2012年レスリング世界選手権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2012年レスリング世界選手権は、2012年9月27日から29日までカナダアルバータ州ストラスコナカントリーで女子フリースタイルのみが開催された。カナダでの女子世界選手権は初開催、男子を含めると1993年の男子フリースタイルトロント大会以来となる。

男子はロンドンオリンピックのみだが、女子の場合はオリンピックでは4階級しか開催されなかったために、別個に世界選手権も開催されることとなった[1]

今大会では吉田沙保里が55kg級で優勝して世界選手権10連覇を達成した。オリンピック3連覇を含めると世界大会13連覇を達成したことにより、男子グレコローマンレスリング130kg級で世界大会12連覇(オリンピック3連覇、世界選手権9連覇)を記録したロシアのアレクサンドル・カレリンの記録を更新することとなった[2]。また、世界大会での勝利数も今大会の勝利で62連勝となり、カレリンの61連勝を更新することとなった[3]

開催日程[編集]

27日
  • 女子:51kg級、59kg級、67kg級
28日
  • 女子:55kg級, 72kg級
29日
  • 女子:48kg級, 63kg級

国別獲得メダル数[編集]

順位 国・地域
1 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 2 1 1 4
2 中華人民共和国の旗 中国 1 1 4 6
3  ベラルーシ 1 1 1 3
カナダの旗 カナダ 1 1 1 3
日本の旗 日本 1 1 1 3
6  スウェーデン 1 0 0 1
7  ブルガリア 0 1 0 1
 カザフスタン 0 1 0 1
9 インドの旗 インド 0 0 2 2
10 ドイツの旗 ドイツ 0 0 1 1
イギリスの旗 イギリス 0 0 1 1
ギリシャの旗 ギリシャ 0 0 1 1
モンゴルの旗 モンゴル 0 0 1 1
Total 7 7 14 28

国別順位[編集]

Rank Women's freestyle
Team Points
1 中華人民共和国の旗 中国 54
2 日本の旗 日本 43
3 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 40
4 カナダの旗 カナダ 35
5  カザフスタン 31
6  ベラルーシ 28
7 インドの旗 インド 28
8 アゼルバイジャンの旗 アゼルバイジャン 22
9  ウクライナ 18
10 ロシアの旗 ロシア 16

女子フリースタイル[編集]

階級
48 kg ベラルーシの旗 ワネサ・カラジンスカヤ 日本の旗 登坂絵莉 ドイツの旗 ジャクリン・シェリン
中華人民共和国の旗 黎笑媚
51 kg カナダの旗 ジェシカ・マクドナルド 中華人民共和国の旗 孫亜楠 インドの旗 バビタ・クマリ
アメリカ合衆国の旗 アリッサ・ランペ
55 kg 日本の旗 吉田沙保里 アメリカ合衆国の旗 ヘレン・マルーリス インドの旗 ジータ・フォガト
ギリシャの旗 マリア・プレボララキ
59 kg 中華人民共和国の旗 張蘭 ベラルーシの旗 ザリナ・シダコワ モンゴルの旗 ツガラギイン・モンフツヤア
イギリスの旗 オルガ・ブトケビッチ
63 kg アメリカ合衆国の旗 エレナ・ピロズコバ ブルガリアの旗 タイベ・ユセイン カナダの旗 ジャスティン・ブーシャード
中華人民共和国の旗 西洛卓瑪
67 kg 中華人民共和国の旗 アデライン・グレイ カナダの旗 ドロシー・イエーツ 日本の旗 井上佳子
中華人民共和国の旗 洪雁
72 kg スウェーデンの旗 ジェニー・フランソン カザフスタンの旗 グゼル・マニュロワ ベラルーシの旗 ヴァシリサ・マルザリウク
中華人民共和国の旗 許晴

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]