2007年NCAA男子バスケットボールトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

2007年NCAA男子バスケットボールトーナメント(2007 NCAA Men's Basketball Tournament)とは、2007年NCAA男子バスケットボールトーナメントである。本項ではDivision Iのトーナメントについて述べる。2007年3月13日に始まり、2007年4月2日、フロリダ大学オハイオ州立大学を84対75で破って、2007年のカレッジ全米チャンピオンとなった。フロリダ大学は前年に引き続きの優勝で連覇を達成。

プレイイン・ゲーム[編集]

  プレイイン・ゲーム
3月13日
 
16a  フロリダA&M 69
16b  ナイアガラ 77

勝者ナイアガラ大学は西部地区の第16シードとして、同地区第1シードのカンザス大学と対戦

東部地区[編集]

日程[編集]

1回戦:

2回戦:

  • (第1・4試合):ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム ローレンス・ジョエル・ベテランズ・メモリアル・コロシアム - 3月17日
  • (第3試合):カリフォルニア州サクラメント アルコ・アリーナ - 3月17日
  • (第2試合):ワシントン州スポケーン スポケーン・ベテランズ・メモリアル・アリーナ - 3月18日

地区準決勝・決勝

組み合わせ[編集]

  1回戦
3月15-16日
2回戦
3月17-18日
地区準決勝
3月23日
地区決勝
3月25日
                                     
1  ノースカロライナ 86  
16  東ケンタッキー 65  
  1  ノースカロライナ 81  
  9  ミシガン州立 67  
8  マーケット 49
9  ミシガン州立 61  
  1  ノースカロライナ 74  
  5  南カリフォルニア 64  
5  南カリフォルニア 77  
12  アーカンソー 60  
  5  南カリフォルニア 87
  4  テキサス 68  
4  テキサス 79
13  ニューメキシコ州立 67  
  1  ノースカロライナ 84
  2  ジョージタウン(OT) 96
6  ヴァンタービルト 77  
11  ジョージ・ワシントン 44  
  6  ヴァンタービルト(2OT) 78
  3  ワシントン州立 74  
3  ワシントン州立 70
14  オーラル・ロバーツ 54  
  6  ヴァンタービルト 65
  2  ジョージタウン 66  
7  ボストンカレッジ 84  
10  テキサス工科 75  
  7  ボストンカレッジ 55
  2  ジョージタウン 62  
2  ジョージタウン 80
15  ベルモント 55  

中西部地区[編集]

日程[編集]

1回戦:

2回戦:

  • (第2試合):ニューヨーク州バッファロー HSBCアリーナ - 3月17日
  • (第1試合):ルイジアナ州ニューオーリンズ ニューオーリンズ・アリーナ - 3月18日
  • (第4試合):イリノイ州シカゴ ユナイテッド・センター - 3月18日
  • (第3試合):ワシントン州スポケーン スポケーン・ベテランズ・メモリアル・アリーナ - 3月18日

地区準決勝・決勝:

組み合わせ[編集]

  1回戦
3月15-16日
2回戦
3月17-18日
地区準決勝
3月23日
地区決勝
3月25日
                                     
1  フロリダ 112  
16  ジャクソン州立 69  
  1  フロリダ 74  
  9  パデュー 67  
8  アリゾナ 63
9  パデュー 72  
  1  フロリダ 65  
  5  バトラー 57  
5  バトラー 57  
12  オールド・ドミニオン 46  
  5  バトラー 62
  4  メリーランド 59  
4  メリーランド 82
13  デイビッドソン 70  
  1  フロリダ 85
  3  オレゴン 77
6  ノートルダム 64  
11  ウィンスロップ 74  
  11  ウィンスロップ 61
  3  オレゴン 75  
3  オレゴン 58
14  マイアミ(オハイオ) 56  
  3  オレゴン 76
  7  ネバダ大学ラスベガス校 72  
7  ネバダ大学ラスベガス校 67  
10  ジョージア工科 63  
  7  ネバダ大学ラスベガス校 74
  2  ウィスコンシン 68  
2  ウィスコンシン 76
15  テキサスA&M-CC 63  

南部地区[編集]

日程[編集]

1回戦:

2回戦:

  • (第1・3試合):ケンタッキー州レキシントン ラップ・アリーナ - 3月17日
  • (第2試合):オハイオ州コロンバス ネイションワイド・アリーナ - 3月18日
  • (第4試合):ルイジアナ州ニューオーリンズ ニューオーリンズ・アリーナ - 3月18日

地区準決勝・決勝:

組み合わせ[編集]

  1回戦
3月15-16日
2回戦
3月17-18日
地区準決勝
3月22日
地区決勝
3月24日
                                     
1  オハイオ州立 78  
16  セントラル・コネチカット州立 57  
  1  オハイオ州立(OT) 78  
  9  ザビエル 71  
8  ブリガムヤング 77
9  ザビエル 79  
  1  オハイオ州立 85  
  5  テネシー 84  
5  テネシー 121  
12  ロングビーチ州立 86  
  5  テネシー 77
  4  バージニア 74  
4  バージニア 84
13  オールバニ 57  
  1  オハイオ州立 92
  2  メンフィス 76
6  ルイビル 78  
11  スタンフォード 58  
  6  ルイビル 69
  3  テキサスA&M 72  
3  テキサスA&M 68
14  ペンシルベニア 52  
  3  テキサスA&M 64
  2  メンフィス 65  
7  ネバダ(OT) 77  
10  クレイトン 71  
  7  ネバダ 62
  2  メンフィス 78  
2  メンフィス 73
15  北テキサス 58  

西部地区[編集]

日程[編集]

1回戦:

2回戦:

  • (第3試合):ニューヨーク州バッファロー HSBCアリーナ - 3月17日
  • (第4試合):カリフォルニア州サクラメント アルコ・アリーナ - 3月17日
  • (第2試合):オハイオ州コロンバス ネイションワイド・アリーナ - 3月18日
  • (第1試合):イリノイ州シカゴ ユナイテッド・センター - 3月18日

地区準決勝・決勝:

組み合わせ[編集]

  1回戦
3月15-16日
2回戦
3月17-18日
地区準決勝
3月22日
地区決勝
3月24日
                                     
1  カンザス 107  
16  ナイアガラ 67  
  1  カンザス 88  
  8  ケンタッキー 76  
8  ケンタッキー 67
9  ビラノバ 58  
  1  カンザス 61  
  4  南イリノイ 58  
5  バージニア工科 54  
12  イリノイ 52  
  5  バージニア工科 48
  4  南イリノイ 63  
4  南イリノイ 61
13  ホーリークロス 51  
  1  カンザス 55
  2  UCLA 68
6  デューク 77  
11  バージニア・コモンウェルス 79  
  11  バージニア・コモンウェルス 79
  3  ピッツバーグ(OT) 84  
3  ピッツバーグ 79
14  ライト州立 58  
  3  ピッツバーグ 55
  2  UCLA 64  
7  インディアナ 70  
10  ゴンザガ 57  
  7  インディアナ 49
  2  UCLA 54  
2  UCLA 70
15  ウィーバー州立 42  

ファイナルフォー[編集]

全米準決勝:ジョージア州アトランタジョージア・ドーム - 2007年3月31日

  • カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA、西部地区優勝校) - フロリダ大学(中西部地区優勝校)
  • オハイオ州立大学(南部地区優勝校) - ジョージタウン大学(東部地区優勝校)

全米決勝:ジョージア州アトランタ、ジョージア・ドーム - 2007年4月2日

  • フロリダ大学(西部・中西部地区勝者) - オハイオ州立大学(南部・東部地区勝者)
  全米準決勝
3月31日
全米決勝
4月2日
                 
W2  UCLA 66  
M1  フロリダ 76  
    M1  フロリダ 84
  S1  オハイオ州立 75
S1  オハイオ州立 67
E2  ジョージタウン 60  

ノート[編集]

  • フロリダA&M大学は、プレイイン・ゲームに再度出場した初めての大学となった。2004年にはプレイイン・ゲームで勝利したが、1回戦で敗れている。
  • デューク大学は、1996年以降で初めて1回戦で敗退した。これにより、9年連続で達成していたベスト16進出が途絶えた。
  • 1993年以来はじめて第10シードの学校が2回戦に進出できなかった。第12シードの学校が第5シードの学校に1つも勝てなかったのは2000年以来であり、過去17年間で2回だけである。
  • テネシー大学が南部地区1回戦のカリフォルニア州立大学ロングビーチ校(ロングビーチ州立)に対して挙げた121点は、1回戦の最多得点記録であり、テネシー大学の新記録である。
  • ニューオーリンズで開催された1回戦と2回戦の間、ハリケーン・カトリーナの被害からの復興の一環として、NCAAは、学生ボランティアによる住居提供プログラムに関するロゴをコートの床面に掲示することを認めた。NCAAの競技大会でNCAA以外のロゴが認められたのは初めて。
  • 本大会は、1995年以来初めて10位以下のシード校がベスト16に進出できなかった大会となった。ベスト16に進出した学校のうち最も低いシード順位は、ネバダ大学ラスベガス校の第7シードである。
  • 地区準決勝・決勝の各試合で初めて本大会用にしつらえたコートが使用された。
  • ベスト8進出チームのシード順位は、第1シードが4校、第2シードが3校、第3シードが1校であった。これはNCAAトーナメントでシード制が始まって以来、最も上位のシード校群がベスト8に進出したことになる。
  • UCLAがベスト4(ファイナル・フォー)に進出したのは17回目で、NCAAトーナメント史上最多である。UCLAはこれまで11回優勝しており、ベスト4進出の記録は自己記録の更新である。オハイオ州立大学は1960年、ジョージタウン大学は1984年、フロリダ大学は2006年に優勝をしており、ファイナル・フォー進出4校全てが優勝経験があるのは、1993年、1995年、1998年に続いての4回目。
  • 地区決勝でのノースカロライナ大学の敗北により、NCAAトーナメントが64校でのトーナメントに拡張されて以来初めて、ACC所属のチームがファイナル・フォーに2年連続で進出できなかった。ACCのチームが2年連続でファイナル・フォーに進出できなかったのは1979年・1980年以来。
  • 全米決勝でのフロリダ大学とオハイオ州立大学の対戦は、カレッジフットボールの2007年BCSナショナル・チャンピオンシップ・ゲームと同じ組み合わせ。当該対戦は12週間前にフェニックス大学のスタジアムで行われ、41対14でフロリダ大学が勝利した(2回戦での南カリフォルニア大学テキサス大学の対戦は、2006年シーズンの年度優勝校を決定するローズボウルと同じ対戦カードであった)。
  • フロリダ大学は今シーズン、バスケットボールでオハイオ州立大学をホームに迎え対戦し、86対60で破っていることから、本大会の全米決勝での勝利により、2つのメジャーなカレッジスポーツ(バスケットボール・フットボール)でオハイオ州立大学に本年度3勝0敗の記録を残していることとなる。
  • ファイナル・フォー進出の各校はいずれも2006年のトーナメントに参加している。2006年のトーナメントでは、オハイオ州立大学は2回戦でジョージタウン大学に敗れており、ジョージタウン大学は地区準決勝でフロリダ大学に敗れている。フロリダ大学は全米決勝にてUCLAを破って優勝している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]