2008年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
2008年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ
チーム 勝数
ボストン・レッドソックス 3
ロサンゼルス・エンゼルス 1
シリーズ情報
試合日程 10月1日 - 10月6日
チーム情報
ボストン・レッドソックス(BOS)
監督 テリー・フランコーナ
シーズン成績 95勝67敗(ワイルドカード
ロサンゼルス・エンゼルス(LAA)
監督 マイク・ソーシア
シーズン成績 100勝62敗(西地区優勝)
チーム 勝数
タンパベイ・レイズ 3
シカゴ・ホワイトソックス 1
シリーズ情報
試合日程 10月2日 - 10月6日
チーム情報
タンパベイ・レイズ(TB)
監督 ジョー・マドン
シーズン成績 97勝65敗(東地区優勝)
シカゴ・ホワイトソックス(CWS)
監督 オジー・ギーエン
シーズン成績 89勝74敗(中地区優勝)

 < 2007
ALDS
2008

2009 > 

 < 2007
NLDS
2008

2009 > 
2008ALCS 2008ワールドシリーズ

2008年のアメリカンリーグディビジョンシリーズ2008 American League Division Series, ALDS)は、2008年10月1日から10月6日まで行われたMLBアメリカンリーグディビジョンシリーズ(地区シリーズ)である。

概要[編集]

2008年の対戦は、アメリカンリーグ西地区優勝のロサンゼルス・エンゼルスアメリカンリーグ東地区ワイルドカードボストン・レッドソックスアメリカンリーグ東地区優勝のタンパベイ・レイズアメリカンリーグ中地区優勝のシカゴ・ホワイトソックスとの対戦となった。結果は、両対戦3勝1敗でボストン・レッドソックスと、タンパベイ・レイズが勝利し、リーグチャンピオンシップシリーズへ進出した。

試合結果[編集]

表中のR得点H安打E失策を示す。日付は現地時間。

エンゼルス対レッドソックス[編集]

第1試合 10月1日[編集]

カリフォルニア州アナハイム - エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 0 0 0 0 0 2 0 0 2 4 8 1
エンゼルス 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 9 1
  1. : ジョン・レスター (1-0)  : ジョン・ラッキー (0-1)  S: ジョナサン・パペルボン (1)  
  2. :  BOS – ジェイソン・ベイ (1)
  3. 観客動員数: 44,996人 試合時間: 3時間14分

第2試合 10月3日[編集]

カリフォルニア州アナハイム - エンゼル・スタジアム・オブ・アナハイム

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レッドソックス 4 0 0 1 0 0 0 0 2 7 14 0
エンゼルス 1 0 0 1 1 0 1 1 0 5 11 2
  1. : ジョナサン・パペルボン (1-0)  : フランシスコ・ロドリゲス (0-1)  
  2. :  BOS – ジェイソン・ベイ (2) J.D.ドリュー (1)
  3. 観客動員数: 45,354人 試合時間: 3時間51分

第3試合 10月5日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 R H E
エンゼルス 1 0 2 0 1 0 0 0 0 0 0 1 5 16 0
レッドソックス 0 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 4 7 0
  1. : ジェレッド・ウィーバー (1-0)  : ハビアー・ロペス (0-1)  
  2. :  LAA – マイク・ナポリ 2 (2)
  3. 観客動員数: 39,067人 試合時間: 5時間19分

第4試合 10月6日[編集]

マサチューセッツ州ボストン - フェンウェイ・パーク

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
エンゼルス 0 0 0 0 0 0 0 2 0 2 6 1
レッドソックス 0 0 0 0 2 0 0 0 1 3 9 0
  1. : マニー・デルカーメン (1-0)  : スコット・シールズ (0-1)  
  2. 観客動員数: 38,785人 試合時間: 2時間50分

レイズ対ホワイトソックス[編集]

第1試合 10月2日[編集]

フロリダ州セントピーターズバーグ - トロピカーナ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ホワイトソックス 0 0 3 0 0 0 0 0 1 4 7 0
レイズ 0 1 3 0 2 0 0 0 X 6 11 0
  1. : ジェームズ・シールズ (1-0)  : ハビアー・バスケス (0-1)  S: ダン・ウィーラー (1)  
  2. :  CWS – ドウェイン・ワイズ (1) ポール・コネルコ (1)  TB – エバン・ロンゴリア 2 (2)
  3. 観客動員数: 35,041人 試合時間: 3時間10分

第2試合 10月3日[編集]

フロリダ州セントピーターズバーグ - トロピカーナ・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
ホワイトソックス 2 0 0 0 0 0 0 0 0 2 12 1
レイズ 0 1 0 0 2 0 0 3 X 6 12 0
  1. : スコット・カズミアー (1-0)  : マーク・バーリー (0-1)  
  2. :  TB – 岩村明憲 (1)
  3. 観客動員数: 35,275人 試合時間: 3時間10分

第3試合 10月5日[編集]

イリノイ州シカゴ - U.S.セルラー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 0 1 0 0 0 0 2 0 0 3 8 0
ホワイトソックス 0 0 1 3 0 1 0 0 X 5 7 0
  1. : ジョン・ダンクス (1-0)  : マット・ガーザ (0-1)  S: ボビー・ジェンクス (1)  
  2. :  TB – B.J.アプトン (1)
  3. 観客動員数: 40,142人 試合時間: 3時間7分

第4試合 10月6日[編集]

イリノイ州シカゴ - U.S.セルラー・フィールド

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
レイズ 1 0 1 2 1 0 1 0 0 6 10 0
ホワイトソックス 0 0 0 1 0 1 0 0 0 2 4 0
  1. : アンディ・ソナンスタイン (1-0)  : ガビン・フロイド (0-1)  
  2. :  TB – B.J.アプトン 2 (3)  CWS – ポール・コネルコ (2) ジャーメイン・ダイ (1)
  3. 観客動員数: 40,454人 試合時間: 3時間13分

参考文献[編集]