2分の1成人式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

2分の1成人式(にぶんのいちせいじんしき)は、成人の2分の1の年齢である10歳(プレティーン)を迎えたことを記念して行われる行事・儀式[1]。文部科学省が定める学習指導要綱に当該行事の記載は無いが、実施校や教諭の裁量により課外活動の一環として行われている。二分の一成人式1/2成人式とも表記し、十歳式ハーフ成人式半成人式とも呼ばれる[2]。学校や地域で行われ、近年では写真館での記念撮影も盛んになってきている。学校で行われる場合には、小学校中学年の4年生を対象に、校長保護者代表による祝いの言葉、「2分の1成人証書」の授与、合唱等が行われる[2]。1-2月に開催することが多い[3]。その一方で、批判もある[4]

歴史[編集]

考案者は兵庫県西宮市の佐藤修一教諭とされる。1980年ころに4年生の担任をした際、高学年への門出に「背筋を伸ばして参加するようなイベントを」と考案したという[5]

東京都では2006年時点で、公立小学校約1,300校の半数以上で行われていた[6]愛知県では2007年度、公立小学校984校中120校で行われていた[1]

評価[編集]

愛知県の「親と子の2分の1成人式」研究会は、2分の1成人式には「子の育ち」「親の学び」「地域の参画」の3つの意義があるとし、後者2点にも重点を置く取り組みを呼びかけた[1]。また、ベネッセコーポレーションは、2012年末の自社サイト利用者を対象とした調査では保護者の9割近くが満足した、としている[3][7]

一方で、名古屋大学の社会学者内田良は「親への感謝を強制される」「特に児童虐待を受けている児童への配慮がなされていない」という点や、「家庭によっては生い立ちを振り返る行為自体が苦痛を伴う」という点から、行事の存在そのものは肯定しつつも、行事内容について再検討が必要ではないか、と指摘し[8]、「多様化する家族形態にまったく配慮が行き届いていない」としている[9][4]。with newsは、こうした行事を苦にする子どももおり、複雑な家庭事情に配慮し別の授業に切り替えた学校もあることを伝えている。当該校では、保護者からは「どうして今年はないのか」「楽しみにしていたのに」などの苦情が寄せられたものの、子どもからの文句はなく、インタビューに応じた教諭は「子どもにとっては『面倒くさい行事がなくなった』ぐらいのものだった。」と答えたと伝えている[7]

脚注[編集]

関連項目[編集]