2006年の気象・地象・天象

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2006年気象地象水象天象に関する出来事。

概要[編集]

天候[編集]

世界

前年に引き続いて北極振動の影響により、1月はヨーロッパ東部ロシアで低温と大雪、2月は日本で大雪となった。ラニーニャ現象が発生したため2月や5月にフィリピンを中心に大雨、9月以降はフィリピンやベトナムを台風が連続して通過したため大雨となり、地滑りや洪水の被害が相次いだ。

また、4月から8月には中国にも大雨や台風の上陸が相次ぎ、洪水の被害が出た。同じ時期となる7月には、朝鮮半島日本でも低気圧や梅雨前線による大雨が相次ぎ、洪水や土砂崩れの被害が多かった。

ヨーロッパ中西部では6月から7月に、北アメリカ西部では7月、北アメリカ北東部では8月に熱波が襲い、記録的な高温となった。死者は合計で2,000人以上に達した。いずれも偏西風の蛇行によるものと見られている。

8月以降はエルニーニョ現象が発生し、8月や11月にアフリカ東部で大雨となり、合計1,000人以上が死亡した。一方オーストラリアでは東部の内陸部を中心に少雨となり、干ばつによって農業に大きな被害が出た。8月の降水量が観測史上最少となった地域もあった。

年平均気温は、シベリア内陸部やオーストラリア北部の沿岸部で低かったほかは全世界的に高くなり、特にインド東部から東北地方を除く中国東部、アラビア半島西ヨーロッパからアフリカ北西部、北ヨーロッパやカナダ北極海沿岸、中米などで高かった。全世界の平均では、1971~2000年の平均に比べて+0.30℃高くなり、1891年以降で5番目に高い気温となった。

日本

8月から10月を除き全国的に1年を通じて曇りや雨の日が多く日照時間が少なかった。 1月は北日本と東日本で低温、西日本で平年並み、南西諸島で高温。2月は15日静岡市で6月上旬並みの記録的高温を観測するなど全国的に平年より気温が高かったものの、日本海側では例年以上の積雪量を観測したため、降水量が多く、太平洋側では日照時間も少なかった。前年2005年12月〜2月の冬は全国的に1996年以来9年振りの寒冬であった。平成18年豪雪を参照。

3月は北日本から東日本で平年並みで例年通りに推移したが、移動性高気圧に覆われ南から暖気が流れ込みやすくて暖かかった上旬に比べ、月中旬からは一転し寒気が南下しやすくなり西日本と南西諸島で前年2005年に続いて2年連続で低温となった。前年と同日に3月13日から14日にかけてはこの時期としては非常に強い冬型の気圧配置で日本海側で大雪、太平洋側でも雪が舞うなど真冬並みの寒さとなり、同月末には北海道を発達した低気圧が東進、それにより広く寒気が流れ込んだことから山陰地方を中心とした西日本では開花後または春分以降としては季節外れの降雪と冷たい雨を観測した。これにより西日本日本海側では2年連続で終雪日が例年よりかなり遅くなってしまった。4月はオホーツク海高気圧と寒気の影響で1996年以来10年ぶりに全国的な低温で、サクラの開花または満開が全国的に平年並みか遅かった。3月~7月は例年より日照時間が少なく寡照で、低温傾向で寒春気味だった。特に4月~5月と7月は極端に日照時間が少なく、6月前半は気温が低かった。7月になり気温の上下が出る。また、この日照時間の少なさで農作物にも被害が出た。また、長野県などで豪雨災害が発生。

7月は中旬を中心に冷夏気味で梅雨明けも大幅に遅れたが8月は一転し、猛暑となり日照時間も平年を上回った。この夏は総じて台風の上陸数が少なかった。9月の気温は高く、降水量は平年並みだった。

10月〜11月は寒気の流れ込みがほとんど無く、異常な高温になり、11月に入っても夏日を観測する季節外れの陽気の日もあった。また、10月上旬の大雨により九州に被害が出たが、その後は異常なほど日照りが続き、高温少雨となった。また、10月下旬には関東東海で大雨が起き、11月7日には北海道竜巻が発生。日照時間は10月から11月上旬前半までは平年より多かったがそれ以降は曇りや雨の日が多く寡照傾向となった。

12月に入り、中旬からは太平洋側では日照時間が少なく、日本海側では平年並みであった。また、冬型の気圧配置になる日が少なく、寒気の南下が弱かったため降雪量が少なかったために本格的な積雪が遅れたため、日本海側では雪不足のスキー場もあり、戦後最大の記録的暖冬となった。

地震・火山[編集]

できごと[編集]

1月[編集]

  • 1月 - 前年(2005年12月からの大寒波。戦後の観測開始以来、最低となる平均気温を記録したほか、新潟県津南町での393cmを始めとして、各地で観測史上最高の積雪量を記録するなど記録的な豪雪となり、積雪被害などで100名以上が死亡する事態となった。
  • 1月2日 - サウスサンドウィッチ諸島南方沖でM7.4の地震。
  • 1月19日 - ロシア極東のサハ共和国で、同地での観測史上2番目に低いマイナス66度を記録。約110年ぶりの低温。
  • 1月21日 - 南岸低気圧の通過により関東地方で大雪。東京都でも9cmの積雪を観測した他、関東地方南部一帯で積雪を観測した。首都圏を中心に交通機関は混乱し、雪による転倒などで多数の負傷者が出た。

2月[編集]

フィリピンで大規模土砂災害

3月[編集]

3月29日の皆既日食

4月[編集]

5月[編集]

大きな被害を出したジャワ島中部地震

6月[編集]

7月[編集]

多数の死者を出した台風4号

8月[編集]

  • 8月3日5日 - 台風6号が中国南部に上陸、華南や華中で洪水などに被害、死者70人以上。
  • 8月10日11日 - 台風8号が中国南部に上陸、洪水や地すべりにより広範囲で被害、死者400人以上。
  • 8月27日 - 7月中旬から、アメリカ合衆国カナダで断続的に続いていた熱波がようやく終息。内陸部や西海岸を中心に40℃を超える気温を相次いで観測するなどし、熱波に関連する死者は200人を超えた。

9月[編集]

10月[編集]

11月[編集]

北海道佐呂間町の位置
ベトナムに接近する台風21号

12月[編集]

  • 12月17日 - 冬型の気圧配置が強まり北陸地方、山陰地方、九州北部で平年より遅い初雪
  • 12月26日
    • 発達した低気圧により関東~東北で荒天となり、浸水や落雷、土砂崩れが発生した。24時間の降水量が12月としては非常に多い200mm前後に達した。その翌日には気温が上がり、強風で運休した列車も出た。
    • 台湾南方沖でM7.2の地震、2人が死亡、40人以上が負傷した。
  • 12月27日29日 - 低気圧の通過後、強い冬型の気圧配置となり、東海以西の太平洋側・瀬戸内側の各地で初雪となる。日本海側でも本格的に積雪したが、広島京都岐阜で1cmの積雪。北陸から九州北部では暴風を伴った。

出典[編集]