200

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
199 200 201
素因数分解 23×52
二進法 11001000
八進法 310
十二進法 148
十六進法 C8
二十進法 A0
ローマ数字 CC
漢数字 二百
大字 弐百
算木 Counting rod v2.pngCounting rod 0.pngCounting rod 0.png

200二百、ふたもも、にひゃく、ふたひゃく)は自然数、また整数において、199の次で201の前の数である。

性質[編集]

  • 200 は合成数であり、約数1, 2, 4, 5, 8, 10, 20, 25, 40, 50, 100, 200である。
    • 約数の465。約数の和が奇数になる24番目の数である。1つ前は196、次は225
  • 1/200 = 0.005 割合にすると0.5%である。
  • 3番目のアキレス数である。一つ前は108、次は288
  • 200 の三つの数字のうちどの一つを他の数字に入れ替えても素数にはならない。
すなわち201, 202, 203, 204, 205, 206, 207, 208, 209, 210, 220, 230, 240, 250, 260, 270, 280, 290,
100, 300, 400, 500, 600, 700, 800, 900はいずれも合成数である。百の位を0に置き換えた、000も素数ではない。
  • 200 はこのような性質を持つ自然数のなかで最も小さい。3桁でこのような自然数は他に、320, 510, 530, 620, 840, 890および、これらの一の位を2,4,5,6,8に置き換えたものが存在する。ただし 202205002005が素数になるので除かれる。
  • 一の位が5以外の奇数となるものは5桁までには存在せず、212,159が最小である。自身が素数であるものでは、294,001 が最小となる。
  • 59番目のハーシャッド数である。1つ前は198、次は201
  • 200番目の素数:1,223
  • 3連続偶数の平方和で表すことができる数である。(200=62+82+102) 1つ前は116、次は308
  • 約数の和が200になる数は1個ある。(199) 約数の和1個で表せる45番目の数である。1つ前は198、次は204
  • 各位の和が2となる6番目の数。1つ前は110、次は1001

その他 200 に関連すること[編集]

201 から 299 までの整数[編集]


201から220[編集]


201 = 3 × 67、半素数ハーシャッド数


202 = 2 × 101、半素数、回文数スミス数、4つの連続した素数の和(202 = 43 + 47 + 53 + 59)


203 = 7 × 29、半素数、ベル数


204 = 22 × 3 × 17、ハーシャッド数、四角錐数(204 = 12 + 22 + 32 + 42 + 52 + 62 + 72 + 82)、4つの連続する素数の平方和(204 = 32 + 52 + 72 + 112)、6つの連続した素数の和(204 = 23 + 29 + 31 + 37 + 41 + 43)、双子素数の和(101 + 103


205 = 5 × 41、半素数


206 = 2 × 103、半素数


207 = 32 × 23、ハーシャッド数


208 = 24 × 13、5つの連続する素数の平方和(208 = 22 + 32 + 52 + 72 + 112)、テトラナッチ数


209 = 11 × 19、半素数、ハーシャッド数


210 = 2 × 3 × 5 × 7(4連続素数の積、素数階乗数(p4# = 210))三角数五角数五胞体数矩形数(210 = 14 × 15)、3つの連続する整数の積(5 × 6 × 7)、ハーシャッド数


211 = 素数、3つの連続する素数の和(211 = 67 + 71 + 73)


212 = 22 × 53、回文数


213 = 3 × 71、半素数


214 = 2 × 107、半素数


215 = 5 × 43、半素数


216 = 23 × 33立方数(216 = 63)、4つの連続する偶数の平方和(216 = 42 + 62 + 82 + 102)、3つの連続する整数の立方和(216 = 33 + 43 + 53)、フリードマン数、ハーシャッド数、双子素数の和(216 = 107 + 109)、3つの連続する整数の立方の積(216 = 13 × 23 × 33


217 = 7 × 31、半素数


218 = 2 × 109、半素数


219 = 3 × 73、半素数


220 = 22 × 5 × 11、ハーシャッド数、220 = 22 + 42 + 62 + 82 + 102三角錐数、5つの連続する偶数の平方和)

221から240[編集]


221 = 13 × 17、75番目の半素数、連続する5つの素数の和(37 + 41 + 43 + 47 + 53)、連続する9つの素数の和(11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31 + 37 + 41)


222 = 2 × 3 × 37、回文数、20番目の楔数、67番目のハーシャッド数


223 = 素数、13番目の8n - 1型の素数、n2 + n + 41で導き出せる13番目の素数


224 = 25 × 7、68番目のハーシャッド数、25番目のズッカーマン数、4連続整数の立方和(23 + 33 + 43 + 53


225 = 32 × 52平方数152、69番目のハーシャッド数、5連続整数の立方和(13 + 23 + 33 + 43 + 53


226 = 2 × 113、76番目の半素数


227 = 素数、双子素数(227, 229)、陳素数、11番目の安全素数、14番目の8n + 3型の素数、4連続素数の総和総乗の和


228 = 22 × 3 × 19、70番目のハーシャッド数


229 = 素数、双子素数(227, 229)、229 + 922 = 1,151 素数を逆さまにした数を足しても素数になる性質をもつ最小の素数


230 = 2 × 5 × 23、21番目の楔数、71番目のハーシャッド数、4連続整数の平方和(62 + 72 + 82 + 92


231 = 3 × 7 × 11、21番目の三角数、11番目の六角数、22番目の楔数、フィボナッチ数列を構成する最初から10個の総和(1 + 2 + 3 + 5 + 8 + 13 + 21 + 34 + 55 + 89


232 = 23 × 29


233 = 素数、16番目のソフィー・ジェルマン素数、陳素数、13番目のフィボナッチ数、11個の連続した素数の和(5 + 7 + 11 + 13 + 17 + 19 + 23 + 29 + 31 + 37 + 41)


234 = 2 × 32 × 13、72番目のハーシャッド数、ノントーティエント


235 = 5 × 47、77番目の半素数、10番目の七角数


236 = 22 × 59


237 = 3 × 79、78番目の半素数


238 = 2 × 7 × 17、23番目の楔数、素数の総和(2 + ・・・ + 41)


239 = 素数、双子素数(239, 241)、陳素数、17番目のソフィー・ジェルマン素数、14番目の8n - 1型の素数


240 = 24 × 3 × 5、高度合成数、10番目の高度トーティエント数、15番目の矩形数、73番目のハーシャッド数、フィボナッチ数の積(1 × 2 × 3 × 5 × 8 )


241から260[編集]


241 = 素数双子素数(239, 241)


242 = 2 × 112回文数


243 = 35、 9番目の完全トーティエント数、74番目のハーシャッド数


244 = 22 × 61、ノントーティエント


245 = 5 × 72、3つの連続した平方数の和(82 + 92 + 102


246 = 2 × 3 × 41、24番目の楔数


247 = 13 × 19、79番目の半素数、13番目の五角数、75番目のハーシャッド数


248 = 23 × 31


249 = 3 × 83、80番目の半素数


250 = 2 × 53


251 = 素数、18番目のソフィー・ジェルマン素数陳素数、15番目の8n + 3型の素数、3連続奇数の平方和(72 + 92 + 112)、n2 + n + 41で導き出せる14番目の素数


252 = 22 × 32 × 7、回文数、76番目のハーシャッド数


253 = 11 × 23、22番目の三角数、81番目の半素数、7番目の六芒星数


254 = 2 × 127、82番目の半素数


255 = 3 × 5 × 17、10番目の完全トーティエント数、25番目の楔数


256 = 28 = 44平方数162、nnで表せる4番目の数


257 = 素数、3番目のフェルマー素数、陳素数、3連続整数の8乗和(08 + 18 + 28


258 = 2 × 3 × 43、26番目の楔数


259 = 7 × 37、83番目の半素数


260 = 22 × 5 × 13


261から280[編集]


261 = 32 × 29、77番目のハーシャッド数


262 = 2 × 131、回文数、84番目の半素数


263 = 素数陳素数、12番目の安全素数、15番目の8n - 1型の素数


264 = 23 × 3 × 11、78番目のハーシャッド数、2乗して回文数になる2番目の非回文数 (2642 = 69,696)


265 = 5 × 53、85番目の半素数、10番目のスミス数、6番目のモンモール数


266 = 2 × 7 × 19、27番目の楔数、79番目のハーシャッド数


267 = 3 × 89、86番目の半素数


268 = 22 × 67


269 = 素数、双子素数(269, 271)、陳素数


270 = 2 × 33 × 5、5番目の調和数、80番目のハーシャッド数


271 = 素数、双子素数(269, 271)、16番目の8n - 1型の素数


272 = 24 × 17、回文数、6番目の原始擬似完全数、16番目の矩形数


273 = 3 × 7 × 13、28番目の楔数、273 = 160 + 161 + 162。この形で表せる最小の楔数である。次は651


274 = 2 × 137、87番目の半素数、11番目のスミス数、11番目のトリボナッチ数


275 = 52 × 11


276 = 22 × 3 × 23、23番目の三角数、12番目の六角数、3連続整数の5乗和(15 + 25 + 35)、双子素数の和(137 + 139


277 = 素数


278 = 2 × 139、88番目の半素数


279 = 32 × 31


280 = 23 × 5 × 7、81番目のハーシャッド数、5連続偶数の立方和((-23) + 03 + 23 + 43 + 63 + 83


281から299[編集]


281 = 素数双子素数(281, 283)、陳素数、19番目のソフィー・ジェルマン素数、n2 + n + 41で導き出せる15番目の素数、素数の総和(2 + 3 + …… + 41 + 43


282 = 2 × 3 × 47、29番目の楔数回文数


283 = 素数、双子素数(281, 283)、15番目の8n + 3型の素数


284 = 22 × 71、最小の2つの友愛数220, 284)の後者


285 = 3 × 5 × 19、30番目の楔数、82番目のハーシャッド数


286 = 2 × 11 × 13、31番目の楔数、11番目の七角数、11番目の三角錐数


287 = 7 × 41、14番目の五角数、89番目の半素数


288 = 25 × 32、83番目のハーシャッド数、4番目のアキレス数、4連続階乗数の積(1! × 2! × 3! × 4!)、4連続偶数立方和(03 + 23 + 43 + 63


289 = 172平方数、90番目の半素数、9番目のフリードマン数((8 + 9)2


290 = 2 × 5 × 29、32番目の楔数


291 = 3 × 97、91番目の半素数


292 = 22 × 73、回文数


293 = 素数、陳素数、20番目のソフィー・ジェルマン素数


294 = 2 × 3 × 72、4連続平方数の和(72 + 82 + 92 + 102


295 = 5 × 59、92番目の半素数


296 = 23 × 37


297 = 33 × 11、6番目のカプレカ数


298 = 2 × 149、93番目の半素数


299 = 13 × 23、94番目の半素数


関連項目[編集]

== 201 から 299 までの整数 ==
200 201 202 203 204 205 206 207 208 209
210 211 212 213 214 215 216 217 218 219
220 221 222 223 224 225 226 227 228 229
230 231 232 233 234 235 236 237 238 239
240 241 242 243 244 245 246 247 248 249
250 251 252 253 254 255 256 257 258 259
260 261 262 263 264 265 266 267 268 269
270 271 272 273 274 275 276 277 278 279
280 281 282 283 284 285 286 287 288 289
290 291 292 293 294 295 296 297 298 299