2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本選手権シリーズ > 2007年の日本シリーズ > 2007年日本シリーズにおける完全試合目前の継投

本項では、2007年の日本シリーズ第5戦において、中日ドラゴンズ監督の落合博満、投手コーチの森繁和が、完全試合目前だった山井大介岩瀬仁紀継投させた出来事について記述する。

この項目における人物の肩書きは特記無い場合、いずれもこの試合が行われた当時のものとする。

概要[編集]

第4戦までで中日ドラゴンズ北海道日本ハムファイターズに3勝1敗とし、日本一に王手をかけていた。第5試合は11月1日ナゴヤドームで行われた。中日の先発投手は3週間以上間隔を置いていた山井大介、日本ハムの先発投手は第1戦に勝利し中4日登板となるダルビッシュ有であった。

中日は2回に平田良介犠飛で1点を先制し、その後は追加点を奪えなかったが、山井は日本ハム打線を相手に8回まで一人の走者も許さない投球で、1962年第2戦の阪神村山実(7回1/3)を抜く新記録を達成。1-0で中日リードのまま、9回表の日本ハムの攻撃を迎えた。8回までに投げた球数も86球と、先発投手として9回を投げきれる完投ペースでもあり、球場内のファンからは山井の完全試合を期待する山井コールが湧き起こっていた。

しかし、中日監督の落合博満は山井を降板させ、抑え投手の岩瀬仁紀を登板させた。走者を許さなかったにも関わらず試合途中で降板させたため、この時点で山井の完全試合は消滅となった。岩瀬は金子誠を三振、高橋信二を左飛、小谷野栄一を二ゴロに抑え三者凡退とし、この試合に勝利した中日は53年ぶりに日本一を達成した。

試合は、日本プロ野球では参考記録[1]扱いながら、山井と岩瀬の継投による完全試合となった。日本のポストシーズンゲームにおいては、完全試合及びノーヒットノーランが達成されたことはない。レギュラーシーズンを含めて、継投による完全試合はこの一例のみである。

スコア[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
日本ハム 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
中日 0 1 0 0 0 0 0 0 X 1 5 0
  1. 日 : ダルビッシュ、武田久 - 鶴岡
  2. 中 : 山井、岩瀬 - 谷繁
  3. 審判:球審…柳田、塁審…渡田・中村稔・杉永、外審…秋村・橘高
  4. 試合時間:2時間26分

山井大介のコメント[編集]

降板した理由として「自分に完全試合達成目前という投球をさせてくれているのは味方の力、特に守備のおかげでした。セギノールのショートへのヒット性のあたりを井端さんが難なくさばいたのは、偶然ではなく、事前にセギノールの打球の傾向を研究し尽くして、可能性の高い場所に守っていたからなんです。ほかの守りにしてもみんなそう。ずっと積み重ねてきた努力がファインプレーになって、ぼくの投球を支えてくれていた。だからこそ、最後は、シーズンを通して抑えの役目を果たしてきた岩瀬さんで終わるべきだと思った」と述べた[2]

落合博満監督・森繁和コーチのコメント[編集]

  • 監督の落合博満は、山井を交代させた理由は右手中指のマメ(肉刺)をつぶして出血していたことと、右肩痛が再発してクライマックスシリーズへの登板を回避していたこと、山井のメンタルでは難しいことを説明した。後日のうるぐすでの江川卓のインタビューでは、「もしマメができていなくても岩瀬に代えていたかも知れないな」とも述べた。監督退任後の著書『采配』(ダイヤモンド社)で「記録やタイトルが選手を大きく成長させる」として「プロ野球OBの立場としては山井の完全試合が見たい」「せめて3、4点取っていれば山井の記録にかけられるのに」と思ったが、ドラゴンズの監督として53年ぶりの日本一のために最善の策を取ったと記している。
  • 投手コーチの森繁和は著書『参謀』(講談社)で山井がマメをつぶしたことに気がついた時点で完全試合ペースでもリリーフを送る可能性が高いと判断してリリーフの準備を進めていた。その一方で投手経験者として完全試合に関する投手心理を理解しているため、普段の試合なら本人が嫌だと言ってもマウンドにいかせるが、山井の指の状態が悪い中で監督が「日本一を取りにいく」と言いみんなが求めていた日本一を1イニングで変えてしまいかねない状況で悩んでいた。8回表終了後に山井に「どうする」と聞き、山井が「岩瀬さんにお願いします」と降板を申し出たので岩瀬に継投したと述べている。なお、森コーチは現役時代に駒澤大学在籍時の投手として1976年の全日本大学野球選手権大会で完全試合を達成している。
  • 落合と森は共に「完全試合目前で逆転負けして第6試合以降の敵地・札幌ドームに行く流れになったら、日本シリーズで優勝できない」と考えており、第5試合での勝利による日本一を最優先したと述べている。その一方で継投決断の直前には完全試合について非常に激しい葛藤があり、「(岩瀬への継投が日本シリーズ優勝への最善策と思っていたが、)降板を申し出た山井の言葉に救われ、正直ほっとした。もし、山井が続投を主張していたら9回もマウンドに行かせていた」と述べている。また、強いプレッシャーの中でマウンドを託されて1イニング0点に抑えた岩瀬を高く評価した。

試合出場選手のコメント[編集]

  • 中日捕手谷繁元信は「あまり完全試合というものにこだわっておらず、それよりも(点を取られるよりも前に)早く3つアウトが欲しかった」と述べた。
  • 最後の内野ゴロを捌いた二塁手荒木雅博は「自分がエラーして完全試合が終わってもいいのでとにかく勝ちたかった」と述べた。
  • 岩瀬は「1人でもランナーを出したら、自分は批判を浴びるだろうと思った」「普段なら1イニングをどうやって点を取られずに抑えるかを考えるが、あの試合はどうやってランナーを出さずに3人の打者を凡退させるかを考えた」「人生で初めての、ものすごいプレッシャーで、正直投げたくない自分もいた」と述べた。
  • 立浪和義は、引退後の2010年に発行された自叙伝『負けん気』(文芸社)で「山井が拳を心配そうに見ながらコーチと相談しているところを見ているし、1点しか差がない以上、絶対的な信頼を置くことができる岩瀬にスイッチしたのは正しい選択だと思う」と述べている。
  • この試合の日本ハムの先発投手のダルビッシュ有は7イニングを投げ5被安打11奪三振1失点の内容で、日本シリーズ史上初の同一シリーズ2度目の2桁奪三振を記録するなど好投したものの、味方打線が1度も出塁出来ず日本シリーズ史上2人目となる2桁奪三振での敗戦投手となった。試合後、ダルビッシュは「負けたのは僕の責任。1点もやらない完璧な投球をしたかった。北海道のファンが待ってくれていたのに…。ヒルマン監督の最後の試合だったので勝ちたかった。悔いはある」とコメントした[3]
  • 山本昌は、引退後の2015年に発行された『奇跡の投手人生50の告白 悔いはあっても後悔はない』(ベースボール・マガジン社)で「ここではまず、僕が見たこと、聞いたことを書く。6回だった。ベンチ裏に下がってきた山井の指が見えた。皮がぺろんとむけていた。思わず「大丈夫なのか?」と尋ねたほどだった。それからさらに2イニング投げたのだ。もう限界だったと思う。ユニホームのズボンについた血を見た森コーチや落合監督が決断したということになっているが、あれは山井本人が申し出た交代だ。山井の年齢で同じ状況なら、きっとさんに代えてくださいと申し出た」と記している[4]

落合監督の采配への賛否[編集]

日本シリーズ史上初となる完全試合が目前であったが故に、山井から岩瀬への継投を行った落合監督の采配については、スポーツマスコミ、野球評論家などを中心に賛否両論が巻き起った。当時の他球団の監督及び監督経験者は賛成意見が多く、監督未経験の野球解説者やジャーナリストからは反対意見が出ることもあった。

賛成意見[編集]

  • 阪神タイガース監督の岡田彰布も「そんなん、代えるやろ。当然。うちでいうたら球児になるけどな。(その後にアジアシリーズが控えているが)一応、あれで終わりという試合やから」と采配を支持した[5]
  • 千葉ロッテマリーンズ小宮山悟が同監督のボビー・バレンタインにこの采配について尋ねたところ「昨年負けた対戦相手、1点差、絶対的な守護神、地元での日本一、私も同じ采配をする」と語ったという。
  • 福岡ソフトバンクホークス監督の王貞治は、「あの場面で個人記録は関係ない。負けたら札幌(日本ハムの本拠地)だったし、岩瀬でよかったんじゃないか。負けたときにどちらの策が後悔しないか。岩瀬でしょう」と述べ、日本シリーズの重みを考慮した采配を支持した。
    • 実際に王は1999年の日本シリーズの第3戦で、6回まで無安打無得点の好投を見せた先発投手の永井智浩を交代し、勝ちパターンであった篠原貴行ロドニー・ペドラザにつないで勝利し、日本一を手にした経験がある。日本シリーズで先発投手が被安打0のまま降板するのは史上初のことだった。
    • ただしこの試合では、永井は初回に既に四球で走者を許している上、降板直前の6回裏には、右翼手秋山幸二の超好守がなければ、フェンス直撃の長打であった大飛球を打たれている事もあり、交代が大きな議論になる事はなかった。また、永井の後に登板した篠原が安打を許している。
  • オリックス・バファローズ監督のテリー・コリンズは、「あの交代には驚かなかった。勝てるクローザーがいる。僕も岩瀬に代えていた。レギュラーシーズンならダメだけどね」と支持。
  • 西武ライオンズ横浜ベイスターズ監督の森祇晶は「公式戦ならば迷わず続投だろう。しかし、53年ぶりの日本一が目の前まで来た。落合監督は私情を捨て、チームの悲願を確実とする采配に徹した。よくぞ決断した。おそらく過去2度の日本シリーズに(ピンチの場面で続投を選んで打たれて)負けた経験が、監督の決断を後押ししたのだろう」[6]とコメントした。
  • 11月13日、落合は選考委員会の満場一致で正力松太郎賞に選出された。選考委員長であった川上哲治は、「正力さんはいつも『勝負に私情をはさんではいかん』と言っておられた。日本シリーズでも勝敗に徹して、そういう強い信念が感じられた」とコメントし[7]、賞の選考においてこの采配を肯定的に評価したことを明言している。
  • 翌年から日本ハムの監督となる梨田昌孝も2007年12月29日にオンエアーされた「最強チームはこうして生まれた!〜落合監督が語る 日本一への道〜」において「当然代える」と連呼した。
  • この他、監督として日本一を経験している上田利治広岡達朗権藤博若松勉らも「当然の采配」との見解を示した。

反対意見[編集]

  • 貴重な大記録達成のチャンスをつぶしたとの見方により、スポーツライター玉木正之が自身のブログ[8]に、漫画家やくみつるサンケイスポーツ紙でそれぞれ落合の采配を非難するコメントを出した。特にその後やくみつるは度々落合を槍玉に挙げ、日本スポーツ界三大巨悪の一人と呼んで公然と批判した。翌日付の日刊スポーツ紙掲載の1コマ漫画「やくみつるのポテンショット」でも批判的な見方を示し、2009年5月発売の著書「やくみつるの平成ポテンショット」でも、自身の批判的なコメントとともに収録された。
  • 中日OBの彦野利勝は、采配支持が過半数いたことについて、「支持してるのは野球を知らない人達でしょう。あの采配はおかしい」とコメントした。
  • 豊田泰光は、この行為は注目する日本中のファンに対する無責任な行為と非難した。そして目先の勝利を追うあまりドラマも人も作れなかったことが2011年限りの監督退任に繋がったと述べた[9]。また、「レギュラーシーズン2位から日本シリーズへ勝ち上がってきたラッキーな状況だったからこそ、日本一を絶対に取らなければいけないという雰囲気があり、落合監督に相当なプレッシャーがかかっていたんだろう。そもそも、レギュラーシーズン1位で出場していれば、こんな騒動にはならなかった」と、持論であるプレーオフ批判を展開した。

中立的意見[編集]

野球関係者のうち、当事者球団である中日・日本ハムのOBを中心とし、中立的観点である者もいた。

  • 両球団のOBで監督経験者の大島康徳は自身のブログで「大島は代えない」と結論しつつも、「歴史的瞬間に夢を託すか?勝つことだけに徹し、必勝リレーでいくのか?どちらを選択するかは、その監督の個性である。だから僕は、采配についてどうこう言うつもりはサラサラない」とコメントした[10]
  • 星野仙一は自身が監督の立場であればと前置きした上で、「私なら代えない。落合は投手じゃないから気持ちがわからないのでは。勝つことで評価される監督だから。勇気のいる決断ではあるが」とする一方で「思い切った決断だった」(いずれも『NEWS ZERO』)と一定の理解を示し、その後自身のホームページでも、「判断については批判する意図はない。全てを承知した上での落合監督ならではの決断だったろうし、勝ち通すための覚悟であり、結果を見れば批判や非難は出来ない」との見解を示し、自分が選手・監督の場合の考えと、落合の行動に対する賛否は別との姿勢を取っていた[11]
  • 江川卓掛布雅之は共著「巨人-阪神論」でこの継投について触れており、掛布は「自分が監督であれば山井を代えない」としつつ、あの場面で抑えた岩瀬が評価されていないことに対し疑問を呈している。一方の江川は「継投はあり」としながら、投げていたのが投手陣の中心として活躍していた川上憲伸なら落合は代えなかっただろう、山井だったから変えたのではないかと評している。
  • 張本勲は後に自身の著書「原辰徳と落合博満の監督力」においてこの采配を「ファン無視」と批判している。
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス監督の野村克也は著書[どれ?]で「私なら変えない、日本シリーズでの完全試合など、今後狙える記録ではない。チャンスは生涯に1度と考えるのが普通。そのチャンスを落合は潰した。落合は現役時代からオレ流と呼ばれ、他の監督と違うことを意識的にやっているのではないか」と、否定的な見解を示している。一方で、「監督が10人いたら10人とも、投手を交代できないのでは。あの場面で投手を替えられる監督は2人を除いて他にはいない。自分と落合監督以外にあの采配が出来る人間はいない」という意見も述べている。

その他関係者[編集]

  • 落合の長男である落合福嗣は、試合後に落合に対して様々な批判が寄せられた件に関して、「何の事情も知らないくせに、好き勝手なことを言って父を非難しないで欲しい。何か事情があったのかもしれないとか、どうしてそういうことを考えてくれないのか」と、落合を批判する者たちに対して中日スポーツ紙上で苦言を呈している。
  • 山井の妻は「(継投は)あれでよかったんじゃないの」と山井に語ったという[2]

備考[編集]

  • 所属球団の立場として、中日は落合の采配や山井に対するコメントは特になく、53年ぶりの日本一を祝う事に終始していた。ただ、オフの山井の契約更改では、この降板に対する山井への配慮として、降板料という形で200万円を年俸に上積みしていた事を公表している。
  • その後、山井は6年後の2013年6月28日横浜DeNAベイスターズ戦(横浜スタジアム)において、4走者を出しながらも正真正銘のノーヒットノーランを達成した。
    • 山井はその3年前の2010年8月18日読売ジャイアンツ戦(ナゴヤドーム)においても、8回終了時までノーヒットノーランに抑えるピッチングをしたが、先頭打者である坂本勇人に初被安打・初失点となる本塁打を打たれ、直後に岩瀬に交代した。岩瀬は1四球を与えたものの、ノーヒットで9回を抑え3-1で中日が勝利した。
      • この事について落合は「そんなに簡単には記録ってのは出させてくれないもんだ」と語り、「あの時(2007年の日本シリーズ)とは訳が違う。あの時はギブアップだった。今日は球数も少ないし、ギブアップしていない」と状況の違いを説明した。
  • 岩瀬は2011年6月16日にセーブ数の日本記録を更新した際のヒーローインタビューで「一番思い出に残るセーブは?」と質問されてこの2007年の日本シリーズ第5戦を挙げている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 先発投手1人で1試合投げ切る事が条件となる為、公式には完全試合とは記録されていない。
  2. ^ a b 阿部珠樹 (2008年4月3日). “未完の完全試合。山井大介“決断”の理由”. Number Web. 文藝春秋. 2013年2月1日閲覧。
  3. ^ 【10月27日】2007年(平19) 連発150キロ!ダルビッシュ、シリーズ初の先発全員奪三振!スポーツニッポン 2008年10月25日配信
  4. ^ 山本昌著、奇跡の投手人生50の告白 悔いはあっても後悔はない、2015年、P47ー48、ベースボール・マガジン社
  5. ^ 阪神岡田監督「オレ流継投」を擁護 日刊スポーツ2007年11月3日付
  6. ^ 日刊スポーツ2007年11月2日付
  7. ^ 落合監督、正力賞 稲尾氏から最後の贈り物 中日スポーツ2007年11月14日付
  8. ^ 「タマキのナンヤラカンヤラ」2007年11月1日
  9. ^ 豊田泰光のオレが許さん『週刊ベースボール』2011年10月17日号、ベースボール・マガジン社、2011年、雑誌20442-10/17, 70-71頁。
  10. ^ 大島康徳公式ブログ「日本一おめでとう!中日ドラゴンズ!」
  11. ^ 日本シリーズのあの“パニック”(「星野仙一のオンラインレポート」[1][いつ?][リンク切れ]

関連項目[編集]