2008年メキシコ内務省チャーター機墜落事故

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メキシコ内務省 XC-VMC
20081105 DF Cops and buildings.jpg
事故現場
事故の概要
日付 2008年11月4日
概要 パイロットエラー、及び後方乱気流による制御の喪失
現場 メキシコの旗 メキシコ メキシコシティ ロマス・デ・チャプルテペック英語版
北緯19度25分35秒 西経99度12分13秒 / 北緯19.42639度 西経99.20361度 / 19.42639; -99.20361座標: 北緯19度25分35秒 西経99度12分13秒 / 北緯19.42639度 西経99.20361度 / 19.42639; -99.20361
乗客数 6
乗員数 3
負傷者数
(死者除く)
0
死者数 9 (全員)
生存者数 0[1]
機種 リアジェット45
運用者 メキシコの旗 メキシコ内務省英語版
機体記号 XC-VMC[2]
出発地 メキシコの旗 サン・ルイス・ポトシ国際空港英語版
目的地 メキシコの旗 メキシコシティ国際空港
地上での死傷者
地上での死者数 7
地上での負傷者数 40[3]
テンプレートを表示

2008年メキシコ内務省チャーター機墜落事故は、2008年11月4日メキシコで発生した航空事故である。サン・ルイス・ポトシ国際空港英語版からメキシコシティ国際空港へ向かっていたメキシコ内務省のチャーター機(リアジェット45)が着陸進入中にメキシコシティの市街地に墜落した。乗員乗客9人全員と地上の7人が死亡した[4][5]。犠牲者にはメキシコ内務長官のフアン・カミロ・モウリーニョ英語版が含まれていた[6]

事故機[編集]

事故機のリアジェット45(XC-VMC)は2000年に製造番号45-028として製造された。総飛行時間は2,486時間で、2,215サイクルの経験があった[2]

事故の経緯[編集]

同型機のリアジェット45

事故機はメキシコ内務省英語版がチャーターした便で、サン・ルイス・ポトシサン・ルイス・ポトシ国際空港英語版からメキシコシティ国際空港へ向かっていた[7]

18時04分、リアジェット45はサン・ルイス・ポトシ国際空港を離陸した。18時40分、管制官はパイロットに滑走路05RへのILS / DME進入を許可した。リアジェット45の前方にはメキシカーナ航空1692便(ボーイング767-300[注釈 1]が飛行していた。18時42分、1692便はメテオVORを対地速度224ノット (415 km/h)で通過した。一方、リアジェット45は18時44分にメテオVORを262ノット (485 km/h)で通過した。この時点で、1692便とリアジェット45の距離は約5.7NMであった。18時46分、リアジェット45は1692便の後方3.8NMまで接近し、後方乱気流に巻き込まれた。そのため機体の制御が失われ、リアジェット45は急降下した。そのまま機体は金融街に墜落し、炎上した[2][8][9]。運輸長官のルイス・テレス英語版は搭乗者は全員死亡したと述べた[10]。また、墜落は破壊行為などによるものではないと発言した[11][注釈 2]

この事故により複数の車両と屋台が炎上し、地上で少なくとも40人が負傷した[1]。また、残骸の周りには遺体の一部が散乱していた[12]

政府の反応[編集]

事故の死者にはメキシコ内務長官のフアン・カミロ・モウリーニョ英語版が含まれていた[13][12][14]

事故翌日の墜落現場

メキシコのフェリペ・カルデロン大統領は国営テレビで演説を行った。大統領はモウリーニョの家族へ哀悼の意を示し[15]、モウリーニョはメキシコをより良い国にするため奮闘したと述べた。また、大統領はどんな困難や苦痛があってもメキシコをより良い国へしていくため戦い続けると言った[15]

事故調査[編集]

調査からリアジェット45が前方を飛行するボーイング767に接近しすぎ、後方乱気流に巻き込まれたことが判明した。小型機は大型機の後方、5海里(9.3km)までの接近が許容されているが、リアジェットは4.1海里(7.6km)まで接近していた[16]

墜落から2週間後の現場

最終報告書では機体が後方乱気流に巻き込まれパイロットが制御を失ったことが墜落原因であると推定された。また、パイロットがリアジェットの適切な訓練を受けていなかったこと、パイロットによる減速が遅れたこと、管制官が早すぎる進入速度を訂正しなかったことなども事故の要因となった[2]

映像化[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ブエノスアイレスメキシコシティ行き
  2. ^ 当時メキシコでは麻薬組織との対立が激化しており、事故を起こしたのが内務省のチャーター機ということもあって報復によるテロ攻撃の可能性が疑われていた

出典[編集]

  1. ^ a b “3 dead, 5 injured in Mexico City plane crash”. Xinhua News Agency. (2008年11月5日). オリジナルの2008年12月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081209011723/http://news.xinhuanet.com/english/2008-11/05/content_10309981.htm 2008年11月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d Accident description Mexican Government XC-VMC”. 2020年4月24日閲覧。
  3. ^ “Reporta GDF ocho muertos y 40 heridos de gravedad” (Spanish). El Universal. (2008年4月11日). オリジナルの2013年11月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131103094150/http://www.eluniversal.com.mx/notas/552709.html 2008年5月11日閲覧。 
  4. ^ “16 Dead in Mexico Plane Crash”. Mexico City: Latin American Herald Tribune. オリジナルの2012年2月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120218201803/http://www.laht.com/article.asp?ArticleId=323160&CategoryId=14091 2008年12月15日閲覧。 
  5. ^ Lagunas, Icela; Martinez, Edith (2008年11月6日). “Suman ya 14 muertos” (Spanish). Mexico City: El Universal. オリジナルの2008年11月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081125023732/http://www.eluniversal.com.mx/nacion/163544.html 2008年11月6日閲覧。 
  6. ^ news.bbc.co.uk, BBC Profile: Juan Camilo Mourino Archived 4 November 2013 at the Wayback Machine.
  7. ^ “Mike Charly, ¿escucha?... la respuesta jamás llegó”. El Universal. (2008年11月6日). オリジナルの2008年12月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081212055813/http://www.eluniversal.com.mx/nacion/163543.html 2008年11月6日閲覧。 
  8. ^ “Mexican minister dies in crash”. Sunday Times. (2008年11月5日). http://www.thetimes.co.za/News/Article.aspx?id=877881 2008年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ “Mexico minister 'killed' in crash”. BBC News. (2008年11月5日). オリジナルの2008年11月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081106022619/http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7709877.stm 2008年11月5日閲覧。 
  10. ^ “Mexico interior minister aboard plane that crashed”. Associated Press. (2008年11月5日). http://ap.google.com/article/ALeqM5j-K-hAlJ07sX3xQ5xH6QZccbTMegD948GJI81 2008年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  11. ^ No Indications that Suggest a Hypothesis Other than that It was an Accident: SCT”. Office of the President of Mexico (2008年11月5日). 2009年6月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年11月5日閲覧。
  12. ^ a b “Mexico's Interior Minister Killed in Plane Crash”. Bloomberg Television. (2008年11月5日). https://www.bloomberg.com/apps/news?pid=20601086&sid=ag.P4yqrtRWg 2008年11月5日閲覧。 
  13. ^ “Mexico interior minister killed in plane crash: official”. ABC News. (2008年11月5日). オリジナルの2008年12月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081206020655/http://www.abc.net.au/news/stories/2008/11/05/2410929.htm?section=justin 2008年11月5日閲覧。 
  14. ^ “Los tripulantes de la aeronave” (Spanish). Mexico City: El Universal. (2008年11月4日). オリジナルの2008年12月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081201002308/http://www.eluniversal.com.mx/notas/552733.html 2008年11月5日閲覧。 
  15. ^ a b Jiménez, Sergio Javier (2008年11月4日). “Ofrece Calderón condolencias a la familia de Mouriño” (Spanish). Mexico City: El Universal. オリジナルの2008年12月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20081208131720/http://www.eluniversal.com.mx/notas/552723.html 2008年11月4日閲覧。 
  16. ^ AIN staff (2009年11月5日). “Turbulence Caused Mexican Learjet 45 Crash”. AIN Online (Aviation International News). オリジナルの2013年4月18日時点におけるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/6FyqGC9MG?url=http://www.ainonline.com/aviation-news/ainalerts/2009-11-05/turbulence-caused-mexican-learjet-45-crash 

外部リンク[編集]