2015年世界バドミントン選手権大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2015年世界バドミントン選手権大会
概要
回次 22回
レベル 世界選手権
会場 イストラ・セナヤン英語版
場所 ジャカルタ
2014年コペンハーゲン 2017年グラスゴー

2015年世界バドミントン選手権大会は、2015年8月10日から16日までインドネシアジャカルタで開催された[1]

抽選[編集]

7月28日11:00(インドネシア時間)にミュージアム・バンク・インドネシア英語版で行われた。

日程[編集]

5種目すべて初日より競技開始、最終日に決勝が行われた[2]

すべて現地時間 (UTC+7).

Date Time Round
8月10日 09:00 Round of 64
Round of 48
8月11日 09:00 Round of 64
Round of 32
Round of 48
8月12日 09:00 Round of 32
8月13日 11:00 Round of 16
8月14日 11:00 Quarterfinals
8月15日 11:00 Semifinals
8月16日 13:00 Finals

メダル獲得者[編集]

種目
男子シングルス
詳細
 諶龍
中国 (CHN)
 リー・チョンウェイ
マレーシア (MAS)
 桃田賢斗
日本 (JPN)
 ヤン・ウ・ヨルゲンセン
デンマーク (DEN)
女子シングルス
詳細
 カロリーナ・マリン
スペイン (ESP)
 サイナ・ネワール
インド (IND)
 成池鉉
韓国 (KOR)
 リンダウェニ・ファネトリ
インドネシア (INA)
男子ダブルス
詳細
 ムハマド・アフサン
and ヘンドラ・セティアワン
インドネシア (INA)
 劉小竜
and 邱子瀚
中国 (CHN)
 李龍大
and 柳延星
韓国 (KOR)
 遠藤大由
and 早川賢一
日本 (JPN)
女子ダブルス
詳細
 田卿
and 趙芸蕾
中国 (CHN)
 クリスティナ・ペデルセン
and カミラ・リターユール
デンマーク (DEN)
 ニトヤ・クリシンダ・マヘスワリ
and グレイシア・ポリー
インドネシア (INA)
 福万尚子
and 與猶くるみ
日本 (JPN)
混合ダブルス
詳細
 張楠
and 趙芸蕾
中国 (CHN)
 劉成
and 包宜
中国 (CHN)
 タトウィ・アーマド
and リリヤナ・ナトシール
インドネシア (INA)
 徐晨
and 馬晋
中国 (CHN)

各国メダル数[編集]

国・地域
1 中華人民共和国の旗 中国 3 2 1 6
2  インドネシア 1 0 3 4
3 スペインの旗 スペイン 1 0 0 1
4  デンマーク 0 1 1 2
5 マレーシアの旗 マレーシア 0 1 0 1
インドの旗 インド 0 1 0 1
6 日本の旗 日本 0 0 3 3
7 大韓民国の旗 韓国 0 0 2 2
5 5 10 20

脚注[編集]

  1. ^ 2015 BWF World Championships” (英語). BWF. 2014年4月12日閲覧。
  2. ^ Schedule

外部リンク[編集]