2018 AFFスズキカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
2018 AFFスズキカップ
2018 AFF Suzuki Cup logo.svg
大会概要
日程 2018年9月1日 - 9月8日(予選)
2018年11月8日 - 12月15日(本大会)
チーム数 10 (1サブ連盟)
大会結果
優勝  ベトナム (2回目)
準優勝  マレーシア
大会統計
試合数 26試合
ゴール数 80点
(1試合平均 3.08点)
2014

AFFスズキカップ2018: AFF Suzuki Cup 2018)は、ASEANサッカー連盟(AFF)によるサッカーの大会であるAFFスズキカップの2018年大会である。

出場チーム[編集]

AFF加盟国・地域のうちオーストラリアを除く11チームが出場する[1]

予選から出場 本大会から出場

大会方式[編集]

今大会より大会方式が変更され、従来はグループステージが8チームを2組に分けてのセントラル方式であったものを、各チームともホームゲーム・アウェーゲームを行う方式に変更する[1](完全なホーム&アウェーではない)。理由としては、これまでのセントラル方式では、開催地のチームが出場しない試合で集客が悪いことが挙げられている[2]

大会方式は以下の通りである[3]

予選
前回大会(2016 AFFスズキカップ)の結果に基づき[1]東ティモールブルネイの2チームがホーム&アウェーで対戦する。勝者がグループステージに出場する。
グループステージ
予選勝者1チームと予選免除の9チーム、全10チームを5チームずつの2組に分け、それぞれ1回総当たりで対戦する(各チームはホーム・アウェーを2試合ずつ戦う)。各組上位2チームが準決勝に進出する。
準決勝・決勝
ホーム&アウェー方式で対戦し、勝者が勝ち上がる。
  • 予選・準決勝・決勝ではアウェーゴールルールを採用する。アウェーゴール数が同数である場合は延長戦を行うが、延長戦の得点に対してもアウェーゴールルールを適用し、延長戦の間の得点が1-1以上の同点であった場合はアウェーのチームが勝ち上がる(大会規定[3]7.1.4節、7.3.3節)。
  • グループステージでは、勝ち点が並んだチームは以下の基準で順位をつける(大会規定[3]7.2.5節)。
    1. グループ全試合での得失点差
    2. グループ全試合での総得点
    3. 直接対戦の戦績
    4. PK戦(該当チームが最終節で対戦している場合のみ)
    5. フェアプレー点数の少ないチーム(イエローカード:1点、レッドカード(イエローカード2枚によるものを含める):3点、イエローカードを受けた選手がその後直接のレッドカードを受けた場合:4点)
    6. 抽選

予選[編集]



2試合合計3-2で東ティモールがグループステージ進出

グループステージ[編集]

組み合わせ抽選[編集]

組み合わせ抽選は2018年5月2日にインドネシアジャカルタで行われた[5]。ポット分けは直近2大会の成績により[6]、以下の通りとされた[7]

ポット1 ポット2 ポット3 ポット4 ポット5

グループA[編集]

チーム
1  ベトナム 4 3 1 0 8 0 +8 10
2  マレーシア 4 3 0 1 7 3 +4 9
3  ミャンマー 4 2 1 1 7 5 +2 7
4  カンボジア 4 1 0 3 4 9 −5 3
5  ラオス 4 0 0 4 3 12 −9 0






グループB[編集]

チーム
1  タイ 4 3 1 0 15 3 +12 10
2  フィリピン 4 2 2 0 5 3 +2 8
3  シンガポール 4 2 0 2 7 5 +2 6
4  インドネシア 4 1 1 2 5 6 −1 4
5  東ティモール 4 0 0 4 4 19 −15 0






決勝トーナメント[編集]

トーナメント表[編集]

  Semi-finals Finals
                         
A2   マレーシア (a) 0 2 2  
B1   タイ 0 2 2  
    A2   マレーシア 2 0 2
  A1   ベトナム 2 1 3
B2   フィリピン 1 1 2
A1   ベトナム 2 2 4  

準決勝[編集]

第1試合

第2試合

2018年12月5日
19:00 UTC+7
タイ  2 - 2  マレーシア
Irfan 21分にゴール 21分 (o.g.)
Pansa 63分にゴール 63分
Report (AFFSZ)

Report (AFF)

Azzam 28分にゴール 28分
Iskandar 71分にゴール 71分

2戦合計2–2、アウェーゴールの差でマレーシアが決勝進出。


2018年12月6日
19:30 UTC+7
ベトナム  2 – 1  フィリピン

2戦合計4–2でベトナムが決勝進出。

決勝[編集]

第1試合
第2試合

2018年12月15日
19:30 UTC+7
ベトナム  1 - 0  マレーシア

2戦合計3 - 2でベトナムが優勝。

脚注[編集]

  1. ^ 東ティモールは、当初ホームゲームを開催予定であったエスタジオ・ナシオナルに照明設備の問題があることから、開催地を変更した[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c New format for AFF Suzuki Cup 2018”. ASEANサッカー連盟 (2017年9月23日). 2018年8月19日閲覧。
  2. ^ AFF proposes Suzuki Cup format changes”. FOOTBALL CHANNEL ASIA (2016年3月11日). 2017年8月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年8月20日閲覧。
  3. ^ a b c AFF SUZUKI CUP 2018 TOURNAMENT REGULATIONS”. ASEANサッカー連盟. 2018年8月19日閲覧。
  4. ^ Venue change for AFF Suzuki Cup qualification round match”. ASEANサッカー連盟 (2018年8月7日). 2018年8月20日閲覧。
  5. ^ Philippines Football Teams Journey to Forge their Place Among Asia's Best”. フィリピンサッカー連盟 (2018年4月27日). 2018年8月20日閲覧。
  6. ^ VN, Thailand top seeds at 2018 AFF Cup”. Viet Nam News (2018年3月2日). 2018年8月20日閲覧。
  7. ^ AFF Suzuki Cup Draw: The Possible Groups and Match-ups”. AFFスズキカップ公式サイト (2018年4月23日). 2018年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]