2013 ワールド・ベースボール・クラシック B組

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

2013 ワールド・ベースボール・クラシック B組(台中ラウンド)(英語2013 World Baseball Classic Pool B Taichung)は、ワールド・ベースボール・クラシック第3回大会の、台中市で開催された1次リーグ。2013年3月2日から3月5日までの日程で、台中インターコンチネンタル野球場で開催された。

台中インターコンチネンタル野球場

大会概要[編集]

大韓民国オランダオーストラリアチャイニーズタイペイの4代表が出場。総当り戦にて試合を行い、上位2チームが日本で行われる第2ラウンド東京東京ドーム)へ出場する[1]

試合結果[編集]

第1日目(3月2日):ゲーム1[編集]

試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間53分、入場者数:20,035人)[2]

オーストラリアの旗オーストラリア 1 - 4 チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリアの旗オーストラリア 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 5 0
チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ 1 0 2 0 1 0 0 0 x 4 10 0
  1. 豪 : ●クリス・オクスプリングドゥシャン・ルジックワーウィック・サーポルトアダム・ブライトブレンダン・ワイズライアン・ローランドスミスアンドリュー・ラッセル - マット・ケネリー
  2. 台 : 〇王建民陽耀勲郭泓志、(S)陳鴻文 - 高志綱
  3. : 王建民 (1勝0敗0セーブ)  : クリス・オクスプリング (0勝1敗0セーブ)  S: 陳鴻文 (0勝0敗1セーブ)  
  4. :  豪 – ステファン・ウェルチ1号ソロ(7回、陽耀勲)  台 – 彭政閔1号ソロ(5回、ワーウィック・サーポルト
試合概要 チャイニーズタイペイはオーストラリア打線をステファン・ウェルチのホームランによる1点に抑えて勝利を収めた

第1日目(3月2日):ゲーム2[編集]

試合開始時刻:19:30 (試合時間:3時間24分、入場者数:1,085人)[3]

大韓民国の旗韓国 0 - 5 オランダの旗オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大韓民国の旗韓国 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 4
オランダの旗オランダ 0 1 0 0 2 0 2 0 x 5 10 0
  1. 韓 : ●尹錫ミン盧景銀孫勝洛車雨燦鄭大ヒョン徐在応呉昇桓 - 姜ミン鎬陳甲龍
  2. 蘭 : ○ディエゴマー・マークウェルオーランド・イェンテマレオン・ボイドマーク・パベレク - ダシェンコ・リカルド
  3. : ディエゴマー・マークウェル(1勝)  : 尹錫ミン(1敗)  
試合概要 オランダが5点を取って韓国に勝つ波乱の展開を収めた。韓国は打線がチャンスを生かせず、投手陣が5失点した。

第2日目(3月3日):ゲーム3[編集]

試合開始時刻:14:30 (試合時間:3時間9分、入場者数:20,035人)[4]

オランダの旗オランダ 3 - 8 チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オランダの旗オランダ 0 3 0 0 0 0 0 0 0 3 1 1
チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ 0 1 0 4 0 3 0 0 x 8 7 1
  1. 蘭 : ●トム・ストイフバーゲンシャイロン・マルティスジョナタン・イセニア - ダシェンコ・リカルド
  2. 台 : 王躍霖、○潘威倫曽仁和王鏡銘郭泓志陳鴻文林泓育
  3. : 潘威倫(1勝)  : トム・ストイフバーゲン(1敗)  
  4. :  台 – 陽岱鋼1号2ラン(6回、シャイロン・マルティス
試合概要 チャイニーズタイペイがオランダに勝利し、2次ラウンド進出に王手をかけた。

第3日目(3月4日):ゲーム4[編集]

試合開始時刻:18:30 (試合時間:3時間31分、入場者数:1,481人)[5]

大韓民国の旗韓国 6 - 0 オーストラリアの旗オーストラリア
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
大韓民国の旗韓国 3 1 0 0 0 0 1 0 1 6 11 0
オーストラリアの旗オーストラリア 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 1
  1. 韓 : 宋勝準朴熙洙盧景銀鄭大ヒョン孫勝洛呉昇桓姜ミン鎬
  2. 豪 : ライアン・サールスティーブン・ケントクレイトン・タナーシェイン・リンゼイブラッド・トーマスマシュー・ウィリアムズライアン・ローランドスミスアラン・デサンミゲル
  3. : 宋勝準(1勝)  : ライアン・サール(1敗)  
試合概要 前日敗れた韓国はオーストラリアから6点を取って2次ラウンド進出へ望みをつないだ。オーストラリアは連敗で後がなくなった。

第4日目(3月5日):ゲーム5[編集]

試合開始時刻:12:30 (試合時間:2時間50分、入場者数:1,113人)[6]

オーストラリアの旗オーストラリア 1 - 4 オランダの旗オランダ
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
オーストラリアの旗オーストラリア 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 8 2
オランダの旗オランダ 1 3 0 0 0 0 0 0 x 4 8 1
  1. 豪 : ●ドゥシャン・ルジッククリス・オクスプリングアンドリュー・ラッセル - マット・ケネリー - アラン・デサンミゲル
  2. 蘭 : ○ロブ・コルデマンスデビッド・バーグマンジョニー・バレンティナレオン・ボイド、Sルーク・ファンミル - ダシェンコ・リカルド
  3. : ロブ・コルデマンス(1勝)  : ドゥシャン・ルジック(1敗)  S: ルーク・ファンミル(1S)  
  4. :  蘭 – ジョナサン・スコープ1号2ラン(2回、ドゥシャン・ルジック
試合概要 オランダが初回と2回に得点を挙げて、オーストラリア打線を1失点に抑えて2勝1敗で2次ラウンド進出を決めた。オーストラリアは1次ラウンド敗退となった。

第4日目(3月5日):ゲーム6[編集]

試合開始時刻:19:30(試合時間:3時間27分、入場者数:23,431人)[7]

チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ 2 - 3 大韓民国の旗韓国
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ 0 0 1 1 0 0 0 0 0 2 8 1
大韓民国の旗韓国 0 0 0 0 0 0 0 3 x 3 8 1
  1. 台 : 陽耀勲王鏡銘羅錦龍、●郭泓志(0-1) - 高志綱
  2. 韓 : 張元準盧景銀朴熙洙孫勝洛、○張ウォン三、(S)呉昇桓姜ミン鎬陳甲龍
  3. : 張ウォン三 (1勝0敗0セーブ)  : 郭泓志 (0勝1敗0セーブ)  S: 呉昇桓 (0勝0敗1セーブ)  
  4. :  韓 – 姜正浩1号ソロ(8回、郭泓志

試合概要  韓国は8回に逆転したものの初戦のオランダ戦の5失点が響き、失点率の関係で初めて1次ラウンドで敗退した。チャイニーズ・タイペイは初めて2次ラウンド進出を決めた。また試合中には金正恩のプラカードを掲げる事件があった。試合終了後にはチャイニーズ・タイペイの選手たちがマウンドに国旗を立てるパフォーマンスを行った(その後国旗は抜いた)

最終順位[編集]

順位 国・地域 得点 失点
1 チャイニーズタイペイの旗チャイニーズタイペイ 2 1 14 7 +7
2 オランダの旗オランダ 2 1 12 9 +3
3 大韓民国の旗韓国 2 1 9 7 +2
4 オーストラリアの旗オーストラリア 0 3 2 14 -12

※1 - 3位は当該チーム同士の対戦における得失点率による。

テレビ・ラジオ中継[編集]

日本国内での放送[編集]

テレビ中継[編集]

J SPORTSで全試合生中継された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]