2012年南アフリカ空軍C-47TP墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
C-47TP Dakota, a, Waterkloof Lugmagbasis.jpg
事故機と同系統のC-47TP
事故の概要
日付 2012年12月5日
概要 墜落事故
現場  南アフリカ共和国クワズール・ナタール州レディスミス近郊 ジャイアンツ・キャッスル
乗客数 5
乗員数 6
死者数 11(全員)
機種 C-47ATP
運用者 南アフリカ空軍第35飛行隊
機体記号 6840
出発地 南アフリカ共和国の旗 ウォータークルーフ空軍基地
目的地 南アフリカ共和国の旗 ウムタタ空港
テンプレートを表示

2012年南アフリカ空軍C-47TP墜落事故(2012ねんみなみアフリカくうぐんC-47TPついらくじこ)は、2012年12月5日ドラケンスバーグ山脈ジャイアンツ・キャッスル英語版南アフリカ空軍C-47ATPが墜落し、搭乗者11人全員が死亡した事故である。

機体[編集]

事故機は、C-47Aを改修したC-47ATPである[1][2]。これは、エンジンをプラット・アンド・ホイットニー・カナダPT6A-65ターボプロップエンジンに換装し、胴体を延長、主翼構造の強化等を行ったものである[3][4] [注 1]

1944年に製造番号13866(後に25311)として製造され、アメリカ陸軍航空軍に43-48050のシリアルナンバーが付された後、1944年7月10日にナッソーイギリス空軍へ移籍した。KG767のナンバーを持つダコタ Mk.IIIとなったが、運用されることなく翌月には南アフリカ空軍の所属となり、6840のシリアルナンバーが与えられた[6][1][2]

事故当時、ケープタウンにあるエイステールプラート空軍基地英語版第35飛行隊英語版に所属していた[7]。第35飛行隊は対潜警戒を含む海洋監視、輸送、偵察、電子戦を任務としている飛行隊であり、1991年から1994年9月にかけて、C-47よりC-47TPへの更新を行っている[8][6]。事故機は2006年に南アフリカ国防軍国際連合コンゴ民主共和国ミッションに参加しているゴマで撮影されている[1]。2012年には、南アフリカ空軍の曲技飛行隊シルバー・ファルコンズ英語版のサポートを行っており、シルバー・ファルコンズと同様の塗装が施されている[1][6]

事故[編集]

ジャイアンツ・キャッスル

事故機には、乗員6人に同乗者5人を加えた11人が搭乗していた[9]。午前7時45分にプレトリアウォータークルーフ空軍基地英語版を発ち、ウムタタウムタタ空港へと向かった[9]。ウムタタ到着予定時刻は午前10時であったが、9時45分に消息を絶った[10][9]。この直前、ジャイアンツ・キャッスル上空から、視界不良により高度11,000フィート(3,350m)で計器飛行状態英語版にある旨の通信を行っている[11]

到着予定時刻を過ぎても到着しなかったことから、空軍は捜索を開始した[12]。しかし当時の気象状態は悪く、悪天候によりオリックス英語版ヘリコプターの運用に支障が生じ、中断することになった[7][13][10]

12月6日の朝、機体はクワズール・ナタール州北西部に位置するレディスミス近郊のジャイアンツ・キャッスルで発見されたが、全員の死亡が確認された[10][9]

12月19日ウォータークルーフ空軍基地で追悼式が行われ、遺体は遺族に引き渡された[14]。2013年5月19日には、墜落現場に慰霊碑が設置されている[15]

なお、この飛行ルートはネルソン・マンデラ元大統領の故郷であり引退後の居住地であったクヌ英語版への医療チームが使用していたルートであったため、犠牲者がマンデラの医療チームであるとの推測もなされたが、程なく否定された[11][16]。後に同乗者はマンデラの自宅で要人警護を担当するチームであったことが明らかになった[17]

悪天候が原因として考えられているが、事故原因として未だ確定しておらず、南アフリカ国防軍によって調査が行われている[13][18]。また調査過程において当初は民間航空局の主導による調査が行われる予定であったが、能力不足を理由に軍からの反対を生じ、軍による調査となっている[19]

[編集]

  1. ^ C-47のターボプロップ化で知られるエアロ・モディフィケーションズ・インターナショナル製とされることがあるが[2]、同社(例[5])以外に南アフリカ共和国ではBSASインターナショナルが同様の改修を行っており[3]、カナダのドッドソン・インターナショナル・パーツも納入実績がある[4]。現在本機の改造社については特定されていない。

出典[編集]

  1. ^ a b c d Douglas DC-3 C-47 C/N 25311 6840”. The Dakota Association of South Africa. 2014年3月15日閲覧。
  2. ^ a b c ASN Aircraft accident Aero Modifications AMI C-47TP (DC-3T) 6840 Giant's Castle, Drakensbergen range”. Aviation Safety Network. 2014年3月15日閲覧。
  3. ^ a b AIRCRAFT SPECIFICATIONS DATA SHEET (PDF)”. BSAS International. 2014年3月18日閲覧。 注:Braddick Defense社の一部門であるが、BSAS Internationalのトップページは2014年3月18日の段階でクラックされているためアクセスには注意。
  4. ^ a b Dodson International Parts Turbo Dakota DC-3”. Dodson International Parts. 2014年3月18日閲覧。
  5. ^ Douglas DC-3 C-47 C/N 20175 6835”. The Dakota Association of South Africa. 2014年3月15日閲覧。
  6. ^ a b c Dakota tragedy in SA”. Kelsey Publishing (2013年1月29日). 2014年3月15日閲覧。
  7. ^ a b Benita Enoch, Yusuf Moolla, Mogomotsi Magome (2012年12月6日). “Plane wreckage found in Drakensberg”. Independent Online. 2014年3月15日閲覧。
  8. ^ 35 Squadron”. 南アフリカ空軍. 2014年3月15日閲覧。
  9. ^ a b c d Eleven Die in SAAF Aircraft Crash”. 南アフリカ政府通信 (2012年12月6日). 2014年3月15日閲覧。
  10. ^ a b c Wreckage of missing plane found - SANDF” (2012年12月6日). 2014年3月15日閲覧。
  11. ^ a b Mandela's medical team feared killed in air crash”. Panapress (2012年12月6日). 2014年3月16日閲覧。
  12. ^ Dave Majumdar (2012年12月6日). “11 killed in South African Air Force C-47 Dakota crash”. Flightglobal. Flight International. http://www.flightglobal.com/news/articles/11-killed-in-south-african-air-force-c-47-dakota-crash-379897/ 2014年3月15日閲覧。 
  13. ^ a b BNO News (2012年12月6日). “Crash Of World War II-Era South African Air Force Plane Kills 11”. NYCAviation. 2014年3月15日閲覧。
  14. ^ SANDF handed over the Dakota C47 crash victim’s mortal remains”. 南アフリカ空軍 (2012年12月19日). 2014年3月15日閲覧。
  15. ^ Janet Szabo (2013年5月19日). “SAAF pays tribute to 13 fallen members”. 南アフリカ放送協会. 2014年3月15日閲覧。
  16. ^ NAMES OF DRAKENSBERG PLANE CRASH VICTIMS RELEASED”. SA BreakingNews (2012年12月6日). 2014年3月15日閲覧。
  17. ^ Air Force Dakota C-47 crash investigation completed”. 南アフリカ放送協会 (2012年12月19日). 2014年3月15日閲覧。
  18. ^ Drakensberg crash board of enquiry still underway”. defenceWeb (2013年2月1日). 2014年3月18日閲覧。
  19. ^ SANDF against independent plane crash probe”. 南アフリカ放送協会 (2012年12月11日). 2014年3月15日閲覧。