2006年のNBAファイナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

2006年のNBAファイナルは、同年の6月8日から20日にかけ6試合にわたり行われ、ウェスタン・カンファレンスの覇者ダラス・マーベリックスとイースタン・カンファレンスの覇者マイアミ・ヒートが対戦、マイアミ・ヒートが4勝2敗で初優勝を飾った。ともに本拠地がアメリカン航空がスポンサーだったため、いわゆるアメリカン航空シリーズとも呼ばれた。大会の最優秀選手はドウェイン・ウェイドが獲得した。

両チームのレギュラーシーズンの成績は、52勝30敗のマイアミ・ヒートがイースタン・カンファレンス2位でサウスイースト・ディビジョン1位、60勝22敗のダラス・マーベリックスがウェスタン・カンファレンス2位でサウスウェスト・ディビジョン2位だった。ともにNBAファイナルに進出したのはチーム史上初めてだった。

シャキール・オニールにとっては4度目の優勝で、ロサンゼルス・レイカーズを離れて以降は初めての優勝だった。全盛期にはリーグを代表する選手だったアロンゾ・モーニングゲイリー・ペイトンにとっては30代後半に入ってからの初優勝だった。ヒートのパット・ライリー監督にとっては監督として5度目で1988年にレイカーズで経験して以来18年ぶりの優勝だった。

戦評[編集]

シリーズ最初の5戦は本拠地チームが勝利。敵地で第6戦をものにしたヒートが初のNBAファイナルの覇者となった。初めの2試合を落としたチームが逆転して優勝したリーグ史上3度目の例となった。レギュラーシーズンでの勝ち星が上回るダラス・マーベリックスがホームコートアドバンテージを得ており、7戦目までシリーズが続いた場合はマーベリックスのホーム戦が1試合多くなっているはずだった。

優勝したマイアミ・ヒートはシリーズ全体を通してドウェイン・ウェイドが得点面で活躍した他、シャキール・オニールが攻守でインサイドを支えた。ヒートはアロンゾ・モーニングゲイリー・ペイトンら控えのベテラン勢の活躍も目立った。またヒートはフリースローが低調な試合が多く、フリースローを苦手とするオニールがファウルをしばしば受ける展開が見られた。

ダラス・マーベリックスの大黒柱ダーク・ノビツキーは6試合中4試合でチーム最多の得点を上げたものの、スリーポイントシュートが低調な試合が多かった。マーベリックス全体でもシリーズ終盤ではスリーポイントシュートは低調だった。

日程[編集]

  • 第1戦:6月8日@ダラス
  • 第2戦:6月11日@ダラス
  • 第3戦:6月13日@マイアミ
  • 第4戦:6月15日@マイアミ
  • 第5戦:6月18日@マイアミ
  • 第6戦:6月20日@ダラス

第1戦[編集]

チーム 1 2 3 4 合計
マイアミ 31 13 24 12 80
ダラス 23 23 24 20 90

第2戦[編集]

チーム 1 2 3 4 合計
マイアミ 17 17 24 27 85
ダラス 18 32 32 17 99

第3戦[編集]

チーム 1 2 3 4 合計
ダラス 21 22 34 19 96
マイアミ 29 23 16 30 98

第4戦[編集]

チーム 1 2 3 4 合計
ダラス 25 19 23 7 74
マイアミ 30 24 24 20 98

第5戦[編集]

チーム 1 2 3 4 延長 合計
ダラス 21 30 20 22 7 100
マイアミ 24 19 27 23 8 101

第6戦[編集]

チーム 1 2 3 4 合計
マイアミ 23 26 22 24 95
ダラス 30 18 20 24 92

雑学[編集]

関連項目[編集]