2015年アムトラック脱線事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
2015年フィラデルフィア列車脱線事故
事故現場で脱線した機関車を調べるNTSB職員
事故現場で脱線した機関車を調べるNTSB職員
発生日 2015年5月12日(東部夏時間)
2015年5月13日(協定世界時)
発生時刻 午後9時23分頃(東部夏時間)
午前1時23分頃(協定世界時)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
場所 ペンシルベニア州フィラデルフィア郡
路線 北東回廊
運行者 アムトラック
事故種類 列車脱線事故
原因 未特定
統計
列車数 1本(機関車1両+客車7両)
乗客数 238
乗員数 5
死者 8[1]
負傷者 200人以上[2]
テンプレートを表示

2015年アムトラック脱線事故(2015ねんアムトラックだっせんじこ)は、現地時間で2015年5月12日夜にアメリカ合衆国ペンシルベニア州フィラデルフィアの付近で、全米鉄道旅客公社(アムトラック)が運行するワシントンD.C.からニューヨークに向かう列車が脱線した鉄道事故である [3]

事故当時、この列車にはおよそ240人が乗っていた[4]

事故概要[編集]

脱線した各車両の位置
脱線した車両

2015年5月12日の午後9時10分ごろ、アムトラック北東回廊を運行する北行きの「ノースイースト・リージョナルNo. 188[2][5][6]ユニオン駅 (ワシントンD.C.)ペンシルベニア駅 (ニューヨーク)行き[7])はフィラデルフィアの30丁目駅を発車した。列車は7両の客車を1年前製造のACS-64型電気機関車 (No. 601) がけん引するものであった。

約11分後、列車はノース・フィラデルフィア駅英語版から2.9マイル (4.7 km)南東にある複々線の本線を走行しており、ポート・リッチモンド地区にあるフランクフォード・アベニューとウィートシーフ・レーンの交差点の近く、フランクフォード・ジャンクション英語版にある4度(半径約440m[8])の左カーブ[9]に進入した。

列車は午後9時21分 (EDT)に脱線した[10]。乗客は最初に先頭部が揺れ、その後急停車したと報告した[11]。機関車と客車全7両が脱線し3両が横転した[12][13][14]

NTSB(アメリカ国家運輸安全委員会)の担当事故調査官によると、列車に搭載されていたイベントレコーダーから運転士非常ブレーキを使用した時列車は106 mph (171 km/h)で走行しており、脱線時の速度は102 mph (164 km/h)であったと述べた。制限速度はカーブへ進入するまでが80 mph (130 km/h)、カーブ内では50 mph (80 km/h)であった[2][15][16][13][15][16]

事故直前に機関車のフロントガラスに何らかの投射物が衝突した可能性がある[17]

機関車には運転士の操縦にかかわらず自動的に列車を停車させたり、安全な速度まで減速を行うポジティブ・トレイン・コントロール英語版(PTC[18]) が搭載されていた。アムトラックの職員によればPTCは議会が定めた期限の2015年12月より前に導入されていたが、「予算不足、技術的なハードル、官僚的規則」から稼働していなかった。アムトラックはPTCに必要となる北東回廊の電波の権利を購入しようと4年間FCCと交渉を続けた[19]。記者会見の中で、NTSBの一員は記者団に「現在我々が知っていることから考えれば、このようなシステムがこの区間に導入されていれば事故は起こらなかったと思う」と述べた[20][21][22]

フランクフォード・ジャンクションではこの事故以前にも1度死亡事故が発生している。1943年9月6日、当時ペンシルバニア鉄道が運行するワシントン発ニューヨーク行き列車の中でも主要列車であった「コングレッショナル・リミテッド」(議会特急)のニューヨーク行き臨時便が同じカーブで脱線し、79人が死亡し117人が負傷した[23]

また、日本国内では2005年に発生したJR福知山線脱線事故との類似点を指摘する報道もある[24]

調査[編集]

事故現場に到着したNTSBの緊急調査団

連邦捜査局 (FBI) は現場で調査を行い、この脱線がテロによるものであるとするしるしはないと発表した[25][5]。NTSBの調査チームも調査を行った[11]。両機関が発表した非公式声明によると、初期に得られた情報はこの脱線は事故であると示していた[26][27]

5月13日までに列車のイベントレコーダーが回収されNTSBの指令センターで解析された[28][29]。NTSBは列車に搭載された前面カメラの映像から、脱線したカーブへ進入する際に列車が加速していたと特定した。NTSBの代表は事故の65秒前の速度は60 mph (97 km/h)であったが、16秒前には90 mph (140 km/h)に達しており、運転士がブレーキをかけた時には106 mph (171 km/h)を超えていたと述べた[30]

5月15日に開かれた記者会見でNTSBは、車掌の一人が後述する通勤列車の運転士とアムトラックの列車の運転士が両列車に何らかの物体が衝突したと無線で通話するのを聞いたと述べていたことから[31]、事故の前に列車に何かが衝突した可能性があると発表した[32]。その後調査官は列車のフロントガラスに拳ほどの大きさの円形の傷を発見し、分析のためFBIに協力を要請した[32]。現場付近を走行していたSEPTAの通勤列車とアムトラックのアセラの2本は事故の数分前に何らかの物体に衝突していた。SEPTAの列車はフロントガラスに傷が見つかった[33]。SEPTAの列車の乗客は列車はすぐに停車し運転士が呆然としながら運転室から出てきたと語った。乗客は「彼は本当に何が起こったのかわかっていなかった。彼はショックを受けていた」と述べた[34]

運転士の弁護士は彼は事故で負った脳震盪により事故について思い出せないと述べた。彼は5月15日にNTSBの事情聴取を受け、ノース・フィラデルフィア駅を通過した後のことを「全く覚えていない」と述べた。主任調査官は運転士は「非常に協力的」であると述べた[35]。調査官は5月15日より前に「外傷性の出来事を経験した者が、少なくとも短期間はそのようなことを覚えていないのは、人間の行動として全く珍しいものではない」と述べていた[36][37][38]

脚注[編集]

  1. ^ “Eighth Body Pulled From Wreckage of Amtrak Train”. New York Times. (2015年5月14日). http://www.nytimes.com/2015/05/15/us/philadelphia-amtrak-train-crash.html?_r=0 2015年5月14日閲覧。 
  2. ^ a b c 7 killed in Philadelphia Amtrak crash; engineer ID'd”. Philadelphia, PA: WPVI-TV (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  3. ^ ニューヨーク=中井大助 (2015年5月13日). “米の長距離鉄道「アムトラック」が脱線 けが人多数”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASH5F3RCFH5FUHBI00Z.html 2015年5月13日閲覧。 
  4. ^ ニューヨーク=高橋里奈 (2015年5月13日). “米鉄道で脱線事故、5人死亡・6人重体 東部フィラデルフィア”. 日本経済新聞. http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM13H1U_T10C15A5EAF000/ 2015年5月13日閲覧。 
  5. ^ a b Amtrak Philadelphia train crash: mayor describes 'disastrous mess'”. ガーディアン (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  6. ^ “'Heartbroken': 6 dead, hundreds injured after Amtrak train derails in Philadelphia”. CNN. http://www.cnn.com/2015/05/13/us/philadelphia-amtrak-train-derailment 2015年5月13日閲覧。 
  7. ^ Amtrak System Timetable Spring/Fall 2015. アムトラック. p. 33. 
  8. ^ アメリカの鉄道においては曲線の緩急を100フィートの弧に対する中心角で示し、4度は半径1,432.7フィート (436.7 m)に相当する。Dr James B. Calvert. “Degree of Curvature”. 2015年5月19日閲覧。Wes Barris. “Just how sharp is that curve?”. 2015年5月19日閲覧。
  9. ^ Brotzman, Chris. “Shore tower”. 2015年5月13日閲覧。
  10. ^ Amtrak Derailment: Video Shows the Harrowing Moments Before the Crash”. ABCニュース (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  11. ^ a b “Amtrak train derails, killing 5 people; cars ripped apart”. AP通信. (2015年5月13日). http://news.yahoo.com/amtrak-train-washington-crashes-philadelphia-014924856.html 2015年5月13日閲覧。 
  12. ^ “Amtrak train derails in Philadelphia”. CNN. (2015年5月13日). http://www.cnn.com/2015/05/13/homepage2/gallery/philadelphia-amtrak-crash/ 2015年5月13日閲覧。 
  13. ^ a b Amtrak Crash: Train Appears to Have Hit Curve Going Over 100 MPH”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  14. ^ US Amtrak New York-bound train derails in Philadelphia”. 2015年5月13日閲覧。
  15. ^ a b NTSB: Engineer Hit Emergency Brake as Train Traveled 100+ MPH Moments Before Deadly Derailment”. nbcphiladelphia.com (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  16. ^ a b Northeast Corridor Employee Timetable #3”. 全米鉄道旅客公社(アムトラック) (2010年1月18日). 2012年10月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年5月13日閲覧。
  17. ^ Renshaw, Jarrett (2015年5月16日). “Philadelphia train may have been hit by projectile before wreck”. ロイター. http://www.reuters.com/article/2015/05/16/us-usa-train-derailment-idUSKBN0NZ18Z20150516 2015年5月16日閲覧。 
  18. ^ 日本の鉄道で用いられるPTCとは異なる。
  19. ^ Michael D. Shear; Jad Mouawad (2015年5月14日). “Amtrak Says Shortfalls and Rules Delayed Its Safety System”. nytimes.com (ニューヨーク・タイムズ). http://www.nytimes.com/2015/05/15/us/amtrak-says-it-was-just-months-away-from-installing-safety-system.html 2015年5月15日閲覧。 
  20. ^ Shoichet, Catherine E. (2015年5月13日). “Amtrak derailment: Could technology have stopped the crash?”. CNN. http://www.cnn.com/2015/05/13/us/philadelphia-amtrak-crash-positive-train-control/ 2015年5月13日閲覧。 
  21. ^ Derailed Amtrak train lacked latest U.S. safety controls”. ロイター (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  22. ^ As Train Crash Death Toll Reaches 7, GOP Votes to Cut Amtrak Budget by $250M & Delay Safety Upgrades”. Democracy Now! (2015年5月14日). 2015年5月14日閲覧。
  23. ^ Ferruccio Barletta. “INTERSTATE COMMERCE COMMISSION INVESTIGATION NO. 2726 THE PENNSYLVANIA RAILROAD COMPANY REPORT IN RE ACCIDENT AT SHORE PA., ON SEPTEMBER 6, 1943”. dot.gov. 2015年5月13日閲覧。
  24. ^ 産経新聞. “米アムトラック脱線 専門家「福知山線脱線事故と符合」指摘”. 2015年5月14日閲覧。
  25. ^ “FBI: No indication of terrorism in Amtrak train derailment”. CNN. (2015年5月12日). http://www.cnn.com/videos/us/2015/05/13/ctn-bpr-perez-amtrak-derailment-fbi.cnn 2015年5月12日閲覧。 
  26. ^ At Least 7 Dead, Over 200 Hurt After Amtrak Train Derails, Rolls on Side in Philadelphia”. Philadelphia, PA: WCAU-TV (2015年5月13日). 2015年5月14日閲覧。
  27. ^ Philadelphia Train Crash: Six Dead, Scores Hurt Aboard Amtrak Service”. NBCニュース (2015年5月13日). 2015年5月13日閲覧。
  28. ^ Jarret Renshaw (2015年5月13日). “Investigators review data from fatal Philadelphia train wreck”. ロイター. 2015年5月13日閲覧。
  29. ^ Report: Derailed train appeared to be traveling over 100 mph”. msn.com. 2015年5月14日閲覧。
  30. ^ Amtrak Train Accelerated Moments Before Entering Turn, NTSB Says : The Two-Way : NPR”. npr.org (2015年5月14日). 2015年5月15日閲覧。
  31. ^ 米脱線列車、事故直前に何かがぶつかった可能性”. 読売新聞 (2015年5月16日). 2015年5月17日閲覧。
  32. ^ a b Phillips, Dave; Fitzsimmons, Emma G.. “Amtrak Train Possibly Hit Before Wreck”. http://www.nytimes.com/2015/05/16/us/amtrak-train-may-have-been-struck-before-it-derailed-officials-say.html?_r=0 2015年5月16日閲覧。 
  33. ^ Lattanzio, Vince (2015年5月15日). “2 Trains Hit by Projectiles Minutes Before Amtrak Derailment]”. 2015年5月16日閲覧。
  34. ^ Rock Hurling Is Old Nemesis of Train Crews. Philipps, Dave and Elizabeth A. Harris. ニューヨーク・タイムズ, 17 May 2015
  35. ^ Smith, Paul (2015年5月15日). “NTSB talks with engineer of derailed Amtrak train”. 2015年5月16日閲覧。
  36. ^ Sheryl Gay Stolberg, Matt Flegenheimer, and Richard Pérez-Peña (2015年5月14日). “Brandon Bostian Agrees to Talk About Amtrak Derailment But May Recall Little”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2015/05/15/us/philadelphia-amtrak-train-crash.html 2015年5月14日閲覧。 
  37. ^ Dave Philipps and Emma G. Fitzsimmons (2015年5月14日). “For Amtrak Engineer Brandon Bostian, Childhood Passion Became A Career”. ニューヨーク・タイムズ. http://www.nytimes.com/2015/05/15/us/amtrak-derailment-philadelphia-engineer-brandon-bostian.html 2015年5月14日閲覧。 
  38. ^ Engineers discuss train hit by object before derailment” (2015年5月15日). 2015年5月16日閲覧。

座標: 北緯40度00分05秒 西経75度05分41秒 / 北緯40.001356度 西経75.094611度 / 40.001356; -75.094611