2007年大阪市長選挙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
2007年大阪市長選挙

2005年 ←
2007年11月18日 (2007-11-18)
→ 2011年

  Kobe Matsuri2010 Hiramatsu2 DSCN9831 20100516.JPG Junnichi Seki-20070219.jpg
候補者 平松邦夫 關淳一
政党 無所属 無所属
得票数 367,058 317,429
得票率 40.98% 35.44%

選挙前市長

關淳一
無所属

選出市長

平松邦夫
無所属

2007年大阪市長選挙(2007ねんおおさかしちょうせんきょ)は、2007年11月18日に実施された、大阪市長選挙である。

概要[編集]

自民公明両党の与党側は、現職の關淳一を推薦、民主党など野党側は新人でニュースキャスター平松邦夫を擁立した。同年7月29日に実施された参院選で民主党が圧勝した後、初めての政令指定都市首長選挙であり、さらには安倍晋三内閣総理大臣を辞任後、総選挙を経ないまま発足した福田康夫内閣での初の与野党対決の大型選挙となったため、政界・マスメディア有権者が大きく注目した。

選挙データ[編集]

投票日[編集]

  • 2007年(平成19年)11月18日
    • 当日の投票時間帯:午前7時~午後8時
    • 開票:即日開票

立候補者[編集]

5名(立候補届け出順)

立候補者名 公認・推薦・支援政党名 肩書・備考
はしづめ紳也 無所属 大阪市立大学教授
平松邦夫 民主党国民新党推薦。社民党支持 毎日放送アナウンサー
關淳一 自民党公明党推薦 大阪市長(現職)
姫野浄 日本共産党推薦
藤井永悟 無所属 派遣社員

投票結果[編集]

大阪市選挙管理委員会確定。

当日の有権者数は2,073,215人、投票者数は904,054人で、投票率は43.61%。前回の33.92%を大きく上回った。有効投票数は895,730票。

順位 候補者名 新現元 得票数 得票率
当選 1 平松邦夫 367,058 40.98%
2 關淳一 317,429 35.44%
3 姫野浄 113,201 12.64%
4 はしづめ紳也 89,843 10.03%
5 藤井永悟 8,199 0.92%

選挙の争点[編集]

行政改革
  • 職員削減、財政再建等、現職の關淳一市長が進めてきた市政改革(大阪市の不祥事参照)の方向性。
    • 關市長は職員採用凍結の継続を主張。
    • 平松と橋爪は組織の継続性の観点から凍結解除。他方で、關の市政改革については共に一定の評価をしている。
    • 姫野は、市民サービスが低下するとして職員削減には反対。
インフラ整備
  • 大阪市営地下鉄民営化の是非。
    • 關市長は民営化の方針。
    • 平松、橋爪は公営企業形態を維持しながらの改革。
    • 姫野は現状維持。
  • WTCの抜本的処理策。
ビジョン
  • 關市長は「創造都市づくり」を提起。

タイムライン[編集]

選挙後[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]