを発表[27]
  • 17日 - 女性誌『Mer』(学研パブリッシング)が、この日発売の6月号をもって休刊、ウェブメディアに移行[28]
  • 19日 - 2015年4月に『週刊文春』(文藝春秋)が女優ののん(当時の芸名は能年玲奈)にパワハラを行ったと報道したことについて所属事務所と社長が「名誉毀損に該当する」と文藝春秋などを相手に損害賠償を求めた裁判で、東京地裁は事務所側の言い分を全面的に認めて文藝春秋に合わせて660万円を支払うように命じた。一方文藝春秋は判決を不服として東京高裁に即日控訴[29]。しかし9月26日に文藝春秋側の控訴を棄却し、440万円を支払うよう命じた[30]
  • 25日 - 月刊誌『パリティ』(丸善出版、1985年9月創刊)が、この日発売の5月号をもって休刊[31]
  • 26日 - 週刊誌『奈良日日新聞』(奈良日日新聞社)が休刊[32]

5月[編集]

  • 1日 - 2014年6月に休刊したファッション雑誌『egg』(大洋図書)が5年ぶりに復刊[33][34]
  • 18日 - 作家・百田尚樹が2018年に刊行した『日本国紀』を同じく作家の津原泰水が批判したことに反発し、同書を発行した幻冬舎社長の見城徹が5月16日に自身のTwitterで津原が出版した単行本の実売部数などを暴露したことについて、見城はこの日までに謝罪すると同時に当該ツイートを既に削除したことを公表。これについては多くの作家や文芸関係者などから批判が出ていた[35]。なお見城は5月20日にTwitterへの書き込みを終了することを宣言[36]。また幻冬舎も5月23日に公式サイト上で謝罪文を掲載した[37]
  • 22日 - 文藝春秋は、4月5日に発売した男性タレントのデジタル写真集について、当該タレントが大麻取締法違反でこの日逮捕されたことを受け一旦発売を中止した。6月には紙媒体で出版される予定だった[38]

6月[編集]

  • 4日 - 朝日新聞出版は、女優・声優の春名風花が昨年8月に出版した絵本『いじめているきみへ』について、絵本の挿絵がネット上にあった写真を模写したものだったことが判明したとして発売を停止したことを挿絵担当者の謝罪文と共に公式サイト上で発表。これを受け春名も同日に自身のブログで謝罪。翌5日には自身のTwitterで販売停止に至った経緯を説明した[39]
  • 6日 - 出版取次の日本雑誌販売が事業継続が困難となったとしてこの日に債務処理を弁護士に一任したことが6月10日に判明[40]。その後7月31日に東京地裁に破産を申請した[41]
  • 20日 - この日発売の『週刊新潮』の中で、タレント・映画監督のビートたけし(北野武)に関する特集の内容について、所属事務所が「事実無根の報道であり断じて許されない。法的措置を取ることにした」とマスコミ各社に対してFAXにて表明した[42][43]

7月[編集]

  • 1日 - ぶんか社は自動車系やファッション系の出版社(文友舎)と写真週刊誌などの出版社(楽楽出版)を分社化[44]
  • 10日 - 月刊誌『ホリデーオート』(モーターマガジン社)が、この日発売の8月号をもって休刊[45]
  • 22日 - 講談社ビーシーは、2018年11月に刊行した子供向けの知育図鑑『はじめてのはたらくくるま 英語つき』について、「自衛隊を取り上げた特集が不適切である」との読者からの指摘を受けて以後増刷を行わないことを発表[46]
  • 29日 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)の社外向け広報誌『JR EAST』2019年6月号で、委託先の編集プロダクションが6年前に掲載した大学教授のインタビュー記事をそのまま転用する形で実在しない人名を用い、一部内容を改変した上で顔写真を画像処理するなどの不正を行っていたことが判明。同社は同誌7月号でお詫びの文章を掲載すると同時に休刊することを決定した。不正は掲載された教授本人からの指摘で発覚した[47][48]

8月[編集]

  • 7日 - 月刊誌『SALTY!』(ソルティー)など釣り関連雑誌の出版を手掛けていたアトリエ・ボイルが東京地裁から破産開始決定を受ける(8月15日に判明)。SALTY!も2018年10月号をもって休刊となっていた[49]
  • 26日 - 月刊声優情報誌『Pick-up Voice』(EMTG)が、この日発売の10月号をもって休刊[50]
  • 月内 - 風俗誌『俺の旅』(ミリオン出版)が、売上の9割を占めるコンビニでの成人誌販売取りやめに対応、8月号をもって休刊[51]

9月[編集]

  • 2日 - 小学館は、この日発売の『週刊ポスト』で「韓国なんていらない」と題する特集の内容について、一部の作家や随筆家からSNS等で「差別的だ」、「今後同誌掲載のエッセーを休止する」、「今後同社の仕事はしない」などと批判が相次いだことを受け、「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」との謝罪コメントを発表した[52]

10月[編集]

11月[編集]

  • 1日 - 競馬雑誌『スピード馬券王』などの編集を手掛けていたシーロック出版社及び同社の関連会社であるデジタルビューがこの日付けで事業を停止。弁護士に破産申請を一任したことが11月6日に判明。今後東京地裁から破産開始決定が下される見通し[56]
  • 6日 - 不動産情報誌『住宅新報』を発行していた神谷町管理(旧・住宅新報社)及び関連会社で広告代理業の神谷町ビジネス管理(旧・住宅新報ビジネス社)が東京地裁から破産開始決定を受ける(11月13日に判明)。なお住宅新報については新規設立した別会社により発行が継続されている[57]

出典[編集]

  1. ^ “「週刊SPA!」編集部が謝罪 女子大生めぐる性的表現”. 産経新聞. (2019年1月7日). https://www.sankei.com/life/news/190107/lif1901070030-n1.html 2019年1月7日閲覧。 
  2. ^ “○○○○女学院大「女性の名誉傷つける」性的ランク付けに女子大が厳重抗議”. サンケイスポーツ. (2019年1月9日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190109/sot19010910440004-n1.html 2019年1月10日閲覧。 
  3. ^ “「性」チェック態勢不備と改めて謝罪 「週刊SPA!」最新号で”. 産経新聞. (2019年1月21日). https://www.sankei.com/entertainments/news/190121/ent1901210006-n1.html 2019年1月22日閲覧。 
  4. ^ 「月刊誌バディ」休刊のお知らせ 2019年3月号(2019年1月21日発売)をもって休刊になります”. badi.tokyo (2018年12月23日). 2019年1月1日閲覧。
  5. ^ “セブン、ローソンが成人向け雑誌販売中止へ”. 産経新聞. (2019年1月21日). https://www.sankei.com/economy/news/190121/ecn1901210024-n1.html 2019年1月23日閲覧。 
  6. ^ “ファミマも成人誌販売中止に 8月末までに全店舗、国内9割超のコンビニから姿消す”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年1月22日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190122/eco19012217470005-n1.html 2019年1月23日閲覧。 
  7. ^ “ファミマとセイコーマートも 成人誌販売終了広がる”. 日本経済新聞. (2019年1月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40321710S9A120C1TJ2000/ 2019年1月23日閲覧。 
  8. ^ SOCCER GAME KINGトップ”. 朝日新聞出版. 2019年3月17日閲覧。
  9. ^ 地域面(北海道版)の連載中止、記事取り消しとおわび”. 朝日新聞社広報部 (2019年1月31日). 2019年2月1日閲覧。
  10. ^ “朝日新聞、写真集から盗用 函館支局記者、連載記事で”. 産経新聞. (2019年1月31日). https://www.sankei.com/affairs/news/190131/afr1901310029-n1.html 2019年1月31日閲覧。 
  11. ^ “朝日新聞社、記者を停職2カ月「意図はなかったが、事実上の盗用」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年2月7日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190207/sot19020716210007-n1.html 2019年2月8日閲覧。 
  12. ^ “(有)モーニングデスク~月刊誌「シアターガイド」を出版していた~【破産開始決定】”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年2月5日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20190205_02.html 2019年2月5日閲覧。 
  13. ^ KADOKAWAから新文芸レーベル「ドラゴンノベルス」が創刊!”. PR TIMES (2019年1月8日). 2019年1月11日閲覧。
  14. ^ 「メンズジョーカー」が休刊へ、ウェブサイトは継続”. FASHIONSNAP.COM (2019年1月17日). 2019年4月13日閲覧。
  15. ^ 人気サッカー雑誌「ワールドサッカーキング」休刊、3月以降は総合月刊誌を創刊”. スポーツニッポン新聞社 (2019年2月16日). 2019年3月17日閲覧。
  16. ^ “デイズジャパン、性暴力問題検証記事を掲載する3月号の発売延期”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年2月15日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190215/sot19021513130009-n1.html 2019年2月15日閲覧。 
  17. ^ “ZOZO法的措置も、剛力彩芽の面接官報道を否定”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年2月15日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201902150000377.html 2019年2月16日閲覧。 
  18. ^ “採用面接に剛力彩芽報道、ZOZOが反論「事実と異なる」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2019年2月16日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190216/geo19021605000005-n1.html 2019年2月16日閲覧。 
  19. ^ 『たとえ灰になっても』ご愛読の皆様へ”. ヤングガンガン編集部 (2019年2月27日). 2019年3月1日閲覧。
  20. ^ “漫画家の鬼八頭かかしさんが死去。代表作『たとえ灰になっても』は、第56話で連載中止”. ハフポスト日本版. (2019年2月27日). https://www.huffingtonpost.jp/entry/story_jp_5c757234e4b0bf166204207e?ncid=other_trending_qeesnbnu0l8&utm_campaign=trending 2019年2月27日閲覧。 
  21. ^ “(株)地球丸~アウトドア系出版社、「LOG HOUSE MAGAZINE(ログハウスマガジン)」などを発刊~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年2月28日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20190228_01.html 2019年3月1日閲覧。 
  22. ^ “(株)医薬ジヤーナル社~月刊誌「医薬ジャーナル」などを発刊していた~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年3月5日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20190305_4.html 2019年3月6日閲覧。 
  23. ^ デザイン専門誌「MdN」が休刊、Web媒体に移行へ 「ニーズに適した情報発信が困難に」”. ITmedia ビジネスオンライン (2019年1月10日). 2019年1月11日閲覧。
  24. ^ 季刊『My Calendar』(マイ カレンダー) 2019年Spring号 本日創刊!”. PR TIMES (2019年3月22日). 2019年3月24日閲覧。
  25. ^ 雑誌「出版ニュース」が休刊へ 75年の歴史に幕”. 朝日新聞 (2018年10月10日). 2019年3月17日閲覧。
  26. ^ 「出版ニュース」70年の歴史に幕”. 日本経済新聞 (2019年3月16日). 2019年3月17日閲覧。
  27. ^ “「ジャンプ」と「マガジン」がタッグ、漫画を無料配信”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2019年4月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43467740Y9A400C1000000/ 2019年4月8日閲覧。 
  28. ^ 読モに特化した女性誌「mer」が休刊へ、5月からはウェブメディアとして展開”. レコオーランド (2019年3月15日). 2019年3月17日閲覧。
  29. ^ “のんパワハラ記事で地裁が文春に賠償令も即日控訴へ”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年4月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201904190001033.html 2019年4月20日閲覧。 
  30. ^ “芸能事務所○○が勝訴 文春に440万円支払い命令 東京高裁”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年9月26日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/26/kiji/20190926s00041000221000c.html 2019年9月26日閲覧。 
  31. ^ パリティ休刊のお知らせ”. 丸善出版 (2018年12月10日). 2019年1月1日閲覧。
  32. ^ 奈良日日新聞が休刊 奈良新聞社と業務統合へ:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年4月5日). 2019年4月5日閲覧。
  33. ^ “5月1日、新元号に合わせて『egg』復刊 益若つばさ、今井華らが“ギャル文化復活”を支持”. ORICON NEWS. ORICON ME. (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2128595/full/ 2019年2月24日閲覧。 
  34. ^ “伊藤桃々「渋谷をギャルでいっぱいに」 5年ぶりに復刊する雑誌の表紙に”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年2月24日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/02/24/kiji/20190223s00041000414000c.html 2019年2月24日閲覧。 
  35. ^ “幻冬舎社長、特定作家の実売部数公表で謝罪 文芸関係者らから批判”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年5月18日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190518/sot19051816240005-n1.html 2019年5月19日閲覧。 
  36. ^ “幻冬舎・見城社長、ツイッター終了宣言 実売部数公表で批判受け”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年5月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190520/sot19052013300003-n1.html 2019年5月21日閲覧。 
  37. ^ “作家の実売部数公表で幻冬舎が謝罪「信頼性著しく損なう」”. 産経ニュース. 産業経済新聞社. (2019年5月23日). https://www.sankei.com/life/news/190523/lif1905230029-n1.html 2019年7月17日閲覧。 
  38. ^ “○○容疑者逮捕 ラジオ&CS冠番組放送中止など余波広がる”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年5月22日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/05/22/kiji/20190522s00041000242000c.html 2019年5月22日閲覧。 
  39. ^ “はるかぜちゃんこと春名風花、絵本の販売停止を説明”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2019年6月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906060000481.html 2019年6月6日閲覧。 
  40. ^ “日本雑誌販売(株)~書店や出版元へは6月末まで対応予定~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年6月10日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/201190610_02.html 2019年6月11日閲覧。 
  41. ^ “日本雑誌販売(株)~成人誌が主力の出版取次~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年8月1日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20190801_01.html 2019年8月1日閲覧。 
  42. ^ “ビートたけし事務所「法的措置とる」 「週刊新潮」報道に”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年6月20日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190620/geo19062012450013-n1.html 2019年6月20日閲覧。 
  43. ^ “たけし所属事務所 「週刊新潮」報道に「法的措置をとる」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年6月20日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/06/20/kiji/20190620s00041000157000c.html 2019年6月20日閲覧。 
  44. ^ 会社分割によるグループ内再編のお知らせ”. ぶんか社 (2019年6月19日). 2019年7月12日閲覧。
  45. ^ 『ホリデーオート』休刊…モーターマガジン社が四輪コンテンツ事業を再編”. Response (2019年7月10日). 2019年7月12日閲覧。
  46. ^ “講談社、子ども向け乗り物図鑑「はたらくくるま」増刷中止 戦車など自衛隊特集が「不適切」と読者から指摘を受けて”. ねとらぼ交通課. アイティメディア株式会社. (2019年7月25日). https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1907/25/news091.html 2019年7月25日閲覧。 
  47. ^ 社外向け広報誌「JR EAST」掲載記事に関する不正および休刊について (PDF) - 東日本旅客鉄道株式会社、2019年7月29日発表、2019年7月30日閲覧
  48. ^ “JR東広報誌で不正、休刊 内容改変や写真使い回し”. 日経電子版. 日本経済新聞社. (2019年7月29日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO47914530Z20C19A7CR8000/ 2019年7月30日閲覧。 
  49. ^ “(株)アトリエ・ボイル~釣り雑誌「SALTY!(ソルティー)」を出版~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年8月15日). http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20190815_01.html 2019年8月15日閲覧。 
  50. ^ 声優情報誌の「Pick-up Voice」が休刊、22年の歴史に幕”. 不景気.com (2019年8月19日). 2019年8月19日閲覧。
  51. ^ 風俗情報誌『俺の旅』が休刊。販売停止にしたコンビニを「恨んでません」と編集長”. 日刊SPA (2019年3月13日). 2019年3月17日閲覧。
  52. ^ “週刊ポスト、韓国特集「配慮に欠けた」 連載作家から批判噴出で謝罪”. サンケイスポーツ. 産経デジタル. (2019年9月2日). https://www.sanspo.com/geino/news/20190902/sot19090220100015-n1.html 2019年9月8日閲覧。 
  53. ^ “和田誠さん死去 83歳 肺炎のため7日に死去 「週刊文春」表紙など手掛ける”. Sponcihi Annex. スポーツニッポン新聞社. (2019年10月11日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/10/11/kiji/20191011s00041000298000c.html 2019年10月11日閲覧。 
  54. ^ “競馬情報誌「競馬最強の法則」が休刊、28年の歴史に幕”. 不景気.com. (2019年10月15日). https://www.fukeiki.com/2019/10/keiba-saikyo-housoku.html 2019年10月18日閲覧。 
  55. ^ “「恋愛ラボ」完結&まんがタイムスペシャル休刊、未完作品はグループ誌へ移籍”. ナタリー. (2019年10月21日). https://natalie.mu/comic/news/352293 2019年10月23日閲覧。 
  56. ^ “(有)シーロック出版社ほか1社~競馬雑誌「スピード馬券王」などの編集に携わる~”. TSR速報. 東京商工リサーチ. (2019年11月6日). https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20191106_01.html 2019年11月6日閲覧。 
  57. ^ “(株)神谷町管理(旧商号:(株)住宅新報社)ほか1社~不動産専門紙「住宅新報」など発行、事業は新会社で継続~”. TSR情報. 東京商工リサーチ. (2019年11月13日). https://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20191113_01.html 2019年11月14日閲覧。 

関連項目[編集]