1 E14 s

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
時間の比較

1 E-3 s
1 E-2 s
1 E-1 s
1 E0 s
1 E1 s
1 E2 s
1 E3 s
1 E4 s
1 E5 s
1 E6 s
1 E7 s
1 E8 s
1 E9 s
1 E10 s
1 E11 s
1 E12 s
1 E13 s
1 E14 s
1 E15 s
1 E16 s
1 E17 s
1 E18 s
1 E19 s

1014 - 1015 s(320万 - 3200万 年)の時間のリスト

説明
1×1014 s 320万 100 テラ秒 (Ts)
1.18×1014 s 374万年 マンガン-53 の半減期
1.26×1014 s 400万年 1つの生物の種の存続期間の平均(推定)
最終氷期が始まってからの時間
1.33×1014 s 420万年 テクネチウム-98 の半減期
1.42×1014 s 450万年 アウストラロピテクスが生まれてからのおよその時間
1.58×1014 s 500万年 中新世が終わり、鮮新世が始まってからの時間
1.74×1014 s 550万年 アルディピテクスが生まれてからのおよその時間
1.80×1014 s 570万年 グレゴリオ暦復活祭の日付が循環する周期
1.58 - 2.21×1014 s 500万 - 700万年 チンパンジー属(Pan)とヒト属(Homo)が分かれてからの期間
2.05×1014 s 650万年 パラジウム-107 の半減期
4.92×1014 s 1560万年 キュリウム-247 の半減期
5.68 - 3.79×1014 s 1800万 - 1200万年 ヒト科が現れてからの期間(推定)
6.31×1014 s 2000万年 最初のが現れてからの時間
7.39×1014 s 2342万年 ウラン-236 の半減期
7.57×1014 s 2400万年 漸新世が終わり、中新世が始まってからの時間
8.20×1014 s 2600万年 リチャード・ミューラーが「ネメシス仮説」で提唱した大量絶滅の周期
1×1015 s 3200万年

関連項目[編集]