2015年憲法改正レファレンダム (アイルランド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2015年憲法改正レファレンダム(アイルランド)とはアイルランド政府が、アイルランド憲法の規定に基づき2015年5月22日に 国民投票[1] に実施したレファレンダムのことである。 同レファレンダムでは大統領選挙の被選挙権の引き下げと同性婚[2]に関する世界初[2]のレファレンダムによる 承認についである。

同性婚[編集]

同性婚の合法化の提案。

憲法第三十四条の改正
賛否 得票数 得票率
可決 賛成 1,201,607 62.07%
反対 734,300 37.93%
有効投票数 1,935,907 99.29%
無効票 13,818 0.71%
投票総数 1,949,725 100.00%
投票率 60.52%
有権者数 3,221,681

大統領被選挙権年齢の引き下げ[編集]

大統領の被選挙権年齢を35歳から21歳に引き下げる提案[3]

憲法第三十五条の改正
賛否 得票数 得票率
否決 反対 1,412,602 73.06%
賛成 520,898 26.94%
有効投票数 1,933,500 99.18%
無効票 15,938 0.82%
投票総数 1,949,438 100.00%
投票率 60.51%
有権者数 3,221,681

脚注[編集]

[ヘルプ]