2018年平昌オリンピックのコリア選手団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オリンピックのコリア選手団
Unification flag of Korea.svg
統一旗
IOCコード COR
2018年平昌オリンピック
メダル

0

0

0

0
冬季オリンピックコリア選手団
2018
関連選手団
韓国 韓国 (1948-)
北朝鮮 北朝鮮 (1964-)

2018年平昌オリンピックのコリア選手団は、2018年2月9日から25日まで大韓民国江原道平昌で開催された2018年平昌オリンピック韓国北朝鮮による女子アイスホッケー南北合同チームの選手団、およびその競技結果。

概要[編集]

北朝鮮は、核開発問題ミサイル発射実験によって国際的に孤立し、2018年平昌オリンピック不参加も示唆していたが、開催直前の2018年1月9日、2018年平昌オリンピック参加を表明した[1]。同月17日には韓国と実務協議を行い、開会式で統一旗を掲げての韓国と北朝鮮の合同入場行進や、アイスホッケーでの南北合同チームの結成を合意し[2]、同月20日に国際オリンピック委員会に承認された[3]

南北がオリンピックで「単一チーム」として出場する場合は、どちらか一方に有利な用語は使えないため、北朝鮮は「高麗」(Koryo)を、南側は「ハンナラ(一つの国)」という名称を提案したが、1991年の第41回世界卓球選手権から2007年アジア冬季競技大会での共同入場まで、国際大会でこれといった異論なく使われてきたことから南北に共に意味する名称は、韓国 (Republic of Korea) と北朝鮮 (Democratic People's Republic of Korea) の英称にいずれも含まれている「コリア(KOREA코리아」に決まった。

しかし、IOCコードの場合、韓国は「KOR」を使う一方、北朝鮮は「PRK」を使うため、中立的な別の名称が必要であることから国際オリンピック委員会(IOC)はIOC公用語の一つであるフランス語で「コリア(韓国、朝鮮)」を意味する「Corée」を元に「COR」を採用した。なお、南側が「COR」という名称を使ったのは初めてではなく、1960年ローマ五輪の際も、主催国のイタリアの表記に沿って「COR」を略称に使用した。1972年ミュンヘン五輪を控え、当初「KOR」だった南側の略称について、北側が「唯一の『Korea』に見える恐れがある」と反発し、急遽「COR」に変わったこともあった[4]

Ice hockey pictogram.svg アイスホッケー[編集]

  • 女子
試合結果

凡例:

チーム 試合 グループリーグ 準々決勝 準決勝 / Pl. 決勝 / BM / Pl.
対戦国
得点
対戦国
得点
対戦国
得点
順位 対戦国
得点
対戦国
得点
対戦国
得点
順位
 韓国 女子トーナメント  スイス
L 0–8
 スウェーデン
L 0–8
 日本
L 1–4
4 N/A  スイス
L 0–2
 スウェーデン
L 1–6
8

脚注[編集]

  1. ^ 北朝鮮、平昌五輪参加を表明 南北閣僚級会談
  2. ^ 五輪=平昌大会で南北合同チーム結成へ、入場行進も合同で
  3. ^ 北朝鮮、平昌に選手22人派遣 IOCが合同チーム承認
  4. ^ 共同入場の際は「KOREA」、単一チームは「COR」

外部リンク[編集]